やきそばかおるの右脳と左脳をいったりきたり

ツイッターは@yakisoba_kaoruです。色んな媒体で取材したり、文章を書いたり、写真を撮ったりの毎日です

昭和歌謡曲番組・手書きタイトル書体シリーズ

手書きタイトル第12弾「少年隊『仮面舞踏会』手書きタイトル書体5連発」

平成生まれ・置いてけぼり企画

昭和歌謡番組・手書きタイトル書体シリーズ 第12弾


少年隊『仮面舞踏会』手書きタイトル書体5連発


昭和の歌番組のタイトルは、手書きで書かれたものが多かった。
同じ曲のタイトルでも、番組によって書体が違っていて、非常に味があるものが多かった・・・というわけで手書きで再現してみた・・・の「仮面舞踏会」編。

まずは大元。
レコードのタイトルに書かれている書体の「仮面舞踏会」。
・・・といいたいところだけど、ジャケットのタイトルが手書きではなかった(←ションボリ)ので、いきなり本題へ。
(※ワタクシが見ながら書いた手書きなのだが、なるべく忠実に再現したつもりです)


最初は昭和61年「第28回 輝く!日本レコード大賞」(TBS)での「仮面舞踏会」

仮面舞踏会 (1)_R


●「舞踏会」のおごそかな雰囲気をイメージした、実にTBSらしい落ち着いた書体
●「舞」のハライのところは、舞踏会であいさつをする時の、足を少し曲げるような感じのしなやかさを醸し出している

続いておなじみ「夜のヒットスタジオ」での「仮面舞踏会」


仮面舞踏会 (2)_R

●直線の多い「夜ヒット書体」の中でも、きちんとハラって書くことで、夜ヒットなりの「舞踏会っぽさ」を醸し出している
●「会」の下の部分はカタカナの「ム」に似ているが、わざと崩すことで、非日常っぽさがにじみでている

続いて「たのきん全力投球」(TBS)での「仮面舞踏会」

仮面舞踏会_R

●TBSでもアイドルがメインの番組の時は、「ベストテン書体」などとは異なり、「止め」がしっかりしている書体であった
●サラサラっと書いたように見えて、「面」の一画めの長さと「仮」とのバランスなど、実は計算された描き方となっている

続いて「第37回 NHK紅白歌合戦」での「仮面舞踏会」

仮面舞踏会 (3)_R

●手描きながらも、非常によくデザインされた、NHKの真骨頂的な書体
●敢えて、一文字一文字の大きさを変えてあり、なおかつ、ハライも長めにしてあることで、オシャレで高級感を漂わせている
※白組の司会、加山雄三さんが「白組のトップバッターは少年隊。おい、はりきっていこうぜ!紅白初出場、少年隊、『仮面ライダー』」と言った回。

続いて「東京音楽祭スペシャルコンサート」での「仮面舞踏会」


仮面舞踏会 (4)_R

●小回りのきく、手描きならではの書体
●1978年に発売されたアイスクリーム「宝石箱」の書体に似ていることから「宝石箱書体」と呼んでいる(←ワタクシだけですけど)


・・・今回も、平成生まれを置いてけぼりにしてやったぜ

「山本リンダ『どうにもとまらない』手書きタイトル書体5連発」

平成生まれ・置いてけぼり企画

昭和歌謡曲番組・手書きタイトル書体シリーズ:第11弾


山本リンダ『どうにもとまらない』手書きタイトル書体5連発


昭和の歌番組のタイトルは、手書きで書かれたものが多かった。
同じ曲のタイトルでも、番組によって書体が違っていて、非常に味があるものが多かった・・・というわけで手書きで再現してみた・・・の「どうにもとまらない」編。

まずは大元。
レコードのタイトルに書かれている書体の「どうにもとまらない」。
(※ワタクシが見ながら書いた手書きなのだが、なるべく忠実に再現したつもりです)

