s-kokkaigiji.jpg


『国民投票法案』がいかに危険な法案であるのかを、キッチリを検証しております。どうして反対されるのかな?と思われる方々や、そもそも『国民投票法案』ってナニ?って思われる方々に、お読み頂ければと思います。▼

★晴天とら日和
・2007年04月13日
国民投票法・アベシお得意の強行採決だって!←冗談やないで・・・
・2007年04月12日
国民投票法案。ヤナこった!(再1)・アベシにはほとほと、・・・
・2007年04月12日
国民投票法案。ヤナこった!(再2)・アベシにはほとほと、・・・
・2007年04月12日
国民投票法案。ヤナこった!(3)・
       アベシにはほとほと、・・・<最新情報アリ>

・2007年04月12日
国民投票法案。ヤナこった!(4)・
           アベシにはほとほと、・・・(最終)


国会中継・チュー太.jpg


★2007年4月16日
参議院:日本国憲法に関する調査特別委員会 (取りやめ)

★開会日 : 2007年4月17日 (火)
会議名  : 参議院・日本国憲法に関する調査特別委員会
収録時間 : 約3時間32分

日本国憲法に関する調査特別委員会(第二回)
政府参考人の出席を求めることを決定した。
日本国憲法の改正手続に関する法律案(第百六十四回国会衆第三〇号、第百六十四回国会衆第三一号)(衆議院提出)について衆議院日本国憲法に関する調査特別委員長代理保岡興治君から趣旨説明を聴いた後、発議者衆議院議員船田元君、同葉梨康弘君、同赤松正雄君及び衆議院日本国憲法に関する調査特別委員長代理保岡興治君に対し質疑を行った。
質疑者等
質疑者等(発言順) ( 動 画 形 式 ) : ( 会 議 録 )
中川雅治 (自民)
岡田直樹 (自民)
魚住裕一郎(公明)

s-国会議事堂(極小).jpgs-国会議事堂(極小).jpg


★開会日 : 2007年4月18日 (水)
会議名  : 参議院・日本国憲法に関する調査特別委員会
収録時間 : 約6時間4分

日本国憲法に関する調査特別委員会(第三回)
理事の補欠選任を行った。
日本国憲法の改正手続に関する法律案(第百六十四回国会衆第三〇号、第百六十四回国会衆第三一号)(衆議院提出)について衆議院日本国憲法に関する調査特別委員長代理保岡興治君、発議者衆議院議員船田元君、同赤松正雄君及び同葉梨康弘君に対し質疑を行った。
質疑者等
質疑者等(発言順) ( 動 画 形 式 ) : ( 会 議 録 )
簗瀬進  (民主)
前川清成 (民主)
広田一  (民主)
仁比聡平 (共産)
近藤正道 (社民)
長谷川憲正(国民)

s-国会議事堂(極小).jpgs-国会議事堂(極小).jpg


★開会日 : 2007年4月19日 (木)
会議名  : 参議院・日本国憲法に関する調査特別委員会
収録時間 : 約5時間21分

日本国憲法に関する調査特別委員会(第四回)
理事の辞任を許可し、補欠選任を行った。
日本国憲法の改正手続に関する法律案(第百六十四回国会衆第三〇号、第百六十四回国会衆第三一号)(衆議院提出)について衆議院日本国憲法に関する調査特別委員長代理保岡興治君、発議者衆議院議員船田元君、同葉梨康弘君、同赤松正雄君及び政府参考人に対し質疑を行った。
質疑者等
質疑者等(発言順) ( 動 画 形 式 ) : (会議録未作成)  
藤末健三 (民主)
水岡俊一 (民主)
松岡徹  (民主)
仁比聡平 (共産)
近藤正道 (社民)
山下栄一 (公明)
中島啓雄 (自民)

s-国会議事堂(極小).jpgs-国会議事堂(極小).jpg


★開会日 : 2007年4月23日 (月)
会議名  : 参議院・日本国憲法に関する調査特別委員会
収録時間 : 約3時間4分

日本国憲法に関する調査特別委員会(第五回)
日本国憲法の改正手続に関する法律案(第百六十四回国会衆第三〇号、第百六十四回国会衆第三一号)(衆議院提出)の審査のため委員派遣を行うことを決定した。
参考人の出席を求めることを決定した。
日本国憲法の改正手続に関する法律案(第百六十四回国会衆第三〇号、第百六十四回国会衆第三一号)(衆議院提出)について参考人駒澤大学法学部教授竹花光範君、法政大学教授江橋崇君、弁護士木村庸五君及び成蹊大学法学部非常勤講師福井康佐君から意見を聴いた後、各参考人に対し質疑を行った。
質疑者等
質疑者等(発言順) ( 動 画 形 式 )  : (会議録未作成)
秋元司  (自民)
白眞勲  (民主)
澤雄二  (公明)
吉川春子 (共産)
近藤正道 (社民)
長谷川憲正(国民)

