2008年11月26日

高校の同級生の結婚式で

結婚式高校時代の関係を表すひとコマ

僕のカメラに“適当に”ピースする新郎
(目線は違うところに)



23日日曜日は高校の同級生の結婚式神戸・三宮でありました

大学の友人の多い中、呼ばれた高校の同級生は僕を含め3人

皆、兵庫県西宮市の中高一貫の私立校に高校から入学したメンツです


新郎の彼は、1浪して大阪大学医学部に行きました

大学時代は医学部ラグビー部、卒業して一時期は整形外科医を目指しましたが

今は心臓血管外科医として大動脈瘤のグループに所属しているとのことでした


教授や先輩の先生の祝辞の中で、繰り返されていた言葉は

「彼はとても熱いけれど頑固


よく考えてみれば、高校の同級生はそんな奴ばかり

同席した同級生もね

僕は高校・浪人時代、「あいつ大丈夫か?」と心配されるほど
無気力でした
(なのできっちり2浪はしたのですが・・・)

大学時代や大阪に居た頃は、
よく「熱い(熱すぎる)奴」と言われてましたが

彼らの足元にも及ばないと僕自身はいつも感じていました

社会人になって今、ようやく彼らと同じ土俵に立てたかな〜と思いましたが

新郎の彼を見て、改めて「まだまだや・・・」と感じました


 「俺はあいつに誇れる仕事をしているだろうか?」


自分自身の“本気度”を、この結婚式で改めて突きつけられました

hanasakasoneo at 19:00コメント(0)感動!!  

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
livedoor 天気
スイカ
Profile

スイカ

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