ありがとうございます4

  当  ブ  ロ  グ  へ  の

    皆様のご支援に感謝致します! ありがとう!



   ■室井佑月(しがみつく女・君らはホントにそれでよいのか?)

   我が目を疑ったと言うような唖然とした内容だったので、何時か
   このブログでも取り上げたいと思っていました。
   で、発売から相当日数を経ておりますのでここにアップします。

   彼女は賢明だから「Y新聞」と書かれておられるけれど、。。。
   誰に目にも、「ゴミウリ新聞」と分かるわけでありまして、。。。

   私は回りくどいことを言うこともないし、
   遠慮することもいらない立場の人間であるから、。。。

   ゴミウリ新聞さま、。。。
   貴社の記者(早口言葉か?!)が報道の使命を逸脱したとしか
   思えない卑劣なやり取りを、室井さんとしていたのですね、。。。

   まぁ、ゴミウリらしいと言えばゴミウリらしいことではあるが。
   ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \ / \

   
■阿修羅
 [文化放送2/16] 室井佑月氏に小沢氏の責任についてのコメント
 をしつこく求めてきたY新聞

2010年2月16日放送の文化放送「大竹まこと ゴールデンラジオ!」における山本モナ氏の話を一部書き起こしました。音声は下記URLで聞くことができます。当該個所は4:30あたりからです。
http://www.joqr.co.jp/podcast_qr/shinshi/shinshi100216.mp3(今はリンク切れ)

(書き起こしここから)

山本:その雰囲気作りで、週刊朝日の今週号に、室井佑月さんが書いてらっしゃったコラムの中で、Y新聞が取材に来たと。「小沢さんの責任についてどう思いますか?」と聞かれて、「いや、小沢っていうよりも、検察の説明を聞きたいね」と。

あと、「検察の情報を垂れ流したマスコミに責任について私は聞いてみたいよ」と言ったと。そしたら、「いやいや、ではなくてですね、小沢の責任についてどう思いますか?」と。「いや、だから、今のが私の答えですよ」と言ったら、「いや、ではなくてですね」と。

すごい小沢の責任について聞いてくると。「じゃあ、もう載せなくてもいいよ、指示が合わないんだったら」と言ったら、「そうですか、じゃあ上と相談して」と言って、結局載らなかった。

そういう、新聞に書いてあるいわゆる識者の発言とか見解というものも、若干なのかどれくらいなのか、コントロールされているのかなと。そうなると小沢さんもキャンペーンを張られたみたいなことになっているんじゃないかなと、ちょっと思いました。

(書き起こしここまで)


   トップが老害にして権力の亡者と成り果てているから、。。。
   ゴミウリはトップがトップなもんだから末端まで腐ってるわけか。
   報道の使命ってなんだ?
   ジャーナリズムってなんだ?
   そういう基本的なことを思考したこともないのだろうなぁ、。。。
   ナサケナイ、。。。
   本当に、ナ・サ・ケ・ナ・イ・。。。。。

   君らはホントにそれでよいのか?   


ありがとうございます4

■お〜い、とらちゃん出番だよ!
この方、法相をやる気があるのかしらねぇ??? ケッ!
権力とメディア 世論誘導の実態(三井環氏のビデオ画像)


酔語酔吟 夢がたり様。
 横道に逸れるブログの覚え書き。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
憂き世の日々に埋もれて、たまには温泉へ様。
自民政権時代の強行採決オンパレードを忘却したかのように「民主党の数の横暴」とか戯言吐き続け悲哀感漂うばかりのタニガキ自民党党首
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こわれたおもちゃをだきあげて様。
 ここは本社がダメだ。子会社の爪の垢でも煎じて飲め。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
kimekime25様。
遅いよkimera!オリンピックや遅れてきた石原記事!残念!!+地方からの民主化!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
YAMACHANの@飛騨MAVERICK新聞様。
まだダメみたいですね、。。。。。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
カナダde日本語 美爾依様。
女子フィギュア(SP):1位キム・ヨナ、2位浅田真央、3位ジョアニー・ロシェット
オリンピックには魔物が住んでいる、と言いますからねぇ、。。。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ミクロネシアの小さな島・ヤップより様。
 トサカにアカフチ、リュウグウウミウシの出番
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
クマのプーさん ブログ様。
 なぜ、今もんじゅ再開なのか?

