やきそばかおるの右脳と左脳をいったりきたり

ツイッターは@yakisoba_kaoruです。色んな媒体で取材したり、文章を書いたり、写真を撮ったりの毎日です

ラジオ

「山口良一の熱心なファンの悲痛な願いが掲載されてたよ」

●送ってたよ

んもう、これだけネットが発達しても雑誌の読者のコーナーが盛り上がっているところは活気を感じるのであって・・・。

ラジオマガジン

 

 

 

 

 

 

ラジオマガジン
カンの良い方はお分かりだろうけど今から22年前(1984年6月)に発行されたもの。(古本屋で200円:気になったから買ってしまったではないか)
今回はこの雑誌の読者コーナーのお便りを紹介。

今まで電波の入りが悪くて苦しみながら文化放送を聴いていたのだが、ウラの床屋が昨日つぶれてから、とてもきれいに入るようになった。ウラの床屋さん、ありがとう。

読んだか同志。
なんて冷酷なんだ。
ちなみに投稿者は三重県鈴鹿市の人。
さすが、サーキットがあるだけのことはある。

続いて ラジオに対してもっと熱心な人のハガキ

どなたか「山口良一のオールナイトニッポン」2月24日放送分のテープをください。送料、当方負担。     〒283 千葉市東金市堀上 ○○雅之

それほど山口良一のファンだったのか。
今でも「ぶらり途中下車の旅」とか見て「今日は山口良一じゃなくて見栄晴か」とか言ってるのだろうか。

最後は なんとなく必死な人のハガキ。

ぼくのいとこは今年大学受験に失敗して、来年、埼玉大学をめざしています。埼玉はバカにされているが、あそこは大変良いところだと言っていました。ぜひ目をかけてやってください。(愛知県知多郡武豊町 男性)

むむむ。
もはや ラジオの「ラ」の字も出てこないではないか。
っていうか、そもそもなんでこのハガキを掲載したんだ?


キョトンやきそばだより
さすがに22年前の雑誌というだけあって、紙がくさい。読んでたら手まで臭くなってしまったではないか。ちなみに この頃に20歳だった人ももう42歳。くわばらくわばら。

※「動物チラリズム」更新しました。(東北編スタート)

「特別企画:ターザン山本発言集 男と女と猪木の魅力」

●言ってたよ

んもう、自分が伝えたいコトがあってそれを最良の方法で表現するっていうのは大切なことだけど・・・。

気がつけばもう60歳になるターザン山本さんはラジオで自分の言いたいことを吠えていた。
とても60とは思えない発言を集めてみたよ。(TBSラジオ「ブジオ!」より)

ターザン山本発言集10

「男はどんなに負けても負けたとは思わない!『負けてない』って思ったときにネクストがあるわけですよ!素直に反省したら終わりですよ!」

「男は天国と地獄ですよ!それを繰り返しながら生き残っていくワケですよ!」

「猪木の魅力は色気ですよ!試合中の集中力と精神力で僕らをグイグイ惹きつけていく!場をとるんですよ!リングの下に降りるとただの破綻したオヤジだけど!」

「人生は日常と非日常しかないんですよ!いかにして非日常を演出する、デザインしていくかが男の信条ですよ!日常に負けてたらダメなんですよ!」

「キャバクラはHしないということを前提となっているので、Hしようとしている人は飛んで火に入る夏の虫!プロレスの寸止めの世界ですよ。僕なんか『キミ、男にだまされた?』とか『キミ、整形してるの?』とかすぐ聞きますよ!」

「キャバクラでSEXしちゃったらその子の価値は全部暴落しちゃうんですよ!寸止めでいくと向こうが精神的にフワっとくるんですよ!そこを待つんですよ!」

「やっぱり思い込みが強くないとダメだよ!いい意味で自分に対してカン違いしないとダメだよ!大学入試も『3つ通って1個選んでやる』っていうくらいの心じゃないとダメだよ!」

「後悔することと改心することをやめるべきですよ!改心したら生命力がなくなっちゃいますよ!すぐに居直らないと!」

「誰も人生からは逃げられないんですよ!誰も助けてくれないんですよ!それを一人で闘っていくのが格闘技なんですよ!それを見ることによって日常生活の中で『やっぱりオレの人生、全て格闘技なんだ』って思うんですよ!」

