平和の鳩(400)


昨日の段階で入手していたのですが、書く事があまりにも多すぎて時間が幾らあっても足らないっていう状況で、・・・・・
本日、飯島 勲前秘書官の件を書きます。



飯島秘書官飯島秘書官

FNN HEADLINES  2007/05/30 19:31
自殺した松岡農水相の遺書を受け取った前首相秘書官・飯島 勲氏が心境語る

先日、自殺した松岡利勝農水相(62)が残した8通の遺書のうち、その1通を受け取った小泉前首相の秘書官・飯島 勲氏が、FNNの単独インタビューに応じた。

28日に自らの命を絶った松岡利勝農水相。

30日に行われた告別式で、昭恵首相夫人は「昨年9月の安倍内閣発足の際、迷うことなく松岡さんに農林水産大臣をお願いすることと致しました」と首相の弔辞を代読した。

28日、自殺の一報を聞き、いち早く病院に駆けつけたのが飯島氏だった。その飯島氏が、FNNの単独インタビューに応じた。

自殺の一報を聞いた時のことについて、飯島氏は、「信じられなかったですね。毎日とは言いませんが、頻繁に電話で話す機会もあったし、(自殺する)前の日も相当長い時間、電話で大臣と話をしたんですね」と話した。飯島氏は、松岡農水相とは、初当選のころからの付き合いだという。飯島氏は、「若いころ、暴れ馬みたいになっていたと、そういう印象が99%の人があるかもしれない。ここ6年ちょっとは、わたしから見たら、DNAが変わった政治家。大臣になって本当によく働いていたけれども、それは理解できない。そのつらさはものすごくあったと私は理解しています」と話した。

そして、さまざまな松岡農水相の疑惑については、「緑資源機構が報道されていたんですが、大臣自身は一切おかしいところはない。シロかクロか、そういうのは、はっきり世間に見ていただきたいという覚悟を持っていましたね。(だったらなぜ自殺を?)これはまったくわからないです。(自殺)当日も9時半前後に、大臣の携帯に電話したんですよ。初めて通じなかったんですね」と話した。

その直後、自ら命を絶った松岡農水相。

飯島氏は「第1発見までの(午前)10時前から2時間に何があったのか、それは興味がありますね、わたし個人。政策に対する夢と熱意、そういうのを考えたら死を選ぶ政治家じゃない」と話した。

そして、松岡農水相の遺書を手に「松岡大臣から、わたしあての親展で来てます。中身は言いません」、「わたしから見たら、(自殺は)とっさのできごとの感覚かなと。電話1本くれたら、助けられるという気持ちはあるんですよ」と話した。

遺書の字体には、乱れがあった。

また、安倍首相が死に追いやったのではという意見があることについて、「それはない。そうじゃないです。大臣自身は職務に一生懸命、自分の行動を考えてまして、同時に、かばったということがおかしい」と話した。そして、政権に与える影響については、「わたしは、ないと思うんです」と話した。

平和の鳩(19)平和の鳩(19)


飯島氏、相当のやり手(ワルの方で!)
このビデオ内での発言はかなり矛盾を抱えていると思います。

やましいところがないのに、何故?自殺をした?
「これはまったくわからないです。」
ウソつけ! と私は思っています。
「緑資源機構が報道されていたんですが、大臣自身は一切おかしいところはない。シロかクロか、そういうのは、はっきり世間に見ていただきたいという覚悟を持っていましたね。」
個人的にはハッタリも此処まで来るとたいしたもんだと思う。
きっと、松岡農水相にすれば、歯痒い思いをしたと思う。
同じ緑資源機構問題で島根のタヌキジイサンの方は官邸に守られて、熊本の松岡農水相は生贄にされたカンがあったと思う。「俺の方よりタヌキジイサンの方が余程ワルなのに・・・」とさえ思っていたかもしれないなぁ、って思う。
(でも自分も清廉潔白じゃぁ〜ないから黙るしか仕方ないわねぇ。)