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
当ブログは「2つ」の 『ブログランキング』 に参加しています。
クリック&足跡残しをお願いします。ヨロシク! (^v^)ノ゙〜♪♪

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
続きます!

 イラッシャイマセ(´・д・`)(´uдu`)ペコリン♪  
新聞


   ゴミウリ新聞は、。。。
   お正月早々、飛ばして、飛ばして、飛ばしまくりましたが、。。。
   小沢幹事長は「不起訴」になりました!
   そして、。。。

■ T B S
小沢氏、07年分の虚偽記載も不起訴
民主党・小沢一郎幹事長の資金管理団体による土地購入をめぐる事件で、東京地検特捜部は、収支報告書に嘘の記載をしたとして告発されていた小沢幹事長について、2004年分と05年分に続いて07年分についても嫌疑不十分で不起訴処分としました。

小沢幹事長の資金管理団体「陸山会」をめぐっては、土地購入の原資なった4億円を収支報告書に記載しなかったなどとして、衆議院議員の石川知裕被告ら3人が政治資金規正法違反の罪で起訴されています。

事件をめぐっては小沢幹事長も告発されていましたが、特捜部は今月4日、2004年と05年分の収支報告書については「小沢氏の関与を裏付ける十分な証拠がない」として不起訴としていました。小沢幹事長はさらに、2007年分の虚偽記載についても追加して告発されていましたが、特捜部では嫌疑が不十分として再び不起訴処分としました。(23日16:54)
     ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

   どうするつもりなんでしょうかねぇ、ゴミウリは、。。。
   そんなこと「しったことか!」、なのでしょうかねぇ?
   だとしたら検察の「冤罪製造機」の片棒を担いでいるわけだ。
   こら、もう、報道とか、ジャーナリズムとかいった使命から
   逸脱したとしかいいようがありませんね、。。。
  

阿修羅 「小沢氏から現金4億円受領」石川議員供述 
     ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■ゴミウリ新聞 2010年1月1日03時02分 (リンク切れ)
 「小沢氏から現金4億円受領」石川議員供述
民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」が2004年に購入した土地の代金を政治資金収支報告書に記載しなかった問題で、土地代金に充てられた現金4億円について、同会の事務担当者だった石川知裕衆院議員(36)(民主)が東京地検特捜部の事情聴取に、「小沢先生に資金繰りを相談し、現金で受け取った」と供述していることが、関係者の話でわかった。

石川議員が翌05年にも、別の現金4億円を同会の口座に入金しながら、収支報告書への記載がないことも新たに判明。特捜部は、この4億円も小沢氏から受け取った可能性が高いとみて調べている。

土地取引を巡る資金移動で小沢氏本人の関与が明らかになるのは初めて。今後、資金移動の経緯について、特捜部が小沢氏から任意で事情聴取するかどうかが焦点となりそうだ。

同会は04年10月29日、東京都世田谷区深沢の476平方メートルの土地を約3億4000万円で購入した際、現金で用意した簿外の資金4億円を同会の口座に入金し、代金の支払いに充てたことが判明している。

関係者によると、石川議員は特捜部の事情聴取に、「当時の陸山会には土地を購入する資金がなく、小沢先生に相談し、4億円を受け取った」と供述。4億円は小沢氏の個人資産で貸付金として出してもらったと説明しているが、小沢氏が05年4月に衆議院に提出した資産等補充報告書に、該当する貸付金の記載はない。

石川議員が小沢氏から土地代金に充てる現金を受け取ったのは04年10月上旬とみられる。同月中旬以降、石川議員が同会の複数の口座に1000万〜5000万円程度に小分けにして入金し、その後、同会の一つの口座に集めて、同月29日、土地の売り主の口座に送金するなどした。

石川議員は特捜部に対し、こうした経緯を認めているが、4億円の収入を同会の04年分の収支報告書に記載しなかったことについては、「ミスだった」と犯意を否認しているという。

