●叫んでたよ

んもう、無表情なヒトと話してると「このヒト、機嫌悪いのか」と気になってしまうのだけど・・・

岡田あーみん風の リアクションつきニュース

「絶対やきそばに合うから」ということで勧められて読んだら見事にハマてしまった岡田あーみん先生の作品。

あーみん先生の作品に出てくる主人公はとりわけリアクションが大きい・・・ということで ニュースをあーみん先生のマンガの主人公が読んだらどうなるか、予想してみました。

例えばこのニュース(14日:サンスポより)

 タレント、佐藤江梨子(25)が、水泳の発展と普及に貢献した著名人に贈られる「第8回ベストスイマー」に選ばれ、13日、都内で行われた授賞式に出席した。

 サトエリは生脚全開のセクシー衣装で登場。うれしそうにトロフィーを受け取ったが「泳ぐと嫌なことも忘れますから」と意味シン発言。歌舞伎俳優、市川海老蔵(29)との破局に話題が及ぶと「泳いで傷が癒えました。プールで新しい恋を探したい」とサラリ。「自身の恋愛観は泳ぎに例えたら」との質問には「犬かきでしょうか」と自虐的だった。

という記事を「ルナティック雑技団」の主人公、星野夢実が読んだら・・・

 タレント、佐藤江梨子(25)(←あわわ)が、水泳の発展と普及に貢献した著名人に贈られる「第8回ベストスイマー」に選ばれ、13日、都内で行われた授賞式に出席した(フン)

 サトエリは生脚全開のセクシー衣装で登場(きゃああ)。うれしそうにトロフィーを受け取ったが「泳ぐと嫌なことも忘れますから」と意味シン発言(ドッキンドッキン)。歌舞伎俳優、市川海老蔵(29)(←きゅうううん)との破局に話題が及ぶと「泳いで傷が癒えました。プールで新しい恋を探したい」とサラリ(うわああああ〜〜)。「自身の恋愛観は泳ぎに例えたら」との質問には「犬かきでしょうか」と自虐的だった(ひいいいいいいいいい)

読んだか同志。
一見、なんでもない内容の記事(←「なんでもない」は余計)でもリアクションつきだと楽しそうに思えるではないか。
この調子でいくと英字新聞(朝日新聞 英語版)なんかも

At the prodding of Prime Minister Shinzo Abe, the ruling party is determined to enact state employment legislation in the current Diet session to end the scourge of amakudari and the bid-rigging that inevitably results, sources said.(ひ〜〜〜〜〜)

Initially, the Liberal Democratic Party decided there was insufficient time remaining in the Diet session that winds up June 23 to get the proposed legislation into law. (あわわわ・・・)

なんと書いてあるか分からなくても なんだか内容が分かったような気分になるから不思議。
いや、ならない。

と、思っていると星野夢実のリアクションが合いそうな記事を発見(大分合同新聞)

 先日、別府消防署に別府市内の居酒屋の50代男性店主から「店内にヘビがいる。助けて」と通報があり、署員が急行した(ひ〜〜〜〜〜)男性は大のヘビ嫌いらしく「あ、あっちに逃げました」と、店の隅を指さすだけで近づこうとしない(どうしよどうしよ)署員がヘビを探していると、後ろから「ギャー」と男性の叫び声(どっきんどっきん)振り向くと、「すみません、傘が倒れただけです。ヘビかと思って…」とおびえている(くわ〜〜)くまなく探し、ビールケースの下から体長約1メートルの青大将を捕獲。持ち上げて男性に見せると、「ギャー」と再び悲鳴を上げた(うわーん)「ヘビより男性の声に驚いたよ」と署員(フン)

面白かった?
え?そうでもなかった?(ひ〜〜〜)


ふんふんやきそばだより
ニュースZEROで佐藤可士和さんが監修したというスーツの紹介が。スタジオのキャスター陣が「スゴイ」とか「カッコイイ」とか揃いも揃って賞賛の声をあげていたのに長嶋一茂さんだけは「細いスーツを細いヒトが着たらカッコよく見えるのは当たり前で、そうじゃないヒトが着てもカッコよく見えるモノを作るべきだ」と言って他の出演者にヘンな汗をかかせていた。コメンテーターの鏡ではないか。「ひとりサンジャポ」状態。

※「動物チラリズム」更新しました。(61ヶ所め更新)