「オナニーは無限にやるべきですよ!若い時のオナニーは底なしですよ!オナニーは想像力をかき立たせてくれるワケですよ!」

本人いわく「自分には巨大なネクストがある」というターザン氏。だてにピンクのハットをかぶってない。

なんて素敵なんだ。
60なのに。

それにしてもターザン氏は面白い。
あのしゃべり方。
ラジオだとヒヤヒヤする。色々な意味で。
「昨日の月9ドラマ見た?」なんていう会話にはあのヒヤヒヤは存在しないのだ。


ターザン山本さんはこんなヒト

1977年、新大阪新聞社に入社。『週刊ファイト』紙でプロレス記者となる。
1980年5月、ベースボール・マガジン社に入社のため上京。『週刊プロレス』編集部に勤務して頭角を顕す。
1987年、同誌編集長に就任。公称40万部という驚異的な販売部数を誇る専門誌に成長させカリスマ編集長となる。
1996年、 同誌を退くとともに、ベースボール・マガジン社も退社。
以後、プロレス&格闘技系雑誌を中心に活躍。
ビートたけしより『ビートたかし』という名を頂き、テレビのバラエティ番組等にも出演、現在、太田プロに所属しタレント活動中。

※ターザン氏のライバルは幻冬舎の見城氏なんだそうな。

「リリー・フランキーさんにいただいたビックリなプレゼント」

●働こうよ

んもう、連休になるとどうしてもイッキにアクセスが減るんだけど、わざわざ見にきてくださってありがとうございます。

多分これを読んでいる人は
]休なのに仕事中
∀休なのに行くところがなくて家でゴロゴロ
O休だからこっそりエロサイトを見ていて、ダウンロード中のヒマつぶしに見に来た

のうちのどれかだと思うんだけど。

せっかくなんで耳寄り情報(←死語)を。
9日(日曜日)23時から放送の「おしゃれイズム」(日本テレビ系)になんとあの高田純次さんが出演されます。
ぜひご覧ください!(通常は22時からの放送ですが今回は23時からの放送です)

ついでにお知らせしておくとワタシがハナクソをほじくりながら作っているメインのサイト
テレビ・ラジオ・芸能1000ネタ大行進」では

秋の高田純次まつり」と題して3日連続で発言集を更新します。

さらにタモリさん、リリーさんのなどの発言集も更新予定。
もうすぐ仕事がひと段落するのをいいことにイッキに更新します。
よろしくお願いします。

と、思っていると・・・

安めぐみさん

 

 

 

 

 

リリー・フランキーさんから安めぐみさんのトレーディングカードを両手で抱えきれないほどいただきました(大喜び)
さすが!オトナ買いしてらっしゃるだけのことはあります。

連休中も仕事ですが、もう一度頑張ってみようと思った秋の夕暮れ・・・。

「発表!女子レスラーがグっとくる男のしぐさランキング」

●発表だよ
 
久しぶりに「吉田照美のやる気マンマン」(文化放送)ネタ。
 
番組で
女子レスラーに聞いた、男性のグッとくるしぐさ・ベスト6」を発表
 
第6位:考え事をしているところ
     お金を払っているところ
 
第5位:おいしそうに食べているところ
 
第4位:車の運転をしているところ
 
第3位:マッチョな体で筋肉をピクっとしているところ
 
第2位:仕事に打ち込んでいる姿
 
第1位:さわやかな笑顔
 
 
結局、無難なところが1位になったんだけど、6位の「お金を払ってるところ」っていうところが正直というかなんというか。
 
 
昔、ゆりかもめで豊田真奈美選手が「どこの焼肉屋がうまいか」という話をしているのを見て、「この人はなんて見た目と話の内容にギャップがないんだ」と思ったり、思わなかったり。

「さんまさんは渡辺正行にもらった大人のおもちゃを使った」

●その後だよ
 
30日に放送された「明石家さんまつり」(TBS)の視聴率が深夜の3時間番組としては異例の高視聴率を記録。(6.2%)
 
そのさんまさんが「小堺一機のサタデーウィズ」(TBSラジオ)に出演。
60分間の出演中、しゃべりたおしていた。
かなり真剣な話が多く充実した内容。
簡単に挙げてみると・・・
 
 
★TBSのエレベーターの中に「明石家さんまさん、50歳の誕生日おめでとうございます」と書いた紙が貼ってあり、さんまさんが乗った時にプロデューサーが「やりました!さんまさん!当たりました!」と言っていたが実は全部のエレベーターに貼っていたことがバレて「そんな小細工はいらんから!」と言った。
 
