s-2013年1月30日告発された園田隆二監督

  組織ぐるみで腐ってるな!
  指導者として意味は成さない。
  トットと辞めさせろー

  暴力だけで無いってことだからね、。。  
  ってことはセクハラも入ってるってことじゃん。
  サッサと辞めてしまえー



■(2013年1月30日11時54分 スポーツ報知)
園田監督は戒告処分、交代なし…柔道五輪選手ら暴力告発
http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/etc/news/20130130-OHT1T00096.htm

全日本柔道連盟(全柔連)は30日、東京都文京区の講道館で記者会見を開き、昨年のロンドン五輪の柔道日本代表を含む国内女子トップ選手15人が、女子日本代表の園田隆二監督ら全柔連指導陣から暴力やパワーハラスメントを受けてきたとして、昨年末に日本オリンピック委員会(JOC)に連名で告発していた問題で、事実関係を認めて謝罪した。告発した選手名を公表しない方針を示した。

全柔連は今月中旬に園田監督らから聞き取り調査をし、文書で戒告処分にしたと明らかにした。代表監督の交代は行わない。

関係者によると、トップ選手たちが前代未聞といえる集団告発に踏み切ったのは昨年末。「女子日本代表チームにおける暴力及びパワハラについて」と題された文書をJOCに提出した。練習での平手打ちや竹刀での殴打や暴言、けがをしている選手への試合出場の強要があったことなどを訴え、全柔連に指導体制の刷新を求めているという。ある選手はスポーツ報知の取材に、暴行の実態を赤裸々に告白。「愛のムチとは程遠かった。みんなの前で(コーチらが選手を)ガツガツ殴ったり蹴ったりして、ひどかった。代表選考の実権を握っている人たちに逆らうと『五輪に行けなくなる』『切り捨てられる』と、みんな泣き寝入りしていた」と明かした。


      当  ブ  ロ  グ  へ  の
      皆様のご支援に感謝致します! ありがとうございます!



■おーい、とらちゃん出番だよ!
【動画】 2013年01月28日放送 「テレビタックル」 今日から通常国会!安倍総理、炎のリベンジ!
【動画】 2013年01月23日放送 「公式PRIMENEWS」 ソーシャルビジネスとは 渡邉美樹氏ほか。
【動画】 2013年01月24日放送 「公式PRIMENEWS」 オバマ政権2期目の対日政策は。
「公民権や政治家としての立場を失うほどのことだろうか?」by・石川知裕代議士。(不撓不屈の精神で無罪を勝ち取っていただきたい!)
「老婆の休日」余裕の真紀子氏、美絵子氏は…(田中つながりってわけか、。。)
【窃盗】容疑で46歳の男をタイホ〜。夫婦げんかで閉め出され、寒さしのぎにシーツ盗む。(ふぅ〜、。。)
【動画】 2013年01月29日放送 「モーニングバード」 敦賀原発「活断層の可能性高い」島崎委員長代理に圧力が?
【動画】 2013年01月29日 「ガイアの夜明け」 ふるさと再生に懸ける!
クリントン米国務長官、「政治の世界に戻らない」と表明。


 ( 人気ブログ ) と ( ブログ村 ) 「 2つ 」 の 『 ブログランキング 』 に参加しています。
 ク リ ッ ク & 足 跡 残 し お 願 い し ま す。 ヨ ロ シ ク で す ! (^v^)ノ゙〜 ♪ ♪ ♪

 人気ブログランキングへ   にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ   ミーハーの嬉しがりが貼ってま〜す ♪ ⇒ 


s-2013年1月30日園田セクハラ

  『女子日本代表チームにおける暴力及びパワハラについて』
  昨年末に告発してたのに連盟は隠し通してきたんだね。
  もう、連盟幹部も監督もコーチも総退陣した方がいいんじゃね!

  女子監督 園田 隆二 所属:警視庁
  女子コーチ 徳野 和彦 所属:コマツ
  女子コーチ 曽我部 晋哉 所属:甲南大学
  女子コーチ 貝山 仁美 所属:三井住友海上火災保険株式会社
  女子コーチ 薪谷 翠  所属:株式会社ミキハウス
  (体罰を見て見ぬふりをしていたとしたら残念ですね。)
  この中の何人告発されたのかな

  ・告発は先月行われたがJOCが隠蔽していた。
  ・園田は暴力を大筋で認めている。
  ・園田へのペナルティは今のところゼロ。
  ・外国のコーチが止めに入るほどの暴力だった。
  ・選手は代表に選ばれなくなることを怖れてなかなか言えなかった。
  ・桜宮の問題を受けてJOCは体罰撲滅宣言をしていた。

