2014年06月

2014年06月28日

こんなところで何ですが、私信。
先ず、正確な引用ですが。前提は、DVD4巻のライナーノートでの、アニメこばとさんの中の人(花澤さん)と、いおりょぎさんの中の人(稲田さん)、藤本の中の人(前野さん)の対談Part.2にて、稲田さん、前野さんへの「小鳩のような女性は恋愛対象になりますか?」という質問に対する回答。「稲田:なりません(即答)。」に対して、「前野:(略)小鳩は性格的な面ではありだと思いますけどね。だって、自分色に染められるじゃないですか。」。その心は、「(略)小鳩が知らないことを自分なりに教えてあげられるっていう意味です! (中略)ただ教えてあげたいだけなんです!」だそうです。直後に「稲田:いろんなことをね(笑)。」とツッコまれていますが(笑)。話の流れをぶった切っているので、印象が変わっているかもしれませんが、発言内容はこんな感じでした。
…………うーん。好み、ねぇ……。ネタとして答えるなら、制服(原作のアレとかアニメのアレとか)ですが(えええ?)。真面目に答えるなら、フツーに清楚系じゃないでしょうか。こばとちゃんに一番似合いますし。お帽子に白ワンピは、男子の(「男の」ではない)ロマンじゃないんですかね? 風で飛ばされた帽子を拾ってあげるんですよ(何時代だ)。最近は、夏服でもちゃんと透けないようになっていますから安心ですしね(ロマンが半減だな)。
以上でした。



描いてます。描いていますが、背景はやる気が激減なんです(言い訳)。
てな訳で、気分転換(ばっかりやっている)。
えー、私、原作第36話・37話間を埋める話を創作(つく)るのが好きなのですが、(やや)真面目なものを考えていると生まれるネタ話。を、2本。
コマ漫画です。
雰囲気としては【5巻】P124ラストのコマ的な。つまり、堂元くんがほどほどに遠慮会釈もない感じです(日本語?)

あの感じが苦手な方は、回れ右で。


続きを読む

五月生hanatokobato_1102 at 16:01│コメント(0)トラックバック(0)二次:『こばと。』(絵) | 原作

2014年06月13日

当てにならない者はない。
(「うさぎとかめ」のメロディーで)

世界、か。
また大きく出たな…。



ということで、やはり予告を無視しての更新(ヲイ)。
いや、ちゃんと予告のブツの作業もやってるんですが、その糖度高めの苦行作業の息抜きに。
でも、こちらも糖度では負けてない。筈(当者比)。
ただまぁそのほんのちょっとこう、おふざけ要素がですね(ゴニョゴニョ)。
ええと。
久久に、アニメ設定(第24話+ドラマCD後)コマ漫画です。
描いたヒトも存在を忘れ去っていたものですが、お二人さんの関係を一応真面目に考察をしてみた結果でございます。
ま、それでこれか、という出来なのは、覆い隠しも出来ない真実ですがね(はっはっは)。←

それで良ければ続きへどうぞ。



前記事に拍手&コメントありがとうございました!
レス:耳を漬ける、だと…? 秀吉の朝鮮出兵か?!(半島は遠い上に海も越えるので、討ち取った相手兵の数を知るのに(論功行賞のため、とのこと)耳を切り落として塩漬けにして持ち帰ったという話がありましてですね…) ←ボケが解りにくい上に血生臭い、この歴オタが
えー、最近(だかなんだか、よくは知りませんが)、ガールならぬボーイもいるそうなので、ま、別に付いててもいいとは思うのですけれど。…いや、やっぱりダメだ。そんなうつくしくないものは、描きたくない!(唯美主義か) バニーちゃんは、女の子が好い!!(そっちか)
異常以上だそうです。


続きを読む

五月生hanatokobato_1102 at 11:33│コメント(2)トラックバック(0)二次:『こばと。』(絵) | アニメ

2014年06月10日

前前記事と前記事に拍手、ありがとうございました。
なんかもうほんとにこばとさんが画面にいるといないとで背景が違いすぎるとかねぇもう自分…(笑)。



記事タイトルは、ジュリーの『TOKIO』っぽく(何故)。
てな訳で、時の記念日の本日、原作の面面で(いやアニメでも別によかったですけども)『アリス』パロ一枚絵(何故)。
私としては、これしかない! という配役ですが、一般的にはどう、かな…?(弱腰)
とりあえず、原作でまるでステレオタイプな小姑のように細かく時間を計っていた、ヤツがアレです(判んねぇよ)。

怖いもの見たさの人は、続きへどうぞ。



当てにならない次回予告。
3月(に上げるはずだった)分の更新をします(と思います多分)。←どんだけ当てにならないんだ
お暇のある人は、そんなような記事を見かけたら相手してやってくださいませ。


続きを読む

五月生hanatokobato_1102 at 06:10│コメント(0)トラックバック(0)二次:『こばと。』(絵) | 原作