s-枝豆・直ちに安全ではない
これで大気中の放射線レベルが低くてもチョーヤバイことがわかったな。グググッ)))
って言うより、被災当地の住民の方たちをバカにしていると思ってる。そのことに腹が立つ!!


        当  ブ  ロ  グ  へ  の

        皆様のご支援に感謝致します! ありがとうございます!



   ↑プルトニウムも99.9%除去するN100マスク 住友3M社製  
    粒子捕集効率が99.97%以上
    極めて危険地帯などに使用される防護マスク
    使い捨て 11,000円

   「ただちに健康に影響はない」はずなのに、完全防護!!!   
   福島入りの際は誰もマスクをしてない所でも、
   N100防塵マスクを手放さないわけなんだけど、。。。

   瓦礫や道路の粉塵を吸いたくなかった。
   肺に吸い込んで内部被曝するのが怖いのかな?
   晩発性障害のリスクがかなりあるとみたのかしら?

   それにしても、。。。。。
   0.0005ミリシーベルトの南相馬市で
   防護服+N100防塵マスク+車から出たのはたったの5分。

   ■モニタリング
    県内7方部 環境放射能測定結果(暫定値) 平成23年4月18日 8時現在
    単位:μGy/h≒μSv/h(マイクログレイ/時間≒マイクロシーベルト/時間)

   250ミリシーベルトを超えても、「ただちに健康に影響はありません」(キリッ!
   って言ってたのはナンネ?

   どんどんメッキが剥がれてくるな、枝豆! 

   でも、他人様のこととなると状況が一変するようで、。。。
   作業員の被曝線量上限をさらに引き上げることを検討しております。
   なぜか???
   こんなことを言っているようです。
      ↓
   十分な作業員の数の確保が難しくなっていることや、原子炉建屋内の放射線量が高く、
   今回引き上げた250ミリシーベルトの上限では原子炉の安定化に向けたロードマップ
   の実現に追いつかないことから、上限の引き上げを検討しているという。   

   空き管にしても、
   枝豆にしても、
   海江田にしても、
   自分が作業する側だったとしたら、こんなことを認めるか?
   そもそも、自分が作業する側だったとしたら、こういう発想が出てくるか?

   ロードマップの方を組みなおすという発想は皆無なようですね。
   こんな政権のために国民の生命が脅かされるのか!?
   それこそ、「原発全廃」がロードマップにならない方がおかしいジャン!


   なんてこったぁ〜!
        ▼
   通常、作業員の被曝量限度は年間100ミリ・シーベルト。
        ▼
   福島原発の事故後、作業員の被曝量限度は250ミリ・シーベルトに引き上げられた。
        ▼
   で、数値を引き上げた影響があるかないか、作業員の健康状態を30年調査をすることに。
        ▼       
   十分な作業員の数の確保が難しくなっていることや、原子炉建屋内の放射線量が高く、
   今回引き上げた250ミリシーベルトの上限では原子炉の安定化に向けたロードマップ
   の実現に追いつかないため、作業員の年間被ばく量の上限を、現在の250ミリシーベルト
   よりさらに上げることを検討している。


   十分な健康への配慮もなされず、軽々に数値をいじるとは、

   イッタイゼンタイ、この政権はなんなんだ!

   考えることが●●●●沙汰だって思うね。
   
   

s-直ちに健康に影響なし

■2011年4月16日14時37分 鍋常新聞
福島第一原発、作業員の健康状態を30年調査へ
政府は16日、東京電力福島第一原子力発電所の事故対応で現地入りした作業員の健康状態を長期的にチェックするためのデータベースを構築する方針を固めた。被曝やその影響の有無などを30年以上にわたって追跡調査する。2011年度第2次補正予算案に関連予算を計上する方針だ。作業員の被曝量限度は福島第一原発の事故後、年間100ミリ・シーベルトから緊急的に250ミリ・シーベルトに引き上げられた。被曝量が増えれば、疫学的にがんなどになる確率が高くなるとされ、政府は中・長期的な健康管理が必要と判断した。データベースへの加入は強制ではなく、作業員の同意を前提とする予定。定期的に白血球や赤血球の数、放射線白内障の傾向、皮膚の状態などを調べ、経年変化が分かるようにする。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■日テレ < 2011年4月18日 23:22 >
作業員の被ばく線量、さらなる引き上げ検討
福島第一原子力発電所事故の安定化に向け、政府が作業員の年間被ばく量の上限を、現在の250ミリシーベルトよりさらに上げることを検討していることがわかった。原子力発電所の作業員に認められる放射線量の限度は年間100ミリシーベルトだが、今回の事故に限り、250ミリシーベルトまで引き上げられている。

政府関係者によると、十分な作業員の数の確保が難しくなっていることや、原子炉建屋内の放射線量が高く、今回引き上げた250ミリシーベルトの上限では原子炉の安定化に向けたロードマップの実現に追いつかないことから、上限の引き上げを検討しているという。

国際基準では、緊急作業の場合は年間500ミリシーベルトまで認められているが、今後どこまで引き上げることになるのかは決まっていない。作業員の健康不安や世論の動向などを見据えながら、引き上げの時期や方法についても慎重に検討するという。原子力発電所内部の作業は、労働環境の厳しさに加えて、技能と経験が必要とされるため、作業員の人数の確保が大きな課題となっている。



■お〜い、とらちゃん出番だよ
裁判官訴追委員長に前原前外相 民主、人事内定(イッタイゼンタイ、。。)
中国漁船衝突:船長「起訴相当」…那覇検察審が議決。

カナダde日本語・みにーさん カナダde日本語 美爾依様。
日本政府はCIAよりもっと秘密主義

憂き世の日々に埋もれて、たまには温泉へさん 憂き世の日々に埋もれて、たまには温泉へ様。
東日本大震災発生以降初めてのドライブ旅行をひさしぶりに。2日間とも天気最高で温泉とドライブを堪能
ペンギンマン枝野が17日南相馬市など訪問したが、現場視察では完全防護服姿で安全デマ会見野郎のくせに小心者として安全デマ嘘八百白状

呑ん兵衛釣りネズミ 雑  感 様。
寝腐れ

ミクロネシアの小さな島・ヤップよりのス〜さん ミクロネシアの小さな島・ヤップより様。
なんでもかんでも津波のせい?

