平和の鳩(400)

s-久間防衛.jpg


告発超大スクープ:<辞任した佐田玄一郎前行革大臣より悪質だ!!>
「雀荘」と「元秘書の自宅」が久間章生防衛大臣の「政治団体事務所」だった!
前代未聞!久間防衛大臣「雀荘」が政治団体事務所だった
佐田玄一郎行革相(54)が辞任に追い込まれた「事務所費問題」で、新たな疑惑が発覚した。久間章生防衛相(66)が関連する政治団体が、なんと「雀荘」を所在地として届け出ていたのだ。東京・赤坂の「雀荘」を事務所にしていたのは、元公設第1秘書(66)が会計責任者を務める「憲政懇話会」。今年1月までは、港区新橋のビル6階を所在地として届けていたが突然、赤坂に変更している。「もともと『憲政懇話会』は新橋のビル6階には、存在していません。そこには2年以上前から久間大臣とは無関係の内装会社が入居している。要するに架空の事務所を届けていたということ。共同通信の取材を受けて、慌てて所在地を赤坂として届け出たようです」(政界関係者)その移転先が「雀荘」だったというわけだ。
(架空事務所問題で新たな疑惑が浮上! 久間防衛大臣(66)の関連する政治団体が東
京・赤坂の「雀荘」を所在地として届け出ていた。きょう25日発売の週刊誌が報じ
た。その政治団体の会計責任者は、久間大臣の中学・高校の同級生で元公設第1秘
書。)(“政治団体事務所が雀荘” 防衛相「私とは関係ないと思う」サンケイ)(久間氏 週刊誌報道に「知らない」スポニチ )
「893組長と記念写真」がフライデーに。
現役の暴力団組長と長官室で記念撮影。元暴力団組長を私設秘書に。暴力団関係者を伴って赤坂の韓国クラブに出入り。暴力団元組長が暴露「久間代議士と私の蜜月」(フライデー2004年2月6日号)
久間元防衛庁長官(現・防衛相、長崎2区)秘書に5千万口利き料関空2期工事請負業者からコンサル料名目で、久間章生議員(現・防衛相)秘書:ペーパー会社で数千万円の利益 、久間防衛相の秘書 給与肩代わりを記載せず(動画アリ)
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
こんなQ間にかき回された伊藤氏が気の毒ではあります。

◆2007年4月20日長崎新聞掲載
娘婿が補充立候補 後継めぐり思惑交錯
 大本命とされた伊藤一長市長が突然の凶弾に倒れ、大混乱に陥った長崎市長選は、十九日夕の補充立候補届け出締め切りまでに新たに二人が名乗り出て一転、新人五人の混戦模様となった。伊藤氏の死去からわずか二日の間に、新たな候補者選定をめぐり伊藤後援会、政党、議員、経済界それぞれの思惑が交錯した。

 十九日昼すぎ、伊藤氏の告別式。伊藤氏の棺を乗せた霊きゅう車の前で、伊藤氏の娘婿の横尾誠氏(40)が遺族を代表してマイクを握った。「長崎市のために土を耕し、種をまき、花を咲かそうとしていたのに、こんなことになるとは…残された私たちが伊藤一長の志を受け継いでいきたい」。横尾氏はこの日、朝一番で立候補の届けをし、第一声を終えていた。黒いスーツの足元はウオーキングシューズ。臨戦態勢の中で、伊藤氏の後継候補を市民に強く印象づけた。

 同じころ、長崎市役所では、市統計課長の田上富久氏(50)立候補のうわさが駆け巡っていた。ある市議のところに経済界の人物から電話が入った。「田上氏はどんな人物? 会いたいのだが」。経済界の一部には「身内から出すのはおかしい。長崎に縁がない人物に、県都のトップを任せていいのか」との不満がくすぶっていた。長崎商工会議所の政治団体は、田上氏との面会から約二時間後、会員を招集して支援を決定した。