一方、石川議員は05年3月にも、04年分とは別の現金4億円を受け取り、陸山会や小沢氏の関連政治団体などの口座に分散して入金していた。同議員はこの4億円をいったん陸山会の口座に集めた後、05年5月に一度に引き出していた。同会の05年分の収支報告書には、この4億円の入出金に該当する記載はない。

特捜部は、05年の4億円についても、小沢氏から受け取った資金だった可能性が高いとみて、政治資金規正法違反(不記載)に当たらないか調べる。小沢氏はこれまでの記者会見で、04年の土地購入を巡る問題について、「資金のことは聞いていない」などと述べていた。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

新聞



   もう、一つ、どうだ、。。。


■ゴミウリ新聞 2010年1月7日03時04分
 「紙袋で4億」石川議員供述、小沢氏に聴取要請
民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」が2004年に購入した土地を巡る問題で、同会の事務担当者だった石川知裕衆院議員(36)(民主)が土地代金として小沢氏から受け取ったとされる現金4億円について、東京地検特捜部の事情聴取に、「小沢先生のいるマンションに呼ばれ、先生から現金4億円の入った紙袋を手渡された」と供述していることが、関係者の話でわかった。

特捜部は、小沢氏から4億円の調達方法などについて説明を求める必要があると判断、参考人として事情聴取に応じるよう要請した。

陸山会は04年10月29日、東京都世田谷区深沢の土地を約3億4000万円で購入。原資には、簿外の現金4億円が充てられたが、同会の04年分の政治資金収支報告書にはこの4億円の収入が記載されていない。

関係者によると、土地取引を担当していた石川議員は、特捜部の事情聴取に「当時の陸山会には土地を購入する資金がなく、小沢先生に相談し、4億円を受け取った」と供述。さらにこの4億円について、「(04年)10月上旬に小沢先生に港区元赤坂のマンションに来るように言われ、先生から現金4億円の入った複数の紙袋を手渡された」などと説明したという。

このマンションは同会が1994年に購入し、小沢氏が事務所として使用している。石川議員はその後、現金を港区赤坂の別の事務所に運び、金庫に保管していたという。石川議員は同月中旬以降、4億円を小分けして同会の複数の口座に入金。その後、同会の一つの口座に集め、土地代金に充てていた。

一方、関係者によると、陸山会は07年5月頃に4億円を支出し、石川議員の後任の事務担当者だった元私設秘書が小沢氏に渡していたこともわかった。この4億円の支出も同会の07年分の収支報告書に記載されておらず、政治資金規正法違反(不記載)の疑いがある。

また、収支報告書によると、07年の収入総額は約1億8000万円で4億円には足りないため、他の関連政治団体から資金を集めるなどして、捻出(ねんしゅつ)したとみられる。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

新聞



      まだまだ、あるぞ、これは、どうだ、。。。


■ゴミウリ新聞 1月10日3時4分配信
05年4億も「小沢先生から」…石川議員供述
小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の事務担当者だった石川知裕衆院議員(36)が、2005年に同会の口座に入金し、その後出金した4億円について、東京地検特捜部の事情聴取に、「小沢先生から預かり、返した」と供述していることが、関係者の話でわかった。

石川議員は04年に小沢氏の用意した4億円を同会に入金して土地購入代金に充てたほか、後任の事務担当者が07年に4億円を出金して小沢氏に渡していた。同会の政治資金収支報告書に記載がない、これら計16億円の資金移動のすべてに小沢氏がかかわったことになり、特捜部は参考人聴取で、説明を求めるとみられる。

陸山会は04年10月に東京都世田谷区深沢の土地を約3億4000万円で購入したが、その際、石川議員は小沢氏から受け取った現金4億円を小分けにして同会の複数の口座に入金し、土地代金に充てていた。

関係者によると、石川議員は翌05年3月、現金4億円を、同会や小沢氏の関連政治団体などの口座に分散して入金。その後、同会の口座に集め、5月に全額を引き出していた。石川議員はこの4億円について、特捜部に「小沢先生から預かっておくように言われ、銀行に入れた。その後、全額を先生に返した」などと供述しているという。