  つーか、。。。
  日本柔道の基幹が腐敗している可能性があるわね。
  講道館館長:上村春樹→明治大学卒
  女子柔道監督:園田隆二→明治大学卒
  明治の先輩、後輩で甘くもなったんだろうって憶測でするね。

  上村春樹  
  1976年のモントリオールオリンピックの柔道無差別級金メダリスト。
  段位は九段。
  現在は第5代講道館館長(2009年4月 - )
  全日本柔道連盟会長(2009年4月 - )
  国際柔道連盟指名理事(2007年9月 - )

  それにしても、。。。
  筑波大学卒の山口香(女性柔道家)はこれを黙認していたのかな?
  それが気になるね???

  んで、そんなもん、。。。
  殴らなきゃ指導できないバカを代表監督にすんなって
  マ、これは監督&コーチの方を鍛えなきゃダメだってことだな、。。。
  
  これは、。。。
  それと、暴力意外にも言いたいことがあるってことだよね。 
 


■2013/01/30 00:33 【共同通信】
五輪合宿、柔道女子監督らが暴力 選手、JOCに告発
http://www.47news.jp/CN/201301/CN2013012901002384.html
*2012年6月、合宿で選手を指導する柔道女子の園田隆二代表監督=佐賀県嬉野市

ロンドン五輪の柔道に出場した日本代表を含む国内女子トップ選手15人が、五輪に向けた強化合宿などで園田隆二代表監督(39)やコーチによる暴力やパワーハラスメントがあったと告発する文書を連名で昨年末に日本オリンピック委員会(JOC)に提出していたことが29日、関係者への取材で分かった。トップ選手による集団告発は異例。JOCに加盟する全日本柔道連盟(全柔連)は倫理委員会で園田監督らに聞き取り調査し、当事者は事実関係を大筋で認めているという。園田監督は取材に対し「今までは自分の考えでやってきたが、修正する部分は修正していきたい」と話した。


  ■●体罰は有害なだけ●
  http://ameblo.jp/zivilisation/entry-11446802338.html

  法律学からの体罰否定
  医学からの体罰否定
  心理学からの体罰否定
  統計学からの体罰否定 【1】平均値への回帰
  統計学からの体罰否定 【2】生存バイアス

  学生さんの方が、
  スポーツを、よく理解してないか、。。。

  ■園田隆二氏 全日本柔道女子ナショナルチーム監督インタビュー
  ■園田隆二監督インタビュー

  >園田監督は
  「具体的にどの指導についてかは分からないが、直すべきところは直していきたい」
  と話した。

  ってことは、
  まだ指導者を辞める気はないわけだな。
  恐ろしい神経したやがるな、。。。
  
  体罰で結果を出した選手より、
  体罰で結果が出なかった選手の方がウンと多い。
  この事実は動かしがたい事実でしょう。
  
  もういい加減、
  他人様を殴って教育しようなんて野蛮なことは止めたらどうだ。
  こんなことをやってるから年々柔道も弱くなるんだと思うわ。
  一生懸命練習して充実感が満たされていれば自然と強くなると思うんだけどね。

  

■サンスポ 2013.1.30 05:00
“暴力&パワハラ”女子柔道15選手が集団告発!
http://www.sanspo.com/sports/news/20130130/jud13013005000001-n1.html
*昨年6月、佐賀県での全日本女子強化合宿でロンドン五輪代表選手を指導する園田監督

柔道界に激震だ。ロンドン五輪の柔道に出場した日本代表を含む国内女子トップ選手15人が、五輪に向けた強化合宿などで園田隆二代表監督(39)やコーチによる暴力やパワーハラスメントがあったと告発する文書を連名で昨年末に日本オリンピック委員会(JOC)に提出していたことが29日、関係者への取材で分かった。トップ選手による集団告発は異例。柔道界の古い体質が浮き彫りとなった。

指導者による体罰問題はついに五輪選手にまで波及した。ロンドン五輪代表を含む女子のトップ選手15人が、園田監督やコーチによる暴力やパワーハラスメントを受けたと連名で告発していたことが明らかになった。

告発文書をJOCに提出したのは昨年末。トップ選手による集団告発はきわめて異例の事態だ。関係者によると、『女子日本代表チームにおける暴力及びパワハラについて』と題された文書は、練習での平手や竹刀での殴打や暴言、けがをしている選手への試合出場の強要などを訴え、全柔連に指導体制の刷新を求めているという。