Like a rolling bean(new) 出来事録さん Like a rolling bean (new) 出来事録様。
4/16「野菜にも一言いわせて!さよなら原発デモ!!」の写真

雪裏の梅花さん 雪裏の梅花様。
復興名目で消費税増税!!

YAMACHANの@飛騨民主MAVERICK新聞さん YAMACHANの@飛騨MAVERICK新聞様。
菅!辞めろ!!!

こわれたおもちゃをだきあげてさん こわれたおもちゃをだきあげて様。
対話集会 原発震災の今後を語る ナウ

クマのプーさんブログさん クマのプーさん ブログ様。
福島の子どもたちを我々は守ることができるのか― ジャーナリスト木下黄太

酔語酔吟 夢がたりさん 酔語酔吟 夢がたり様。
4/16(土) 「日暮し雑記・根腐り」 棺おけ(菅桶)

k i m e k i m e 2 5さん  k i m e k i m e 2 5 様。
本当に菅でいいのですか?

Goodbye! よらしむべし、知らしむべからずさん Goodbye! よらしむべし、知らしむべからず様。
かまわず進めておいて、勝手なモノたちだ 〜原発・御用学者

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ   ミーハーの嬉しがりだよ!⇒
当ブログは「2つ」の『ブログランキング』に参加しています。
クリック&足跡残しお願いします。ヨロシク! (^v^)ノ゙〜♪

s-枝豆・直ちに安全ではない2

■fnn-news.(04/17 17:45)
枝野官房長官、福島第1原発から20km圏内での行方不明者の捜索を視察
枝野官房長官は17日午後、福島第1原発から20km圏内での行方不明者の捜索を視察した。その後、「計画的避難区域」に指定した福島・川俣町などを訪問し、避難計画策定などへの協力を要請した。白い防護服に身を包んだ枝野官房長官が、車に乗り込み向かった先は、現在「避難指示区域」になっている福島第1原発から20km圏内。

南相馬市では、警視庁の機動隊員らが、手作業で捜索活動を行っている。
横一線に並んで、水の中を、何かを探るように捜索活動を行っていた。
車で海岸線から1kmほど離れた場所を走ると、周囲には、建物などほとんどない状態。
17日現在も、およそ1,000人が行方不明とみられている福島・南相馬市。

枝野官房長官は、原発からおよそ15kmの捜索現場で車を降りた。
警視庁特科車両隊の中川隊長は「14日から入っておりますけれども、きょうまでに18人全員が、残念ながらご遺体で...。貴重品と思われるもの、アルバムなど置いてありますが、後ほど洗浄して、持ち主に返すようにしています」と話した。枝野官房長官が「放射線量は問題ない?」と聞くと、中川隊長は「まったく問題はありません。現時点でも、0.5マイクロシーベルト」と答えた。

枝野官房長官は、その後も車で捜索現場周辺をおよそ20分間視察した。
視察は主に車内から行われ、車を降りたのは、およそ5分間だった。
枝野官房長官は「津波の脅威の大きさに、あらためて強く、その恐ろしさを感じました。大変苦労しながらですけれども、捜索活動をしていただいていることに、大変頭が下がる思いでございました」と述べた。

その後、枝野官房長官は、一部を「計画的避難区域」に指定した川俣町を訪問し、避難計画策定などの協力を要請した。枝野官房長官は「しっかりとした対応をさせていただいて、ご迷惑をできるだけ小さくする」と述べた。これに対し、古川町長は、一時帰宅の可能性を具体的に示すことや、風評被害への対策を講じるよう求めた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■TBS
枝野長官「土壌改良と補償に取り組む」
枝野官房長官は震災後初めて福島入りし、福島第一原発事故で新たに「計画的避難区域」に指定される各自治体を回って、政府として「土壌改良と補償にしっかり取り組む」と表明しました。枝野官房長官は防護服に身を包み、福島第一原発から半径20キロ圏内の「避難指示区域」にある南相馬市内を視察しました。

「被害の大きさは想像以上に大きいものだなという実感を強く持ちました」(枝野幸男官房長官)

枝野長官はこのあと、村全体が「計画的避難区域」に指定される飯舘村の菅野村長と会談し、「土壌改良と補償にしっかり取り組む。村の復活に国が責任を持つ」と述べました。枝野長官はまた、一部が「計画的避難区域」に指定される南相馬市の桜井市長、川俣町の古川町長らとも個別に会談し、政府の対応に理解を求めました。(18日01:00)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■テレビ朝日
【原発】枝野長官が20キロ圏内の捜索現場を視察(04/17 20:54)
枝野官房長官は、福島第一原発から半径20キロ圏内にある被災地を訪れ、行方不明者の捜索活動を視察しました。防護服姿で現場を訪れた枝野長官は、警察の担当者から捜索活動などについて報告を受けました。その後、福島第一原発事故の影響で、復旧活動が一向に進んでいない南相馬市内の被災地を車の中から視察しました。枝野長官は「困難な状況のなかでの捜索活動に大変、頭が下がる思いだ」「改めて津波の恐ろしさを感じた」と語りました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
えだまめ(200)

