2009年06月

2009年06月30日

始動!!

あいうべ今井 一彰(著) ビタミン文庫
免疫を高めて病気を治す口の体操
あいうべ

口呼吸を治す本
うちの歯科医院で勧めている
お口の体操です
患者さんに医院から貸出しています


(記事を書く前/本の写真だけしか載せてないときから興味を示してくれた
 衛生士のMさん、ありがとうございます〜 
 是非買って読んでみて下さいね! あとやってみた効果の報告


心に火が点いた! と思った瞬間から動き出しました
同時にいろんなことを引き寄せるんですよね〜

とたんに忙しくなりました

今まで逃げ回っていたセファロ分析も担当になってしまい…
(いずれは自分でやらないといけないことでしたが)

有り難いことです



で、“始動”とは

上記の本の『あいうべ』体操
ある患者さんに「一緒にやりませんか?」と掛け合ったのです

山口に来て、患者さんと少し距離を置いて関わってきた僕としては
ようやく一歩踏み出した感じ

コーチングで使う『毎日習慣シート(月間)』を改変し
とりあえず7月の1ヵ月、毎日『あいうべ』1セット30回をやる

氏名欄に同時に記入し、顔写真も撮りました

あとは一ヵ月後のお楽しみ



うちの医院では高い治療技術を院長/衛生士が持ち、
治療主体ではあるのですが予防にも力を入れています

まあ当然といえば当然で、しっかり治療しても何十年もしたら
補綴物は壊れてくるし、口腔内はいろいろ問題が起きてくる

原因は様々で、老化はとても大きな要因ですし咬み合わせも重要
炎症のコントロール(カリエス・歯周病予防)だけではもたないことも多い

“人の手”の限界を知り、壊れ方を知るからこそ
予防の大切さがよくわかる

そしてを口腔内だけでなく全身に向ける


『あいうべ』体操もそのため、来院直後のTBIの時から
“必要”と思われる患者さんに話しをします

院長は昔から健康に関する本を患者さんに貸出しており、
診療室で突然、骨盤体操が始まるときもあります

ただ僕は「これはいい! 」と心から思ったことしか勧められない性格で

また『一日何回を何日間続けなさい』というのがとっても苦手

『あいうべ』体操を本気で勧められていませんでした
(自分でやってないから効果に自信がない


その僕が勧めたのは「効果があるから」ではありませんでした

今でも十分きれいな20歳代の女性の患者さんですが
鼻炎アレルギーで口呼吸

僕は「鼻呼吸になったらもっときれいになるのになあ」と思っただけです

だけど『あいうべ』体操の効果は正直わからない
補綴治療に少なくともあと1ヵ月は来院されるので、とにかく勧めてみよう

ただ一方的に「やってください」というのも僕の思いは伝わらない
それじゃあ僕も一緒にやってみるか、と思ったのです

こういうのって楽しい方がいいですし、
仲間がいた方がモチベーションも維持しやすいですよね

ちなみにも巻き込みました


僕は本来こういう掛け合いの方が大好きで
(ただ技術を極めていくというのは自己満足に陥りやすく
 面白くない)

“健康指導”とか“健康学習”というのもあんまり深く考えてはいません



相手に「してあげたい」と思うことをただやり、
相手に「こうしたらいいのに」と思ったことをただ伝える


それが出来ているときが、僕は一番幸せなのかもしれません

hanasakasoneo at 18:23コメント(2) 
Archives
livedoor 天気
スイカ
Profile

スイカ

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