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
3つのブログランキング参加しています!
宜しければクリック&足跡残しよろしくお願いします(^v^)


人気blogランキングくつろぐ(ブログランキング)ブログランキング

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
つづく、でおじゃるよ・・・
s-kokkaigiji.jpg


雑談日記さん(国民投票法案断固反対)

< 社 説 >

★asahi 2007年04月19日(木曜日)付
国民投票法案―最低投票率を論議せよ

憲法改正の手続きを定める国民投票法案について、無視できない世論が明らかになった。「投票率が一定の水準を上回る必要がある」と考える人が79%にも達し、「必要がない」の11%を大きく引き離した。朝日新聞社の世論調査である。国民投票法案の審議は参院に舞台を移したが、衆院を通過した与党案にも、否決された民主党案にも、投票が成立するための投票率に関する規定はない。共産、社民両党は一定の投票率に達しなければ投票自体を無効にするという最低投票率制の必要性を指摘してきた。しかし、これまでの審議では突っ込んだ議論にならなかった。たとえば韓国では、有権者の過半数が投票しなければ無効になる。英国では、有権者の40%が賛成しないと国民投票は成立しないという最低得票率のハードルを設けている。

 国のおおもとを定める憲法の改正では、主権者である国民の意思をどれだけ正確に測れるかが重要な論点のはずだ。憲法96条は国民投票で過半数の賛成による承認が必要としているが、あまりにも少数の意見で改正される恐れを排除するには最低投票率制は有効だ、と私たちも考える。仮に投票率が4割にとどまった場合には、最低投票率の定めがなければ、有権者のわずか2割の賛成で憲法改正が承認されることになる。それで国民が承認したとは、とうてい言えまい。

 与党や民主党には、否決を狙ったボイコット戦術を誘発するとか、国民の関心が低いテーマでは改正が難しくなりかねない、といった反対論が根強い。だが、主権者の意思を確かめることが、いちばん大切なのではないか。どうしても憲法改正を急がねばならないテーマが目の前にあるわけではない。与野党の合意が得られない今回の法案は参院で廃案にし、参院選のあとの静かな環境のなかで改めて議論し直すべきだ、と私たちは主張してきた。

 今回の調査では、この法案をいまの国会で成立させることについて、「賛成」が40%、「反対」が37%と二分された。1カ月前の調査では、今国会で成立させるという安倍首相の考えに「賛成」の人が48%、「反対」が32%だった。ふたつの調査を単純には比較できないものの、時間をかけてでも与野党の合意を求める世論の広がりがうかがえる。

 国民の8割が一定以上の投票率が必要と考えている。なのに、国会でほとんど議論がなされていない現状は、これまでの審議から重要な論点が抜け落ちていたことを与野党に突きつけている。この問題のほかにも、メディア規制の問題、公務員の政治的行為の制限など、論議が不足している点は数多い。参院選で安倍カラーを打ち出すためにといった与党の思惑で、強引に成立を急ぐようなことがあってはならない。

国会中継・チュー太.jpg


国民投票法・SOBAさん共謀罪・国民投票法=SOBAさん


TBS 国民投票法案、参院で実質審議始まる
 憲法改正の手続きを定める国民投票法案は、参議院での実質的な審議が17日から始まりました。「(16日の衆院本会議で)私の答弁中、表現に不十分な点があり、皆さまに誤解を与えたことを誠に申し訳なく、お詫び申し上げます」(自民党 保岡興治・衆院議員)。冒頭、法案提出者の自民党・保岡議員が「参議院軽視」という批判を受けた16日自らの発言を訂正して謝罪しました。その後、16日行われる予定だった法案の趣旨説明に続き、委員会での実質審議がスタートしました。「一概に投票率が高い低いで国民投票の結果を、判断することはできないのではないか」(自民党 岡田直樹・衆院議員)。「必ずしも、投票率が低いから全体の意志が反映されていないということにはならないのではないか」(公明党 赤松正雄・衆院議員)。委員会では、与党案の中に最低投票率の規定が無いことや、18歳以上とする投票年齢をめぐって議論が交わされましたが、野党・民主党は来週にも対案を提出して徹底審議を求めていく方針です。(17日17:24)