どうにもとまらない (2)_R


●山本リンダさんの歌う時のイメージや、歌詞の内容やと比べると、落ち着いた雰囲気
●一直線ではなく、「ら」のように、少し位置をズラしている

続いて、「”どうにもとまらない”ヒット記念パーティー映像」での「どうにもとまらない」

どうにもとまらない (1)_R

●POP体っぽくもあるが、「ら」のように、おもいっきり壊している部分もある
●「に」の二画目だけ太くしたり、「ら」みたいに壊す部分があったりと、ちょくちょくバランスが崩してあるところに可愛さがある。

続いて、「第23回 NHK紅白歌合戦」での「どうにもとまらない」


どうにもとまらない (4)_R

●「も」の上半分部分や、「ら」の書き方など、70年代のアートっぽいデザインとなっている

※個人的には、この書体は好きなので、他の文字でも書けるように練習しております。

続いて、「第12回 年忘れ大行進」(テレビ東京)での「どうにもとまらない」

どうにもとまらない (3)_R

●一番、手書きっぽい書き方
●一文字一文字の形はバラバラだが、全体から見ると味が出ているからように感じるから不思議


続いて「夏祭りにっぽんの歌」(昭和56年)(テレビ東京)での「どうにもとまらない」

どうにもとまらない (3)_R

同じ。

これを日本語四文字で「使い回し」という。


・・・今回も、さりげなく平成生まれを置いてけぼりにしてやったぜ

歌謡曲手書き第10弾「中森明菜『少女A』手書きタイトル書体4連発」

平成生まれ・置いてけぼり企画

昭和歌謡曲番組・手書きタイトル書体シリーズ


中森明菜『少女A』手書きタイトル書体4連発


昭和の歌番組のタイトルは、手書きで書かれたものが多かった。
同じ曲のタイトルでも、番組によって書体が違っていて、非常に味があるものが多かった・・・というわけで手書きで再現してみた・・・の「少女A」編。

まずは大元。
レコードのタイトルに書かれている書体の「少女A」。
・・・といいたいところだけど、ジャケットのタイトルが手書きではなかった(←ションボリ)ので、いきなり本題へ。
(※ワタクシが見ながら書いた手書きなのだが、なるべく忠実に再現したつもりです)

最初は「歌謡ドッキリ大放送!!」(テレビ朝日)での「少女A」

少女A (2)_R

●歌詞の内容は、影のある少女の心境を表現したものだが、手書き書体的には、非常におさまりが良く、優等生的
●「少女」の二文字は、もう少し長くはらうと「NHK思い出のメロディー書体(通称:おもメロ体)」となる

続いて、「夜のヒットスタジオ」での「少女A」


少女A (1)_R


●「歌謡ドッキリ大放送!!(歌謡ドッキリ書体)」とは、うってかわって、「夜ヒット書体」ならではの「全て直線」なライン
●少女から大人に変わる時代の、ピリッとした緊張感を表している

続いて、「8時だョ!全員集合」での「少女A」

少女A (3)_R

●「ドリフ書体」ではあるが、やはりスーパーアイドルの曲のタイトルというだけあってか、どちらかというと「夜ヒット書体」に似たところがある。ドリフ書体で「高木ブー」と書く時とは、雰囲気を変えている
●現在、総集編などで放送する時は、フツウに活字のPOP体が使われていることがあり、ドリフ書体ファンをがっかりさせている(←ワタクシだけだと思うが)

最後は「1983新宿音楽祭」(文化放送・フジテレビ)での「少女A」


少女A (4)_R

●月9ドラマ「キミの瞳をタイホする!」の書体のように、サラサラっと書いた感じだが、実は少女Aの複雑な心境を表現した書体としては、曲の内容に非常に合っている
●「女」の二画目の横の棒を、真ん中より下の位置に書くだけで、アートっぽい文字になるから不思議である。皆さんも試してみては?