★「さんまつり」の放送中に渡辺正行にもらったオトナのおもちゃを家に帰ってから朝の5時頃に「こんなのを使うバカがいるんやな」と思いつつ、使ってみた
 
★実はブリ大根が得意。結婚できなかったらいけないからちゃんと作れる料理を作っておこうと思っていてブリ大根を極めることにした。
 
★ほとんど病気をしたことがなく今までに出した熱の最高は37.3度。
初めて熱を出した時は大竹しのぶにも「死ぬんじゃないか」と心配されたが37.3度だったのでゲラゲラ笑われた。
 
★大竹しのぶは家では早口
 
★今はお笑いブームなのにテレビでコントをやると数字が落ちることに対してこれではいけないと思っている。
 
★今の若手はもっとラジオをやるべき。ラジオをやって、しゃべらないといけない状態に追い込まれなければならない。
 
★若手がテレビに出演するためにラジオをやめるのは違うと思う。
 
★「ひょうきん族」の「ラブユー貧乏」は大阪でやっていたラジオから生まれた企画。
 
★「さんま・中居の今夜は眠れない」もさんまさんのラジオを聴いて育ったスタッフが生んだ企画。
 
 
そして・・もっと勉強になるのはこの名言。
 
★二つの道があったらキツい道のほうを選ぶ。キツい道のほうが何かあるんじゃないかと思う。
 
★常に人と違うことを考える。違うことをやる積み重ねが新しいものを生む。みんなが単髪の時は長髪。シャツの時はタキシード。
 
 
勉強させていただきました。

「『アメトーク』のディレクターさんはコサキンのリスナーだ」

●愛情だよ
 
たまにさんまさんが「娘に言われたヒドい一言」の話をしているコトがあるけど、海外留学中の娘をもつ関根さんはもっと悲惨だった。
 
録音してニヤニヤしながら聴いている「コサキンDEワァオ!」(TBSラジオ)で出た話。
 
関根さんは月曜になるとゴルフに行くので娘に
 
ゴルフうんこ」と呼ばれている。
 
ゴルフとうんこしかしないというイメージより。
 
 
他にも電話で娘と話しているうちに、ふとしたことで「いっつクサいマクラで寝てるクセに!」と言われてショックを受けたことを激白。
 
父親もラクではない。
 
※そんな中、一度小堺さんと出演して自由に(正しくは「自由すぎるほど」)ものまねをやりまくった「アメトーク」の某ディレクターさんが「コサキンリスナー」だということが判明。
 
コチラはなんとも嬉しい話。

「サッカーのウラで、JはJでも杉作J太郎が頑張っていた」

●Jだよ
 
そりゃあ、サッカーがキライなワケじゃないんだけど、なんかあのファンの盛り上がりには冷めてしまうワケであって・・。

いやいや、昨日ガンバッテいたのはサッカー選手だけではない。

井上順だ。
 
昨日、サッカーのウラで放送されていた「堺正章&井上順の歌って笑って生放送!」(フジテレビ)

んもう、堺正章が何かスットボけたことを言う度に井上順が吉本新喜劇ばりにコケるコケる

その余計なほどの頑張りにハマってしまい、井上順がズッこける部分だけを見続けてしまった。
 
 
さらに深夜のこと。
 
テレビ朝日でサッカー録画放送をやっていた頃、ウラのFMラジオ(J−WAVE)では「J」は「J」でも杉作太郎がリリー・フランキーさんの番組にゲスト出演。

松木安太郎ばりの吠え方でAVについて語っていた。
 
 
(杉作J太郎発言集)
 
・「ワールドカップの日本代表を見ているとみんなカッコイイから素直に負けを認めざるをえないんだ」

・「クリエイターは絶対、オナニーしまくってるよね」
 
・「男性と女性の恋愛なんて、幻想だよ」
 
・「40を過ぎると試合中だけではオトコを見せれないから、SEX以外でも見せ場を作らざるをえないんだ。清原がバッターボックスに立ってる時以外でも横顔がカッコいいように」
 
・「僕はワキ毛を剃ったあとにちょっとだけ生えているワキがスキなんだ」
 
・「イザ、SEXから遠ざかってみるとどれだけSEXが貴重だったか分かるよね」
 
・「昔、トゥナイトで女性のチクビと思わせて俺のチクビを撮るっていうのがあったんだけど、チチ毛を切った瞬間に寂しい気持ちになったんだ」
 
・「僕が言う『リップサービス』はリップはリップでも意味が違うんだ」
 
 
※昨日の「歌って笑って生放送」で井上順の進行を妨げるかのように自由に話しかけていた中尾ミエに対して「あれ?このヒト、空気読めないの?」と思ってしまったとしてもオトナだったらお口チャック。
 