■毎日新聞 2011年4月18日 東京朝刊
東日本大震災:枝野長官、福島訪問 計画避難を陳謝 段階的解除「安全なら視野」
枝野幸男官房長官は17日、東日本大震災の発生後初めて被災地の福島県を訪れ、佐藤雄平知事や関係自治体の首長らと会談した。東京電力福島第1原発から半径20キロ圏外の「計画的避難区域」に指定した福島県飯舘村と川俣町、南相馬市を訪れた枝野氏は「ご心配、ご迷惑をおかけして申し訳ない」と陳謝。村全域が対象となった飯舘村の菅野典雄村長との会談では、指定の段階的解除について「安全さえ確保できれば、当然視野に入れる」と述べた。【影山哲也】

飯舘村と川俣町には16日にも福山哲郎官房副長官が訪れて住民に陳謝している。政府高官らの相次ぐ来訪は、避難開始へ向け地元の理解を得る狙いがある。会談で菅野村長は「将来に向け再生できるというものを作ってほしい」と、放射性物質を取り除く土壌改良に取り組むよう要望。枝野氏は「原発が収束する前の段階から同時並行で進めたい」と述べ、積極的に取り組む考えを表明した。

枝野氏は南相馬市では、避難指示区域(同原発20キロ圏内)に防護服を着て入り、警察による行方不明者の捜索活動を視察。福島県庁での佐藤知事との会談では、知事が「元の福島に戻すことに責任を持ってほしい」と求めたのに対し「政府が責任を持って進める」と応えた。




■【原発】枝野長官が20キロ圏内の捜索現場を視察(11/04/17)
枝野官房長官は、福島第一原発から半径20キロ圏内にある被災地を訪れ、行方不明者の捜索活動を視察しました。


   直ちに帰ったわけだ、。。。

   Fukushima 5minutes www



s-枝豆・直ちに安全ではない3■3k 2011.4.18 01:36
【放射能漏れ】「遅く来て、すぐ帰るのね」枝野長官来県で南相馬市民
福島県庁を訪れ、佐藤雄平知事に頭を下げる枝野官房長官(左)=17日午前
枝野幸男官房長官が17日、東京電力福島第1原発の事故後初めて、福島県内を訪れた。だが、日程は知事や市町村長との会談が中心で、県民と直接対話する機会がなかったため、政府のスポークスマンに生活の窮状を訴えたい一般県民には不信感だけが残った。枝野長官は17日午前、福島市から南相馬市へ移動し、市役所で桜井勝延市長と会談後、防護服に着替えて原発から20キロ圏内の行方不明者捜索現場で警察官を激励した。


ところが、こうした動きに、物資不足などに苦しむ南相馬市民の評判は芳しくない。

30キロ圏内の屋内退避区域にある同市原町区の居酒屋「だいいち」。数日前に店を開け、ランチ営業に常連客が集まってくる。おかみの佐藤洋子さん(62)は「最近は枝野って呼び捨てよ。こんなに遅く来て、帰るのだけは早いのね」。

スーパーが閉まり、銀行も開かず、新聞も宅配されない。買い物は20キロ先の相馬市へ。郵便も届かないので、電話で郡山市の郵便局に連絡し、数日後に南相馬郵便局に届けてもらう。それを自分で取りに行く。

こうした苦労を政府代表の枝野氏に「直接言いたかった」(佐藤さん)という。

客で、避難先の千葉県の子供のもとから最近戻った同町の病院職員、鈴木文恵さん(53)も「入院患者が避難していなくなった。このままでは医師も減り、病院や雇用もどうなるかわからない」と不安を訴えた。

一方、枝野氏の訪問を受けた飯舘村の菅野典雄村長は会談後、記者団に対して「私も彼らも政治家だ。政治家の言葉には裏付けがほしい」と述べ、「しっかり対応」などの言葉だけが踊った政府側の対応に不安をのぞかせた。政府は同村を計画的避難区域に指定する方針だ。村外避難について、枝野氏は「政府の責任で」と繰り返したが、菅野村長は「どういう責任をとるつもりなのか。どれだけの事実、行動が伴うんだろうか」と憤る。

「住民の安全」という言葉だけで、避難の正当性を訴えた枝野氏に対して、菅野村長は「家族、務め、近隣…。そういうものがあってこその“命”だろう」と強調。菅政権に対して「人に個性、組織に特徴があるが、そういう特徴の組織ということか」と寂しそうに話した。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■車から降りたのは5分間 枝野氏20km圏内20分視察
(04/18 00:10)枝野官房長官は、福島第1原発から20km圏内で行われている行方不明者の捜索活動を視察した。視察したのは、原発からおよそ15km地点の福島・南相馬市で、避難指示区域に指定されている捜索現場。枝野長官は、現場周辺を車でおよそ20分視察した。警視庁特科車両隊の中川隊長は「14日から入っておりますけれども、きょう(17日)までに18人全員が、残念ながらご遺体で...」と話した。枝野官房長官が「放射線量は問題ない?」と尋ねると、中川隊長は「まったく問題はありません。現時点でも、0.5マイクロシーベルト」と答えた。視察は、主に車内から行われて、車から降りたのはわずか5分間だった。・・・



s-東電天下り・石田徹

■毎日新聞 2011年4月18日 11時56分(最終更新 4月18日 13時16分)
福島第1原発:経産省幹部の電力会社への天下り当面自粛
参院予算委開会冒頭に東日本大震災と福島第1原発事故について報告する枝野幸男官房長官=国会内で2011年4月18日午前9時52分、藤井太郎撮影
枝野幸男官房長官は18日午前の記者会見で、経済産業省幹部職員の電力会社各社などへの再就職を当面自粛させると発表した。枝野氏は理由について「国民の疑念を招かないため」と説明。すでに再就職している同省OBについても自発的な退任を促した。