「(自殺する)前の日も相当長い時間、電話で大臣と話をしたんですね」
「(自殺)当日も9時半前後に、大臣の携帯に電話したんですよ。初めて通じなかったんですね」・・・・・
「第1発見までの(午前)10時前から2時間に何があったのか」

秘書と10時頃にパジャマ姿の松岡農水相とハナシをしているという。(←秘書のハナシ)
で、あるなら、9時半前後の電話なら、松岡農水相は電話に出れた状態であるわけだから、「初めて通じなかったんですね」という状態は私には信じられないわけよ。(但し、秘書の方のハナシを全面的に信用した上で。)
その、秘書の方々のハナシも二転三転しているようで、・・・・・


平和の鳩(19)平和の鳩(19)


●ZAKZAK 2007/05/30
待望の「初入閣」で恩義? 飯島氏宛の松岡遺書中身
自殺当日も病院にいち早く駆けつけ
松岡利勝氏の遺書には飯島勲氏宛のものがあったというが…
 数多くの疑惑と謎を抱えて自殺した松岡利勝前農水相。議員宿舎のテーブルに8通の遺書が整然と並べられていたが、その中に小泉純一郎前首相に仕えた飯島勲・前首相秘書官と、自民党の景山俊太郎参院議員にあてられたものがあったことが注目されている。死の間際に松岡氏は何を考えたのか。

「私自身の不明、不徳の為、お騒がせ致しましたこと、ご迷惑をおかけ致しましたこと、衷心からお詫び申し上げます。自分の身命を持って責任とお詫びに代えさせていただきます」。松岡氏は「国民の皆様、後援会の皆様」と題する遺書にこう記していた。その他、安倍晋三首相ら6人には封書の遺書で「親展」とあったが、この中に飯島氏と景山氏あてがあった。

飯島氏への遺書の存在を報じたのは30日の朝日新聞朝刊。
飯島氏は1945年、長野県生まれ。72年、小泉氏の初当選直後に秘書となり、小泉氏の大臣就任とともに厚相秘書官、郵政相秘書官などを歴任。2001年4月、小泉内閣誕生に伴い首相秘書官に就任した。その独特の風貌と、永田町や霞が関に築き上げた人脈から、秘書官当時、閣僚以上の存在感を発揮していたが、なぜ、松岡氏は国会議員でもない飯島氏に遺書を残したのか?

 ここに興味深い新聞記事がある。06年9月27日、松岡氏の地元紙「熊本日日新聞」が報じた、「安倍内閣発足 松岡氏待望の初入閣」という記事だ。≪午後3時、松岡事務所に、安倍首相から電話が入った。松岡氏は『たった今、連絡を受けた。安倍内閣の一員として国民のために頑張りたい』と神妙な表情。小泉首相の飯島勲秘書官に早速、連絡し、『秘書官のおかげ。本当にありがとうございます』と頭を下げた≫

飯島氏は、松岡氏が自殺を図った28日、慶応病院にいち早く駆け付けている。
自民党関係者は「小泉内閣時代、郵政政局で主流派に転じた松岡氏が、首相官邸に『定期便』と揶揄されるほど頻繁に訪れていたのは有名。松岡氏の入閣に『小泉サイドの力が働いた』という噂はあるが、事実は分からない。安倍首相が松岡氏をかばい続けた一因もそこにあるのか。ただ、遺書を残すほど2人が密接だったことは間違いない」と語る。

 一方、景山氏は1944年、島根県生まれ。70年に早大大学院修了後、竹下登元首相の秘書になった。島根県議を経て95年に参院議員に初当選、現在2期目。「参院のドン」こと青木幹雄参院会長の懐刀といわれる。景山氏は松岡氏にとって長男の義父にあたる親戚同士。遺書を残しても不思議ではないが、それ以外にも気になる接点がある。東京地検特捜部は25日、松岡氏の地元・熊本県にある農水省所管の独立行政法人「緑資源機構」の出先機関「阿蘇小国郷建設事務所」に家宅捜索に入った。農林業振興などを目的とした「特定中山間保全整備事業」をめぐる談合疑惑がターゲットとされたが、この事業の事業区域は何と、松岡氏の地元・熊本と、景山氏の地元・島根の2カ所なのだ。

