yt


またしても、横槍を入れたのは(横車を押した!)のは
                ジャイアンツなんだって!

もう、『球界の盟主』なんて驕った気持ちでいないで下さい。ハッキリ言ってジャイアンツのせいで野球が面白くなくなっています。どうして、そこにナベツネさんは気がつかないのか?裸の王様は困る。
タイガースVsジャイアンツを伝統の一戦なんて言ってますが、見る方は「伝統の一戦」なんて思ってもいないもん。ジャイアンツの凋落は激しいと思う。また、凋落して良いのだとも思う。

驕れるもの久しからず。

盛者必衰の理をあらわす、・・・・・


●:TBS 2007年03月22日(木)
ドラフト「希望枠」、来年から撤廃
プロ野球は信頼を回復できるのでしょうか。西武を除く11球団の代表者会議が開かれ、ドラフト制度の改革について話し合いが行われました。最大の争点は、アマチュアからも強く要望のあった「希望枠の即時撤廃」。ところが、代表者会議の出した結論は「来年から取りやめる」というものでした。「『(ドラフトの)制度設計をまずして、それから希望枠を撤廃すべき』という意見の球団があったので、今年については、もう少し議論をしてみて、制度設計ができればという話しだった」(千葉ロッテマリーンズ 瀬戸山隆三 球団社長)。この結論を受けて、プロ野球選手会側は「今年から希望枠撤廃をやらないといけない。本当に野球界全体のことを考えているのか」。また、アマチュア側も「中途半端な決定には失望している。今後の対応を考えたい」と、共に受け入れない意向を示しました。

●:NHKニュース 3月22日 5時52分
新たなドラフト制度 議論へ
プロ野球は、21日、西武を除く11球団の代表者が東京都内で会議を開き、ドラフト会議で各球団が自由競争で選手を獲得できる希望入団枠を遅くとも来年から廃止することで合意し、不正なスカウト活動が明らかになった場合、最長で2年間ドラフト会議への参加を禁止することなど罰則を設けることについても申し合わせました。希望入団枠に代わる新たな制度については、そのシーズンの順位が下位の球団から順番に新人選手を指名する「ウェーバー制」や、選手の指名権を抽せんで決める方法など、さまざまな案が出ており、今後、具体的な検討に入ります。また、希望入団枠が廃止されれば、新人選手の球団を選ぶ権利が制限されるため、選手が自由に移籍できるフリーエージェントの権利を取得できる年数を現行の9年から短縮すべきという意見も出ており、ドラフト制度の見直しとともに選手の移籍の制度に関しても議論が進みそうです。

●:讀賣テレビ(日テレ系=大阪)
プロ野球「希望入団枠」を08年から撤廃へ
プロ野球・西武ライオンズの裏金問題を受け、日本プロ野球組織は21日、都内で代表者会議を開き、08年のドラフトから「希望入団枠」を撤廃することを決めた。07年のドラフトについては、意見が分かれた。21日に都内で行われた代表者会議は、西武を除いた11球団で行われた。7時間30分にも及んだ協議の結果、西武不正スカウト問題の要因とされる「希望入団枠」は、08年からの撤廃となった。巨人・清武英利球団代表は「暫定的に希望枠を廃止というのとFA短縮を一体的にやるのか。しかし、それが6、7、8月までに間に合うのか。個別的に案を出して、妥協しながらまとめる必要がある」と話した。

巨人・清武英利球団代表の名前と、ナベツネさんの名前を聞くだけでム〜ッとして気分が悪くなるわ。自分ら(巨人だけ)だけのことしか考えない。球界の発展の為、とか、振興の為とか、といった気持ちがないことです。「我がさえよければ」で、どうなりましたか?
私なんか、クソ面白くもないジャイアンツ戦なんか論外だもん。
本当を言えば、選手をジックリ育てる広島カープが一番プロらしいチームかもしれません。(お金が無いからそうするしかないってこともあるかもしれませんが・・・)


sumou


その点、お相撲は違う。(学生相撲出身者は別)。前相撲から、序の口⇒序二段⇒三段目⇒幕下⇒十両⇒幕内、と叩き上げていく。
前相撲の段階から、序の口の段階から、「このお相撲さん伸びるなぁ〜」と思ってみたりして、実際、三役や横綱になったりしたら鼻高々だもん。
ジックリ育てると言う面で、ジックリみたいって思うなら、絶対にお相撲さんだと思う。ぶつかり稽古をみていると、ダンプとダンプ(ダンプカー)がぶつかったかと思うぐらい、そりゃまぁ〜凄い音がしますから、・・・

大 相 撲 春 場 所  星 取 表
大相撲春場所11日目 取 組 結 果(初日〜楽日までアリ)

それで、心ならずも「八百長」なんて言われて、ヤジまで飛んで、
逆に言えば、横綱には今が絶好のチャンスだと思う。
「心」「技」「体」揃って横綱の看板が掲げられると言います。
「心」を磨く今が絶好のチャンス、時の運、だと思う。
今の苦しさを克服できたら、真に平成の大横綱が誕生すると思う!
(横綱って憎まれるぐらい強いのが本当だと思う!)

