^
ほら、また、なかよしこよし内閣か!


もう、自民党には人材がないんだ。

 
 ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \



s-kokkaigiji.jpg


●赤城徳彦『ウィキペディア(Wikipedia)』
衆議院議員 赤城 徳彦 生年月日 昭和34年(1959)4月18日
出生地・・・・・茨城県筑西市(旧明野町)
出身校・・・・・東京大学法学部法律学科卒業
学位・資格・・・法学士(東京大学)
前職・院外役職(現在)・・農林水産省職員
所属委員会
・内閣役職(現在)・・・・農林水産大臣(安倍内閣)
世襲の有無・・・・・・・・2世
祖父・赤城宗徳(元防衛庁長官)
選出選挙区
(立候補選挙区)・・・・・茨城1区
当選回数・・・・・・・・・6回
所属党派(現在)・・・・・自由民主党(高村派)
党役職(現在)・・・・・・茨城県第一選挙区支部長
会館部屋番号・・・・・・・衆・第一議員会館206号室
ウェブサイト 衆議院議員・あかぎ徳彦
赤城 徳彦(あかぎ のりひこ、1959年4月18日)は日本の政治家。
自由民主党所属の衆議院議員(6期)。
番町政策研究所(旧名称:新政策研究会、通称:河本派〜高村派)
・日韓議員連盟所属。
祖父は岸信介元首相の懐刀として岸政権を支え、
   また農政のエキスパートとしても知られた赤城宗徳元代議士。
前農林水産大臣松岡利勝が急逝したことに伴い、
      2007年6月から安倍内閣の農林水産大臣に就任した。

新・農水相2

●日テレ <6/1 19:31>
新農水相に自民党・赤城徳彦氏が就任
自殺した松岡前農水相の後任に1日、自民党・高村派の赤城徳彦氏(48)が就任した。赤城氏は初入閣だが、多国間の農業交渉が本格化することもあり、「農水改革に情熱を持って取り組める人」を念頭に人選が進められていた。赤城氏は「(松岡前農水相の)無念の思いを受け止めて、農林水産行政に取り組みたい」と抱負を述べた。

新・農水相.


●Hiroshima Home Television  2007/06/01
松岡前農相の後任に赤城徳彦氏=農水省出身48歳
安倍総理大臣は、自殺した松岡前農林水産大臣の後任に、自民党の赤城徳彦氏を起用することを決めました。赤城徳彦衆院議員:「安倍総理から農水大臣を受けるよう、ご指示を受けました。(松岡前大臣の)無念をしっかり受け止め、農林水産行政をさらに前へ進める」赤城氏は48歳、農林水産省出身の当選6回で、自民党・高村派に所属しています。1990年の衆議院選挙で、全国最年少の30歳で初当選し、話題となりました。皇居での認証式は、1日午後に行われます。

新・農水相2

●TBS
後任の農水相に自民・赤城徳彦氏
自殺した松岡前農水大臣の後任に、自民党の赤城徳彦氏が決まりました。
「松岡前大臣の不幸があった後ですし、また、農林水産行政が大きな転換期、大事な時期にあるという事で、職責の重さを感じております」(農水相に内定した赤城徳彦氏)。初入閣となる赤城氏は農林水産省出身で、衆議院茨城1区選出で当選6回、自民党高村派に所属する48歳です。塩崎官房長官は会見で、「“政治とカネ”には国民が注目しているので、そういう観点も入れながら当然お願いをしている」と述べ、農林水産行政に精通しているという以外に、政治資金の面でクリーンかどうかも考慮されたことを明らかにしています。赤城氏の祖父、故・赤城宗徳氏は、安倍総理の祖父である岸信介内閣で農林大臣を務めており、今度は孫同士でコンビを組む巡り合わせとなりました。(01日11:34)

新・農水相2

●FNN HEADLINES 2007/06/01 11:56
安倍首相、自民・赤城徳彦氏に対し松岡農水相の後任に起用する考えを直接伝える
安倍首相は1日午前、自民党の赤城徳彦氏(48)に対し、自殺した松岡前農林水産相の後任に起用する考えを直接伝えた。新しい農水相への就任が決まった赤城氏は、安倍首相との会談後、「安倍総理に『農林水産大臣を受けるようにと、やりなさい』と指示を受けました。私も、全力で頑張っていきたいと思っております」と述べるとともに、「松岡前大臣の無念の思いをしっかり受け止め、農林水産行政をさらに前に進めるということで取り組んでいきたい」と強調した。赤城氏は、茨城1区選出で当選6回、初めての入閣となる。認証式は1日午後、皇居で行われる。

新・農水相2

●NHKニュース  6月1日 19時1分
赤城徳彦氏が農相に就任
安倍総理大臣は、新しい農林水産大臣に赤城徳彦元防衛庁副長官を起用することを決め、1日午前、赤城氏を総理大臣官邸に呼び、就任を要請しました。このあと、赤城氏は記者団に対し、「亡くなられた松岡前農林水産大臣が農林水産業にかける思いはたいへん大きなものがあったので、それをしっかり受けとめていきたい。安倍総理大臣からは『攻めの農政で改革を進め、体質の強い農業を築いてほしい』という要請があった。農林水産行政はたいへん大きな変革のときを迎えており、改革を進め、発展させていきたい」と述べました。赤城氏は1日夕方、皇居での認証式に臨んだあと、総理大臣官邸で安倍総理大臣から辞令を受け、農林水産大臣に就任しました。そして、早速、総理大臣官邸で開かれた美しい森林づくりの会議に出席して初仕事をこなし、「新米の大臣として頑張っていきたい」とあいさつしました。

情けは人の為ならず!