s-雑談日記さん.jpg


自民党の寝惚けた不倫の果てに男を下げたお坊ちゃまの話 ▼

★時事通信 2007・04・17
自民党・船田衆院議員「ボイコット運動を誘発する可能性ある」 国民投票法案で最低投票率導入に慎重姿勢
参院憲法調査特別委員会は17日午後、憲法改正の手続きを定める与党提出の国民投票法案に対する実質的な審議に入った。提出者の自民党の船田元・衆院議員は、下回ると投票結果が無効となる最低投票率について、「ボイコット運動を誘発する可能性があり慎重であるべきだ」と述べ、導入は望ましくないとの考えを示した。

蝶

SOBAさん、チュー太がSOBAさんのTシャツを着ました!
「共謀罪」「国民投票法案」阻止まで、頑張りましょう!

★毎日新聞 2007年4月20日 東京朝刊
政策:国民投票法案で公聴会
 参院憲法調査特別委員会は19日、理事懇談会を開き、憲法改正の手続きを定める国民投票法案について24日に名古屋市と仙台市で地方公聴会を開くことを決めた。それぞれ4人、計8人の公述人から意見を聞く。
 
ピンク

SOBAさん、チュー太がSOBAさんのTシャツを着ました!
「共謀罪」「国民投票法案」阻止まで、頑張りましょう!

★共同通信 2007・04・21
国民投票法案成立を視野に入れた与野党攻防 与党は5月の連休を控え重要法案の審議さらに加速させる構えと
 国会は週明けから、参院では憲法改正手続きを定める国民投票法案の成立を視野に入れた与野党攻防が展開されそうだ。24日には、衆院本会議でイラクでの自衛隊の活動を2年延長するイラク復興支援特別措置法改正案も審議入り予定で、与党は5月の連休を控え、重要法案の審議をさらに加速させる構えだ。与党の国民投票法案を審議する参院憲法調査特別委員会は、既に約14時間半の審議を終了、23日には参考人質疑、24日には仙台、名古屋両市で地方公聴会も開く。
 与党は「毎日審議すれば憲法記念日の5月3日までの成立は可能」(国対幹部)として、連休の前にも「採決の目安」(同)としている審議時間30時間前後を確保、特別委や本会議での可決、成立をうかがう。野党側は民主党が衆院に続き対案を提出することを決定。与党内には「無理に5月3日にこだわる必要はない」(自民党幹部)との意見も出始めている。

チュー太・蝶2チュー太・ピンク1


< 週 刊 文 春 4 月 2 6 日 号 >

改憲論者・前原誠司氏が国民投票法案採決日に“敵前逃亡”…命を賭けて“敵”(?)と戦う根性なく
 1年前、「偽メール事件」で、攻めたつもりの与党から手厳しい反撃を食らい、逆に野党トップの座を追われた前原誠司・民主党前代表が、またしても「敵前逃亡」を余儀なくされた。といっても、今回の「敵」は与党ではなく、自分の後任である小沢一郎・民主党代表だ。

民主党きっての「タカ派」である前原氏は、確信的な憲法9条改正論者。当然、憲法改正手続きを定める国民投票法案の熱心な推進者でもある。ところが、大事な法案の衆院本会議採決の13日、国会に前原氏の姿はなかった。実は前夜、密かにオーストラリアへ旅立っていたからだ。

 改憲の発議に必要な「総議員の3分の2以上」という要件を手続き段階から満たすため、自・公・民3党は昨年から共同修正を話し合ってきた。民主党の交渉責任者は、前原氏の日本新党以来の盟友である枝野幸男・党憲法調査会長。前原氏が応援していたのは言うまでもない。

 ところが、年明けに安倍晋三首相が「改憲を参院選の争点にする」と言い出し、小沢氏が「売られた喧嘩は買うしかない」という態度に出たため、与党と民主党はそれぞれ別々の修正案をぶつけ合う対決の構図に。「反対だけでなく、対案・修正案を出して、大切な法案には賛成すべきだ」という前原氏のすがすがしい(?)主張は通らず、枝野氏は修正協議を断念した。