経産省によると、対象となるのは、東京電力など電力会社とJパワー(電源開発)、日本原子力発電の計12社。内容は(1)経産省事務次官、資源エネルギー庁や原子力安全・保安院の幹部職員ら計15人(1日現在)の役員就任自粛(2)局長や審議官ら計55人(同)の退職後3年間の役員就任自粛(3)エネ庁と保安院の課長職経験者の退職後2年間の再就職自粛−−の3本柱。電力各社などにも自粛措置を説明し、協力を求める。

経産省の外局として、電力を所管するエネ庁と原発の安全性を監督する保安院があり、役員への再就職が多いと問題視されていた。枝野官房長官は再就職したOBについても、「直接自粛を求める対象にはなり得ないが、当然、政府の対応を見て、それぞれの個人の責任と判断で適切な対応をされると期待している」と述べた。【影山哲也、立山清也】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

   経産省によると、対象となるのは、東京電力など
   電力会社とJパワー(電源開発)、日本原子力発電の計12社。

   内容は

  (1)経産省事務次官、資源エネルギー庁や原子力安全・保安院の
     幹部職員ら計15人(1日現在)の役員就任自粛

  (2)局長や審議官ら計55人(同)の退職後3年間の役員就任自粛

  (3)エネ庁と保安院の課長職経験者の退職後2年間の再就職自粛


   確か、天下り禁止・特別会計基本的に廃止、って言っていたんじゃ〜ネ!
   震災前は、「前資源エネルギー庁長官の東電就職に問題なし」と、言っていたわけだしね。
   2年だの、3年だのってことでさえも、こんなもん守られるわけがない。
   何しろ、責任は他人様に転嫁する&責任は一切取らない、そんな政権だもんで、。。。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■財経新聞 2011-02-03 11:00:00
前資源エネルギー庁長官の東電就職に問題なし
枝野幸男官房長官は前資源エネルギー庁長官が東京電力顧問として就職していることについて、国会で取り上げられたことを受け、2日、経済産業省からあっ旋はなかったとの報告を受けており、政府として問題はないとの判断を示すとともに、「国家公務員の退職後の監視機能を強化するための法案を今国会に提出する」とした。

退職後の監視強化のための法案提出は国会答弁で菅直人総理がその意向を示していた。

枝野官房長官は経済産業省が東京電力に経緯の報告を求め、経営全般についてのアドバイスを受けるため顧問に就任してもらったことなどの報告があったことを明らかにし、「昨年6月に閣議決定した退職管理基本方針に沿ったもので、違反にあたらない」とした。

退職管理基本方針では「国家公務員の再就職に関し、天下りのあっせんの根絶を図るため、再就職あっせんの禁止等の規制遵守、再就職に係る情報公開推進など任命権者がとるべき措置」などがもられており、「任命権者は職員の退職管理に際し、国民の疑念を招くことのないよう、国家公務員法に規定する再就職あっせんの禁止等の再就職等規制を厳格に遵守する。また、任命権者は職員に対し再就職あっせんの禁止、利害関係企業等に対する求職活動の禁止などの再就職等規制について指導・周知の徹底を図る」などを示している。

一方で「中高年期の職員が公務部門で培ってきた専門的な知識・経験を民間等の他分野で活用するとともに、他分野での勤務を経験することにより公務員のコスト意識・現場感覚を高める観点から、任命権者が、官民の人事交流等の拡充を図るためにとるべき措置」を盛り込んでいることから、江田憲司衆議院議員(みんなの党幹事長)らは「退職せずに現役で出向という形をとれば天下り規制はすり抜けられ、天下り天国復活だ」と、この閣議決定そのものを批判しており、天下り根絶の実効性を疑問視している。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

   いよいよ居た堪れなくなったってことか?
   
   石田氏は昨年8月にエネ庁を退官。わずか4カ月余りで、東電顧問に就任していた。
   東電は今年6月の株主総会で石田氏を役員に起用する方向だった。

   のようですが、
   世間の目が厳しいようで、居た堪れなくなったようで、

   資源エネルギー庁の前の長官で、東京電力顧問を務めている石田徹氏が
   東京電力に辞意を伝え、今月末で退任することが分かりました。

   私はね、官僚は不必要だとは思ってなくてね。
   実際問題、今、政治がまがりなりにも持ち堪えているのは官僚のおかげでしょうから。
   分、というものがあると思うわけです。
   政治家には政治家の役目と責任と義務と、があって。
   官僚には官僚の役目と責任と義務と、があって。  

   ところが、今、そのことがゴッシャゴッシャになってるでしょう。
   
   友人の息子が、。。。
   某国立大学を卒業して通産省に入省。
   遺伝子工学を通じて「国民の役にたちたい」って泣かせる台詞を吐いていました。
   彼の頭の中には「天下り」だとか、ウンヌンってことはハナから無いわけで、。。。
   こういう志のある幹部候補生はごまんと居ると思うのです。
   
   田中真紀子さんが、
   外相を更迭された時に、こんなことをおっしゃっていたことを思い出しました。
   「若い官僚は外務省の官僚改革に必死に取り組もうとしている」
   その若い官僚たちと伏魔殿改革を出来なかったことが残念です。って、。。。。。