この動きには伏線があった。

 伊藤氏に近い長崎市議の間で、伊藤氏の後継者探しは十八日朝から始まった。内田進博副市長に出馬を要請したが、内田氏は固辞。説得に見通しがつかないまま「後援会の意思を尊重する」との結論に落ち着いた。一方、伊藤氏と距離のある自民党県連と一部経済界は、倉成正和元衆院議員の擁立に動いていた。久間章生防衛相の長崎入りを待って、決めるつもりだった。

 昼すぎに到着した久間氏は、そのまま伊藤氏の自宅を弔問。その席で後援会幹部に、横尾氏の出馬を知らされた。「遺族が後を継いで市長になることが、世間にどう受け止められるか考えた方がいい」と久間氏は言ったが、その流れを止めるすべはなかった。

 実のところ、後援会は、伊藤氏が心肺停止状態に陥った十七日深夜の時点で、横尾氏の擁立を模索していた。「伊藤市長は後継者をつくりたがっていた。その思いをかなえたかった」。後援会長の田川安浩氏は言う。後継者擁立をめぐる各勢力の思惑が、どう影響するか予断を許さない。

不正投票2


Q間、動いたわけだ。
伊藤氏と距離のある自民党県連と一部経済界の意を汲んで!
旧長崎市以外は横尾氏のほうが全て勝ってるんだよねぇ・・・。
  横尾誠氏       田上富久氏
  66,458票    71,297票
旧長崎市(有権者の約9割を占める大票田)で約4800票の差をつける。ってことは、利権がらみの「組織票」が動いたとしか考えられないわ。

しかし、弔問に行きながら、ご遺族に、「遺族が後を継いで市長になることが、世間にどう受け止められるか考えた方がいい」と釘を刺すとは、凄い心臓してるやないですかQ間は!
それも、自分が推す候補を腹積もりしているから、言えば、ご遺族に、「お前らの出る幕や無い」って下駄を預けに行ったんだろうと推察します。

地元経済界、自民党県連、長崎商工会議所の政治団体=言えば「組織票」を纏めるためQ間は動いたと思う。
で、結果、
どうなるかと言うと、こういう組織(地元経済界、自民党県連、政治団体)の利する政治しか田上氏はしないよ。みててごらんなさい・・・


平和の鳩(19)平和の鳩(19)

新聞


◆時事通信 2007・04・18
長崎市長銃撃事件、「万一のことを考えると、今の法律の欠陥が如実に出る」と候補者の補充について懸念
 久間章生防衛相は17日夜、長崎市の伊藤一長市長銃撃事件について「非常に(容体を)気にしている」としながらも、同氏が22日投開票の同市長選に出馬していることを念頭に「万一のことを考えると、今の法律の欠陥が如実に出る。本人が亡くなった場合は、補充(の立候補届出)はいつでもできるよう法律は手当てすべきだ」と述べ、公職選挙法の見直しが必要との考えを示した。都内で記者団の質問に答えた。
 
同法によると、市長選の候補者が投票日の3日前までに死亡した場合に限り、新たな候補の届け出ができる。久間氏は衆院長崎2区選出で、伊藤市長を含め4人が立候補する長崎市長選への影響を懸念したものとみられるが、配慮を欠いた発言との指摘も出そうだ。久間氏は「投票日3日前を過ぎたら補充がきかず、共産党と一騎打ちだと共産党の候補者が当選することになる。法律はそういうことを想定していない」とも語った。

配慮を欠いたというより、アホ・バカ・タワケの発言だと思う。
お身内の方が、この談話を聞かれたら、どんな思いをなさるだろうかって思うとね、たまらないですねぇこの言葉は!


