2014年08月

2014年08月25日

漫画の話でなく。
…ん?
いや、漫画の話か。

以下、内容が分からないな、と判断なさった方は読み飛ばしてください。
『戻(レイ)』3巻、読みましたー。
初っ端から、ひまさん(ひまわりちゃんのこと)に泣かされ。
ラストでは侑子さんと四月一日に泣かされ。
切ない…。

けれど、途中いらしたお客さんが、髪型やらリアクションやらがこばとさんっぽくて、非常に可愛らしかった(はぁと)。
思わず鞄の中にぬいぐるみさまを探してしまった(笑)。
いや、ただ「っぽい」ってだけで、全く無関係でしょうが。
だって、彼女の髪は肩までで、なんといっても眼鏡っ娘(こ)でしたから。
でも、前記事の「女性」のビジュアルイメージは、あんな感じで(これ幸いと公式を利用)。あ、眼鏡っ娘ではないですけども(笑)。



はい、以上感想になってない感想でしたー。
さて、以下は更新。
第24話+ドラマCD後アニメ設定お二人さんの関係性考察コマ漫画(長い)。
つか、以前文章でもちょっとやりましたけれど、ドラマCDのあのシチュは、無限大に広げられますねおいしい。

何のことか判らないでしょうけれど、まいいか、と思われた人は、続きどうぞ。



前記事に拍手、コメントありがとうございました。
元ネタは、とあるところで読んだ目撃談だったのですが、そのちいさな紳士譚を読んだ私の感想が、「さすが神奈川の人!」だったのは、いろいろ沢山間違っているのではないかな、と考えます(笑)。←舞台は鎌倉近辺(推定)
拍手コメントレス:二世君はきっと、老若男女問わずおモテになると推測されますので(隙のあるイケメンは、同性にも受け入れられやすい筈!)、どんな組織に所属しようが、フリーだろうが何だろうが、全く不都合がないくらいのフォローを受けると(いいなと)思われます。どじっこなんて、なんのそのです(えええ)。でも、母さまがああなので、結構しっかり君なのじゃないかとも思いますけど(笑)。…「背の高い男性」については、原作エピローグを読まれると、よりご理解いただけると思うのですが。読んでいただけないのが残念です。きっと大笑いされると思いますのに!(えええええ)
五月お前…何てことを…。

続きを読む

五月生hanatokobato_1102 at 17:26│コメント(0)トラックバック(0)二次:『こばと。』(絵) | アニメ

2014年08月22日

宮。
を。
誰か私に雨宮をください…(やらないよ)。

はい、今期の月9観ております。
相変わらず暑苦しくなく熱くていいね!です。
小ネタもいちいち楽しいです。
そして私の2期一押しは、川尻部長です素適(松重さんが巧過ぎる!)。

…でも、やっぱりちょっと寂しい。
いや、キャスト入れ替えは覚悟してましたけれども。
いや、麻木ちゃんも可愛い(時に怖い)ですけれども。
雨宮居ないのはなー。
何かなー(めそめそ)。
立派に検事さんやっているところを見たいですよ。←そっち?

え、主役? …は、相変わらずたまにクサいところが普通に恰好良いですね(褒めてる?)。←褒めてる
でも、実際あんな検事がいたら、迷惑以外の何者でもないような気はする(笑)。
でも、そこが良いドラマなんだろうなー。



というところで、上記には何の関係もない更新です。
あ、雨は本当に降っております、居住地域。
きっと今が梅雨に違いないね、というくらい。
8月に入ってから、一日中晴れたのなんて、片手で数えられるんじゃないかね、というくらい。
幸い、私は雨の害はさほど被っておりませんが(洗濯物が乾かない、あらゆる物にカビが生えてくる、くらいか)。

けれど、被害に遭われた方方には、心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く安心して生活できますように。



…えーと、それで。
あ、そうそう、更新。
そんな、夏っぽくない夏なので、夏っぽい話でも上げたいかなー、連続して夏関係ない話上げてるしなー。
という考えが、頭をよぎったようなそうでないような。
夏の話です。
しかし、厳重注意点が。
一応原作カテゴリーに分類しましたが、ぼかしたいと思ったので、視点も登場人物の名前も舞台も背景も何もかもはっきりさせておりません。
故に読みにくいことと思われます。
そしてオリキャラありです。

以上ご理解いただけましたら、続きをどうぞ。

…書きたいと思ったんだよ、ちいさな紳士。



前記事に拍手ありがとうございました。
だって、気になるんだもん(笑)。←可愛くないから
あ、記事タイトルはHiromi Goでした。
あ、Kyohei Tsutsumiかー。そうだったのかー。


続きを読む

五月生hanatokobato_1102 at 16:30│コメント(0)トラックバック(0)二次:『こばと。』(文) | 原作

2014年08月16日

前記事に拍手、コメントありがとうございました。
あれですね。
自ら仕掛けた「何かあったら電話しろ」の罠に、自分で引っ掛かった哀れなひとの話でしたね(ヲイ)。
「何もなかったら電話しない」に決まっているよ、君。
つか、正直守秘義務(職務上知り得た秘密を守る義務)かどうかは、微妙というか、無い…?(えええええ)
拍手コメレス:ほぼオリジナルな性格のおねーさんを気に入ってくださいまして、恐悦至極にございます(深深)。実際にいたら、ちょっと厄介そうだなーと、書いた本人は思いましたのですが(苦笑)。まぁ、「節度あるみいはあ(例示:拙宅のバレンタイン話)」てな感じで、隣の面白い事例を観察対象にしてくださればと思います(笑)。てか、多分こばとちゃんに訊くほうが、いろいろと教えてもらえると思うのですけれどねー。何たって、めちゃくちゃ正直者さんですからー。渡りに船なことに、もう一度事務所に来ますしー(ニヤリ)。



さて、先に謝っておこう。
ごめんなさい(何)。

えーと。
私も原作【6巻】が丸丸シリアスな内容であるということは、重重承知しております。
おりますがしかし、それ故にというかだからこそというか。
ところどころツッコミを入れたくなるのですよ!(率直に、またネタにしましたとおっしゃい)

2枚あります。
一枚はいおりょぎさんで、もう一枚は藤本です。
P79直後と、P92~112の間のどこかです。
哀愁漂う男の背中です(笑)。

ま、見てもいいや、という人は続きどうぞー。


続きを読む

五月生hanatokobato_1102 at 16:51│コメント(0)トラックバック(0)二次:『こばと。』(絵) | 原作