 選挙を優先する大人の小沢手法に、若手の「学級会民主主義」がねじ伏せられた格好。都内のホテルに集まった前原グループの勉強会では、小沢批判や与党案への賛成論が続出したが、逆に講師のジャーナリストから「仲間内で文句ばっかり言っていてもダメ」とたしなめられたという。

 政治信条に従えば与党案に賛成したいが、小沢氏に「造反」したら後が怖い。でも、本会議でおめおめと不本意な採決に参加したら、若手グループのリーダーとして格好がつかない。結局、前原氏は大した用件もない国外脱出の道を選んだ。「無言の抵抗」だが、早い話が逃げ出したのと同じ。それでいてホームページに「小沢さん
には命を賭けて、戦う姿勢を見せてもらいたい」と、自らの行動を棚に上げて、こんな言葉も。勘違いは相当に重症だ。 

前原誠司前原誠司

奴に、永田メール事件の一切合切の報道を見せてやりたいわ!
あんなクソメールにGOサイン出したこと自体が聞いて呆れる。
こんなのが党代表だったのが異常であったと思う。


前原一派!

自民党の工作員め!

トットと、サッサと、

民主党から出て行くがいい!

熨斗つけて自民党にくれてやるわ!


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
< 民 主 党 衆 議 院  >
三井 辨雄・・・・・(北海道2区) 3期目
松木 謙公・・・・・(北海道12区・比例復活) 2期目
横山 北斗・・・・・(青森1区・比例復活) 1期目
安住 淳・・・・・・(宮城5区) 4期目     
玄葉 光一郎・・・・(福島3区) 5期目
吉田 泉・・・・・・(福島5区・比例復活) 2期目
下条 みつ・・・・・(長野2区) 2期目
鷲尾 英一郎・・・・(新潟2区・比例復活) 1期目
神風 英男・・・・・(埼玉4区) 2期目
枝野 幸雄・・・・・(埼玉5区) 5期目     
逢坂 誠二・・・・・(埼玉6区) 1期目
小宮山 泰子・・・・(埼玉7区・比例復活) 2期目
野田 佳彦・・・・・(千葉4区) 4期目
内山 晃・・・・・・(千葉7区・比例復活) 2期目
松原 仁・・・・・・(東京3区) 3期目
加藤 公一・・・・・(東京20区・比例復活) 3期目     
長島 昭久・・・・・(東京21区・比例復活) 2期目
笠 浩史・・・・・・(神奈川9区・比例復活) 2期目
田村 謙治・・・・・(静岡4区・比例復活) 2期目
細野 豪志・・・・・(静岡5区) 3期目
渡辺 周・・・・・・(静岡6区) 4期目
河村 たかし・・・・(愛知1区) 4期目
古川 元久・・・・・(愛知2区) 4期目
牧 義夫・・・・・・(愛知4区) 3期目
前田 雄吉・・・・・(愛知6区・比例復活) 3期目
鈴木 克昌・・・・・(愛知14区) 1期目
前原 誠司・・・・・(京都2区) 5期目
馬渕 澄夫・・・・・(奈良1区) 2期目
松本 剛明・・・・・(兵庫11区・比例復活) 3期目
吉良 州司・・・・・(大分1区) 2期目     
原口 一博・・・・・(佐賀1区・比例復活) 4期目
松野 頼久・・・・・(熊本1区) 3期目     

< 民 主 党 参 議 院 >
今泉 昭・・・・・・(千葉H13〜) 2期目  
山根 隆治・・・・・(埼玉H13〜) 1期目
芝 博一・・・・・・(三重H16〜) 1期目
岩本 司・・・・・・(福岡H13〜) 1期目
大江 康弘・・・・・(全国H13〜) 1期目  
工藤 堅太郎・・・・(全国H16〜) 2期目
広野 允士・・・・・(全国H13〜) 1期目
渡辺 英央・・・・・(全国H16〜) 2期目

さぁ〜、この中から前原と行動を共にしょうって思う議員が何人いるかだわな。イザとなりゃ〜、我が身可愛さで前原のようなアホボンと一緒に行動しょうかってシンパはそうそういないって思う。ハハハ

小沢


★毎日新聞 2007年4月16日 19時50分
国民投票法案:与党対応改めて批判 民主・小沢代表
 民主党の小沢一郎代表は16日、宇都宮市で記者会見し、憲法改正手続きを定める国民投票法案について「(憲法施行後)60年間放っておいて、今国会で何が何でもやらなくてはならないというのは筋道が通らない」と今国会成立を目指す与党の対応を改めて批判。同日審議入りした参院では十分な審議時間を確保すべきだとの考えを示した。

余程、
小沢代表の言う事の方が「筋が通っている」と私は思う


お掃除


さぁ、ホウキとハタキを持って、


日本国中、掃除して歩け〜〜〜!