JOC幹部は29日、文書の提出があったことを認め「アスリートファースト(選手第一)が基本。正確に事態を把握し、指導者への指導を徹底したい」と話した。JOCに加盟する全日本柔道連盟(全柔連)は倫理委員会を開いて園田監督らに聞き取り調査し、当事者は事実関係を大筋で認めているという。関係者によると、園田監督は倫理委員会の席で謝罪し、その後は選手関係者の間を謝罪して回っているという。園田監督は取材に対し「今までは自分の考えでやってきたが、修正する部分は修正していきたい」と話した。

スポーツ界では大阪市立桜宮高バスケットボール部主将の男子生徒が、顧問の教員から体罰を受けた後に自殺した。今回の告発は、国内トップレベルでも暴力が横行する実態を明らかにした。格闘技である柔道では、指導者が選手を鼓舞する一つの手段として顔をたたいたり、ふがいない試合だった場合はさらにエスカレートした“指導”をしたりすることが多い。そんな行為も選手の発奮につながれば美談とされるケースも多かったが、今回告発に踏み切った選手らはそれを「暴力」と捉えた。

園田監督は技の研究に熱心で理論に定評はあるが、熱血漢ゆえに行き過ぎてしまうタイプの指導者とされる。関係者によると、昨年の国際大会で選手を平手打ちしながら叱る園田監督に対し、欧米のコーチが制止する場面もあったという。

ロンドン五輪の柔道女子は57キロ級の松本薫(25)=フォーリーフジャパン=が優勝したものの、7階級で金、銀、銅メダル各1個で北京五輪(金2銀1銅2)の成績を大きく下回った。男子の篠原信一前監督(40)は世界大会での成績不振から昨年11月に退任したが、園田監督は続投。告発を受けた後も、全柔連からの処分はないどころか、告発があったことを公表してこなかった。五輪のメダル獲得有望競技であっても、暴力を伴う指導はあってはならない。柔道界全体で古い体質を改め、意識を変える必要がある。

園田 隆二(そのだ・りゅうじ)
1973(昭和48)年9月16日、福岡・大牟田市生まれ、39歳。88年の全国中学体育大会を制し、福岡・柳川高−明大−警視庁と活躍。高校時代は高校総体、全日本ジュニア柔道体重別選手権で優勝。93年世界選手権(ハミルトン)男子60キロ級で金メダル。95年世界選手権(千葉)でも銅メダルを獲得。引退後は全日本柔道連盟女子強化コーチを務め、2008年11月に日本女子代表監督に就任。10年1月に04年アテネ五輪柔道女子78キロ級金メダリストの阿武教子さんと結婚。11年6月に長男が誕生した。1メートル63。

 ◆主な柔道界の体罰

2004年12月に神奈川県の中学校で、同校柔道部顧問が当時3年生だった男子部員に対し体罰を加えていたことが判明。「態度が悪い」と執拗(しつよう)に投げ技をかけた上、絞め技で意識を失わせ、男子部員に急性硬膜下血腫などの重傷を負わせた。

09年には滋賀県の中学校で、顧問に技をかけられた生徒が意識不明となり、その後死亡する事件も発生。また今月には、東京の女子高の柔道部部員が、顧問からの体罰が原因でけがをしたとして東京地裁立川支部に提訴するなど、体罰問題は後を絶たない。

 ◆男子監督問題

男子は昨夏のロンドン五輪で史上初の金メダルゼロという惨敗。篠原信一監督の進退問題があがったが、いったんは続投。しかし、10月の世界団体選手権(ブラジル)でV逸すると、ついに退任。11月に00年シドニー五輪100キロ級金メダリストの井上康生氏が34歳の若さで監督に就任するドタバタ劇となった。

 ◆内柴事件

2011年11月、アテネ、北京で五輪2大会連続金メダルの内柴正人被告(34)が女子学生に対するセクハラ行為で九州看護福祉大を懲戒解雇される問題が発覚。同12月には女子柔道部員に対する準強姦容疑で警視庁に逮捕された。昨年9月12日に初公判。検察側は懲役5年を求刑しており、判決は2月1日に言い渡される。
(紙面から)


■デイリースポーツ 2013年1月30日
五輪合宿、柔道女子監督らが暴力
http://www.daily.co.jp/newsflash/general/2013/01/30/0005705297.shtml
*2012年6月、合宿で選手を指導する柔道女子の園田隆二代表監督=佐賀県嬉野市

ロンドン五輪の柔道に出場した日本代表を含む国内女子トップ選手15人が、五輪に向けた強化合宿などで園田隆二代表監督(39)やコーチによる暴力やパワーハラスメントがあったと告発する文書を連名で昨年末に日本オリンピック委員会(JOC)に提出していたことが29日、関係者への取材で分かった。トップ選手による集団告発は異例。JOCに加盟する全日本柔道連盟(全柔連)は倫理委員会で園田監督らに聞き取り調査し、当事者は事実関係を大筋で認めているという。園田監督は取材に対し「今までは自分の考えでやってきたが、修正する部分は修正していきたい」と話した。