 
(お知らせ)
★「この、ハゲ!アンケート」(女性限定)に多数のご参加、ありがとうございます。引き続き受付中です。3秒で終わりますので、右上のアンケートコーナーにてお願いします。

「六本木のド真ん中でこんな会話が繰り広げられていた」

●新語だよ
 
J−WAVE(FMジャパン:本社は六本木ヒルズ)の某番組を聴いていたらこんな話が・・。
 
 
『いやぁ〜、今日はあむいですね〜。
「あむい」っていうのは「寒い」と「暑い」の中間っていう意味ですよ』
 
 
・・・・やっぱり大都会・金持ちの集まる六本木のド真ん中から放送してるとしゃべることもどこかトンでしまうようで・・・。

「テレ東の新番組『カリスマダム』というタイトルになえる」

●クイズだよ
 
帰省中に聴いたラジオ番組「PAO〜N」(福岡KBCラジオ)より。
 
★ある主婦の話。
家庭訪問に来た先生はたいてい出したお茶を残して帰るので「なんとかして飲んで帰ってもらおう」と(←こういう考え方もどうかと思うが)ある飲み物を出すようにしたら、毎年100%の確率で飲んでくれるようになったそうだ。
 
果たして、そのウケの良かった飲み物とは??
 
 
 
 
正解は「栄養ドリンク
 
 
お茶だと他の家もお茶だったりして飽きるせいか口をつけないどころか「お宅のお子さんは授業中に寝てることがあるんですけど、毎晩寝ないで何してるんですか!?」と世界一余計な一言を残して帰っていくことがあるが、栄養ドリンクならありがたそうに飲んでいくとのこと。
 
 
昔、おまじないで、「玄関にほうきを立てかけておくと家庭訪問の先生がトットと帰ってくれる」というものがあったが、居眠りの件で15分ねばられた。
プロフィール
やきそば かおる
ライター・編集・構成作家・動物園写真家
エキサイトニュース コネタ
テレビブロス・テレビガイド
水道橋博士のメルマ旬報(連載)
しらべぇ(連載)
ヴィレッジヴァンガード・東急ハンズほか関わってます

●毎日広告デザイン賞
●高身長女性研究家
●TOKYOに住んでますが、街から浮いてます。(独身)

●昭和歌謡番組手書きタイトル研究家
●メールはare※enjoy.ne.jp
※部分を@に変えて送ってください。

☆【連載】
『水道橋博士のメルマ旬報』
・やきそばかおるの「会いに行ける偉人」

☆【連載】
『しらべぇ』
(ニュースコラムサイト)
「ねこ拝見」ほか、いろいろと


☆【執筆】
・「エキサイトニュースコネタ」

ほか「テレビブロス」「テレビガイド」など特集執筆。

☆「大人のための私服の教科書」(飛鳥新社)
2013年11月25日発売
※企画構成

☆発売中:書店員が本当に売りたかった本」(飛鳥新社)
※ライターとして執筆


☆公開中
キャノン
「ナツカメ」サイト
写真の撮り方解説


☆ポッドキャスト
TOKYO FM
「サントリー
サタデー ウェイティングバー
アヴァンティー 5・14付」


☆発売中
書籍「アニメ サザエさん公式大図鑑
サザエでございま〜す!」
(扶桑社)

書籍「アニメ ちびまるこちゃん公式大図鑑」
(扶桑社)

●DVD
「動物チラリズム -カメラ目線動物DVD-」
発売中
(JVC エンタテインメント)

●単行本
「動物チラリズム
~趣味は人間観察ですけど・・・?」
ソニーマガジンズより発売中
ギャラリー
  • 「今夜も生でさだまさし〜清水寺編  画伯のホワイトボード絵画予想 第57弾」
  • 「今夜も生でさだまさし〜清水寺編  画伯のホワイトボード絵画予想 第57弾」
  • 「今夜も生でさだまさし〜福井編  画伯のホワイトボード絵画予想 第56弾」
  • 「今夜も生でさだまさし〜福井編  画伯のホワイトボード絵画予想 第56弾」
  • 「今夜も生でさだまさし〜福井編  画伯のホワイトボード絵画予想 第56弾」
  • 「今夜も生でさだまさし〜福井編  画伯のホワイトボード絵画予想 第56弾」
テーマ別
  • ライブドアブログ