 松岡氏は家宅捜索が入った25日、その後の予定をキャンセルして地元入りし、父の墓参りなどを済ませ、週明けの28日に自殺した。「誰も言おうとしないが、景山氏あての遺書があったのは、単に親戚ということだけなのか…」(党関係者)。松岡氏が残した闇は深い。


飯島勲・前首相秘書官

青木幹雄参院会長

景山俊太郎参院議員 と、松岡氏との間の闇。

本当にこの闇は深い!


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
3つのブログランキング参加しています!
宜しければクリック&足跡残しよろしくお願いします(^v^)


人気blogランキングくつろぐ(ブログランキング)ブログランキング

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
続きます。・・・・・
平和の鳩(400)


●日テレ <5/28 13:59>
松岡農水相ヒモで首つり自殺 心肺停止状態
東京・港区の赤坂議員宿舎で28日正午過ぎ、松岡農水相が布製のヒモで首をつっているのが見つかった。心肺停止状態だという。警視庁は自殺を図ったとみて調べている。警視庁によると、28日正午ごろ、港区の赤坂議員宿舎で居間のちょうつがいに布状のヒモを巻き付け、松岡農水相が首をつっているのを秘書らが発見したという。発見時、松岡農水相はすでに心肺停止状態だった。調べによると、松岡農水相の秘書が28日午前10時ごろ、松岡農水相と話したものの、28日正午になっても部屋から出てこないことを不自然に思い、警備員と共に室内の確認を行い、発見したという。警視庁は、病院に搬送された松岡農水相の安否の状態を確認するとともに、自殺を図ったものとみて調べを進めている。松岡農水相をめぐっては、緑資源機構の官製談合事件で28日に、東京地検特捜部が家宅捜索を行っている業者のうち、数社が松岡農水相に政治献金をしていたことがわかっている。また、新たに談合の疑いが持たれている農水相認可事業の「特定中山間整備保全事業」でも、受注業者の一部が松岡議員に献金しており、東京地検特捜部はこの点についても業者から受注の経緯などの事情を聴いていた。また、東京地検の幹部は、松岡農水相が自殺を図ったことについて「事実は確認している。詳細はまだ聞いていない」と話している。

平和の鳩(400)


●日テレ <5/28 14:45>
自殺図った松岡利勝農水相が死亡
東京・港区の赤坂議員宿舎で28日正午過ぎ、松岡利勝農水相が布製のヒモで首をつっているのが見つかった。心肺停止状態で病院に搬送されたが、28日午後に死亡が確認された。警視庁は自殺を図ったとみて調べている。警視庁によると、松岡農水相は28日正午ごろ、港区の赤坂議員宿舎で居間のちょうつがいに布状のヒモを巻き付け、首をつっているのを秘書らに発見されたという。発見時、松岡農水相はすでに心肺停止状態で、28日午後1時過ぎに東京・新宿区の慶応大学病院に搬送されたが、28日午後2時に死亡が確認された。調べによると、松岡農水相の秘書が28日午前10時ごろ、松岡農水相と直接会って話していたが、28日正午になっても部屋から出てこないことを不自然に思い、警護のための警察官(SP)と共に室内の確認を行い、発見したという。警視庁は、自殺を図ったものとみて調べを進めている。

そして、なんだか急に、秘書の皆さんが、「よくやってくれた」だか、それに近い言葉を言われて「握手」をした。てなハナシを聞きました。
寝惚けてるよな!
口裏あわせもいい加減にせんかい! って思うよなぁ。

若し、私が、松岡農水相の秘書だったら。
本当にそういう状況があったとしたら、「やっぱり、あの時にお別れされたんだ」ってイの一番に思うはずです。
時間が経ってから、そういえば「こういうことがありました」てな軽い乗りのハナシではないはずです。
私が、知人や友人からでも、「よくやってくれた」「お世話に成った」「元気で暮らしていって下さい」とか言われて、「握手」を求められてごらんなさいな、胸騒ぎがしてオチオチ生活してられんと思う。
気になって、気になって、気になって、・・・・・
時間が経ってから、そういえば「こういうことがありました」てな軽い乗りのハナシではないはずです。