■ロンドン五輪 女子柔道選手 園田隆二監督 コーチの暴力パワハラ 集団告発


■ニッカンスポーツ [2013年1月30日6時5分]
五輪合宿で監督ら暴力 柔道女子15人告発
http://www.nikkansports.com/sports/news/f-sp-tp0-20130130-1078374.html

ロンドン五輪の柔道に出場した日本代表を含む国内女子トップ選手15人が、五輪に向けた強化合宿などで園田隆二代表監督(39)やコーチによる暴力やパワーハラスメントがあったと告発する文書を連名で昨年末に日本オリンピック委員会(JOC)に提出していたことが29日、関係者への取材で分かった。トップ選手による集団告発は異例。

JOCに加盟する全日本柔道連盟(全柔連)は倫理委員会で園田監督らに聞き取り調査し、当事者は事実関係を大筋で認めているという。園田監督は取材に対し「今までは自分の考えでやってきたが、修正する部分は修正していきたい」と話した。

関係者によると、「女子日本代表チームにおける暴力及びパワハラについて」と題された文書は、練習での平手や竹刀での殴打や暴言、けがをしている選手への試合出場の強要などを訴え、全柔連に指導体制の刷新を求めているという。

スポーツ界では大阪市立桜宮高バスケットボール部主将の男子生徒が、顧問の教員から体罰を受けた後に自殺した。今回の告発は、国内トップレベルでも暴力が横行する実態を明らかにした。JOC幹部は29日、文書の提出があったことを認め「アスリートファースト(選手第一)が基本。正確に事態を把握し、指導者への指導を徹底したい」と述べた。

ロンドン五輪の女子7階級で、日本は57キロ級の松本薫(25)=フォーリーフジャパン=が優勝したものの金、銀、銅メダル各1個で北京五輪の成績を大きく下回った。
-------------------------------------------------------------------------
■ニッカンスポーツ 2013年1月30日(水)09:56
女子柔道15人が暴力で園田監督告発
http://news.goo.ne.jp/article/nikkansports/sports/p-sp-tp0-130130-0008.html

柔道界にも体罰問題が浮上した。女子の日本代表選手らが強化合宿で園田隆二監督(39)らによる暴力やパワーハラスメントがあったことを日本オリンピック委員会(JOC)に告発していたことが29日、明らかになった。昨年末に提出された文書はロンドン五輪代表を含む国内15選手の連名によるもので、トップ選手による集団告発は異例。体罰が社会問題となる中、柔道界だけでなく日本のスポーツ界にとっても衝撃の事件が発覚した。

女子選手らがJOCに訴えたのは、五輪に向けた強化合宿などでの園田監督やコーチ陣の暴力、パワーハラスメントだった。練習中の平手や竹刀での殴打や暴言、けがをしている選手への試合出場の強要など、指導の実態が明かされた。

格闘技として精神的な強さが求められる柔道では、以前から選手の心を鍛える手段として体をたたく行為が行われている。通常は背中などだが、それが頭、顔になり、さらにエスカレートすることもある。「愛のむち」かもしれないが、許される時代ではない。選手たちも耐えられなくなったからこそ、JOCへの直訴という異例の行動に出た。

園田監督は技の研究に熱心な理論派だが、同時に情熱派でもある。熱心になりすぎるがゆえに、行きすぎて手が出たり、激しい言葉を浴びせることもあった。関係者によると、国際大会で選手を平手打ちする同監督を欧米のコーチが制止する場面もあったという。

ロンドン五輪後、監督交代した男子に対して、女子は園田監督が留任。昨年11月の会見では、園田監督の「指導法」も話題になったが、小野沢専務理事は「しっかり、監督とも話した。(選手との)意思の疎通が十分でなかったことに関して、指導力や情熱で克服できると判断し(続投を)決めた」と説明していた。

JOCに加盟する全日本柔道連盟(全柔連)では、すでに倫理委員会で園田監督らに聞き取り調査を行った。当事者は事実関係を大筋で認めているという。同監督は「今までは自分の考えでやってきたが、修正する部分は修正していきたい」と話しているが、訴えた選手らは指導体制の刷新を求めているという。