・・・今回も、平成生まれの少女Aを置いてけぼりにしてやったぜ


(しつもんコーナー)
メールで質問をいただきました

※どのくらいの時間をかけているの?
タイトルにもよりますが、1タイトルにつき、5分〜15分です


※いつもどんなペンを使っているの?
三菱鉛筆株式会社 水性マーカー「プロッキー」(15年くらい使ってます。一番使いやすいです)


※なんのために?
趣味ですけど

歌謡曲手書き第9弾「近藤真彦『ギンギラギンにさりげなく』手書きタイトル書体4連発」

平成生まれ・置いてけぼり企画

昭和歌謡曲番組・手書きタイトル書体シリーズ第9弾


近藤真彦『ギンギラギンにさりげなく』手書きタイトル書体4連発


昭和の歌番組のタイトルは、手書きで書かれたものが多かった。
同じ曲のタイトルでも、番組によって書体が違っていて、非常に味があるものが多かった・・・というわけで手書きで再現してみた・・・の「ギンギラギンにさりげなく」編。


まずは大元。
レコードのタイトルに書かれている書体の「ギンギラギンにさりげなく」。
(※ワタクシが見ながら書いた手書きなのだが、なるべく忠実に再現したつもりです)

ギンギラギンにさりげなく (2)_R



●「ギ」が3回出てくるが、3つの書体とも”さりげなく”形が変えてある
●「ギンギラギン」は、尖っている感じにしてマッチのカッコよさを、後半の「さ」の2画目は「クルリン」と丸くしてマッチの可愛さを、つまり、マッチのカッコよさと可愛さの二つを醸し出している

続いてNHK「レッツゴーヤング」での「ギンギラギンにさりげなく」


ギンギラギンにさりげなく (1)_R

●3箇所に出てくる「ギ」のうち、3つめの「ギ」の濁点を”さりげなく”★★にしてあるところがニクい
●「ギンギラギン」の部分は、ちょうど「ザ・ベストテン」のタイトルの書体を斜めの角度を逆にしたような感じとなっている

続いて「ザ・ベストテン」での「ギンギラギンにさりげなく」


ギンギラギンにさりげなく (4)_R


●「ザ・ベストテン書体」は、一見統一してあるように見えるが、ハライや止めなどが文字によって”さりげなく”変えたあったりする、気まぐれな書体でもある

最後は「第32回 NHK紅白歌合戦」での「ギンギラギンにさりげなく」



ギンギラギンにさりげなく (3)_R

●全体を通じてファンシーな書体
●3箇所に出てくる「ギ」のうち、1つめと2つめの「ギ」の濁点は★★だが、3つめの「ギ」は「”」というフツウの濁点に”さりげなく”にしてあるところがニクい



・・・今回も、さりげなく平成生まれを置いてけぼりにしてやったぜ




※ところで、この「昭和歌謡曲手書きタイトルシリーズ」は、色々な方に見ていただいたいるようで、よく声をかけていただいています。誠にありがとうございます。

歌謡曲手書きタイトル第8弾「野口五郎『私鉄沿線』手書きタイトル書体4連発」

平成生まれ・置いてけぼり企画

昭和歌謡曲番組・手書きタイトル書体シリーズ


野口五郎『私鉄沿線』手書きタイトル書体4連発



昭和の歌番組のタイトルは、手書きで書かれたものが多かった。
同じ曲のタイトルでも、番組によって書体が違っていて、非常に味があるものが多かった・・・というわけで手書きで再現してみた・・・の「私鉄沿線」編。


まずは大元。
レコードのジャケットに書かれている書体の「私鉄沿線」。
(※ワタクシが見ながら書いた手書きなのだが、なるべく忠実に再現したつもりです)

私鉄沿線 (3)

●「私」の一画目は、むしろ大きな「点」に近く、歌詞の内容の如く、自信なさげに「筆をとって、書き始めたのはいいが、これからどうやって書こうか」といった心細さが垣間見える
●その後も、全体的に、線がユラユラっと小刻みに揺れている男の心情が書体に表れている

続いて、1975年「輝く!日本レコード大賞」での「私鉄沿線」


私鉄沿線

●先ほどよりも、さらに心情が揺れまくっている
●注目は「沿線」。前半の「私鉄」以上に「クルンクルン」とした書体で書いており、より昭和のニオイを引き立たせている
●書体にこだわるマッキントッシュですら、欲しがらなさそうな書体

続いて、おなじみ「夜のヒットスタジオ」での「私鉄沿線」


私鉄沿線 (2)

●完全に、定規で引いたような書体
●「私鉄沿線」の歌詞の内容通り、改札口で待っている男の、ガチガチな気持ちは「夜ヒット書体」が一番よく表現している


最後は、「第26回 NHK紅白歌合戦」での「私鉄沿線」


私鉄沿線 (1)