それでも、懲りずに・・・ ▼  ▼  ▼  ▼  ▼

◆asahi 2007年04月18日11時36分
「不謹慎だが感じた」防衛相、重ねて選挙制度の問題言及
 久間防衛相は18日朝、伊藤一長・長崎市長が銃撃され治療を受けていた17日夜に「万が一のことも考えないといけない」と補充立候補に言及したことについて、「選挙期間中に凶事があった時、補充立候補ができるからまだよいが、できない時にどうなるのか。制度の問題としてきちんととらえないといけない。そういう話をするのは不謹慎だが、本当にそう感じた」と述べ、改めて制度の問題点を指摘した。都内で記者団に語った。

 一方、久間氏が17日に「共産党と一騎打ちだと共産党の候補が当選してしまう」などと述べたことに対し、民主党の小沢代表は18日、「選挙が共産党だ、自民党だ、民主党だというレベルで論じる問題ではなく、暴力で自分の不満や思いを遂げようとする何でもありの風潮を憂え、きちんと考え直さないといけない」と批判した。

 塩崎官房長官も同日の会見で「選挙制度そのものにはいろいろな考え方があるので総務省が考えなければいけないことだと思っているが、発言は好ましいものだとは思っていない」と述べた。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
3つのブログランキング参加しています!
宜しければクリック&足跡残しよろしくお願いします(^v^)


人気blogランキングくつろぐ(ブログランキング)ブログランキング

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
続きますゾ!
平和の鳩(400)

長崎平和宣言



長崎平和宣言

◆asahi 2007年04月17日22時24分
伊藤市長、被爆地市長として国際会議で「核廃絶」発信
 銃撃された伊藤一長・長崎市長は、同市初の戦後生まれの市長。原爆投下の2週間後に疎開先の山口県で生まれた。長崎市議、県議を経て、95年に「都市浮揚」などを掲げ、本島等氏を破って初当選した。04年5月からは九州市長会の会長を務めている。

 就任後は、被爆地の市長として国際会議などでも発言してきた。当選した年の11月、オランダ・ハーグの国際司法裁判所での証言で、広島市長とともに「核兵器の使用は国際法に違反していることは明らか」と陳述した。「違反とまでは言えない」との立場の外務省からは、文言をめぐって直前まで働きかけが続いたが、曲折の末、「違法」を明言した。

 02年8月には「原爆の日」の「平和宣言」で、同時多発テロ後の米国の核政策を「国際社会の核兵器廃絶への努力に逆行している。こうした一連の独断的な行動を断じて許すことはできない」と述べ、初めて米国を名指しで批判した。

 05年5月、米ニューヨークの国連本部で開かれた核不拡散条約(NPT)再検討会議の本会議場で発言。長崎の原爆で黒こげになった少年の写真を掲げ、「核兵器と人類は共存できない」と訴えた。

 また昨年8月に米国が未臨界核実験を実施したときは、「自国のことのみを考え、日本のこと被爆国のこと、長崎、広島のことをまったく無視している」と記者会見で怒りをあらわにした。10月の北朝鮮による核実験に対しても、「被爆地の市民は怒りと憂慮を感じている」と述べた。

 今年3月、前年に続いて被爆地・長崎の反対の声を押し切り、米海軍のイージス艦が長崎港に入港。「核搭載の疑惑もある軍艦なので、残念の一言に尽きる」と語った。

 市役所内の裏金問題で自らの減給処分を決め、4月の市長選へ出馬を表明。不正に終止符を打つ構えを示した。今年2月の市議会定例会で「内部調査や外部調査などを徹底した結果、全容が明らかになった……4選目指して出馬の表明をさせていただきたい。(支持者から)逃げるわけにはいかないとの言葉をいただいた」と述べた。 

地図・アメリカ.



『核廃絶』のために、亜米利加にも文句を言い、北朝鮮にも文句を言い。その点、本当に立派な政治家だったと思う。

2002年8月 アメリカ合衆国  
 米国が8月29日(現地時間)に臨界前核実験を予定しているとの報道に対し、8月29日に中止を要請した。また、現地時間29日(日本時間30日)臨界前核実験実施の報道を受けて、30日(日本時間)に米国の在日大使館あて抗議文を送付した。米国の臨界前核実験は通算18回目。
 
       抗 議 文
2002年8月29日
在本邦アメリカ合衆国大使館 特命全権大使
ハワード.H.ベーカー 閣下
              日本非核宣言自治体協議会会長
                   長崎市長 伊藤 一長

 この度、貴国が8月29日(現地時間)にネバダ州の核実験場において臨界前核実験を実施する予定との報道に接しました。これに対し、日本非核宣言自治体協議会の319自治体とその住民を代表して、実験の中止を強く求めます。