   今からでも遅くはないわけで、
   政治家がリーダーシップを発揮して官僚改革を遂行しょうとするならば
   なせば成る、のだと思います。

   問題は、それだけ性根の据わった政治家がどれほどいるかってことで、。。。。。



■TBS
東電、「天下り」顧問退任へ
資源エネルギー庁の前の長官で、東京電力顧問を務めている石田徹氏が東京電力に辞意を伝え、今月末で退任することが分かりました。関係者によりますと石田氏は18日、東京電力に「一身上の都合で退任したい」と連絡し、辞意を伝えました。今月いっぱいで顧問を退任する見通しです。石田氏は資源エネルギー庁の長官を去年8月に退任した後、わずか4か月で東京電力の顧問に再就職=いわゆる天下りをしていましたが、枝野官房長官は18日の会見で、「経済産業省幹部の電力会社への天下りを自粛させる」と発表し、石田氏についても辞任を促していました。(18日22:44)



s-枝豆・直ちに安全ではない番外

枝野氏の家族
 −−ネット上の話だが、枝野長官が原発事故の発生後に家族を海外にかくまったとの話が出ているが

「多分、記者の皆さんの中でも議員会館などで見かけた人もいるのではないかと思うが、震災発生以来、東京の議員宿舎と、私が戻れないので、時々、大宮の地方選挙の対応に動いているが、それ以外、まったく動いていない。私自身、国民の皆さんに、東京の皆さんに何か心配があるということを申し上げていない。家族に対しても同じことを申し上げている。今日も、保育園からは、あっ、幼稚園か。幼稚園からは水筒に水を持ってこいという指示があったらしいが、『そんなものは必要ない。水道の水を入れていけば大丈夫だ』と言って出かけさせている」


   『そんなものは必要ない。水道の水を入れていけば大丈夫だ』
   ただちに健康に影響はないっていう場所に完全防御に形で乗り込んでいる姿をみて、
   この言葉、誰が信じるでしょうか??????
   
   ホントか?
   ウソか?
   私には確かめる術はありませんが、。。。
   ネットで広まっているようです。
   根も葉もない情報が闊歩するのもネットの特徴だもんでね。
   デモ、マ、枝豆ならやりかねない、って思ってる方達が大多数ってことは確かで。

   ただちに健康に影響はない、って言いながら
   自分が視察すると完全防御の形で行くもんだからね。
   それでも、外に出たのは5分のみ!
   そんでもって、クルマの中が20分!
   
   そんな人間から考えそうなことだって思われちゃってるわけだろうね。
   こんなところで人間性が出てしまうわけだ。ははははは)))))
  


2011/04/17(日) チャッカリ枝豆ウッカリ自白
一昨日からネットで騒がれているのは,「枝豆のシンガポール疑惑」だ.
これは,枝豆こと枝野官房長官が妻子をシンガポールに避難させていた話だ.
これ,実際は疑惑ではなくて実話なんだが,「信じらんない!」という声も多かった.
そりゃそうだろう.
トーデンノブイリが大爆発しているのに,総理官邸の記者会見では,「大丈夫!心配ない!」
と言い続け,ウラではチャッカリと妻子をシンガポールに非難させていた!
というのだから,怒り心頭・激怒の声がネットに氾濫するのも当然なのだ.
5年前,枝豆は42歳で双子の男児を授かった.
今年五歳の男の子二人と奥さんは,今もシンガポールに避難している.

菅直人にしろ,枝豆にしろ,日本は最悪の人間?を国のトップに据えてしまって…,
原子炉4基が爆発! という最悪の事態になり,先が見えず,日々悪化するばかり.
ほんと,呪いたくなる.



s-枝豆 震災

   安全基準が守れなければ数値の基準を変えればいい 

   これが恐怖の【 枝豆マジック 】と言うものか!!!!!

   水  10ベクレル → 300ベクレル
   野菜 370ベクレル → 2000ベクレル
   市民 1ミリシーベルト → 20ミリシーベルト
   現場作業員 
      100ミリシーベルト → 250ミリシーベルト → ???ミリシーベルト


   そもそも、何度も言うようですが、。。。

   修理も出来ないモノを造るな!

   ちゅ〜うねん!!!

   皆さん、そうお思いになられませんか?
  
   修理が効かない洗濯機を買うバカが、どこにいますか?

   修理が効かない自動車を買うアホが、どこにいますか?   

   修理が効かないパソコンを買うタワケが、どこにいますか?   

   ましてや、命に関わる施設で、修理が効かない、って致命的でしょうが!

   今こそ、原発は反対! ってこと、声を大にして叫ばなければ、

   後世の人々に、あの時代を生きていた人間は「なにをしたいたんだ」って問われるぞ! 

   アリの1匹が連携して「アリの大群」となる。

    アリの大群も1匹から、。。。。。

   1滴の水が、寄せ集まって「大河」となる。

    大河も1滴の水から、。。。。。

   皆さん、脱・原発で頑張ろうではありませんか!!!!!


s-サイテ〜、テメェ〜、ヤメロ〜!■2011年04月18日(月) 週刊現代
この被曝があと1年続いても安全と言えるのか 水と空気と土がやられて、海と川、魚と野菜が汚された
upperline 汚染水が漏れ出た2号機取水口付近の亀裂(東京電力提供)
都の水質検査には放射性物質「不検出」のカラクリがあった!
フクシマ発の放射能汚染は空から、海から軽々と国境を越えていく。諸外国の怒り、日本の焦りを嘲笑うかのように汚染物質を吐き出し続ける原子炉。もはやこの世界に安全な場所など、ないのだろうか。


