2013年11月

2013年11月30日

三浦しをん『政と源』
小林朋道
『先生、キジがヤギに縄張り宣言しています!―鳥取環境大学の森の人間動物行動学』
『先生、モモンガの風呂に入ってください!―鳥取環境大学の森の人間動物行動学』
小谷太郎『科学の世界のスケール感をつかむ―もしも地球がメロンの大きさだったら』
アフロ『絶対に見たい!世界の工場』
北大路公子『苦手図鑑』
やまもとゆみ『こけし―旅先で恋した古くて新しいこけしワールド』
『世界 伝説と不思議の物語―不思議と驚き、逸話がつづる魅惑の名景』(パイインターナショナル)



五月生hanatokobato_1102 at 00:00│コメント(0)トラックバック(0)読書 │

2013年11月13日

懐かしのカッコ仮。
(つっても、私はカッコ仮時代を全く知らないのですがははは)
(あ、もしかしてご存じない方のために蛇足を申し上げますと、『GX』連載時は、こばと(仮)というタイトルだったのです。それにちなんでみただけです。ただそれだけです)



清花先生、はぴばです!
記事の日付は改竄してありますが、大幅に遅くなった(現在18日)上に何もなくて、ごめんなさい!
お祝いのブツは年明けまで上げられそうにないですが(汗)、とりあえず、場所取りで!
来年には必ず!! ←鬼に笑われる人間



前記事に拍手&コメ、ありがとうございました。
そうそう七五調といえば。
【5巻】126頁2コマ目の堂元くんの台詞は、(藤本には痛くて)心に沁みる良い句ですよねぇ(俳句と違う)(ああ、季語がないか)。←わざとらしい
以下レスポンス。
拍手レス:私の印象では、アニメよりも原作兄さんのほうが大人な感じなので、こばとさんの突飛な行動にも(あまり)動じなさそうです。お歳が(大分)上ということもございますしね。ま、歳だけ食ってりゃ大人になれるかと言えば、そうじゃないでしょうけれど(ハハハ)。それに、どっちが性質(たち)が悪いのかとも思いますし…(胡乱)。
おっと。
こりゃ失敬(byすみれさん@踊る大捜査線)。放言が過ぎますな。




五月生hanatokobato_1102 at 00:00│コメント(0)トラックバック(0)二次:『こばと。』(絵) | アニメ

2013年11月07日

前記事に拍手ありがとうございます!
とりとめもない話でして、本当にありがとうございます。



さて。
タイトルは誤変換に非ず。
前記事にオチを付けようコマ漫画(五七五)。
の故でして。

えー、注意というか、言い訳。
読んでいなくても問題はないはずですけれど、『ツバサ』を読んでいない方には分かりにくい…と言うよりも、ちょっと戸惑うかなぁ、という内容になってしまって、申し訳ない。

それでよろしければ、続きへお進みくださいー。
前記事漫画のラスト直後から繫がっております。


続きを読む

五月生hanatokobato_1102 at 13:57│コメント(0)トラックバック(0)二次:『こばと。』(絵) | 原作

2013年11月02日

こばとちゃん、
Happy Birthday To You! (わーどんどんぱふぱふー)

という訳で、おたおめ更新です!
約一日遅れでの日付詐称更新です!
おし! 頑張った俺!
そのためにクオリティを犠牲にしても!
(あ、クオリティなんて常に、気にするほど高くなかったんだった。よって、この発言は没の方向で)

…ええと、何だっけ?
そうだ、注意書きだ。
いつにも増して、長くてウザいですが!

・漫画です。原作設定です。
・捏造あります。
・けど漫画って難しいですねー。何というか、観念的というか想念というか形而上というか感覚というか抽象というか夢想というか、そんなもので溢れている仕上がりになってしまった。まぁつまり解りにくいかもしれないですはい(煮え切らない)。
・書くまでもないことですが、あえて書いておこう。これはあくまでも私個人の「感じ」であって、感じ方には個人差があります。

まー、何のことやらさっぱりでしょうけれど、見てやろうかな(同情心)、という気になった人は続きどうぞー。


てか、楽天日本一! おっめでとー!
(テンション高かったのはそれか!)(この記事と全く関係ねぇじゃねぇか!)(脈絡がなさ過ぎるぞ!)←野次



おっと、そうだった。
拍手と拍手レス、ありがとうございました!
私信:笑っていただけたなら本望です! てか、二次活動なんて余剰エネルギーに過ぎないのですから、頑張り過ぎない程度で良いんですよ。リアルのが大事ですよー。


続きを読む

五月生hanatokobato_1102 at 00:00│コメント(0)トラックバック(0)二次:『こばと。』(絵) | 原作