私、年中理不尽なこと言ってる内舘牧子さんとは違うからねぇ!
横審の会員でらっしゃるけれど、言うこと矛盾してるからあの方。

asa4




ガンバレ!



   朝青龍!




野球


●:asahi 2007年03月21日20時03分
来年のドラフトから希望枠撤廃 今年は意見まとまらず
 〓asahi 特集:ド ラ フ ト 裏 金

●:毎日新聞 2007年3月21日
プロ野球:希望枠08年廃止で一致 球団代表者会議
プロ野球11球団(西武は欠席)の代表者会議が21日、東京都内のホテルで開かれ、大学生・社会人の選手が球団を自由に選べる「希望入団枠」を2008年のドラフト(新人選手選択)から廃止することで一致した。今秋のドラフトでは現行制度を暫定的に継続することが濃厚とみられる。これに対し、希望入団枠の即時撤廃を強く求めているアマチュア側は不信感を強めている。約7時間半に及んだ会議では、今年から希望入団枠を廃止する意見が大勢を占めた。しかし、同枠の廃止にはフリーエージェント(FA)権取得期間の短縮などを伴うべきだと主張する巨人が、今季からの廃止に慎重論を唱えたため、合意に至らなかった。

このため根来泰周コミッショナー代行が、08年3月までに希望入団枠を廃止した新たなドラフト制度を作り、同年秋から実施することを提案し、各球団が合意した。12球団は今月5日の代表者会議で、現行制度を継続する方針を決めていた。しかし、西武のスカウトがアマチュア野球の2選手に「栄養費」の名目で現金を供与していた問題が9日に発覚。不正を生む原因となったとされる希望入団枠への批判が高まった。13日の労組日本プロ野球選手会(宮本慎也会長=ヤクルト)に続き、16日には日本野球連盟、全日本学生野球連盟、日本高校野球連盟のアマ3団体が撤廃を強く要望していた。今回の決定を受けて、日本野球連盟の松田昌士会長が「中途半端な決定には失望している」とコメントを発表。また、高野連は21日、プロ側に電話で抗議するなど、アマ側は反発している。

▽西武・太田秀和球団社長 私どもの不祥事により制度の見直しが行われたことを重く受け止めている。決められたことにはしっかりと従わせていただく。そして、調査委員会からの結果を踏まえて、原因、再発防止策を報告させていただきたい。

▽宮本慎也・日本プロ野球選手会会長 本当に野球界のことを考えているのか。結局、球団それぞれの都合でまとまらないのであれば、非常に残念だ。

◇今年度から希望枠廃止、難しくないはず=解説
球界は、巨人は、いつまで内輪の論理に拘泥するのか。会議の席で、巨人とともに今年からの希望入団枠撤廃に反対の意見を述べた根来コミッショナー代行は、「制度を作るときは十分に研究しないといけない。勢いに流されてはいけない」と語った。一理はあるが、プロ野球が客商売であり、ファンあってのものであることを忘れている。

西武の裏金問題が起き、アマ3団体が一致して希望入団枠廃止を要望しながら、それでも今年度からの廃止が合意できなかったことを、世間はどう見るか。多くの人は「すでに今年の希望枠で入団する選手と話ができているから、撤廃できないのだろう」と疑念を持ってしまう。イメージダウンの大きさは計りしれない。アマ3団体がそろって失望を表明したのも当然だ。

また、巨人・清武代表は「希望枠を無くすなら、選手の自由がかなえられないといけない」として、ドラフト改革はフリーエージェント(FA)権取得期間の短縮と一体で論じる必要があるとした。しかし労組日本プロ野球選手会ですら、13日の話し合いで「FAの話はいったん置いて、まずは希望枠を廃止すべき」と、ドラフトとFAの切り離しを容認している。これでは巨人は、今回の問題をFA短縮に利用しようとしていると勘ぐられても仕方があるまい。