●現代にありそうでない、デザイン化された書体
●「鉄」の一番最後の曲線の部分は、股を少し開いているかのように見える
●文字を全体的に、もう少し太くして細長くすると「アップダウンクイズ」(毎日放送)のタイトルに近い書体となる


・・・今回もまた、平成生まれを置いてけぼりにしてやったぜ

「スターどっきりマル秘報告・字幕スーパー手書き書体」

平成生まれ・置いてけぼり企画


手書きタイトル書体シリーズ・特別編

スターどっきりマル秘報告
字幕スーパー手書き書体


今回は、フジテレビのバラエティーにおける手書きスーパーがザクザク表示される、フジテレビ書体の宝庫、「スターどっきりマル秘報告」から、実際に表示された手書きの字幕をワタクシが再現して書いて並べてみた。
(「スター寝起きどっきり」の回を中心にピックアップ)


どっきり (6)


どっきり (8)


どっきり (2)


どっきり (7)


どっきり (3)

どっきり (1)


どっきり (5)


どっきり (4)

どっきり



画面はなくても、順番に読むだけで、なんとなく場面が想像できるではないか


で、

せっかくなので・・・

スターどっきりマル秘報告・
字幕スーパー手書き書体『大成功』消しゴムはんこを作ってみた




IMG_0354

▲制作時間 1時間

IMG_0355

▲見たか同志。
世界で一つの「スターどっきりマル秘報告『大成功』ふう、消しゴムはんこ

IMG_0356

▲大成功増殖

たくさん押しているうちに、ホントに自分が大成功したかのような感覚になるから不思議。



・・・今回もまた、平成生まれを置いてけぼりにしてやったぜ

「中山美穂『ツイてるね ノッてるね』手書きタイトル書体4連発」

平成生まれ・置いてけぼり企画

昭和歌謡曲番組・手書きタイトル書体シリーズ

中山美穂『ツイてるね ノッてるね』手書きタイトル書体4連発


昭和の歌番組のタイトルは、手書きで書かれたものが多かった。
同じ曲のタイトルでも、番組によって書体が違っていて、非常に味があるものが多かった・・・というわけで手書きで再現してみた・・・の「ツイてるね ノッてるね」編。

まずは大元。
レコードのタイトルに書かれている書体・・・といいたいところだけど、ジャケットのタイトルが手書きではなかった(←ションボリ)ので、いきなり本題へ。
(※ワタクシが見ながら書いた手書きなのだが、なるべく忠実に再現したつもりです)


最初は、おなじみ「夜のヒットスタジオ」での「ツイてるね ノッてるね」

ツイてるね (1)


●いつも不思議な書体の「夜ヒット書体」。「ツイ」「ノッ」のカタカナは、カクカクした書体で、「てるね」は縦長な感じにしてある。
●「てるね」は2回出てくるが、それでも現代でいうところの「コピペ」みたいなことはせず、2つともちゃんと書いてあるので、微妙に書体が違う。こういうところに、タイトルを書いた方の意気込みを感じる

続いて「第28回 日本レコード大賞」での「ツイてるね ノッてるね」


ツイてるね (3)

●曲の歌詞自体はかなりポップなのに、それでも派手な文字を使わず落ち着きのある、TBSらしい書体。
●ちなみに、同じくTBSの「ベストテン」では、書体の雰囲気は似ているが、「レコ大」の書体よりも少し丸っこく、一文字一文字が正方形の形になる

続いて「ヤンヤン 歌うスタジオ」での「ツイてるね ノッてるね」


ツイてるね (2)

●「ツイ」「ノッ」と「てるね」とで書体を変えている「夜ヒット型」。
●前者はカクカクした書体にしているのは「夜ヒット」と同じだが、「てるね」は明朝っぽく書いている。
●「ね」を小さく書くことで可愛さを醸し出しているところがニクい。

最後は「レッツゴー ヤング」での「ツイてるね ノッてるね」

ツイてるね (4)