今月15日のJOC理事会でも「パワハラ、セクハラ厳禁」が、各加盟団体に徹底されている。市原専務理事は「我々は殴られて育った世代だが、時代は変わった。JOCはアスリートを第一、選手の立場でものを考えている」と話した。大阪市立桜宮高の事件を受けてのものだったが、この時にはすでに柔道の問題も知っていたわけだ。文書の提出があったことを認めたJOC幹部は「正確に事態を把握し、指導者への指導を徹底したい」とした。

 全柔連は、今後の大きな目標として「指導者養成」をあげている。斉藤強化委員長も「将来的に見て、指導者を育てることが重要。そこに柔道の未来がある」と話していたが、すべての指導者が目標とすべき代表監督に問題が噴出してしまった。大阪市立桜宮高の事件以来、大きな社会問題ともなる「体罰」だけに、柔道界だけにとどまらず日本スポーツ界全体に影響を及ぼす「大事件」でもある。

 ◆園田隆二(そのだ・りゅうじ)1973年(昭48)9月16日、福岡県大牟田市生まれ。7歳で柔道を始め、船津中、柳川高でいずれも全国優勝。明大進学後の92年、60キロ級で世界ジュニア優勝。93年に世界選手権制覇。95年世界選手権は銅メダル。得意技はともえ投げ、内股、そで釣り込み腰。08年北京五輪後に女子日本代表監督に就任。10年に04年アテネ五輪女子78キロ級金メダリストの阿武教子さんと結婚。163センチ。


■スポニチ [ 2013年1月30日 00:27 ]
五輪合宿で監督ら暴力…柔道女子15人連名でJOCに告発
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2013/01/29/kiji/K20130129005086630.html?feature=related
*2012年6月、合宿で選手を指導する柔道女子の園田隆二代表監督

ロンドン五輪の柔道に出場した日本代表を含む国内女子トップ選手15人が、五輪に向けた強化合宿などで園田隆二代表監督(39)やコーチによる暴力やパワーハラスメントがあったと告発する文書を連名で昨年末に日本オリンピック委員会(JOC)に提出していたことが29日、関係者への取材で分かった。トップ選手による集団告発は異例。

JOCに加盟する全日本柔道連盟(全柔連)は倫理委員会で園田監督らに聞き取り調査し、当事者は事実関係を大筋で認めているという。園田監督は取材に対し「今までは自分の考えでやってきたが、修正する部分は修正していきたい」と話した。関係者によると、「女子日本代表チームにおける暴力及びパワハラについて」と題された文書は、練習での平手や竹刀での殴打や暴言、けがをしている選手への試合出場の強要などを訴え、全柔連に指導体制の刷新を求めているという。

スポーツ界では大阪市立桜宮高バスケットボール部主将の男子生徒が、顧問の教員から体罰を受けた後に自殺した。今回の告発は、国内トップレベルでも暴力が横行する実態を明らかにした。JOC幹部は29日、文書の提出があったことを認め「アスリートファースト(選手第一)が基本。正確に事態を把握し、指導者への指導を徹底したい」と述べた。

ロンドン五輪の女子7階級で、日本は57キロ級の松本薫(25)=フォーリーフジャパン=が優勝したものの金、銀、銅メダル各1個で北京五輪の成績を大きく下回った。
-------------------------------------------------------------------------
■スポニチ [ 2013年1月30日 06:00 ]
柔道女子・園田監督が暴力、パワハラ!15選手が告発
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2013/01/30/kiji/K20130130005087690.html?feature=related
*暴力、パワハラを告発された柔道女子の園田隆二監督
              
異例の告発だ。昨夏のロンドン五輪の柔道に出場した日本代表を含む国内女子トップ選手15人が、五輪に向けた強化合宿などで園田隆二代表監督(39)やコーチによる暴力やパワーハラスメントがあったと告発する文書を連名で昨年末に日本オリンピック委員会(JOC)に提出していたことが29日、分かった。高校の部活での体罰が問題化する中、今回の告発で国内トップレベルでも暴力が横行する実態が明らかになった。全日本柔道連盟は30日、園田監督を交えて今後の対応について協議する。

国内トップレベルにも暴力が横行する現実が、白日の下にさらされた。ロンドン五輪にも出場した選手を含む15人の女子柔道家による、異例の告発。JOCに加盟する全日本柔道連盟(全柔連)が倫理委員会で園田監督らに聞き取り調査した結果、当事者は事実関係を大筋で認めているという。

昨年12月、大阪市立桜宮高バスケットボール部主将の男子生徒が、顧問の教員から体罰を受けた後に自殺した。スポーツ指導における体罰が社会問題化する中、五輪選手らが指導者を告発した。関係者によると、「女子日本代表チームにおける暴力及びパワハラについて」と題された文書は、練習での平手や竹刀での殴打や暴言、ケガをしている選手への試合出場の強要などを訴え、全柔連に指導体制の刷新を求めているという。