一方、同会の口座からは07年5月頃にも、4億円が引き出されており、石川議員の後任の事務担当者だった小沢氏の元私設秘書は、特捜部の事情聴取に「小沢先生に渡した」と供述している。

土地購入に充てられた04年の4億円の入金、05年の4億円の入金と同額の出金、07年の4億円の出金は、いずれも同会の収支報告書に収入や支出としての記載がなく、政治資金規正法違反(不記載)に当たる可能性がある。

石川議員や元私設秘書の供述で、入金の計8億円はすべて小沢氏が用意し、出金の計8億円もすべて小沢氏に渡っていることから、特捜部は、収支報告書に記載のない理由などについて、石川議員から改めて事情を聞くとともに、小沢氏からも説明を求めるとみられる。

小沢氏はこれまでの記者会見で、自身の政治資金について「すべて公開している」と繰り返し、04年の土地購入を巡る問題については、昨年10月の記者会見で「資金のことは聞いていない」などと述べていた。  
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

新聞


阿修羅より
 *ゴミウリ新聞 小沢氏が4億円不記載了承…石川議員が供述
     ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■魚拓・http://megalodon.jp/2010-0120-1834-30/www.yomiuri.co.jp/national/news/20100120-OYT1T00628.htm
     ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■ゴミウリ新聞 2010年1月20日15時38分 
 小沢氏が4億円不記載了承…石川議員が供述
小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件で、逮捕された石川知裕衆院議員(36)(民主)が東京地検特捜部の調べに、土地購入前の2004年10月下旬頃、土地代金に充てる現金4億円を同会の同年分の政治資金収支報告書に記載しない方針を小沢氏に報告し、了承を得ていたと供述していることが、関係者の話で分かった。

特捜部は、収支報告書の虚偽記入容疑について、小沢氏が石川容疑者らと事前に共謀していた疑いがあるとみて、小沢氏自身の刑事責任追及を視野に捜査している。

同会は04年10月29日、東京都世田谷区深沢の土地を購入。同会の事務担当者だった石川容疑者は、土地代金など計約3億5200万円の支払いに充てるために小沢氏から受け取り、同会の銀行口座に入金した現金4億円の収入と、土地代金などの支出を同年分の収支報告書に記載せず、その報告書を05年3月に提出した疑いが持たれている。

関係者によると、石川容疑者は任意の事情聴取などでは小沢氏の関与を否定していたが、逮捕後の調べで、土地購入前の04年10月下旬頃、小沢氏が用意した現金4億円を同年分の同会の収支報告書に記載しないことや、土地取得の登記を翌05年にずらすことを小沢氏に報告し、了承を得ていたなどと供述したという。

石川容疑者は04年10月に購入した土地について、不動産登記簿に「05年1月7日売買」と登記。登記をずらすことで、土地を05年に購入したことにし、仲介手数料と土地代金計約3億5200万円の支出の記載を同会の05年分の収支報告書に回していた。石川容疑者の供述通りなら、小沢氏は04年分の収支報告書に記載しなければならない収入と支出を意図的に記載しない方針を、認識し、了承していたことになる。

石川容疑者は、自身が虚偽の記入をしたことを認めており、動機については「小沢先生が大きいお金を持っていることが分かると良くないので表に出さなかった」などと説明している。

特捜部は小沢氏が用意した4億円の原資の解明を続けている。中堅ゼネコン「水谷建設」(三重県)の元幹部らが04年10月中旬、石川容疑者に現金5000万円を渡したとの供述もあり、ゼネコンからの資金が原資の一部になっている可能性もあると見ている。

小沢氏は石川容疑者の逮捕後、今回の事件について「形式的なミス。強制捜査は納得できない」と述べていた。任意の事情聴取に応じる意向を特捜部に伝えているが、「自らの信念を通し、闘っていく」などと検察側との対決姿勢を崩していない。
              ▲

   ゴミウリのこの記事、全くの誤報でありました!
   検察は供述を捏造してリ〜クし、
   ゴミウリは捏造リ〜クをただただ垂れ流して世論誘導を計る。
   悪質性、ここに極まれり、ではありませんか、コレは!
   で、ゴミウリは謝罪文なり訂正文なり書いたのでしょうか?   