「50km圏内は避難すべきだ」

連続する「想定外」の事態。後手後手に回る対応。そして、暴走する原発に立ち向かうのは、十分な装備もない「決死隊」。竹槍で戦闘機を倒そうとするような行為を英雄視し、美談に仕立てるメディアは、大本営発表を垂れ流し続けた歴史を繰り返している。その背後には無為無策で、自らは戦場に赴くことさえなかった指揮官たちがいる。ただ、かの大戦とは決定的に異なることがある。まったく目に見えない放射能という敵は、人類が自ら作り出した化け物なのだ---。

連日のようにアメリカのニュース専門チャンネルCNNに登場して、福島第一原発の状況や放射能汚染の実態について解説している原発エンジニアのアーノルド・ガンダーセン氏。スリーマイル島原発事故の復旧を手掛けた経験もある同氏の警告は衝撃的だ。

「フクシマから漏れ出した放射性ヨウ素131は、カリフォルニアまで飛んできています。カリフォルニア大学バークレー校の調査でそれがはっきりしました。地上に落ちたヨウ素131は濃度が低くても、それが牧草に吸収され、さらにその牧草を牛が食べ・・・というルートで牛乳に濃縮されて検出されたのです。カリフォルニアではしばらく牛乳を飲まないほうがいいでしょう。アメリカにまで放射性物質が飛んできている以上、中国や韓国に飛んでいる可能性は十分にあります。

私は前から、日本政府が避難圏を拡大するように言い続けていますが、残念ながらいまだに聞き入れられない。しかし、政府はいま起きていることを正直に認めて、少なくとも原発から50km圏内の人はすべて避難させたほうがいいと思います。今、現地の風は主に海の方向に流れていますが、この風が内陸に向かえば、とても深刻な汚染が起きてしまうと心配しています」

煙を上げる福島第一原発3号機。アクシデントが起きるたび作業は中断(東京電力提供)
 
ガンダーセン氏が懸念するように、韓国では4月6日、原子力安全技術院が国内12ヵ所の測定所すべてで放射性ヨウ素が検出されたことを発表。これで4月3日以降、4日連続で放射性物質が検出されたことになる。中国でも18の省や地域でヨウ素やセシウムといった放射性物質が検出され、専門家が人民日報などで「微量で健康に影響はないが、心配なら雨に濡れないように」とコメントを出す事態になっている。

ガンダーセン氏は巨大原発企業ウェスティングハウス社の元執行役員でもある
 
すでに放射能汚染は国境を越えた。そして、いまも水や空気、土に放射性物質がバラ撒かれ続けている。それが現実だ。だが、日本政府や原発ムラの人々からは、そういう危機感は伝わってこない。それとも、あえて現実を見ないようにしているのか。原子力安全委員会は、これまで1ミリシーベルトだった一般人の年間被曝限度量を、放射線量の高い地域の住民に限り、20ミリシーベルトに引き上げるかどうか検討を始めている。その理由は呆れるようなものだった。

「きっかけは、福島県浪江町の原発から30km圏外の地点で、3月23日から4月3日の大気中の放射線量積算値が10ミリシーベルトを超えたことでした。10ミリシーベルトというのは、屋内退避の目安となる数値に当たります。原子力安全委員会は『放射線量は減っているので、退避する必要はない』という見解を出しましたが、その一方で、被曝の実態に合わせて被曝限度量を20倍に引き上げようとしているのです」(全国紙科学部記者)

これからも放射性物質が漏れ続けるのは確実なのだから、長期的危険性を考えて、年間被曝限度量を引き下げるというのなら、まだ理解できる。しかし、人間の放射能への耐性が変わらないのに数字のほうを操作するのは、本末転倒も甚だしい。

4月1日に浪江町に入り、原発から20km圏内の様子を取材したフォトジャーナリストの佐藤文則氏が現地の様子を証言する。

「人の姿を見かけることはほとんどなく、津波直後の姿が手つかずのまま残っている状況です。遺体の捜索もまったく進んでいません。たまに見かける車は、原発の処理に向かう人の車で、彼らは車の中でも防護服を着たままです。たまたま荷物を取りに戻ってきたらしき住民はマスク姿で、それを注意する自衛隊員も自治体職員の姿もない。ゴーストタウンと化した商店街では、置き去りにされた犬たちが餌を探し、牛が通りを歩いていました」

福島第一原発からの放射能漏れを止めるには、まだまだ長い時間を必要とする。つい先日まで電源装置さえ回復すれば、故障箇所がわかり、炉心を冷やすための冷却水を循環させられると言っていたのに、実際にはその作業が始まった途端に大量の放射能汚染水が見つかり、それが2号機から海に漏れていることも判明した。

冷却のためには注水しかないが、注水すれば放射能汚染水が漏れる。素人でも理解できるようなジレンマを抱え、漏れ続ける汚染水を止めるために登場したのがおがくずや新聞紙。流出元を調べるべく、汚染水に色を付けようと入浴剤まで登場するに至って、一度暴走しはじめた「化け物」を止めるのに、人類は極めて原始的な手段しか持ち得ていないことが明らかになった。

細野豪志首相補佐官は、放射能漏れを防ぐまでに「少なくとも数ヵ月」という見解を示したが、多くの専門家は最低でもあと1年くらいは同じような状態が続く可能性が高いと指摘している。

原発推進派が「極めて深刻」と

それでも、いまだ「安全」を繰り返す政府や原子力安全委員会に対し、原発を推進していた人々からも怒りの声が上がっている。

〈はじめに、原子力の平和利用を先頭だって進めて来た者として、今回の事故を極めて遺憾に思うと同時に国民に深く陳謝いたします〉そんな書き出しで始まる一通の緊急建言書がある。4月1日に発表されたこの建言書の起草者は16人。松浦祥次郎、佐藤一男両氏の元原子力安全委員長を筆頭に、いずれもこれまで原発推進の立場で研究・開発に関わってきた研究者たちだ。彼らの危惧がストレートに伝わってくるので、少し長くなるが、建言書を抜粋する。

