2015年05月

2015年05月17日

諸諸諸諸拍手ありがとうござ…ん?
……あれ?
なんか拍手増えてる………?
うわあぁぁぁありがとうございますうぅぅぅ!
気づくの遅くてすみません~~~(スライディング土下座)!

18日追記、拍手コメントレス(すみません、またしても見逃しておりました・汗)。
5月7日付コメントへのレスポンス:お忙しい中、いつもコメントありがとうございます(敬礼)! ん? 中学…? あ、高校のことですね! 原作こばとさんは、現役JKさんです(推定高1)。中学生(13歳以下)に手を出すと罪が重くなるので、そんな高リスクなことはしないでしょう現役弁護士。もちろん高校生(18歳以下)にも手を出すと犯罪ですから、そこらへんは信頼してますけれどね弁護士先生(清清しい笑顔)。まぁ、手繫ぎはね。やりたい、という意思もあるかもしれないけれど、やらなければならない(転ぶと危ないから。いろんな意味で)、という使命感っぽいものも加わっていたら面白いかな、という妄想でした。ちゃんとシチュエーションをお膳立てしてくれるんだもの、こばとちゃんは良い彼女さんだよ(惚惚)。←違 いおさまは…こばとちゃん以外の人間の前では、現役ぬいぐるみさまのような気もしますが、どうなんでしょうね? でもいつか会話をしてくれると、こばとちゃんが嬉しい(=私も嬉しい)のではないかな、とは思います。あ、密かなツッコミは有りだと思われます。



は~。
やだも~、うっかりうっかり(軽い)。

ええと、それでですね。
この間すごく久しぶりにアニメを観なおして、そういえばこういうネタ思いついてたなぁと描いたのが完成したので上げておきます(長い)。
日付がちょうど良い。
アニメ第17話関連。
裏切りの17話(笑)は、Aパートは観るべきものがないですが(えええ)、Bパートも後半には次回以降に繫がる重要伏線が張ってありますので、そこからのネタです。
当て馬堂元くん(←口が悪い)が苦手な方はスルーしてください。

いや~、観なおしてて気づいたんですけれど。
あれ、こんなシーンあったっけ?
ていうのがちょいあって。
原因を考えてみたら、見事にこばとちゃんがいない場面ばかりだったという(笑)。
特に藤本単独の場面なんて、完全に忘却の彼方だったよ(例示:第16話のアパート屋上シーン。記憶の奥底を目の細かい篩で浚ってみて、そういえばあったかも、と薄ぼんやりと思い出したような気がする)。←酷っ
人間、見たいものしか見ない(見えない)ってのは真実だね(笑)。
しかしこれで、私が如何にこばとちゃん(だけ)を一所懸命に観ていたか、ということが証明されたねえっへん(自慢)。←ならない


続きを読む

五月生hanatokobato_1102 at 22:16│コメント(0)トラックバック(0)二次:『こばと。』(絵) | アニメ

2015年05月04日

楽しんでいらっしゃいますでしょうか。
まだ立夏は過ぎていませんが、もう夏日バンバン出ていますね。
…おおう。
既に夏か、夏なのか…。
五月さんは、これ以上暑くならないようにと今から祈っております(なんて無駄なことを…)。
…これから本格的になるとか、冗談じゃない(ガクブル)。←うん、冗談じゃない



さて、今日の更新は。
記事タイトル全く関係なく、またもや原作最終話直後設定コマ漫画2本。
ちょっと痒くなる感じ。
苦手な方はスルーお願いしますー。


続きを読む

五月生hanatokobato_1102 at 16:53│コメント(0)トラックバック(0)二次:『こばと。』(絵) | 原作