20140513山谷


枝豆の「直ちに健康への影響はない」
なんち〜ゅう、ソラとぼけた発言やら、
アベの「福島原発はコントロールされている」
なんち〜ゅう、無責任極まる発言やらがあって、
政府の言うことは信用ならないっていう、
政府の対処に元凶があるのではありませんか。

一人一人の環境で症状も色々とあると思うんですね。
鼻血が出て困った方もいらっしゃれば、
そうでない方もいらっしゃれば、
もっと、重症な方がいらっしゃるかもしれませんよね。
だから、いっしょくたにしてドウコウとは言えないと思うんです。
人それぞれだと思うんですね、。。。

だからね、
雁屋氏が本当のことを書かれたとするなら
他人様がね、ウソだなんて言えるわけないでしょう。
私は、そう思うんだけどね、。。。

で、。。。
「行政は一人一人の不安に対応していく必要があり、
不安を口にできなければそれもできなくなる」
平川秀幸教授がおっしゃってるようなことが、
現実に起こることを私は恐れます、。。。

福島県民の皆さんに取り返しのつかない迷惑をかけたのは、
雁屋氏ではなく、
どう考えたって、東電と国の原子力行政じゃありませんか。
そこのところを見誤りたくないと思います。



2014年5月7日小学館発行『スピリッツ』の『美味しんぼ』(第604話)に関する抗議について
[2014年5月12日] 週刊ビッグコミックスピリッツ『美味しんぼ』に関する抗議について

■NHK 5月12日 20時16分
美味しんぼ「不安 口にできなくなると問題」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140512/k10014394061000.html

「美味しんぼ」の問題を巡っては、地元、福島県などからの批判は当然だという受け止めと同時に、影響が波及して不安を抱える人たちがそれを口にできなくなるようなことになれば、大きな問題だと懸念する声も出ています。
科学技術と社会の関係を専門に研究している、大阪大学コミュニケーションデザイン・センターの平川秀幸教授は「今回の『美味しんぼ』の内容は科学的に一面的で、福島県など当事者の批判を招いたのは当然と言える。その一方で、原発事故の直後に鼻血などの症状を訴える人がいたことについて、なぜそういうことが起きたか、どれくらい起きていたかなど十分な調査はされていない。そうしたなかで今回のように『不安』を取り上げたことと、それを否定する反応が起きたことで、表に出せない不安を抱えた人たちが、それを口にすることすら抑圧されることになると大きな問題だ。同じ放射線量でも不安の感じ方は人それぞれで、行政は一人一人の不安に対応していく必要があり、不安を口にできなければそれもできなくなる。今回の問題は、放射線に関する知識の問題というよりも、原発事故後に生じた国などへの不信感が3年たった今もぬぐえず、出している情報が正しくても受け入れられない状況があることの表れと考えられ、被ばくと鼻血の因果関係の問題としてだけ捉えると、見方を誤るのではないか」と話しています。


  当  ブ  ロ  グ  へ  の
  皆様のご支援に感謝致します! ありがとうございます!



 ( 人気ブログ ) と ( ブログ村 ) 「 2つ 」の『 ブログランキング 』に参加しています。
 ク リ ッ ク & 足 跡 残 し お 願 い し ま す。 ヨロシクです! (^v^)ノ゙〜 ♪ ♪ ♪

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ニュースブログへ  ミーハーの嬉しがりが貼ってま〜す ♪ ⇒ 


20140510資料


  自民党議員が
  派手に「鼻血」問題を扱っているようですね。
  これで、雁屋氏がドウコウと言えたもんだな、って思っちゃうわ!

  阿修羅でこんなこと書いてありました。
  自民党は、民主党政権なら「福島の鼻血は原発事故が原因」で、
  自民党政権の今は「原発事故とは関係ない」ということなのね。

  ホントだね、。。。





選択的避難の権利/北海道へ自主避難した人の声 参院12/2


参院12/2 東日本大震災復興特別委員会 長谷川岳(自民)の質疑 全文文字起こし 

■179-参-東日本大震災復興特別委…-8号 平成23年12月02日
○参考人(宍戸隆子君)