              ▼

■スポニチ  [ 2010年01月20日 21:27 ]
「完全な誤報」石川議員の弁護人が報道各社に文書
小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる収支報告書虚偽記入事件で逮捕された衆院議員石川知裕容疑者(36)=政治資金規正法違反容疑=の弁護人は20日、石川容疑者が小沢氏の事件への関与を認める供述をしているとの一部報道について、「完全な誤報」とする文書を報道各社にファクスで送付した。弁護人は安田好弘、岩井信両弁護士。連名で「石川氏がそのような供述をしたことは全くない」としている。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

新聞


■ゴミウリ新聞 2010年1月25日14時53分 (リンク切れ)
 石川議員の手帳にホテル名、「水谷」面会裏付け?
小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」を巡る政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部が押収した元同会事務担当者の石川知裕衆院議員(36)の手帳には、中堅ゼネコン「水谷建設」(三重県)の元幹部らが石川容疑者に5000万円を渡したとする日の欄に、授受の場所とされるホテル名が記されていることがわかった。

逮捕された石川容疑者ら3人は25日に10日間の拘置満期を迎え、特捜部はさらに拘置延長を請求。東京地裁は2月4日までの拘置を認める決定をした。特捜部は水谷建設からの現金授受や小沢氏の関与などについて、石川容疑者らを追及し、全容解明を目指す。

拘置の延長が認められたのは、石川容疑者のほか、同会の元会計責任者で小沢氏の公設第1秘書・大久保隆規被告(48)、石川容疑者の後任の事務担当者だった池田光智容疑者(32)。

水谷建設の元幹部らは、特捜部に対し、陸山会が土地を購入した2004年10月29日に先立つ同15日に、東京都港区のホテル内の喫茶店で5000万円を石川容疑者に手渡したと供述。その次の銀行営業日である同18日に、石川容疑者が陸山会の銀行口座に同額を入金し、土地代金に充てられた4億円の一部になっていたことが判明している。

関係者によると、特捜部が押収した手帳には、10月15日の欄に、このホテル名が記されていた。石川容疑者は現金の受領を否定しているが、特捜部はこの手帳の記載を、10月15日に石川容疑者が水谷建設の当時の幹部と面会したことを示す証拠の一つとして重視しているとみられる。

小沢氏は23日の特捜部の事情聴取で、「収支報告書の作成については秘書に任せ、報告を受けたことはない」と虚偽記入容疑への関与を否定し、水谷建設を含むゼネコンからの資金提供も「不正な金は一切受け取っていない」と説明した。

石川容疑者ら3人の拘置延長が認められたのを受け、国会法の規定に基づき、内閣が衆院議長に、石川容疑者の拘置期間を延長したことを通知する。
              ▲

   ゴミウリ、飛ばしましたね、。。。。。。
   しかし、流石にまずいと思ったのでしょうか???
   早々に削除されてしまったようであります。
   ★激震民主・一覧にもありませんから、。。。
   お金取って皆さんに読んで頂く商業新聞であるわけですから
   個人ブログで書き間違ってゴメンナサイ、とはワケが違うと思う。
   質もワケも違うと思うんですが、。。。
   んで、阿修羅のコメントにこんなのがありました。 

              ▼

04. 2010年1月26日 20:34:03
読売新聞の朝刊に小さな訂正記事が出ていました。
前日、夕刊では「関係者」によるとが、訂正記事では「石川議員側関係者の取材に基づくものでした」に変更し、検察リークがばれないよう取り繕っています。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

新聞


   ■「お〜い、とらちゃん出番だよ!」
    人のことを書けた義理か、ゴミウリ新聞!

