VS鹿島 過去の対戦2003年2nd〜2004年2ndステージまで

鹿島戦が近いので過去の試合結果とともに記憶を蘇らせる。
とにかく選手もサポーターも良いイメージを持って臨まないとね。
もちろんずっと昔までさかのぼってしまうと

手も足も出なかった時代があるので良い印象があるここ数年のデータのみ。

2003年11月29日(土) J1 2ndステージ

第 15 節 浦和レッズ vs 鹿島アントラーズ

14:00キックオフ主審:片山 義継 天候:雨 気温:14.5℃ 
埼玉スタジアム2002 入場者数:51195人
浦和レッズ
2(試合終了)2
鹿島アントラーズ
0 前半 2
2 後半 0
- 延長前半 -
- 延長後半 -
- PK -
13 シュート数 8
12 コーナーキック数 2
27 フリーキック数 9
76分:永井 雄一郎 得点者 6分:小笠原 満男
89分:エメルソン
32分:青木 剛

試合終了間際にエメルソンのゴールで鹿島の10冠阻止。
鹿島の優勝を目の前で見るのだけは嫌だった。エメルソンが最後の最後にゴールを決めた時にはまるで優勝したかのような盛り上がりだった。

2004年5月5日(水) J1 1stステージ

第 8 節浦和レッズ vs 鹿島アントラーズ

15:30キックオフ 主審:吉田 寿光 天候:曇 気温:14.6℃ 
埼玉スタジアム2002 入場者数:56070人
浦和レッズ
1(試合終了)0
鹿島アントラーズ
0 前半 0
1 後半 0
- 延長前半 -
- 延長後半 -
- PK -
11 シュート数 17
2 コーナーキック数 8
33 フリーキック数 19
66分:エメルソン 得点者

あまり記憶になし。

2004年10月23日(土) J1 2ndステージ

第 10 節鹿島アントラーズ vs 浦和レッズ

16:00キックオフ主審:上川 徹 天候:晴のち曇 気温:17.7℃ 
鹿島スタジアム 入場者数:31965人
鹿島アントラーズ
2(試合終了)3
浦和レッズ
2 前半 2
0 後半 1
- 延長前半 -
- 延長後半 -
- PK -
13 シュート数 17
8 コーナーキック数 7
14 フリーキック数 21
22分 岩政 大樹 得点者 10分 田中 達也
44分 小笠原 満男
28分 田中 達也


84分 エメルソン

浦和レッズ アウェー参戦2004年10月23日in鹿島スタジアムの写真

浦和レッズデカ旗04年10月23日鹿島対浦和忘れもしません。バス60台3,000人の大ツアーを行った試合です。
実際にはバス60台というのはBOYS?さんたち主催のもので他にも沢山行ってましたからバス7〜80台になってたんじゃないでしょうか?うちのようにクルマで行ったサポーターも多数いたし電車、バイクなどでの参戦組みも沢山いました。
当時はいくらレッズサポと言ってもちょっと離れたアウェイには全部で3,000人くらいだったと思いますがこの日はスタジアムの半数近くをレッズサポーターで占めていたと思います。

考えてみるとこの日からアウェイにもかなりのレッズサポーターが参戦するようになったんじゃないか?と。
うちらもこの試合がきっかけで関西や九州まで行くようになりました。

鹿島のビッグフラッグ阻止試合前から鹿島のビッグフラッグを浦和のサポーターがいるビジター側にも広げる広げないで小競り合いがあり
(自分は急遽行くことにしたのでヤフオクで手に入れたメインビジターの指定席でした)
メインビジターから発せられたWE ARE REDSコールにゴール裏もバックビジターも呼応してインファイト(鹿島サポ)も手を引くはめになりました。
04年10月23日鹿島対浦和
それでもメイン1階上部には鹿島のビッグフラッグが攻めてきてそれをおとなしそうなメインのレッズサポが阻止。
オレも興奮してどなりまくり。バックスタンドもビジター側に鹿島のビッグフラッグを広げることを断念

鹿島の発炎筒(モグラ退治)鹿島ゴール裏からは発炎筒のような煙がモクモク(モグラ退治だという言い訳)、もうどっちのサポも一歩も引けない状態になってしまい、とくに指定はサポが入り混じってるので大変です。
達也のゴールでレッズサポーターが喜ぶ、岩政の同点ゴールで鹿島サポが喜ぶ。ある意味隔離されたゴール裏より激しいバトルがあります。



乱入する鹿島サポーター最後にエメルソンが決め鹿島サポは早々と退散。
(鹿島ゴール裏から物が投げ込まれ鹿島サポーターがピッチ内に乱入し本田選手がなぐられました。)
これまで鹿島スタジアムでは伸二が決めて勝った以外勝ってなかった(違った?)ほど苦手にしていましたがこれ以降鹿島スタジアムでは負けていません。

喜びを十分分かち合った後、あの新潟の地震があった日でもあります。