2015年08月20日

うわ、もう秋か!
早いな!



ボー、としていたら、またもや放置状態になってしまって、申し訳ない(汗)。
お詫びに、ここ最近で一番ビックリしたことを書くよ!(いらねー)

――――ジョンの出番が多い、だと?!(某サンダーバード新シリーズ)
そして、その代わりなのか何なのか、パパさんが行方不明。
いや、びっくりしたわ。←伝わらないであろうその驚き
五月さんは、5兄弟の中でジョンの顔が一番好みなのですが(顔か)――そしてさらにどうでもいいことに、ベストキャラはパパさんなのですがだって大富豪(金か。しかし今回、おさらいとして旧シリーズの設定を見てみたのですけれど、大富豪になったその家業が建設業だった。解らなくもないけれど、結構時代を感じるな~・笑)←旧シリーズ制作は50年前――、その出番のない不憫さたるや鬼レベル。ペネロープは言うに及ばず、ミンミンにも、悪くすればフッドにも負けていると思われる(正確な出演時間を計ったことはないが)。
原因は分かっている。
宇宙ステーションという時代の最先端どころか当時はSFの中の話としか思われないような設定を採用してみたものの(50年前、人類は月にも到達していなかった)、全く生かしきれなかったことが大きな要因だった。
しかし今は21世紀。
作品の時代設定に追いつくには、まだあと50年ほどあるとはいえ、既に宇宙開発の時代。
つまりジョンの時代!
良かったね~!
というわけで、これからの展開が楽しみです!
パパさんは帰ってくるのかな?
だがしかし、太陽光発電パネルが付いた新シリーズの5号にも、疑問はある(もちろん5号以外にもツッコミどころはある)。
救助隊出動時のナビゲーションをするのなら静止する必要があると思うけれど地球上のどこでもが活動範囲なのだから普段は周回してないといけないってことになるよねそれってつまり――
え? もういい?
はいはい。
あと50年もあるんだものね。ハイテクってことで片づけていいね。
でも、50年後にはきっと、うわ、設定古www、て言われるんだろうな(笑)。



さて、長大などうでもいい話をマルっと無視した方はこちらからどうぞ。
残暑見舞いになるかどうかは分かりませんが、原作のお二人さんです。
フツーに、いちゃ絵(だと思う)。



前記事に拍手&拍手コメントありがとうございました!
コメントへお返事。
7月18日付:まだ弁護士にはなってないので卵ですね卵(エ〇が付くかどうかは知らね・笑)。てかその前に復学しなきゃですけどね、兄さん。







こちらも16年後のお二人さんですよ(笑)。



『古典的』

こばと藤本 納涼
しぶかせたら、右上が呪いの言葉のようになっちゃったけれど気にしないでね(きっと製作者の好意さ)。


――でも、蒟蒻ではなく、洗濯糊とホウ砂と水の混合物か何かですよ、衛生的。
色はたぶん桃色。←

アニこばさんは、何事にも泰然としておられましたが(おとこまえ!)、原作こばとちゃんは置かれた状況が特殊だったこと以外は、至って普通のお嬢さんだったので、普通の女の子が怖いものは怖いと思われます(いおさまの怖い顔も、ちゃんと怖がってました・笑)。
…ホント。
俺得どんだけだよ(溜息)。


んー。
納涼ってかno涼? ←寒っ





五月生hanatokobato_1102 at 16:42│コメント(2)トラックバック(0)二次:『こばと。』(絵) | 原作

トラックバックURL

この記事へのコメント

2. Posted by 五月生   2016年01月02日 16:03
ご丁寧な挨拶痛み入ります(平伏)。
こちらこそ、作業の完了が大変遅くなってしまい、申し訳ない限りです(汗汗)。
ブログ活動、本当にお疲れさまでした。

ですが、支部のほうで作品が拝見できるとのこと、喜んでおります。
HNは変わっていらっしゃらないのでしょうか?
私も陰ながら、樹。さんのあちらでの活動をこそこそ拝見したいと思います。
それではまた。
1. Posted by 樹。   2015年09月22日 00:36
5 五月生様。

こんばんは、「天然さんのソサエティ。」の樹。です。大変ご無沙汰しておりました(汗
オンライン活動からはずいぶん離れてはいましたが、
諸刻さんはいつも陰ながら楽しく拝見させて萌えさせていただいてました^^

突然連絡をさせて頂いた上に更に申し訳ないのですが、諸事情にて自分のオンライン活動は全てピク・シブで統一することにしました。
ブログに掲載している創作も全てピク・シブに転載します。転載が終わり次第、ブログのほうは年内にも記事を全撤去し完全閉鎖する予定です。

なのでお手数をお掛けしますが、いつでもかまいませんので、当ブログへのリンクを切っていただきますようお願いいたします。

長文乱文失礼しました。また陰ながらこそりと諸刻さんを楽しませていただきたいと思います^^



コメントする

名前
 
  絵文字