●中山美穂の可愛さを前面に押し出した、ファンシーな雰囲気に仕上がっている
●こちらも「ツイ」「ノッ」と「てるね」とで書体を変えている「夜ヒット型」。
●「レッツゴー ヤング」も凝った文字(レツヤン型)が多かったが、「ツイ」を黒フチにしているのは、なかなか珍しい
●「てるね」の「る」は、一つめの「る」は縦長に、二つめの「る」は横長に。とりわけ、前者の「る」は、MBS「突然ガバチョ!」で放送されていた「つるべタクシー」のタイトル書体の「る」の雰囲気に似ていて、味がある。

「石川優子とチャゲ『ふたりの愛ランド』手書きタイトル書体4連発」

平成生まれ・置いてけぼり企画

昭和歌謡曲番組・手書きタイトル書体シリーズ

石川優子とチャゲ『ふたりの愛ランド』手書きタイトル書体4連発


昭和の歌番組の曲のタイトルは、手書きで書かれたものが多かった。
同じ曲のタイトルでも、番組によって書体が違っていて、非常に味があるものが多かった・・・というわけで手書きで再現してみた・・・の
たりの愛ランド
」編。

まずは大元。
レコードのタイトルに書かれている書体・・・といいたいところだけど、ジャケットのタイトルが手書きではなかった(←ションボリ)ので、いきなり本題へ。
(※ワタクシが実物を見ながら手書きで描いたのだが、なるべく忠実に再現したつもりです)


最初は、大阪の朝日放送「ヤングプラザ」にゲスト出演した時の「ふたりの愛ランド」

ふたりの愛ランド (4)

●同じく大阪の毎日放送「突然ガバチョ!」や「素敵な出会い いい朝8時」などでも見られた書体
●「ふたり」と「の愛ランド」とでは、書体を変えているところが、なんともニクい。前半は直線を多用し、後半は曲線をこれでもか、これでもかと使用


続いて、
やる気マンマン日曜日」(毎日放送)での「ふたりの愛ランド」

ふたりの愛ランド (3)

●こちらは「ふたりの」と「愛ランド」で書体の雰囲気を変えている。いずれにしても「ふ」の1画目と2画目は、くっつけている。この方が、離して書くよりも見栄えが良い。
●「の」を、とことん伸ばして特徴を出している
●「ド」の点々がハートマークって!!!
●ちなみに、この番組自体を覚えている人は、かなりのテレビっ子。司会は、田代まさし&榊原郁恵。番組宣伝のCMで、田代まさしが「ひとつ、よろしく」の意味で、「ひとつ、よしなに」と言っていた。もちろん、ラジオの「吉田照美のやる気MANMAN」(文化放送)とは、全く関係ない。

続いて、おなじみ
夜のヒットスタジオ」での「ふたりの愛ランド」

ふたりの愛ランド (1)

●「夜ヒット書体」の中でも、3本の指に入るくらい特徴的な、「の」以外は直線しか使ってない書体
●やや、上から押しつぶしたような文字なので、意識して書かないと、すべての文字を同じような空気感で書くのは困難

最後は、ちょっと変わり種
田原俊彦と松田聖子が「レッツゴー ヤング」で「ふたりの愛ランド」を歌った時の書体。

ふたりの愛ランド (2)


●オール丸文字。丸っこさ具合は、山陰放送ラジオ「音楽の風車」のロゴと良い勝負である。
●「り」の1画目と2画目をつなげて描くと、可愛く見えるから不思議である
●「愛」の文字の「心」の部分が「ハートマーク」って!!!

個人的には「レッツゴー ヤング」の「ふたりの愛ランド」がお気に入り。このファンシーな書体を使って、何かを描きたい。



今回も、平成生まれを、置いてけぼりにしてやったぜ。

「郷ひろみ『お嫁サンバ』手書きタイトル書体4連発」

平成生まれ・置いてけぼり企画

昭和歌謡曲番組・手書きタイトル書体シリーズ

郷ひろみ『お嫁サンバ』手書きタイトル書体4連発


昭和の歌番組の曲のタイトルは、手書きで書かれたものが多かった。
同じ曲のタイトルでも、番組によって書体が違っていて、非常に味があるものが多かった・・・というわけで手書きで再現してみた・・・の「お嫁サンバ」編。