私たち非核宣言自治体は、核兵器は住民の生活と安全を脅かす究極の兵器であるとの認識に立ち、核兵器の廃絶を求めるものです。 貴国はミサイル防衛構想を推進するために、弾道弾迎撃ミサイル(ABM)制限条約を一方的に破棄し、「核体制見直し」では、新たな小型核兵器の開発が明らかになるなど、非常に危惧すべき事態を自ら作り出しています。さらに本年5月末に貴国とロシアが調印した戦略攻撃兵器削減条約も、取り外す核弾頭の一部を再配備できるような内容であり、核軍縮の流れに逆行するこのような状況を、私たちは深く憂慮しています。

このような状況の中、貴国が18回目の臨界前核実験を強行しようとしていることに対し強く抗議するとともに、貴国が核軍拡競争につながる核実験を即刻中止し、大国として核兵器廃絶に向け主導的役割を果たすよう重ねて要請いたします。

ここに、日本非核宣言自治体協議会の名において、今回の臨界前核実験計画の中止を強く求めますので、本国へ伝達されるようお願いいたします。

平和の鳩(400)

◆'00/5/5
NPT会議でNGO代表が初の演説
核兵器なくそう・世界青年のつどい
◆<2000年7月13日>
G8沖縄サミット NGO・行動する地球市民
◆平和市長会議
2002/2/15
アメリカ、イギリスの臨界前核実験強行に対する抗議文
◆平和市長会議
朝鮮民主主義人民共和国 国防委員長 金 正日 様  抗議文
PDF 第二回国連軍縮長崎会議

そりゃぁ〜、こういう運動を首長にされたんじゃ〜、アベシなんぞ特に頭にカチンッときているわけで、でもって、そっけない事件後のコメントがすべてを表してますねぇ。

◆毎日新聞 2007年4月18日 2時41分
長崎市長銃撃:与野党、渦巻く怒り
(=抜粋=)
安倍晋三首相と中川自民党幹事長がコメントを出したのは午後8時50分。午後7時半過ぎに首相公邸に引き上げた首相が、秘書官から報告を受けたのは事件発生から約10分後。すでに塩崎官房長官ら政府要人はほとんど官邸にいなかったが、事務のスタッフが素早く対応したようだ。ただその分、首相コメントは「厳正な捜査」と「真相究明」を求めたあっさりした型通りの文言だけで、政治に対する暴力への批判や伊藤市長の容体を気遣うような言及はなかった。

コメントや談話等々は速けりゃ良いなんてものではないじゃん!
どうせ、チーム・セコーのバカが先走りしたか。アホめ!

ネオコン・自滅党ネオコン・自滅党


それこそ、Q間だって伊藤氏が目障りだったかもしれないよ。

◆ニッケイ 2007・04・21
次期主力戦闘機、米にF22の情報求める・防衛相表明
 久間章生防衛相は20日、日本経済新聞のインタビューで、来年夏の次期主力戦闘機(FX)選定に向けて米国に機種情報の提供を求める考えを明らかにした。米国は軍事的優位を保つため、最新鋭ステルス戦闘機F22Aラプターの輸出を禁じ、性能の詳細情報も明らかにしていない。防衛相の発言はF22購入への環境整備とみられ、総額1兆円とも見込まれるFX選定の行方に影響しそうだ。インタビューで防衛相はFX選定について「(候補機の)まず中身を知るために情報を開示してもらわなければならない。こちらの気持ちを米側に伝えたい」と述べた。30日にワシントンで会うゲーツ米国防長官に要請する。