「情」情けは人の為ならず!
私の一番好きな言葉です。
今、「情」という言葉から一番遠い存在の人のように思う。
お金に苦労したことがない坊ちゃん育ちだものなぁ、・・・・・・
坊ちゃん、
もう、アナタのことダァ〜レェ〜も信用してないのよ。
そのことが、坊ちゃんは真性のアホだから理解出来ないようで、未だに下記のような「寝言」(寝てから言えって!)&「冗談」(休み休み言えって!)をほざいているようです。誰か引導を渡してあげて下さい! ▼ ▼ ▼
 

「社保庁が 振り込め詐欺とは 気が付かず」

日テレ <6/1 3:10>
安倍首相「国民の不安は解消されると確信」
いわゆる「消えた年金」をめぐって大荒れとなった国会だが、年金時効撤廃法案と社会保険庁改革関連法案が1日未明、衆議院本会議で与党などの賛成多数で可決された。安倍首相は「国民の不安は解消されていくと確信している」と述べた。年金問題に対応するため与党が提出した年金時効撤廃法案と社会保険庁改革関連法案は1日午前1時過ぎ、与党などの賛成多数で可決され、衆議院を通過した。先月31日午後2時半に始まった本会議では、野党側が採決の引き延ばしを狙って柳沢厚労相の不信任決議案などを連発した。このため、法案の採決は深夜まで大幅にずれ込んだ。本会議での可決を受け、安倍首相は「私どもの対策によって、国民の不安は間違いなく解消されていくと確信しています」と述べた。一方、民主党・鳩山幹事長は「(法案は)急場しのぎで作ったものだから、魂が入っていない。これでは、国民の皆さんは救われない」と語った。今後、論戦の舞台は参議院に移るが、野党側は消えた年金問題を参議院選挙の争点にする方針で、与野党の攻防は一層激しくなることが予想される。


●youtubeに登場しました。
2007.5.30 党首討論〜年金問題〜


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
3つのブログランキング参加しています!
宜しければクリック&足跡残しよろしくお願いします(^v^)


人気blogランキングくつろぐ(ブログランキング)ブログランキング

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
世間知らずの坊ちゃんが自分の言うことを聞かないからっていよいよ狂ったか。なんでもかんでも強行採決か!へ
s-kokkaigiji.jpg


●Hiroshima Home Television 2007/06/01
未明の攻防から再び…天下り規制法案も強行採決へ
年金特例法案などの衆議院での採決をめぐり、国会は与野党の攻防が1日未明まで続きましたが、1日は、公務員の天下りあっせんを禁止する公務員制度改革法案の採決で、再び激しさを増しています。安倍総理大臣:「押しつけ的なあっせん、それが談合の温床になっていたのだが、それをまさに断ち切ることが、この法案によって可能になってくる」。与党は、安倍総理大臣が公務員制度改革法案の成立に強い意欲を示しているため、1日中に法案を委員会採決したうえで、本会議でも採決する構えをみせています。ただ、1週間のうち3回の強行採決には、自民党幹部からも「国民に理解してもらうためにも慎重にやるべきだ」と疑問の声が上がっています。一方、野党側は、与党の強硬姿勢に強く反発しています。民主党・菅代表代行:「安倍総理は、頭に血が上った状況で、強硬な姿勢をさらに推し進めようとしている」。野党側は、与党が内閣委員会での採決に踏み切れば、河本委員長の解任決議案を出す方針を決めました。こちらも一歩も引かない構えです。こうしたなか、自民・民主の国対委員長が会談していて、午前中の採決を見送る方向で調整しています。参院選をにらみ、実績作りを急ぐ安倍総理と与党側、徹底抗戦する野党側の攻防は、一段と激しくなっています。

s-kokkaigiji.jpg


TBS (01日11:33)
天下り規制」でも採決強行の構え
いわゆる「消えた年金」を救済する法案と社会保険庁改革法案が1日未明、衆議院を通過、参議院に送られました。与党は、天下り規制を強化する公務員制度改革法案についても1日、採決を強行する構えで、年金問題に端を発した与野党の攻防が続いています。未明の採決により与野党の攻防はいよいよ高まりを見せ始めました。