〈私達は、事故の発生当初から速やかな事故の終息を願いつつ、事故の推移を固唾を呑んで見守ってきた。しかし、事態は次々と悪化し、今日に至るも事故を終息させる見通しが得られていない状況である。(略)

特に懸念されることは、溶融炉心が時間とともに、圧力容器を溶かし、格納容器に移り、さらに格納容器の放射能の閉じ込め機能を破壊することや、圧力容器内で生成された大量の水素ガスの火災・爆発による格納容器の破壊などによる広範で深刻な放射能汚染の可能性を排除できないことである。(略)

福島原発事故は極めて深刻な状況にある。更なる大量の放射能放出があれば避難地域にとどまらず、さらに広範な地域での生活が困難になることも予測され、一東京電力だけの事故でなく、既に国家的な事件というべき事態に直面している〉

建言書は、この後、日本が持つ専門的知識や経験を結集して、国を挙げて対応する態勢を作るよう政府に求めている。

 建言書の起草者の一人、元原子力安全委員会委員長代理の住田健二・大阪大学名誉教授が語る。

「我々が出した建言書を、政府もメディアもほとんど黙殺しました。なぜ、これまで原発は安全だと言ってきた我々を責めないのか。自分たちは原発は安全で、あったほうがいいと信じてやってきた。しかし、誤りもあれば結果責任もある。科学者の責任として、そこはちゃんと認めないとならない。現在の現場の状況を見ていると、ともかく初めて出くわした事態を前に、決死隊が出てきて、まるで特攻のようです。私にもどうすればいいかわからない。ただ、正確なデータが示されれば、私のような年寄り(住田氏は80歳)でも何か役に立てるかも知れない。そう思うと黙ってはいられなかったのです」

ここで、放射能汚染が現在どこまで進行しているか、具体的に見ていこう。まずは水への影響だ。
「福島第一原発の事故がスリーマイル島原発やチェルノブイリ原発の事故と大きく異なるのは、海の汚染が大規模になりかねないことです。スリーマイルもチェルノブイリも原発があったのは内陸部でした。しかし、日本の原発は福島第一に限らず、すべて外海に面している。しかも、日本の周囲には親潮、黒潮などが日本列島をぐるりと一回りしているから、海に流した汚染水は海流に乗って日本列島のあちこちに拡散してしまう」(元慶應大学物理学教室助教授・藤田祐幸氏)

すでに茨城県沖で獲れたコウナゴ(イカナゴ)からは高濃度の放射性ヨウ素やセシウムが見つかっている。今後はコウナゴのような小さい魚を餌にする大きな魚にも汚染が広がり、食物連鎖の過程で、放射性物質の濃度が高まっていく。アメリカ・ロサンゼルスのビジネスマンによれば、普段は健康食として人気が高い寿司バーは早くもガラガラ。マグロやカツオなどの大型魚は、日本沿岸の小魚を餌にして回遊してくるので、アメリカ西海岸での漁業にもダメージがあると懸念されているという。

動揺するからと数値を隠す

しかも、これまで垂れ流してきた汚染水に加え、4月4日からは建屋内などに溜まっていた基準値の1万~1億倍という汚染水を移すスペースを作るために、1万1500tに及ぶ低濃度汚染水(基準値の100倍程度)を海に流した。これには韓国やロシアから非難の声が上がっており、海洋汚染防止のため、不法投棄などについて定めたロンドン条約違反という指摘もある。

1993年、ロシアが過去30年にわたって日本海に放射性廃棄物を投棄していたことが発覚した。もちろん、ロンドン条約違反である。これに対し、日本側は強硬に抗議を繰り返したが、いまや立場は完全に逆転してしまった。炉心を冷やすために注水作業を続けるしかない以上、汚染水を再び海に流す事態も十分に考えられる。

「原子力安全・保安院は一貫して『海は広く、放射性物質が拡散するから問題ない』と言っていますが、投棄した汚染水にしても、正確な汚染濃度や、どんな放射性物質が含まれているかを公表していません。それで安全だと言われても判断のしようがない」(日本大学専任講師・野口邦和氏)

放射性物質には、よく知られるようになったヨウ素やセシウムの他にも様々な種類(核種)がある。核種によって、体内に取り込んだ場合、どこに溜まりやすいかも異なる。たとえば、ストロンチウム90は骨に、セシウムは筋肉に溜まりやすい。より大きな魚に汚染が拡大したとき、骨を食べなければよいのか、それとも身を食べるのもダメなのかを判断するには、どんな核種が漏れたかも重要になる。

また、水については海や川が汚れ、魚などが汚染されるのとは別に、直接的に人間が摂取する影響も考えなければならない。東京都では3月23日に暫定基準値を超える放射性物質が検出されたとして、乳児への摂取制限を決めたが、翌日には解除。それ以降は基準値を下回ったとし、最近の測定結果には「不検出」の文字が続く。

 しかし、そこにはカラクリがあった。都庁関係者が言う。

「都は東京都立産業技術研究センターに都内3ヵ所の浄水場の水質調査を依頼しています。その際、水については1圓△燭20ベクレル以下の場合には、放射性物質が検出されても『不検出』として報告するよう指示が出されました。理由は都民に動揺を与えないため、というものです」

本誌が東京都立産業技術研究センターに確認したところ、検出する機械が1台しかなく、長時間の検査ができないので微量の場合は誤差も考えて「不検出」としていると回答。なお、空気の汚染についても都は、1m3あたり0・1ベクレル以下は「ND(ノーデータ=不検出)」として公表していない。