◆サンケイ 2007/04/24 11:34
集団的自衛権「憲法解釈見直し検討を」 久間防衛相
 久間章生防衛相は24日午前の閣議後の記者会見で、集団的自衛権行使に関する
事例研究を行う有識者会議が設置されることに関連し、「戦後60年経って、憲法
を作った当時から解釈が一つも変わらないのは少し違うのではないか。政府は今まで
の国会答弁や内閣法制局の見解に縛られるが、研究そのものはやった方がいい」と
述べた。有識者会議について、憲法は行使を禁じているとする政府解釈の見直しも
含め、議論すべきとの考えを示したものだ。久間氏はさらに「集団的自衛権と個別的自衛権を無理して分けようとするから無理が生じている。自衛権がどこまで許されるのかという研究をしてもらったらいい」と述べた。安倍晋三首相も23日、「時代が変わっている中で、どう解釈すべきかについての
議論はしてもらいたい」と述べている。

◆ニッケイ 2007・04・21 
ミサイル防衛システム、配備の前倒しを検討・防衛相
◆ニッケイ 2007・04・25
普天間移設の日米合意堅持、訪米時に防衛相表明へ

こういう政治家と「核廃絶」に向かう政治家と、・・・

平和の鳩(400)

◆asahi 2007年04月18日11時37分
長崎市長選、与党会派は補充候補を協議
長崎市長選は早くも伊藤市長の後継候補を擁立する動きが出ている。市長選の候補者が投票日までに死亡した場合に認められる補充立候補の届け出の期限は、公職選挙法で投票日の3日前までと定められているためだ。今回は19日午後5時がリミットとなる。

 市長選には、共産1人と無所属2人が立候補している。自民、民主、公明各党の系列議員が名を連ねる与党会派の市議は「このまま誰も立候補しなければ、共産市政になる」と警戒する。与党会派をまとめるには「政治色の薄い人物がふさわしい」との思惑も働き、行政経験が豊富な内田進博副市長(67)を推す声が一時高まったが、内諾を得られなかったという。

 内田氏はこの日朝、報道陣に「そのようなことを考える時期ではない。私は伊藤市長に仕えた身。政治家として市長の意思を継ぐ自信はない」と出馬を否定した。自民、民主の各党長崎県連でも、それぞれ所属県議たちが集まり、さらに後継候補者の選定を協議した。

 また、長崎県選管などによると、補充立候補には重複立候補を避けるための制限がある。8日に投開票された県議選長崎市区に立候補した人は、統一地方選時の公選法の特例により、当落にかかわらず出られない。市長選と同日選の長崎市議選の立候補者がくら替えすることも禁止されている。

政治は非情です。そう思いました。
そして、・・・
与党会派の皆の衆は、Q間の思考と同じなんだねぇ。
「このまま誰も立候補しなければ、共産市政になる」と警戒する。
私にすれば、自公の方が余程
おっとろしい政党だと思うねぇ!

国会中継・チュー太.jpg


◆長崎新聞 2006年8月26日
時流潮流/自民の参院選候補者選び 
            伊藤長崎市長軸に本格始動


Q間の考えでは。
伊藤氏を参院選長崎選挙区に擁立する考え。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

伊藤氏は「ありがたい話だが、私も後援会も今のところそうした考えはない。ほかに適役の人がいるのでは」と述べた。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Q間は勝てる候補として伊藤氏を擁立したい構え。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

伊藤氏にすれば、参議院という全国区で名を売る、⇒少なくとも長崎県内全体で顔が売れる。⇒で、長崎県知事に打って出る。という気持ちや野心はあったかもしれませんが、最終的に、長崎市民の声「イッチョウさんまたやってよ(市長に)」の声に押されたのだと思う。かなりの人情家なのかもしれない、・・・・・。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Q間、伊藤氏をこれだけ担ぎながら、
久間章生防衛相は17日夜、長崎市の伊藤一長市長銃撃事件について「非常に(容体を)気にしている」としながらも、同氏が22日投開票の同市長選に出馬していることを念頭に「万一のことを考えると、今の法律の欠陥が如実に出る。本人が亡くなった場合は、補充(の立候補届出)はいつでもできるよう法律は手当てすべきだ」と述べ、公職選挙法の見直しが必要との考えを示した。


こんなこと、よく、言えたもんだ!

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
3つのブログランキング参加しています!
宜しければクリック&足跡残しよろしくお願いします(^v^)


人気blogランキングくつろぐ(ブログランキング)ブログランキング

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●