 私は文科省のホームページのデータを見て避難を決めました。もうその一歳児の甲状腺被曝のラインがちょうど私が住んでいたところの端っこに引っかかっていたんですね。それで避難を決めました。
 北海道に避難している方たちといろいろ話をしまして、その中で、例えば鼻血なんですけれども、そういうような症状を訴えていたお子さんが非常に多かったです。
○参考人(宍戸隆子君)
 本当のことは何にも分からないんです。
 国は安全だと言う。これぐらいの低線量では身体的な影響は出ないと言います。私も初めはそう思っていました。自分の娘も鼻血を出したりしたんですが、それでもそれを被曝のせいだと私は初め考えておりませんでしたし、今でも疑っているのも事実です。
 ですが、聞き取りをしてその考えを少し改めています。目の前で今まで出したことのないような鼻血を出している子供たちがいたら、皆さんどうしますか。偉い学者さんがどんなに安全だと言っても今起きているその事象を優先しませんか。本当に、お手元に資料配られていると思うんですが、みんな目の前で起こったことを、それを見て避難を決めている方もたくさんいらっしゃいます。





Idogawa Futaba town mayor refused to have blood test in Tokyo - (320 x 240).mp4


山谷えり子委員:
井戸川克蓮α侏嫩長の雑誌のインタビュー記事を読み上げる。
「私は野田首相に『双葉郡民は国民だと思っていますか?』と聞いたけど、国はアメリカ-にSPEEDIのデータを先に知らせて、国民にはSPEEDIのデータを提供しなかっ-た。今もって、双葉町は、SPEEDIのデータは来ていません。

あの情報が入っていたら、仙台方面に逃げていますよ。あるいは、ベントの連絡もなかっ-た。それから国、東電は、止める、冷やす、閉じ込めると言い張って、絶対安全だと言っ-てきた結果がこれで、我々は住む所も追われてしまった。

放射能のために学校も病院も職場も全て奪われ崩壊しているのです。
私は脱毛していますし、毎日鼻血が出ています。この前、東京のある病院に被曝しているので血液検査をしてもらえますかとお願いしたら-、いや、調べられないと断られましたよ。
我々は、被曝までさせられて、その対策もないし、明確な検査もない。

Ms. Yamatani from The Liberal Democratic Party reads interview with Idogawa, Futaba town mayor.

"I asked Japanese prime minister Noda, if he thinks Futaba citizens are Japanese people, but Japanese government submit SPEEDI data to US and concealed it from Japanese people. Even now, SPEEDI data is not given to Futaba town.

If we have had that information, we would have escaped to Sendai. We were not even informed of venting. Tepco also explained they would stop, cool down, and close the reactor in case of an accident, so it's absolutely safe, but Fukushima accident happened. We don't even have a place to live.
Radiation took schools, hospitals, jobs, and everything from us and everything is collapsed.
I'm losing my hair and have nosebleed everyday. The other day, I asked for blood test at a hospital in Tokyo because I'm exposed but they refused it. We were even exposed and there is even no treatment, or proper inspection. Medical check up for Fukushima citizens are not detailed enough either."




20140513国会1

■第180回国会 文教科学委員会 第3号
平成二十四年三月二十二日(木曜日)午前十時開会 熊谷大議員
http://web.archive.org/web/20130208184302/http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/180/0061/18003220061003a.html

○熊谷大君 ありがとうございます。
 皆様に是非当時を振り返っていただきたいんですけれども、三月十一日当日、発災以降、しばらく停電をしていて、重要な情報源であるテレビがほとんど見られない状態でありました。その情報源が得られないときに、ここが非常に重要なところなんですけれども、被災地では食料を求めて長い行列が商店の前につくられておりました。商店という商店の周りには、皆行列を成してお店に食料を求めて待っている人の姿が多く見受けられました。つまり、多くの人が野外にいたと、屋外にいたということでございます。
 この事実、どのように認識されますでしょうか。経産省、お答えください。

○大臣政務官(中根康浩君) 食料につきましては、その時点では放射性レベルが基準以上のものになっていなかったという認識でございます。

○熊谷大君 食料の放射性レベルについて言っているんじゃなくて、その当時、風が吹いて、南から北に流れているときに、屋外に食料を求めて商店の前に並んでいる人がいましたと。その状況についてどのように思われますかということをお尋ねしているんです。どうぞお答えください。

○大臣政務官(中根康浩君) 申し訳ありませんでした。
 屋外で人が行列を成していると、その間に放射性物質を吸引してしまうのではないかというおそれがあったということは恐らく推測されるところだろうと思います。

