2007年7月17日
            「
        緩めば負ける。必死で戦え。
                   民主党代表 小沢一郎

参議院選挙は早くも、勝敗を決する中盤戦に入ります。

今のところ確かに、国民の生活を顧みない安倍政治に対する国民の怒りが「風」となり、我々に追い風となっています。しかし、「風」は一瞬にして変わる。変わるからこそ「風」なのです。
 我々が油断して隙を見せると、「風」はすぐに変わる。今のように気が緩んだまま投票日を迎えれば、下馬評とは逆に、我々は敗北してしまいます。

 我々の調査・分析によると、追い風の好感触だけで、もう勝った気分になり、緩んでいる選挙区がいくつもあります。自民党候補との差がほとんど詰まっていない選挙区や、自民党候補に逆転を許してしまった選挙区さえあります。
 このような激戦区で競り勝たないと、悲願の与野党逆転など不可能なのです。

 自民党は文字通り、なりふり構わず、必死になっています。
 台風4号と新潟県中越沖地震の被害により、選挙運動の盛り上がりが鈍り、投票率の低下が心配されます。それどころか、安倍自民党は中越沖地震への迅速対応をアピールして、支持率回復につなげようとしています。
 支持率の急落に危機感を強めた自民党衆議院議員が、自分自身の政治生命を守るために、本気で参議院選挙に取り組み始めました。
 ごく一部とはいえ、消えた年金記録の訂正も、安倍政権への逆風を弱めるのに一定の効果を見せています。

 ここが踏ん張りどころです。油断せず、「風」を頼まず、地道に活動を続け、やるべきことを全てやり遂げなければなりません。
 最後の一枚までビラを撒ききっていただきたい。最後の一人に至るまで、支持を頼んでいただきたい。

 幸運の女神は、前髪しかないと言います。女神の先に回り込み、その前髪をつかんだ人にだけ、女神は微笑みます。
 私が先頭を走ります。ともに女神を追い抜き、勝利を手にしようではありませんか。

投票に行こう!

●ニッケイ 2007年07月24日
小沢代表「侮れば、必ず負ける」、安倍首相「逆風の中、感激」
「すっかり勝った気分で票固めを放棄しているところもある」。民主党の小沢一郎代表は24日、全国の陣営にファクスなどで檄文(げきぶん)の第2弾を送った。優勢を伝える報道各社の世論調査に関し「自民党の強さを侮れば我々は必ず負ける」と指摘。自民が勝利した群馬県知事選にも触れ「ここ一番で必死になる自民党の底力だ」と警告した。=以下略=(19:32)


退路を断って選挙戦に邁進する男の気迫に押された自民党。

●備前市
投票日(選挙期日)の投票時間を
 午前7時〜午後6時に変更しています。 
 お間違えのないようお越しください。


2005年郵政選挙の時は「午後8時まで受付け」ていました!


備前市とはどういうところか?????????
今回、姫のトラ退治と話題で、苦戦が伝えられている
超大物政治家、片山虎之助大先生様の選挙区なんですねぇ!

こんな姑息な手段を使って無党派層を排除して、「投票率を落とそう!」としてくるとは卑怯千万だと思います。

我等、女性が「投票権」(参政権)を獲得するまで、どれだけの数多の先達が血の滲むような運動や努力をしたことか!
こういう形で自民党に、
オモチャのように扱われるのはなんとしても悔しい!(`・д・´)


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
3つのブログランキング参加しています!
宜しければクリック&足跡残しよろしくお願いします(^v^)


人気blogランキングくつろぐ(ブログランキング)ブログランキング

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
続きます!
投票に行こう!

アベシや自民党幹部が、「過半数割れをしても政権選択の選挙でないから退陣する必要はない」と力説すればするほど、「じゃぁ〜、もっと・もっと・もっと自民党を追い詰めてやろう」と国民は思う段階に入ったと思う。
赤城山&シオザキシ等々の事務所費問題は、「法律にのっとっていますので何ら問題ないはない」と力説すればするほど、不信感を招き、アベシ内閣の支持率20%台へ突入させたのだと思います。
(紛れも無く危険水域突入です!)

自民党は国民の怒りを甘く見すぎています。
ナンミヨーホウレン党は自民党と一蓮托生で心中する様子です。


投票に行こう!