格闘技である柔道では、自らの限界に打ち勝つ闘争心が求められる。その過程で指導者は選手を鼓舞する一つの手段として顔を叩いたり、ふがいない試合だった時はさらにエスカレートした“指導”をする場合がある。告発に踏み切ったロンドン五輪代表選手らは、それを「暴力」と捉えた。そんな行為が選手の発奮につながれば美談とされるケースが多かったのも事実だが、もはや「愛のむち」が正当化される時代ではなくなった。女子トップ選手による異例の行動の背景には、旧態依然とした柔道界の体質がある。

JOC幹部はこの日、文書の提出があったことを認め、「アスリートファースト(選手第一)が基本。正確に事態を把握し、指導者への指導を徹底したい」と話した。ロンドン五輪の女子7階級で、日本は57キロ級の松本薫(25=フォーリーフジャパン)が優勝したものの金、銀、銅メダル各1個で北京五輪の成績を大きく下回った。16年リオデジャネイロ五輪での復活を目指していた矢先の出来事。今後、園田監督やコーチの交代に発展する可能性もある。柔道界に大きな衝撃が走った。

◆園田 隆二(そのだ・りゅうじ)1973年(昭48)9月16日、福岡県大牟田市生まれの39歳。現役時代は主に60キロ級で活躍。小学1年で柔道を始め、柳川高では高校総体で優勝し、明大に進学。92年に世界ジュニア60キロ級で優勝。93年世界選手権(カナダ・ハミルトン)では20歳で世界王者となった。大学卒業後は警視庁に所属。96年アトランタ五輪出場を目指したが、国内選考会2試合で2位に終わり、五輪出場はならなかった。引退後は全日本柔道連盟の女子強化コーチを経て、08年11月に全日本女子の監督に就任。妻はアテネ五輪女子78キロ級金メダルの阿武教子。
-------------------------------------------------------------------------
■スポニチ [ 2013年1月30日 08:19 ]
告発された園田監督 昨年11月には選手負傷させ謝罪文選出
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2013/01/30/kiji/K20130130005089210.html

*暴力、パワハラを告発された柔道女子の園田隆二監督              
昨夏のロンドン五輪代表を含む国内女子柔道のトップ選手15人が、園田隆二代表監督(39)やコーチによる暴力やパワーハラスメントがあったと告発する文書を昨年末に日本オリンピック委員会(JOC)に提出していたことが29日、分かった。全日本柔道連盟(全柔連)は30日、園田監督を交えて今後の対応について協議する。

関係者によると、選手たちは文書で五輪へ向けた強化合宿中の練習などでの平手や竹刀での殴打や暴言、ケガをしている選手への試合出場の強要などを訴えているという。

08年11月に全日本女子の監督に就任した園田監督。選手との対話も行い、合宿では「食事会」を開催し選手との親睦の場を設けてきた。しかし、昨年の国際大会で選手を平手打ちしながら叱る同監督に対し、欧米のコーチが制止する場面を目撃した関係者もいる。また、同監督の指導である選手が負傷。その選手に対しては昨年11月の時点で謝罪文を出し、お互いに理解したことになっていた。


■(2013年1月30日00時49分 スポーツ報知)
五輪合宿で園田監督ら暴力 女子柔道15選手が告発
http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/etc/news/20130130-OHT1T00027.htm
*ロンドン五輪、監督席から選手に声をかける園田女子柔道監督

ロンドン五輪の柔道に出場した日本代表を含む国内女子トップ選手15人が、五輪に向けた強化合宿などで園田隆二代表監督(39)やコーチによる暴力やパワーハラスメントがあったと告発する文書を連名で昨年末に日本オリンピック委員会(JOC)に提出していたことが29日、関係者への取材で分かった。トップ選手による集団告発は異例。

JOCに加盟する全日本柔道連盟(全柔連)は倫理委員会で園田監督らに聞き取り調査し、当事者は事実関係を大筋で認めているという。園田監督は取材に対し「今までは自分の考えでやってきたが、修正する部分は修正していきたい」と話した。

関係者によると、「女子日本代表チームにおける暴力及びパワハラについて」と題された文書は、練習での平手や竹刀での殴打や暴言、けがをしている選手への試合出場の強要などを訴え、全柔連に指導体制の刷新を求めているという。スポーツ界では大阪市立桜宮高バスケットボール部主将の男子生徒が、顧問の教員から体罰を受けた後に自殺した。今回の告発は、国内トップレベルでも暴力が横行する実態を明らかにした。