 「国民の不利益を絶対に放置しちゃいかん。そういう立場で一刻も早く対応するべきだという思いで、採決に臨んだ」(自民党・中川幹事長)
 「政権の末期症状と言うか自民党の末期症状。まさに断末魔の声が聞こえてくる、そんな感じがしました」(民主党・鳩山幹事長)
 「是非、両案そろって、この国会で成立できるようにしていきたいと思っております」(公明党・北側幹事長)
 「国民の年金に対する不信の火に油を注いだ、大変許し難い対応をした」(共産党・志位委員長)
 「参院では論議が深まれば深まるほど矛盾があっちこっちに起きて、私は与党が立ち行かなくなると思います」(社民党・阿部知子衆院議員)

一夜明けた国会では、現在安倍総理が出席のもと、衆議院内閣委員会で国家公務員の天下り規制を強化する、公務員制度改革法案の審議が行われ、この法律であっせんによる天下りはなくなると法案の実効性を訴えました。「今回私どもが出している公務員制度の改革によって、基本的にこうしたあっせんは行わない、行ってはならないという事が、決まっていくわけでございます」(安倍首相)。民主党は社会保険庁が解体され、日本年金機構になれば規制の対象にならず、天下りが自由化されると指摘しました。与党はこのあと間もなく委員会での採決を行い、午後の衆議院本会議に緊急上程し。1日中の衆議院通過をはかる構えを見せています。ただ与党内には、たび重なる採決強行は政権へのダメージへつながるとして慎重な声もあり、1日の衆議院通過が見送られる可能性もあります。一方、野党側は与党側の動きに警戒を強めています。民主党幹部からは、安倍総理は頭に血が上っている、日替わりの強行採決は蛮行だと、強い反発の声が上がっていて、31日と同様、与党側が強硬な対応をとれば内閣委員長の解任決議案の提出を検討するなど徹底抗戦の構えを見せています。

s-kokkaigiji.jpg


●NHKニュース 6月1日 12時22分
公務員法改正案で与野党協議
衆議院内閣委員会は1日午前、安倍総理大臣らが出席して、天下り規制策の一環として、各省による国家公務員の再就職のあっせんを禁止し、新たに設ける「官民人材交流センター」に一元化するなどとした国家公務員法の改正案の質疑を行っています。この中で、安倍総理大臣は「押しつけ的な国家公務員の再就職のあっせんが談合の温床となっており、それを断ち切りたい」と述べ、今の国会での成立にあらためて意欲を示しました。与党側は、予定された質疑時間が終わりしだい委員会での採決を行ったうえで、速やかに本会議でも採決し、衆議院通過を目指したいとしています。これに対し、民主党、社民党、国民新党の野党3党は国会対策委員長会談を開き、「政府案は天下りを公認するようなものだ」として、法案に強く反対する方針を確認しました。そして、与党側が、採決に踏み切った場合には、河本委員長に対する解任決議案の提出を検討することで一致しました。これに関連し、民主党の菅代表代行は党の会合で、「安倍総理大臣は頭に血がのぼったいう状況で、何がなんでもやってしまえという強行な姿勢だ」と、政府・与党の対応を批判しました。こうした中、自民党と民主党は国会対策委員長が会談するなど、法案の取り扱いをめぐった与野党の協議が続いています。

s-kokkaigiji.jpg


●毎日新聞 2007年6月1日 13時46分
公務員改革法案:1日の採決見送り 
衆院内閣委員会は1日午前、安倍晋三首相が出席して省庁による国家公務員の再就職あっせんを禁止する公務員制度改革関連法案について質疑を行った。自民、公明両党は同日中の委員会採決を目指したが、審議継続を求める野党の抵抗に遭い断念した。与党内では新たに6日の委員会採決、7日の衆院通過を目指す日程が浮上している。

 同法案は、内閣府に新人材バンク「官民人材交流センター」を設置し、国家公務員の再就職あっせんを一元化する内容。安倍晋三首相は1日の委員会で「この法案によって公務員が生き生きと国民の負託に応えることができる」と意義を強調。一方、民主党の高木義明国対委員長は同日午前の記者会見で「日替わりの強行採決には抗議する」と反発した。

 政府・与党は1日、法案の扱いについて調整を続けた。成立を焦る首相官邸は1日に委員会で可決し、同日中に衆院本会議に緊急上程することを主張したが、社会保険庁改革関連法案など重要法案を抱える参院自民党が、野党を刺激すると反対し、来週中の衆院通過を目指すことになった。参院送付後に採決しなければ廃案となる。


演説


成立を焦る首相官邸は1日に委員会で可決し、
      
   同日中に衆院本会議に緊急上程することを主張。

しかし、参院自民党が野党を刺激すると反対し、
         
      来週中の衆院通過を目指すことになった。



世間知らずの坊ちゃんが



自分の言うことを聞かない



からっていよいよ狂ったか。



もう、駄目だね。この政権!




●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
3つのブログランキング参加しています!
宜しければクリック&足跡残しよろしくお願いします(^v^)


人気blogランキングくつろぐ(ブログランキング)ブログランキング

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●