   で、下記のように書きました。
   小沢代表の元秘書・石川知裕現衆議院議員の「単なる記載ミス」
   という言葉を、「ウソ」・「虚偽」と断じて悪意に満ち満ちた
   記事を数多掲載しています。このことは、上記の記事説明で十分
   な証拠になるかと思っています。
   
   でもって、こういう記事を堂々と書く新聞社ですから、
   そら、もう、ねぇ、清々清い新聞社であろうはずが、………
              ▼

■asahi 2009年5月31日15時4分 (リンク切れ) 
 読売新聞、2億7000万円申告漏れ 東京国税局が指摘
読売新聞東京本社が東京国税局の税務調査を受け、08年3月期までの7年間で、計約2億7千万円の申告漏れを指摘されたことが分かった。このうち約1億円は、取材費だとしていたが、実際には社員同士の飲食に使われており、国税局から「経費として認められず、所得隠しに当たる」と認定されたという。

追徴税額は重加算税を含め、計約9800万円。同社広報部は「国税局からの指摘通り全額を納付します。今後とも、より適正な税務申告に努めます」との談話を出した。  

読売新聞によると、取材に使ったと経費計上した中に、実際には社員同士の飲食に充てられていた分が含まれ、東京本社と19支社・支局の一部、合計で約1億円分について、国税局から「経費計上できない交際費だ」と指摘されたという。

このほか、所有する航空機の減価償却の期間を、本来は8年なのに5年で取り扱う経理ミスも指摘されたという。
     ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■2007年04月30日 ニッケイ (リンク切れ)
 読売が所得隠し、申告漏れ4億7900万円・追徴金1億7500万円
読売新聞東京本社とグループ本社が東京国税局の税務調査を受け、2006年3月期までの5年間で、重加算税の対象と認定された約1億8600万円を含め、計約4億7900万円の申告漏れを指摘されていたことが29日、分かった。

更正処分に伴う追徴税額は総額約1億7500万円にのぼる。

読売新聞によると、重加算税の対象の大半が、東京本社が所有する輪転機を一部更新した際の税務処理。廃棄予定で実際にはまだ保管中だった輪転機を、既に廃棄したものとして除却損を計上していたという。同社は「社内連絡のミス」としているが、同国税局は損金の水増しによる意図的な課税所得の圧縮に当たると判断したもようだ。
     ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

   東京国税局の主張=輪転機の廃棄時期を偽った
              ▼
   ゴミウリの主張=輪転機の廃棄時期を社内連絡ミス

   自分チの不祥事は「社内連絡ミス」で終わっちゃうわけ?
   実に都合のいいハナシだね。

   「社内連絡ミス」で終わっちゃうわけ?


   ■日本テレビ視聴率買収事件
    フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
     ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   ■真相報道 バンキシャ!
    フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
     ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   ■読売新聞 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
    疑義が持たれた報道、スキャンダル     
     ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■ザ・選挙 菅原琢2009/07/24
大手マス・メディアの信用を毀損する読売新聞の世論調査記事
23日に読売新聞社が掲載した衆院選に向けた世論調査記事について、東大先端研の菅原琢特任准教授がグラフの「おかしさ」を可視化するとともに、メディアの社会的役割について警鐘を鳴らす。

まずはこちらをご覧いただきたい。リンク先は、読売新聞の「「比例は民主」42%、優勢維持…読売世論調査」という記事である。

この記事のグラフをよくみていただきたい。頭の中で数字をグラフにできるタイプの人であれば、直感的にこのグラフの「おかしさ」に気がつくだろう。

もっとわかりやすく、急遽グラフを作成してみた。ひとまず下のグラフをご覧いただきたい。

このグラフの左側は、先の読売新聞謹製のグラフに目盛りを付けたものである。目盛りは、「鳩山代表」の45.9と39.8に合わせてある。

次に、「麻生首相」の数字と目盛りを比較してみよう。あきらかにおかしいことに気がつくだろう。21.1とあるところの目盛りは31.5くらい、22.1とあるところは32.8くらいである。

また、左側の図からは、X軸がy=0ではないということも明らかである。「鳩山代表」を基準とした場合、y=0の線は読売の図の倍以上、下に来る。

右側に、読売のグラフと同じ大きさで、実際の縮尺でグラフを描き置いてみたが、左側の読売オリジナルの図とは明らかに異なる印象を持つだろう。読売の図では、鳩山と麻生の差が詰まっているように見えるが、実際の数値で見れば、それほど差は詰まっていない。鳩山は多少落ちているが、麻生は全く伸びていない。