根来代行は「今年のドラフトまで、あと半年しかない」と語り、本格的な制度作りには時間が足りないとした。しかし現在の暫定ドラフト制度が決まったのは05年の7月中旬。高校生ドラフトの約3カ月前だった。球界が一致団結し、徹底・集中して論議を行えば、今年度から希望入団枠廃止を盛り込んだ本格的制度を施行することは、決して難しくないはずだ。

本当に、ジャイアンツというチームは、・・・・・
モトイ!
ジャイアンツというチームのオーナーとフロントは、・・・


s-甲子園球場.jpg

< 毎 日 新 聞 >
プロ野球:不正金銭供与に制裁規定 代表者会議で了承
プロ野球:希望枠撤廃に結論出ず 高野連が断固抗議
記者の目:「ファンあってのプロ野球」だ=田中義郎(運動部)
NPB:希望枠“存続”にアマ側ドラフト拒否も

●:サンケイ 2007/03/21 22:00
「希望入団枠」来年から撤廃 今年のドラフトは継続審議
西武不正スカウト問題
西武がアマ選手2人に「栄養費」名目で金銭供与


巨人が改革にブレーキ
プロ野球西武の裏金問題で揺れる日本プロ野球組織(NPB)は21日、選手側が球団を選べるため、不正の温床といわれたドラフト制度の「希望入団枠」を、来年から撤廃することで合意した。アマチュア関係者のみならず、ファンからも今年のドラフト会議からの即時撤廃を望まれながら、プロ側は「即決」できなかった。改革へ一歩踏み出したとはいえ、依然、球団のエゴものぞいた「ブレーキ」に、ファンのいら立ちは募る。

●:サンケイスポーツ 2007年03月22日
「希望枠」撤廃は来年から!改革先送りにアマ&選手会猛反発

●:NumberWeb
“西武ショック”でドラフトはどう変わる!?



ジャイアンツがいる限り

  
    ナニも変わらないって・・・・・



●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
3つのブログランキング参加しています!
宜しければクリック&足跡残しよろしくお願いします(^v^)


人気blogランキングくつろぐ(ブログランキング)ブログランキング

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
s-kokkaigiji.jpg



●:asahi 2007年03月19日(月曜日)付
社説・松岡氏疑惑―ああ自民党の情けなさ
恥ずかしながら、国民に疑惑をもたれたら政治家として説明責任を果たす。民主党では、そんな常識が通用するようだ。水道代などを払う必要のない議員会館なのに、年286万円もの光熱水費を計上したのはなぜか。そんな疑いを持たれた民主党の中井洽(ひろし)衆院議員が、記者会見して釈明した。

公用車の使用代や議員連盟の会費、地元事務所のガソリン代といった出費を光熱水費に付け替えていたという。中井氏は誤りを謝罪したうえで、政治資金収支報告書を訂正した。こんな会計処理が許されるわけはない。付け替えをした理由があいまいなことなど、説明には不十分な点も少なくない。しかも、野党がこぞって松岡農林水産相の光熱水費疑惑の追及に力を入れているさなかだ。中井氏の責任は重い。

だが、これまでのところ松岡氏と中井氏、自民党と民主党の対応ぶりには大きな違いがある。民主党では、秘書寮の建設費など巨額の事務所費への疑問が指摘された小沢代表も率先して記者会見し、その詳細を説明している。さて自民党はどうか。松岡氏がのらりくらりと説明を避けているだけではない。事務所費への疑惑がかかる伊吹文部科学相らも同様の態度を続けている。安倍首相は同僚をかばい続ける。

あきれるのは首相や党執行部の振る舞いだけではない。有権者から見放されかねない非常識ぶりに対して、正面からもの申す動きが党内に起こらないのは、どうしたことか。かつては、これほど鈍感な政党ではなかった。例えばリクルート事件で揺れた88年、武村正義氏ら20人ほどの1年生議員が「ユートピア政治研究会」を旗揚げし、政治資金の内訳を公表するなど改革ののろしを上げた。議員の資産公開など提言の多くは、後に実現している。

それに引き換え、いまの自民党は何とも情けない。小泉チルドレンと呼ばれた1年生議員は約80人もいるのに、首相との会合で「地元の有権者を納得させられない」と泣きつくのが関の山。これが「改革」を掲げる若手の姿なのか。連立を組む公明党もまたしかりだ。北側一雄幹事長は「もう少し誠実に説明されてしかるべきではないか」と松岡氏を批判してはいるが、証言拒否が許されない証人喚問には及び腰だ。