○熊谷大君 今の話を聞いて、平野大臣、どのように聞いておりましたか。

○国務大臣(平野博文君) その当時の状況というのは私も正確に掌握はいたしておりませんが、そういう事実認識に基づいて、そういう風が吹いている、そういう意味で、福島の水素爆発が起こったということでいきますと、どれだけの量がどういうふうになっているかということは承知をいたしておりませんが、そういう意味で、外に並んでおられるということについて言いますと、ある意味、放射性物質に触れているということは可能性はあると私は認識いたします。

○熊谷大君 そういった状況で、官房長官は、人体に影響がないということを繰り返し発表をしておりました。
 この前、予算委員会でも紹介させていただきました保健便り、ある県南の、宮城県の南部の学校、小学校が出した保健便りの一節ですね。ちょっとまた読ませていただきます。保健室の利用状況についてでございます。
 四月から七月二十日現在の保健室利用状況では、内科的症状で延べ人数四百六十九名が利用しました。内科的症状では、頭痛、腹痛、鼻出血の順に多く、鼻出血というのはこれ鼻血のことですね、外科症状では擦り傷、打撲、虫刺されが順に多かったということで書いてありますが、平野大臣、この事実もう一度、どのようにお考えになりますでしょうか。

○国務大臣(平野博文君) 特にそれは放射能に浴びたから云々ということじゃなくて、やっぱり精神的なストレス、やっぱり自らの心配を含めてそういう健康診断を受けようと、こういう精神的なストレスを含めての症状の結果がそういう数字なのかなと、こういうふうに私は思います。

○熊谷大君 大臣、おっしゃるとおりで、心配なんです。心配なんです。それをさっきの予算委員会でも問うたわけでございます。
 そのとき大臣は、非常に私は踏み込んだ内容を答弁してくれたなと、いわゆる学校でしっかりと義務教育期間に健康調査を宮城県であってもしていただけないかということを私はそのとき質問でさせていただきました。平野大臣は、このように申しております。議員御指摘のようにいろんな心配があるということですから、私どもとしては放射線から子供を守る、こういう考え方に立っております。具体的にそういう御要望が出てくればその時点で対応していきたいと、かように考えておりますというふうにおっしゃっております。
 その考えは変わっておりませんね。




20140513国会2

■第180回国会 憲法審査会 第4号
平成二十四年四月二十五日(水曜日)午後一時二分開会 山谷えりこ議員
http://web.archive.org/web/20130208154247/http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/180/0154/18004250154004a.html

○山谷えり子君 最後になりました、自由民主党、山谷えり子でございます。
 長い時間、参考人の皆様、ありがとうございました。
井戸川町長が雑誌のインタビューでこんなことを言っていらっしゃいます。私は、野田首相に双葉郡民は国民だと思っていますかと聞いたけど、国は、アメリカにSPEEDIのデータを先に知らせて、国民にはSPEEDIのデータを提供していなかった。今もって双葉町はSPEEDIのデータは来ていません。あの情報が入っていたら仙台方面に逃げていますよと。あるいは、ベントの連絡もなかったと。それから、国、東電は、止める、冷やす、閉じ込めると言い張って絶対に安全だと言ってきた結果がこれで、我々は住むところも追われてしまった。放射能のために学校も病院も職場も全て奪われて崩壊しているのです。私は脱毛していますし、毎日鼻血が出ています。この前、東京のある病院に被曝しているので血液検査をしてもらえますかとお願いしたら、いや、調べられないと断られましたよ。我々は被曝までさせられているが、その対策もないし、明確な検査もないという。本当に重い発言だと思います。
 
福島県民の健診も十分に納得のいく検査メニューではないということなども含めまして、本当に今問題提起されました憲法第十三条の幸福追求権と憲法第二十五条の生存権というこの条文が、もう全く違う角度で私は読み直さなければならないんじゃないか、精査し直さなければならないんではないかというふうに思います。
 
フランスの原発関係のジャーナリストに聞きましたら、こんなに情報公開がなくて、しかもいろいろな、沃素剤一つ取っても国、県の指示があって初めて服用できるというような、非常に不十分なままほったらかされていたと、この十三条と二十五条、幸福追求権と生存権が妨げられているのではないか。これに対して、井戸川参考人、ちょっと改めてコメントをお願いしたいと思います。
 