平和の鳩(400)


●時事通信 2007/05/29-20:19
「国対の指示でしゃべれない」=松岡前農水相の発言紹介−鈴木議員
 鈴木宗男衆院議員は29日午後、自殺した松岡利勝前農水相が自身の事務所費などの不透明な処理に関し「国会対策上、黙っているのが一番だと言われているし、今は自分はしゃべれない」という趣旨の発言を鈴木氏にしていたことを明らかにした。都内で記者団に語った。鈴木氏は松岡氏と親しく、今月24日夜に会食した。松岡氏の発言は、その席で国民に謝罪するよう進言した鈴木氏への返答。松岡氏は「政府も方針は決まっているし、また変えたりするとおかしくなるから言えない」とも語ったという。鈴木氏は自身のホームページでも「今は黙っていた方がいいと国対からの指示なのです。それに従うしかないんです」と松岡氏の発言を紹介している。
 
 これに関し、自民党の中川秀直幹事長は29日午前の記者会見で「国対に確認したが、そういう事実は一切ない」と述べた。また、安倍晋三首相も同日夜、首相官邸で記者団に「政府で方針を決めることはもちろんない。鈴木議員がどういう意図で言っているのか分からない」と不快感を示した。

平和の鳩(19)平和の鳩(19)


●ニッケイ 2007・05・29
松岡前農相の通夜、しめやかに
 東京・赤坂の議員宿舎で自殺した松岡利勝前農相(62)の通夜が29日夜、地元熊本県阿蘇市の浄信寺でしめやかに営まれた。通夜に先立って遺体を納めたひつぎは、妻で喪主の初美さん(60)ら家族とともに同市内の実家に立ち寄り、集まった親せきらが静かに手を合わせた。実家には、大きな花が届けられて玄関に飾られ、玄関周辺を照らすライトも設営された。近所の男性(72)は「ひつぎの顔の部分を開けて、無言で手を合わせました」と語り、母のハルコさん(86)からは「お世話になりました」
と言葉があったという。 参列のために浄信寺に着いた後援会長の今村輝昭南阿蘇村長は「遺体に声を掛けたいけど、出るかどうか…」と声を詰まらせながら中へ。支援者の男性は「一週間前に会ったとき、やせていたのが印象的。『言いたいことはいろいろあるが、止められている』と言っていた」と話した。遺体は、羽田発の日航機で午後5時40分ごろ、熊本に到着し、白のワゴン車で阿蘇へ。喪服姿の後援会関係者ら約100人が空港を出るワゴン車に頭を下げ、合掌した。

平和の鳩(19)平和の鳩(19)


●TBS (29日17:56)
松岡前大臣はなぜ自殺をしたのか
様々な疑惑が指摘され、国会などで厳しい追及を受ける最中での松岡前大臣の自殺。松岡氏は、なぜ自殺をしなければならなかったのでしょうか。「水道については、今、何とか還元水とか、そういったものをつけております」(松岡利勝・前農水相 3月5日)」。様々な疑惑の解明を前に、自ら命を絶った松岡前大臣。安倍総理や国民などに宛て8つの遺書を残しました。一体、松岡前大臣はなぜ自殺を選んだのでしょうか。「『頑張りますから』と、いつも通り会釈していきましたよ。今も目に浮かびますね」(新党大地 鈴木宗男・衆院議員)。こう話すのは、かつて盟友と言われた鈴木宗男・衆議院議員。鈴木議員は、先週24日に松岡前大臣から、夕食に誘われました。この日は、東京地検特捜部が緑資源機構の談合事件で強制捜査に踏み切った日でした。

「全く普段の松岡さんでしたから。私自身もそこまで落ち込んでるとか、悩んでるとは受け取れませんでしたからね。この点は申し訳なく思っています」(新党大地 鈴木宗男・衆院議員)