JOC幹部は29日、文書の提出があったことを認め「アスリートファースト(選手第一)が基本。正確に事態を把握し、指導者への指導を徹底したい」と述べた。ロンドン五輪の女子7階級で、日本は57キロ級の松本薫(25)=フォーリーフジャパン=が優勝したものの金、銀、銅メダル各1個で北京五輪の成績を大きく下回った。
-------------------------------------------------------------------------
■(2013年1月30日06時03分 スポーツ報知)
柔道女子ロンドン代表ら15人、園田監督らの暴力告発
http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/etc/news/20130130-OHT1T00015.htm?from=related

*2012年7月、ロンドン五輪で女子選手を率いた園田監督
昨年のロンドン五輪の柔道日本代表を含む国内女子トップ選手15人が、全日本柔道連盟(全柔連)指導陣から暴力やパワーハラスメントを受けてきたとして、昨年末に日本オリンピック委員会(JOC)に連名で告発していたことが29日、分かった。五輪前の強化合宿で女子代表の園田隆二監督(39)やコーチに、平手打ちや竹刀で殴打されるなど体罰に相当する過剰な指導を受けていたことが判明。国内トップレベルでも「勝利至上主義」による理不尽な暴行の実態が浮き彫りになった。

史上最多となる38個のメダル獲得に沸いたロンドン五輪の陰で、柔道の女子代表勢らが理不尽な暴力指導を受けていたことが明らかになった。

関係者によると、トップ選手たちが前代未聞といえる集団告発に踏み切ったのは昨年末。「女子日本代表チームにおける暴力及びパワハラについて」と題された文書をJOCに提出した。練習での平手打ちや竹刀での殴打や暴言、けがをしている選手への試合出場の強要があったことなどを訴え、全柔連に指導体制の刷新を求めているという。ある選手はスポーツ報知の取材に、暴行の実態を赤裸々に告白。「愛のムチとは程遠かった。みんなの前で(コーチらが選手を)ガツガツ殴ったり蹴ったりして、ひどかった。代表選考の実権を握っている人たちに逆らうと『五輪に行けなくなる』『切り捨てられる』と、みんな泣き寝入りしていた」と明かした。

事実大筋認めた JOC幹部は29日、文書の提出があったことを認め、「アスリートファースト(選手第一)が基本。正確に事態を把握し、指導者への指導を徹底したい」と述べた。JOCに加盟する全柔連では、すでに倫理委員会で聞き取り調査を行い、園田監督やコーチら当事者も事実関係を大筋で認めていたという。園田監督は取材に対し「今までは自分の考えでやってきたが、修正する部分は修正していきたい」と話すにとどまり、進退には言及しなかった。

「最低でも金、最高でも金」を掲げ、五輪でのメダルを量産してきた柔道界。ロンドンでは男子が史上初の金「0」に終わり、女子7階級では、57キロ級の松本薫(25)=フォーリーフジャパン=が唯一の金メダルを獲得したほかに銀(78キロ超級の杉本美香)と銅(63キロ級の上野順恵)が各1個。08年北京五輪(金2、銀1、銅2)の成績を大きく下回った。

ある実業団の指導者は、選手が「集団告発に踏み切った背景にあるのは、指導陣らの金メダル至上主義」と指摘した。「指導陣の情熱も分かるが、実際に柔道を嫌いになって辞めたいという子も増えている。彼女たちが告発した一番の理由は、次の世代にそういう思いをさせたくないから」と話した。告発した15人がだれかは明らかになっていない。しかし、陰に隠れていた悲痛の叫びが表面化した今、柔道界はどう対処するのか。

◆園田 隆二(そのだ・りゅうじ)1973年9月16日、福岡・大牟田市生まれ。39歳。柳川高から明大を経て警視庁に進んだ。93年世界選手権(カナダ・ハミルトン)60キロ級で金メダル。95年全日本選抜体重別同級優勝。04年から全日本女子コーチ、08年から同監督に就任。12年のロンドン五輪は過去最低のメダル3個に終わっていた。

◆指導者が五輪選手に訴えられた例 トリノ五輪前の06年1月、米国のスケルトン代表チームのティム・ナーディーロ監督が、女子選手から性的な嫌がらせの疑いがあると訴えられ、職務停止処分を受けた。同監督の提訴を受けた仲裁機関は「証拠がない」と判定も、米国オリンピック委員会は独自の調査結果で、「倫理基準及び行動規範に疑いがある」と判断し、同監督の五輪派遣を見送った。




s-2013年1月30日柔道告発


■TBS
柔道・女子代表監督らが暴力、集団告発
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5244266.html