これではせっかくの苦言も、有権者向けのポーズにしか映らない。「政治とカネ」の問題に敏感な公明党の伝統はどこに行ったのか。松岡氏は立法府の議員であり、法律を執行する行政府の閣僚でもある。当人が説明責任から逃げ回り、行政府の長である首相がそれを容認するのなら、国会が真相を究明するほかない。まず野党が求める証人喚問に、与党は応じるべきだ。松岡氏自身が「法律違反はしていない」と胸を張っているのだから、何の躊躇(ちゅうちょ)がいるというのか。

国会中継・チュー太.jpg

●:毎日新聞 2007年3月15日
社説:松岡農相 これでは閣僚失格だ
これでは国会が笑いものになってしまう。松岡利勝農相の光熱水費問題が発覚して10日たつが、いまだに真相がはっきりしない。私たちは明確な説明を求めてきた。しかし「適切に報告している」と説明拒否を続けている。国会議員会館の事務所の光熱水費は公費で負担されており、無料だ。それにもかかわらず松岡氏の事務所の光熱水費は、5年間で約2880万円の支出があったと政治資金収支報告書に記載された。

誰が見ても常識はずれの金額である。何も説明されなければ、後ろめたい金を領収書の添付が必要ない光熱水費の費目に付け替えたとの疑念が生じるのは自然だ。安倍晋三首相も「いわば法律の求めるところに従って農相は報告している」と松岡氏をかばい続けている。「ナントカ還元水のようなもの」「今は水道水を飲んでいる人はいないでしょう」。野党もこんな松岡氏ののらりくらりの発言にかわされて、国会の無力さが浮き彫りになっている。今のままでは統一地方選や参院選を前にして、国民の政治への信頼は大きく失墜してしまう。

さすがに自民党内からも批判の声が上がってきた。14日に開かれた首相と当選1回の自民党衆院議員との会合では、「地元の有権者を納得させられない」「東京の水道水はまずくない」などと松岡氏に対する反発が出た。「職務に専心できるように姿勢を正してがんばっていただきたい」。13日の参院予算委で自民党の山東昭子議員は松岡氏に対していみじくも言った。農政の停滞は許されない。折しも来日したハワード豪首相と安倍首相との首脳会談で、日豪は経済連携協定(EPA)締結交渉を4月から開始することを合意した。日本の農業に大きな影響を与えるテーマだ。農相が疑惑を抱えたままでは職責を全うできない。

松岡氏が説明拒否を続けるのなら、国会が対応する責務がある。松岡氏は「各党会派(の合意)で公表の扱いが決まればそれに従う」と答弁している。政治への信頼を取り戻すためにも、公表基準について与野党で一致点を見いだすべきだ。証言拒否ができない証人喚問要求にも与党は応じるべきである。公明党の北側一雄幹事長は会見で、松岡氏に対して「もう少し誠実に説明してしかるべきだ。説明責任を果たす責任が政治家にはある」と述べた。公明党は真相解明に向けて政府・自民党の重い腰を上げさせ、与党としての存在感を発揮すべきだ。

民主党の責任も大きい。中井洽元法相は議員連盟の会費などを光熱水費に付け替えていたことを明らかにした。虚偽記載を禁じた政治資金規正法に抵触する可能性もある。中井氏は「領収書もある」と話しており、それを公表しきっちり説明する必要がある。民主党は追及が腰砕けになったら、批判は自らに向けられることを肝に銘じるべきだ。

形振りかまってられないアベシを助けているのは民主党です。
小沢代表も本当に政権奪取する気概があるなら、参院選前に民主党の再編・自民党等を巻き込んで大再編すべきだった。
今、かなり失望しています。・・・・・・・・・・
「ナントカ還元水のようなもの」って人を馬鹿にしてるよねぇ!
だから、無党派層が増えるんだ。
議会制民主主義の崩壊。
政権政党の崩壊。  の前兆かもしれません。


s-ナントカ還元水.jpg

●:2006/09/26
「政治は結果が大切」
●:2006/09/27
「“美しい国”とは何か、国民の皆さまに語りかけたい」
●:所信表明演説 平成18年9月29日
「活力とチャンスと優しさに満ちあふれ、自立の精神を大事にする・・・美しい国、日本」
●:2006/11/01
「政治家や行政の責任者は常に襟を正さなければならないと、国民の信頼をうるべく努力しなければならないと思います」

言うことだけはご立派だわ。ハハハハハ

●:2006/12/03
「最終的には総裁として責任を持って判断をいたしました」

この頃から、
形振りかまってられない、感じがしま〜す。
まぁ、精々「おかえりなさい」と言ったことを後悔しない事だね。

●:2006/12/05
「どこが骨抜きになっているんでしょうか」
道路特定財源の一般財源化問題で。
アナタが骨抜き人間だもの、ハハハハハ。ムハハッ!