松岡前大臣は、ある重要な証言をしていました。
「『国会で今まで言って、政府とすり合わせもしている。政府内でですね、国対とも打ち合わせしての流れだから、今、変えるとおかしくなるんだ』という話をしてました。『今はもう黙ってるしかないんです』と」(新党大地 鈴木宗男・衆院議員)。説明責任を果たすよう追及する野党。それを許さない暗黙のプレッシャー。


ただ、自民党はこれを否定しています。
 「左様な事実は一切ない。」(自民党 中川秀直・幹事長)

強気な発言とは裏腹に、最近の松岡前大臣は弱気な面も見せていました。松岡前大臣が、最近になって、親族らに「大臣をいつ辞めたらいいだろうか」とこんな胸の内を漏らしていたことが、関係者の話で明らかになりました。

27日、皇太子さまを招いて開かれた日本ダービー。こうしたイベントでは通常、農水大臣は、JRA=日本中央競馬会を所管する大臣として参列するのが慣例です。しかし、松岡前大臣は参列しませんでした。「(前農水相は)いつも通りお墓に参いられて・・・」(松岡前農水相の幼なじみ 阿部樹範・阿蘇市議)。松岡前大臣は、地元・熊本県を訪れ、墓参りなどをしていたのです。

 普段と変わらぬ様子だったという松岡前大臣でしたが、こんな様子に気づいた人もいました。「タバコを吸わないのに『先生、1本ください』と」(会合に同席した荒木詔之・県議)。普段、ほとんどタバコを吸わないはずの松岡前大臣が、自らタバコに火をつけたのです。一体、何が松岡前大臣を追い詰めたのか。解明されるべき幾つかの真実が、関係者の落胆と悲しみとともに深い闇の中に残されたままとなりました。

平和の鳩(19)平和の鳩(19)


急遽、熊本入りした、松岡農水相。
その日程に合わせるがごこくに、中川(893と女の問題抱えてる方)がここにいる。ってタイミングよすぎるってだけじゃぁ〜ないだろう!

●毎日新聞 2007年5月27日
選挙:参院選・熊本選挙区 自民・中川幹事長、三浦氏を応援 
 自民党の中川秀直幹事長が26日、熊本市入りし、今夏の参院選熊本選挙区に3選を目指して立候補を予定している三浦一水氏(53)を応援した。健軍商店街を三浦氏とともに歩き、空き店舗の活用状況を見たり、商店街関係者から要望を受けた。さらに三浦氏の後援会事務所で「参院選は大変厳しい選挙。気を引き締めてやってほしい」と陣営幹部らを激励した。

中川(893と女の問題抱えてる方)
この方、相当なワルだって、思う、

平和の鳩(400)


●=2007/05/27付 西日本新聞朝刊=
幹事長「適切に処理」 農相献金
自民党の中川秀直幹事長は26日、独立行政法人「緑資源機構」の官製談合疑惑に絡む事業の受注業者から、松岡利勝農相が多額の献金を受けていた問題について「政治資金規正法に基づき、適切に処理されていると思う」と語り、参院選への影響はないとの認識を示した。視察に訪れた熊本市で、記者団の質問に答えた。同機構の官製談合事件について、中川幹事長は「あってはならないこと。官製談合を根絶するため、政府は公務員制度改革に懸命に取り組んでいる」と語り、再発防止のため、同機構の組織改革などの必要性を強調。松岡農相への献金については「説明責任が足らないと指摘されるならば、いささかな疑惑も持たれないよう、本人が説明すればいい」と述べた。


「説明責任が足らないと指摘されるならば、いささかな疑惑も持たれないよう、本人が説明すればいい」と言いながら、ウラでは「一切喋るな」と脅してたんだろうなぁ。


自民党って怖いねぇ!


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
3つのブログランキング参加しています!
宜しければクリック&足跡残しよろしくお願いします(^v^)


人気blogランキングくつろぐ(ブログランキング)ブログランキング

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●