この空気の汚染について、原子力安全委員会が、福島県浪江町で放射線量積算値が高くても、線量そのものが減少傾向にあるから大丈夫だと言っているのは前述した通りだ。だが、放射性物質は一度漏れ出したら、空気中を漂い、長期にわたって拡散していく。福島、茨城、栃木、群馬、千葉(一部)の各県でほうれん草などの出荷制限が行われているのも、こうした野菜が空気中の放射性物質を取り込んでしまったからに他ならない。

「野菜が放射性物質を取り込む経路は大きく二つあります。ひとつはガス状の放射性物質を葉の気孔から内部に取り込むケース。もう一つは粒子状のものが直接、葉に付着するケースです。後者の場合は、よく洗えばある程度、放射性物質を取り除くことができます。しかし、気孔から内部に入ったものについては、洗っても簡単には取り除けません」(環境総合研究所・青山貞一所長)

鉄の味がする

各地の空気中の放射線量については、下の図に示した。一時期に比べ減っているとはいえ、放射性物質が漏れ続けている以上、風向きや雨の影響で一気に数値が上がる可能性は高い。特に雨に打たれた空気中の放射性物質は、地表に降り注ぐ。海に落ちれば海流に乗って拡散し、大地に落ちれば地中にまで潜っていく。地下水が汚染される可能性もある。

 日本環境学会前会長で、大阪市立大学大学院元教授の畑明郎氏が語る。

「水も空気も土も、人間が生きていくうえで必要なものです。それらがすべて放射能で汚染されてしまった。その段階になって、あわてて暫定基準値を作って、それより上か下かとやっているのが現在の状況です。土壌には放射性物質がどんどん降り重なっていっています。いちばん放射性物質が溜まりやすいのは地表から2~5cmの範囲で、この範囲なら野菜でも根菜類は大丈夫だと思われます。しかし、雨が降り続くと放射性物質が地中に染みこんでいき、根菜類にも被害が及ぶ。環境全体に影響を与える放射能汚染は、生態系そのものを変えてしまう危険性を持っています。そういうことを考えれば、安全だなんて言えるはずがありません」

日本国内では野菜や魚の出荷制限と、それに関連する風評被害が問題になっているが、海外では残念ながら、日本の食品はすべて安全ではないと見られている。いくら政府が不当な禁輸措置を取らないよう求めても、無駄だった。日本に比べて衛生的とは言い難いインドですら、4月5日になって日本からの全食品の輸入を3ヵ月間停止することを決めた。それを大げさだと非難することはできない。広島・長崎の原爆、スリーマイル島原発事故、チェルノブイリ原発事故でも、低線量被曝によりその後、がんなどの健康被害が出たという疫学調査の結果もある。

少しでもリスクがあれば、わざわざ輸入してまで日本の食品を購入したくないと考えるのは当然だ。現在のような放射能垂れ流しが1年も続けば、漏れ出す放射能の総量は天文学的なものになることは間違いない。オーストリアの気象地球力学中央研究所は、3月26日、福島第一原発から吐き出された放射性物質はチェルノブイリ原発事故をすでに超えているという予測を発表した。それによると福島第一原発の一日平均の放射性物質排出量は、ヨウ素131で10京(兆の1万倍)ベクレル、セシウム137で5000兆~5京ベクレルと見積もっている。

あくまで大雑把な試算だが、すでにチェルノブイリを超えているのに、場合によってはさらに1年も放射性物質が出続ける可能性があるということが、いかに尋常ならざる事態であるかは想像がつくだろう。これがどんな影響を及ぼすのか、冒頭に登場したガンダーセン氏の話を最後に紹介しておく。

「チェルノブイリ事故の後、いまだにドイツでは猪を食べられません。土壌にたくさんのセシウムが落ち、それが猪の餌となるキノコに吸収されたからです。牛にしても、セシウムに汚染された牧草を食べていたら、その肉を食べてはいけない。

放射能汚染の影響は、人間ではがんの増加などに表れますが、他にも様々な調査があります。たとえばチェルノブイリ事故から25年にわたって鳥の調査をした結果、脳が10%も小さくなっていたという報告もある。スリーマイル事故でも、双頭の牛が生まれたり、動物の奇形が数多く報告されています。放射能は遺伝子レベルで影響を与えるから、こんなことが起こってしまうのです。

私は、フクシマの近くに住んでいる人たちに確認したいことがあります。スリーマイルのとき、口の中で鉄のような味を感じた人が非常に多かった。チェルノブイリでも同じようなことを言う人がたくさんいた。フクシマについての報道をチェックする限り、いまはまだそうした証言はないようですが、フクシマ近くの人たちは、そんな鉄のような味を感じたことはないでしょうか」

安全だ、安全だと言っている間にも、放射性物質はどんどん放出され、自然界に蓄積されていく。もちろん、体内にも溜まっていく。

 そう、この瞬間にも。


s-枝豆・直ちに安全ではない2

   ホントに皆さんどう思われますか?

   周りの方たちはマスクなしの中を1人防塵マスクを着用している。

   そんな人間に、「直ちに健康に影響がない」なんて言われて信用出来る??

   出来るわけないよね、。。。


   風評被害を自ら撒いてるとしか言いようがない。

   こんな内閣はトットと潰れてしまえと思う。
      
    

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ   ミーハーの嬉しがりだよ!⇒
当ブログは「2つ」の『ブログランキング』に参加しています。
クリック&足跡残しお願いします。ヨロシク! (^v^)ノ゙〜♪