ニッポン柔道に衝撃です。ロンドンオリンピックに出場した柔道の女子選手ら15人が、園田隆二代表監督らから暴行を受けたとして集団告発しました。柔道関係者によりますと、ロンドンオリンピック代表を含む国内の女子トップ選手15人が、園田隆二代表監督やコーチによる暴力やパワーハラスメントがあったと告発する文書を、昨年の12月上旬、JOCに提出していた事が明らかになりました。提出された文書には、練習での平手や暴言、けがをしている選手への試合出場の強要などが書かれていました。今回の告発で、国内トップレベルでも暴力が横行している可能性が出てきました。(29日22:14)


■NHK 1月30日 2時38分
柔道女子トップ選手15人 監督ら告発
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130130/t10015154101000.html

柔道女子の日本代表の練習などで暴力行為があったとして、トップ選手15人が代表の監督やコーチを告発する文書をJOC=日本オリンピック委員会に提出していたことが分かりました。告発を受けJOCは全日本柔道連盟に対し、指導方法を改善するよう指導したということです。

JOCの関係者によりますと、文書を提出したのは柔道女子のロンドンオリンピック代表を含む15人の選手です。文書は去年12月に提出され、日本代表の強化合宿で園田隆二監督やコーチが、複数の選手に対して平手でたたくなどの暴力行為やパワーハラスメントととられる行為をしたと告発し、指導体制の改善を求めたということです。

園田監督は2008年11月に就任。
去年夏のロンドンオリンピックでは金メダルは1つに終わり前回の北京オリンピックを下回りましたが、理論的な指導方法に評価が高いことなどから、去年11月、次のリオデジャネイロオリンピックまでの続投が決まりました。
選手からの告発を受け、JOCは事実関係を確認し、全日本柔道連盟に対し、選手の指導方法を改善するよう指導したということです。


■fnn-news.(01/30 11:51)
女子柔道暴力告発 9月下旬に告発、選手ら聴取でほぼ事実と判明
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00239559.html

日本柔道女子のトップ選手15人が、練習中に監督などから暴力があったとする告発文書を、JOC(日本オリンピック委員会)に提出していたことが明らかになった。

30日午前11時ごろから、全日本柔道連盟の会見が始まった。
小野沢専務理事と村上事務局長が、「お騒がせしたこと、おわび申し上げます」と、一礼して会見は始まった。全柔連の小野沢専務理事は、「このようなことでお騒がせしたことを、おわび申し上げます。ほぼ選手の訴えは、事実であるということが判明したので、(今月)19日に、監督、また一緒に指導していた元強化コーチの者に、戒告処分を言い渡し、二度と、もしそういうようなことがあった場合には、厳正に対処するということを話しました」と話した。

会見では、2012年9月下旬に、園田隆二代表監督(39)の暴力行為について告発があり、当該選手などに聴き取りの結果、ほぼ事実と判明した。

2012年11月10日までに、監督は始末書を提出したということが明らかになった。また、厳重注意を受けていたということだが、2012年11月28日、監督は、選手らに謝罪もしたという。しかし、2012年12月10日、JOCから再び、園田監督の暴力行為の情報が全柔連に入ったために、2013年に入り、倫理推進部会を開いて、監督らに、戒告処分が下されたということも明らかになった。全柔連は今後、行きすぎた指導は改め、安心してトレーニングして世界を目指してもらえるよう努めると話していた。


■日テレ < 2013年1月30日 11:09 >
暴力受けた…柔道女子選手らが代表監督告発
http://www.news24.jp/articles/2013/01/30/07222191.html

柔道女子の日本代表選手ら15人が、園田隆二監督から「暴力とパワーハラスメントを受けた」などとする告発文書を日本オリンピック委員会(=JOC)に提出していたことがわかった。園田監督は、08年の北京オリンピック後に代表監督に就任、去年のロンドンオリンピックでは北京大会でのメダル5つに対し、3つのメダル獲得に終わり、その手腕に疑問の声も上がっていた。しかし、全日本柔道連盟(=全柔連)は11月に続投を決めていた。
全柔連は、今回の件で協議を開き、処分などについて検討するという。
また、所管する文科省では「報告は聞いていない」とした上で、今後、全柔連とJOCから事情を聴き、対応を検討したいと話している。


 ( 人気ブログ ) と ( ブログ村 ) 「 2つ 」 の 『 ブログランキング 』 に参加しています。
 ク リ ッ ク & 足 跡 残 し お 願 い し ま す。 ヨ ロ シ ク で す ! (^v^)ノ゙〜 ♪ ♪ ♪

 人気ブログランキングへ   にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ   ミーハーの嬉しがりが貼ってま〜す ♪ ⇒