第9話

2010年01月08日

我々は重力に従って生きているのに、足先ばかりが冷たいのは詐欺だ!
と思う今日此頃。

下がっても上がってこなければ血の巡りが良いとは言えないですけど。

足の先から死んでいってるよ…(大袈裟)。
だからって、夏は嫌い。



まだまだ夏が続くアニメ『こばと。』漫文です。

第9話「…夏の記憶。」
(NHK-BS2にて2009年12月8日放送)

祭りといえば、浴衣でしょう!!(力説)

ストーリーと総括です。

アニメをご覧になってないネタバレするくらいなら家出する! という方はこのままお戻りください。
特にそんな事しない人は続きをどうぞ。
 
続きを読む

五月生hanatokobato_1102 at 21:34│コメント(0)トラックバック(0)

2010年01月11日

鏡開きでしたので、おぜんざいを戴きました。
美味しかった。←小豆好き

あんまりイベント事は気にしない方ですが、美味しい物が絡めば話は別です(笑)。



いおりょぎさんは、あと1話お待ちください→美味しい物。
以下、アニメ『こばと。』漫文。

第9話「…夏の記憶。」

前半漫文です。

アニメをご覧になってないネタバレするくらいなら出家する! という方はこのままお戻りください。
特にそんな事しない人は続きをどうぞ。
 
続きを読む

五月生hanatokobato_1102 at 21:22│コメント(0)トラックバック(0)
川原泉は良い。

少女漫画という括りには入りきれないけど、掲載誌が掲載誌だから少女漫画になるのか?
計算され尽くした設定・話の筋・台詞。
レギュラー陣は真っ当で善良なひとびとで、かといってほのぼのした話だけか、というと、そうではない。
ピリリと皮肉が利いていて、身につまされるものが多い。
でも、楽しくてやさしい。絵も巧い。
そして、漫画にあるまじき文章量(笑)。
活字野郎の俺には嬉しい事ですが。

以上、簡単に文庫版『ブレーメンⅡ』を読んだ感想でした。
『メープル戦記』も全部読みたい。



元々の好みは上記のような作品ですが、選り好み・食わず嫌いはないので『こばと。』も大好きなのですよ。
て訳でアニメ漫文。

第9話「…夏の記憶。」

前半漫文(続き)です。

アニメをご覧になってないネタバレするくらいなら舌を噛む! という方はこのままお戻りください。
特にそんな事しない人は続きをどうぞ。
 
続きを読む

五月生hanatokobato_1102 at 22:23│コメント(0)トラックバック(0)

2010年01月12日

上橋菜穂子は良い。

『守り人(旅人)』シリーズも、短篇集含めて読みました。
比べるものではないのですが、短篇集が一番好きです。

今は『獣の奏者』ⅠⅡを読んでおります。
正月にまとめて放送されていたので、アニメも併せて観ています。
まだ全てに目を通せていないのですが、とても大切に思われて作られていることは伝わってきます。表情の付け方が秀逸です。
私は全くと言っていいほどジャンルという概念がないので、本当に何でも読むのですが、所謂児童文学に分けられている上橋さんの作品は、ぜひ全年齢で読んでほしいものです。
確固とした知識に基づいた正確な描写(小説的な嘘はあります)。
丁寧な世界・人物設定。
単純な二項対立には決してしない書き方。
細やかに心理を追った、何ものにも目を逸らさない描き方。
そして、出てくる食べ物の美味しそうなこと(笑)。
私は池波正太郎作品で育ったようなものなので、そこはすごくポイント高いです。
ⅢⅣを読みたい。

以上、最近の読書より。



次の次には美味しい物が。
アニメ『こばと。』漫文です。

第9話「…夏の記憶。」

後半漫文です。

アニメをご覧になってないネタバレするくらいなら非行にはしる! という方はこのままお戻りください。
特にそんな事しない人は続きをどうぞ。
 
続きを読む

五月生hanatokobato_1102 at 13:36│コメント(0)トラックバック(0)
麻生みことは良い。

現在「good!アフタヌーン」で連載中の『路地恋花』もイチオシですが、今回は『そこをなんとか』の話を。

弁護士漫画ですが、所謂「マチ弁」なので、大事件などは出てきません。
新米弁護士「らっこちゃん」こと改世楽子さんの奮闘記です。
眼鏡でデキる先輩弁護士や眼鏡で穏やかなおじさま事務所長、美人でミステリアス?な事務員さんなど少女漫画的な人物配置でも、私が読む物ですから王道はあり得ません(笑)。
楽しく真面目に面白くやるせなく、その中でも常に前を向いているらっこちゃんの、素敵なお話ばかりです。
彼女の前歴がまたすごいんですがね(笑)。

らっこちゃんもそうですけど、明るくポジティブなひとには弱いですね→自分。


という訳でアニメ『こばと。』漫文。

第9話「…夏の記憶。」

後半漫文(続き)です。

アニメをご覧になってないネタバレするくらいなら泣いてやる! という方はこのままお戻りください。
特にそんな事しない人は続きをどうぞ。
 
続きを読む

五月生hanatokobato_1102 at 14:31│コメント(0)トラックバック(0)