●:2006/12/20
「一身上の都合でやむをえないと判断した」
無責任ここに極まれり!

●:2007/01/26
施 政 方 針 演 説

●:2007/02/06
「我が家は残念ながら子供はおりませんが、しかしそういう言葉についていちいちそういう反応をするのではなくて、柳沢大臣が何をやろうとしているかという、真意をくみ取るべきではないか」

●:2007/02/16
「官邸のチームワークはいいですよ 心配をしていただく必要はないと思います」
別に心配してないよ。
トットとサッサと自民党は潰れろって思ってるもんナ!

s-ナントカ還元水2.jpg

●:2007/03/05
「(松岡農水大臣の政治資金報告書について問われたことに対して)松岡大臣が国会で答弁した通りなんだろうとこのように思います」
●:2007/03/12
「松岡大臣は法律にのっとって報告をしていると、このように述べているところであります」
●:2007/03/14 
「法律に求められている中において適切に処理をしているということを答弁しているので、私はそれを了としているところであります」

水道水


ひょえ〜!
この方、小学生でも信じてないのに。
「ナントカ還元水のようなもの」に年間507万円支出したって信じているんだ。
しかも、・・・・・
明々白々な事実。
・議員会館事務所の光熱水費は国庫負担で一切費用はかからない
・水や電力を幾ら使おうが、費用は発生しない。
・従って、光熱水費用を計上すれば、虚偽記載でしかない。
・計上を必要とする費用など元来あり得るはずがない。
・水やエネルギーを外部から持ち込んだというのであれば、それの内
 容を説明すればよく、当人も調査報告を約束していた。
・規制法は公開を禁止をしていない。
マツオカがしていることは<政治資金規正法違反>という立派な犯罪です。総理はそれをお認めになってる。すごいですねぇ日本の総理大臣は!


Σ(д゚||)ガーンΣ(||)ガーンΣ(||゚д)ガーンΣ(||゚Д゚||)ガーン

ガ━━━━━━━(゚□゚*川━━━━━━━━ン!

||||||||||||||(* ̄ロ ̄)ガーン||||||||||||||||

{{{{{( ▽|||)}}}}ぞぉ〜〜〜〜〜〜

ウソダロ<<<く(""0"")>>>>なんてこった!!


チュー太・水道水を飲む.jpg

●:asahi 2007年03月20日11時13分
光熱水費処理、指摘後も自身で確認せず 松岡農水相

●:毎日新聞 2007年3月21日
自民・伊吹派:事務所費、参院選で多数引退…三重苦の悩み

●:FujiSankei Business i. 2007/3/14
水に流せぬ“還元水”の謎 浄水器業界もあきれた「500万円」

「(松岡大臣は)政策分野で相当の見識がある。今後とも職責を果たすことで国民の信頼を得る努力をして欲しい」

冗談もここまできたら、きついんじゃぁ〜ないか!

s-ただの水道水.jpg

●〓3月19日15時1分配信 時事通信
お茶とミネラルウオーターは別?=
          光熱水費問題で見解−菅総務相
お茶やジュースは消耗品費、ミネラルウオーターは光熱水費−。
菅義偉総務相は19日午前の参院予算委員会で、光熱水費問題を抱える松岡利勝農水相が高価なミネラルウオーターを飲んでいたとされることを受けて、政治資金収支報告書に飲料代を記載する際の分類の仕方を例示した。民主党の芝博一氏が「ミネラルウオーターやお茶、コーヒー、ジュースは(光熱水費ではなく)備品・消耗品費に計上するのが一般的ではないか」と質問したのに答えた。
菅氏は「ジュースとかお茶は消耗品に入れるか、事務所費に入れるか、政治活動の一環であれば組織対策費に入れてもおかしくない」と指摘。一方、ミネラルウオーターに関しては「お茶やジュースとは明らかに違う」として、光熱水費に計上しても問題ないとの認識を示した。芝氏は「一般の感覚ではミネラルウオーターもお茶なども同じだ」と納得せず、「何か思惑があるのか」と食い下がったが、菅氏は「総務省は個別の費用をどの項目に当てはめるか判断する立場にない」と答えるにとどまった。


ハ、ハ、ハ、ハ、ハ、ハ、ハ、!

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
3つのブログランキング参加しています!
宜しければクリック&足跡残しよろしくお願いします(^v^)


人気blogランキングくつろぐ(ブログランキング)ブログランキング

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
形振りかまってられないアベシ・・・(2)へ・・・