まずは大元。
レコードのジャケットに書かれている書体。
(※ワタクシが見ながら書いた手書きなのだが、なるべく忠実に再現したつもりです)

お嫁 (1)

●手書き。クレヨンで描いたような書体。どことなく、可愛く、キュートで甘い生活を彷彿とさせる。

続いて・・・


第32回 NHK紅白歌合戦」での「お嫁サンバ

お嫁 (2)

●おばちゃんが中細の太さのペンで、スラスラっと描いたような書体。「嫁」が、しつこいくらいに、はらってあり、ウェディングドレスのロングベールを思い起こさせる。(←そうなのか?) ちなみに、放送局は違うが、テレビ朝日「欽ちゃんのどこまでやるの!?」ではこういう書体が使われていた。


続いて・・・


ザ ベストテン」での「お嫁サンバ」


お嫁


●「ベストテン」は、基本的に 統一した体で描かれていたため、紅白に比べると、グッと落ち着いた感じとなっている

最後は
レッツゴー ヤング」(NHK総合)での「お嫁サンバ」


お嫁 (3)

●「お嫁」をわざと落書きふうに描くことで、新婦のドタバタ感が伝わってくる
●NHKであるが、「ン」は「●」に、はらわない横棒で描かれてあり、「クイズ!ドレミファドン」の「ン」や、「なるほど!ザ・ワールド」の「ジャンピングチャンス」の「ン」に見られた「フジテレビ書体」にそっくりである
●「バ」の点々が「ハートマーク」って!!!



このシリーズ、思ったより好評のようです。
まさに「ホッと一息、裕子です」(←分かる人は、AMラジオっ子)

プロフィール
やきそば かおる
ライター・編集・構成作家・動物園写真家
エキサイトニュース コネタ
テレビブロス・テレビガイド
水道橋博士のメルマ旬報(連載)
しらべぇ(連載)
ヴィレッジヴァンガード・東急ハンズほか関わってます

●毎日広告デザイン賞
●高身長女性研究家
●TOKYOに住んでますが、街から浮いてます。(独身)

●昭和歌謡番組手書きタイトル研究家
●メールはare※enjoy.ne.jp
※部分を@に変えて送ってください。

☆【連載】
『水道橋博士のメルマ旬報』
・やきそばかおるの「会いに行ける偉人」

☆【連載】
『しらべぇ』
(ニュースコラムサイト)
「ねこ拝見」ほか、いろいろと


☆【執筆】
・「エキサイトニュースコネタ」

ほか「テレビブロス」「テレビガイド」など特集執筆。

☆「大人のための私服の教科書」(飛鳥新社)
2013年11月25日発売
※企画構成

☆発売中:書店員が本当に売りたかった本」(飛鳥新社)
※ライターとして執筆


☆公開中
キャノン
「ナツカメ」サイト
写真の撮り方解説


☆ポッドキャスト
TOKYO FM
「サントリー
サタデー ウェイティングバー
アヴァンティー 5・14付」


☆発売中
書籍「アニメ サザエさん公式大図鑑
サザエでございま〜す!」
(扶桑社)

書籍「アニメ ちびまるこちゃん公式大図鑑」
(扶桑社)

●DVD
「動物チラリズム -カメラ目線動物DVD-」
発売中
(JVC エンタテインメント)

●単行本
「動物チラリズム
~趣味は人間観察ですけど・・・?」
ソニーマガジンズより発売中
ギャラリー
  • 「今夜も生でさだまさし〜清水寺編  画伯のホワイトボード絵画予想 第57弾」
  • 「今夜も生でさだまさし〜清水寺編  画伯のホワイトボード絵画予想 第57弾」
  • 「今夜も生でさだまさし〜福井編  画伯のホワイトボード絵画予想 第56弾」
  • 「今夜も生でさだまさし〜福井編  画伯のホワイトボード絵画予想 第56弾」
  • 「今夜も生でさだまさし〜福井編  画伯のホワイトボード絵画予想 第56弾」
  • 「今夜も生でさだまさし〜福井編  画伯のホワイトボード絵画予想 第56弾」
テーマ別
  • ライブドアブログ