「美しい国」。


ビューティフルジャパンじゃん!


ムハハッ!



新聞


アベシの目指す「美しい国」って・・・・・
「美国」=亜米利加を目指すってわけでありまして・・・
外資献金規制緩和
ガタガタ言いながら意に沿わないが河野談話踏襲+村山談話踏襲
靖国・抜き足、差し足、忍び足で、コッソリ参拝
郵政造反当選組復党+郵政造反落選組復党
サラ金規制3年先送り
愛国心の欠片もないくせに、愛国心を説く=やらせ愛国心
やらせTM+NHK放送命令で「私は、今、権力の頂点にいる」
「公務員制度改革+新人材バンク」という天下り合法化!
公務員向け焼け太り上乗せ年金
信書便の民間参入先送り
本間政府税調会長辞任+佐田行革相辞任+柳沢厚労相擁護+松岡農水相擁護+事務所費公表拒否+政治資金規正法改正見送り
参院選後には残業代踏み倒し合法化
参院選後には派遣/契約社員固定化
参院選後には外国人労働者/留学生受け入れ拡大
日豪EPA、法人税減税に、参院選後には消費税増税

消費税増税 16%だって!? ▼  ▼  ▼

★asahi 2007年04月24日07時38分
「消費税を16%に」 経済同友会、税制改革提言を発表
経済同友会は23日、国の税制見直し論議が今秋から本格化するのを前に、消費税率を現行の5%から16%に引き上げることなどを盛り込んだ税制改革提言を発表した。現在約40%の法人実効税率については、法人事業税の廃止により35%程度に引き下げるよう求めた。いずれも2010年代半ばまでの実施を要望している。

 提言では、16%の消費税率のうち9%は新設する年金目的税とし、年金保険料はなくす。残りの配分先は国税分が2%、地方税分が5%。法人事業税を廃止し、税源を地方消費税に置き換えることで、「地方自治体はより安定的な財源を確保できる」としている。低所得者層ほど負担感が重くなる消費税の「逆進性」に対しては、基礎的な食料品を購入した場合には消費税相当額を所得に応じて還付する制度の導入を求めた。

 法人実効税率の引き下げについては、日本企業の国際競争力の維持・向上や、諸外国からの投資拡大などの効果があると主張している。日本経団連も30%程度への引き下げを求めている。同友会はまた、低所得者には、税額控除での対応で「所得税の再分配機能を実質的に発揮できる」としている。低所得者の控除額が所得税額を上回る場合、その超過分を現金で給付するという案だ。経済学者フリードマンが提唱した「負の所得税」の考え方に基づく制度で、勤労意欲を高める効果があるという。


悪の召し使い↑

シュッ!(_(ΦwΦ;)Ψウケケ( /wΦ)シュッ!!!(_x_x)!†ポテッ


▼o◎ェ◎o▼ピカ!\/\/\/\/\/\百万ボルト!!!

!?工エエェ(゚〇゚ ;)(≧◇≦)エーーー!ェエエ工!?


Σ(゚□゚ノ)ノエー!!Σ(*゚◇゚*)ウッソー!!Σヾ(*゚○゚)ノホントー!!!

ヾ(●ε●)ノ”ぶーぶーヾ(。`Д´。)ノ彡☆ブーブーッ!!


(><)(><)(><)(><)(><)(><)ブンブンブンッ

(´∀`)(∀` )(` )( )( `)( `д)(`д´)ゴルァァァァァァ


ε=(>ε<) プーッ!!Boo〜!(-,-メ)ρ))Boo〜!(-,-)

((゚∩゚*)ムカムカ("o(゚∩゚*)ムカムカ("o(゚∩゚*)ムカムカ!


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
3つのブログランキング参加しています!
宜しければクリック&足跡残しよろしくお願いします(^v^)


人気blogランキングくつろぐ(ブログランキング)ブログランキング

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●