●中日新聞【参院選2007 石川ニュース】2007年7月25日
民主・小沢代表『現政府に終止符を』能登町中山間地でアピール
民主党の小沢一郎代表は二十四日、参院選石川選挙区の一川保夫候補応援のため石川県入りし、能登町柳田地区の中山間地で街頭演説した。農家が多い地域とあってマニフェストに掲げる農業政策を中心に訴えながら、自民党政権を「強い者だけ生き残ればいいという考え方」と痛烈に批判し「強権政治を終わらせる最大、最後のチャンス」と強調した。

陣営などによると、街宣場所に同地区を選んだのは「自民党政治の中で光の当たっていない地域の一つ」だから。能登空港から車で、柳田体育館前に到着した小沢代表は、ビール箱で作った演壇に登ってマイクを握った。小沢代表は参院選の一人区に一次産業従事者が多いことを挙げ「自民は大規模経営を推奨し、中小の農林水産業を見捨てようとしている」と指摘。戸別農家所得補償制度などを分かりやすく紹介し、党広報の「農業政策特集号」を配ってアピールした。

年金記録不備問題では「隠そうとした安倍政権の誠意のなさが問題」、さらに政府・与党批判は郵政民営化にも及び「このままでは格差が開く一方だ」と強調。「今の政府に終止符を打たねばならない」と呼びかけた。支持者や地元住民ら大勢が集まり、時折うなずきながら演説に聞き入り、終了後は握手を求めて殺到した。同町柳田の主婦(60)は「地方の声が届きにくい中で能登に来てくれてうれしい。少しでも実情を分かってもらえれば」と話した。小沢代表は二十五日、富山市八尾町深谷でも街頭演説する。

選挙演説


●asahi 2007年07月21日
民主・小沢代表 背水 剛腕38年の集大成
「日本に議会制民主主義を定着させるための最大、最後のチャンスだ」
今度の参院選をこう言い切る。そして、遊説の先々で「選挙戦に私の政治生命のすべてを賭ける」と繰り返している。「(負けたら)政治の場で働く余地はなく、政界にとどまる必要がない」と踏み込んだのは今月8日。公示直前だけに衝撃は大きかった。「権謀術数の人」と見られがちなため、「本当に政界を引退するのだろうか」という声も上がる。退路を断つ覚悟を見せて支持を広げる戦術か、責任ラインを明確にしない安倍首相への牽制(けんせい)か。「政界引退までいくかは分からないが、代表は辞めるだろう」という見方が有力になりつつある。

自民党を離れ、14年。野党陣営で衆参計8回の選挙を戦ったが、古巣の自民党はなお権力の座だ。逆風にあえぐ安倍政権との戦いは、健康不安がつきまとう本人にとっては政権奪取の「最後のチャンス」なのだろう。選挙戦も「小沢流」の集大成だ。「大衆に分け入ることこそ、民主主義の原点」の持論どおり、公示日にマイクを握ったのは鳥取県の小さな集落だ。1人区回りはすでに3巡目。14日は山形県酒田市で「1人区は自民党の牙城(がじょう)と言われているが、全国に怒りが満ち満ちている」と訴えた。

昨春、党代表に就任した時、「私が変わらないといけない」と表明したが、水面下で動くスタイルは自民党幹事長時代と変わらない。ただ、47歳で幹事長に上り詰めた剛腕も65歳。自民党からは「古い政治家・小沢」という批判にさらされる。挑発をかわしつつ、闘争心を見せたのが11日の党首討論会。党の年金改革案を「(給付の裏付けの)数字が矛盾している」と首相に批判されると、口をはさんで「政府が『100年安心』という年金が安心でない。総理の言葉をお返ししたいが数字も実態とかけ離れている」と切り返した。

公示日にはテレビ収録の休憩中に首相から「東北で街頭演説をします」と話しかけられた。「(地元の)岩手には行かないの?」とたずねると、首相は「遠慮します」。「どうぞ、どんどん入ってくださいよ」と逆に挑発した。ベストセラー「日本改造計画」で唱えた小選挙区制は導入された。しかし、本格的な二大政党による政権交代はなお実現していない。この機会を逃せば、「今後日本で政権交代はありえない」と断じる。38年の政治経験のすべてを賭けて、今日も地方行脚を続ける。

不正投票2


●時事通信 最終更新:7月25日12時2分
陸自隊員が替え玉投票=「任務あり頼んだ」−大分
陸上自衛隊別府駐屯地(大分県別府市)所属の陸士長(21)が、同僚の一等陸士(22)から参院選の期日前投票の替え玉を頼まれ、本人と偽って投票していたことが25日、分かった。駐屯地の調べに対し、一等陸士は「29日は任務があって行けないので頼んだ」と事実を認め、県警は公選法違反(詐偽投票)の疑いで2人を任意で捜査している。
 


選挙は、正々堂々です。


私は、不正投票を最も嫌います。


開票作業にも不正のないように!


選挙は、投票も、開票も、


正々堂々、粛々と、です!




●『党首に問う』民主党小沢代表1
NHK ニュース7 7/12 
2007参院選『党首に問う』民主党小沢一郎代表



●『党首に問う』民主党小沢代表2
NHK ニュース7 7/12 
2007参院選『党首に問う』民主党小沢一郎代表

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
3つのブログランキング参加しています!
宜しければクリック&足跡残しよろしくお願いします(^v^)


人気blogランキングくつろぐ(ブログランキング)ブログランキング

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

きっこさん:作成バナー  
きっこさん・自民党なんかに・・・・・