読売新聞が、なぜこのように作為的なグラフを掲載したのか、全くわからない。このネットの時代に、このようなグラフを作ればすぐに糾弾されることは目に見えている。この記事も、筆者のオリジナルの発見ではなく、2ちゃんねるで指摘されたことを、可視化しただけである。

無理やり擁護すれば、グラフィック担当の技術者が、世論調査担当のためによりダイナミックな変動を見せようと頑張った「成果」なのかもしれない。しかし、こんなグラフがデスクや校閲などをすり抜けて世の中に出てしまうこと自体、組織が機能していない証拠である。真にまともな組織なら、相互確認が常に行われ、目利きが要所に配置されているはずである。

いずれにしろ、読売新聞社はメディアの社会的役割を放棄していると指摘されても、文句は言えないだろう。ただ、これが読売新聞だけで済めばよいが、一部の人々は、これをもって日本のマス・メディア全体の劣化を唱えだすだろう。

筆者が知っている限り、他の大手メディアのグラフィック担当は概ねまともな仕事をしている。そういった人たちにまで疑義の目が向けられるとなれば、非常に残念なことである。

この連載の第1回でもやはり読売新聞社の世論調査の記事について批判を行った。その後、読売新聞社は定例調査を面接からRDDに切り替え、面接調査では(表向きは)内閣支持率の調査を止め、面接とRDDの比較をするというおかしな事態は無くなった。

読売新聞社に限定される問題ではなく、マス・メディア全体の信頼に関わることであるので、今回の件についても十分反省し、再発防止に努めていただければと、願って止まない。
     ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

   全く懲りてはいない、。。。。。。
   元読売新聞社社主:正力松太郎のことを思えば、。。。。。
   ゴミウリ社員(記者)に,公平公正な記事を書けと言うのが
   土台、無理なハナシなのかもしれませんが、。。。。。

   それでも言わせていただく!

      
   ■室井佑月(しがみつく女・君らはホントにそれでよいのか?)


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓




■上杉隆氏「週刊朝日」「新聞・テレビはデタラメだらけ」石川議員
「新聞・テレビはデタラメだらけ」
石川知裕衆院議員、独占インタビューでは「水谷建設からは一切もらってない」とキッパリ否定。読売新聞が1/20付夕刊トップで報じた『 「小沢氏、4億円記載不承」石川容疑者が供述 』について、石川議員は「結論からいうと、読売新聞の報道は「誤報」です。私が小沢先生に不記載を報告し、了承されたという事実はありません。そういう供述もしていません。」、と、キッパリと否定。



週刊朝日「談」 石川議員の動画アリ! ↑
石川知裕衆院議員が独占告白!
「新聞・テレビはデタラメだらけ」
小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、政治資金規正法違反で起訴された元秘書で衆院議員の石川知裕氏が、ジャーナリスト上杉隆氏の単独インタビューに応じた。検察の捜査手法に批判が集まるなか、石川氏は何を語ったのか? 《その他の特集》▼厚労省女性局長逮捕事件で検察側証人が激白「私は特捜検事に脅迫された」▼強気ディーラー藤巻氏が弱気の予測「日本経済は1年で破綻」▼記者・官僚ら120人が選ぶ「ポスト鳩山」▼フィギュア高橋大輔「最強男子」伝説 ▼グラビア「イケメンアスリートの肉体美」 ほか

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【2月26日 生中継予告】「小沢vs検察」にみる検察と報道のあり方
いつものご連中でございます。( 1 ) ・ ( 2 
●「赤っ恥ランキング・検察編」
 第1位:谷川恒太・次席検事
 第2位:大鶴基成・最高検検事
 第3位:佐久間達哉・東京地検特捜部部長
 番外1:民野健治検事
 番外2:岩村修二・東京地検検事正
●OB編
第1位:河上和雄・元東京地検特捜部長・ 最高検公判部長で退官
第2位:宗像紀夫・元東京地検特捜部長・名古屋高検検事長で退官

     < 権力者こそ人に尊敬される人物たれ! >

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
当ブログは「2つ」の 『ブログランキング』 に参加しています。
クリック&足跡残しをお願いします。ヨロシク! (^v^)ノ゙〜♪♪

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