何をどう説明すればいいのか?

何をどう説明すればいいのか?


 説明には、相手と説明者がいる。説明者の言いたいことが相手に必ず伝わる
ことは、限らない。
 説明者のイメージを100%説明することはできない。思ったとおり説明し
ても、充分に伝わるとは限らない。その為の方法であり、大切なのは説明者自
身がイメージして話すことである。常に相手の立場になって説明するという
姿勢が必要になってくる。
 
 まずは、正確に説明することです。つまり聞いている人がどちらでも
受け取れるような抽象的な表現をさけるのが大切です。
説明する言葉を短くし、すぐわかるような言葉でわかりやすく話していくこと。
 説明する相手は誰か?何のための説明なのか?何を最低限伝えなければいけ
ないのか?説明の構想、順番、説明の目的、成果を事前に準備することを忘れ
てはいけません。

 例えば道を訪ねられた場合には、「あちらの角を右に曲がって」と言うよりも
「100m先のタバコ屋を右に曲がって」と説明したほうが具体的になって親切心
があります。なるべく「あちら」「こちら」と言う言葉よりより具体的な言葉を
選んだほうがよい場合もあります。大事なのは常に相手がわかってもらえる
か?という視点に立って説明する姿勢です。


話し筋道は事前に整理させているか?

 説明の道筋は事前に準備し、きちんと整理された段階で説明に入る。
・説明内容を事前に把握
・話す内容のポイントを箇条書きでも良いのでまとめておく。
・説明のイメージをあらかじめ頭の中でイメージする。



 













納得のテクニック