また、大石参考人には、そうした問題提起を受けて、例えば生存権の二十五条、具体的には、「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。」、これもう学校でいつも習う条文ですよね。この条文が福祉主義あるいは具体的な請求権といった視点からどのような解釈、今回変わったか変わられなかったか、その辺をお話しくださればと思います。




20140513国会3

■第180回国会 東日本大震災復興特別委員会 第8号
平成二十四年六月十四日(木曜日)午後三時三十一分開会 森まさこ議員
http://web.archive.org/web/20130208133246/http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/180/0152/18006140152008a.html

○森まさこ君 今、佐藤委員が言ったことについても、遡及的な支援ということについても副大臣に働きかけていく、その根拠にこの法律もなっていくという理解をしております。
 
さらに、例えば今福島県内では十八歳までの子どもたちは医療費が無料でございます。しかし、今年十九歳の子どもはどうかというと、無料ではございません。原発事故のときには十八歳であった、しかし今年は十九歳である、そういう子どもに関しても今後は医療費が無料になることができていくというのが私たち野党の立法の趣旨でございます。
 
先ほど言ったように、様々な声がありまして、これから子どもが結婚適齢期になったときに、二十代、三十代のときに、もし病気になったらどうするんですかというような心配する親御さんの声があります。これに関しては、今までのこの国会での政府答弁ですと、残念ながら、大臣は東京電力に裁判してくださいということでした。それですと、被害者の方が、子どもたちの方が、この病気は原発事故によるものなんですよということを立証しなければいけない。これはほとんど無理でございます。そういったことがないように、この法律で守っていくものというふうに私は理解しています。
 
例えば、具体的にこんな心配の声をお寄せいただいています。子どもが鼻血を出した、これは被ばくによる影響じゃないかと心配なんだけれども、それを診察してもらった、検査してもらった、そのお金はどうなるんですかということです。次にまた、今なかなか屋外の運動ができておりません。それで、実際に走ったときに、足が弱くなっていて転んでしまった、骨折をした、そのような医療費はどうするんでしょうかというような声があります。そのようなものについても、私ども野党の案を起案したときには、原則として含まれていくというふうに考えてはおります。
 
現実に、南相馬の市立病院の及川副院長のお話を聞きますと、統計データを取ると、子どもたちの肥満が進んでいる、子どもたちの中に糖尿病が出ている、ストレスによる障害も見られるということでございます。ですので、原則として医療費の支援の対象にしていくと、そういった点が今後効果が期待できる点だというふうに思います。



  第180回国会 東日本大震災復興特別委員会 
  平成二十四年六月十四日
  森まさこ議員の発言。  
  「例えば、具体的にこんな心配の声をお寄せいただいています。
  子どもが鼻血を出した、これは被ばくによる影響じゃないかと心配なんだけれども、
  それを診察してもらった、検査してもらった、そのお金はどうなるんですかということです」

  それが、。。。

  2014/05/13の森まさこ議員の発言。
  「放射能と鼻血との因果関係は科学的に証明されていない。
  影響力の大きさを考えると大変残念だ」

  なんなの、
  この変わりようは、。。。




■時事通信(2014/05/13-11:30)
森消費者相「大変残念」=美味しんぼ鼻血描写
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014051300335

森雅子消費者担当相は13日の閣議後記者会見で、小学館の週刊「ビッグコミックスピリッツ」に連載中の漫画「美味(おい)しんぼ」で、東京電力福島第1原発を訪れた主人公が鼻血を出すなどの場面があったことについて、「放射能と鼻血との因果関係は科学的に証明されていない。影響力の大きさを考えると大変残念だ」と批判した。
 森消費者相は福島県から避難してきた家族らから美味しんぼの表現について電話をもらったことを明かし、「政府としては正確な情報を発信していきたい。福島県民に対して根拠のない差別や偏見を助長するようなことは遺憾だ」と話した。




20140513東京新聞2


■(2014年5月13日) 【中日新聞】
「美味しんぼ」登場の医師 「すべて事実。抗議は被災者に失礼」 「綿密な取材を受けた」
http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20140513073049244

小学館の「週刊ビッグコミックスピリッツ」の漫画「美味(おい)しんぼ」に「岐阜環境医学研究所長」として実名で登場し、原発事故や震災がれきと鼻血の関連性を指摘している元岐阜大助教授の松井英介医師(76)=岐阜市=は12日、本紙の取材に「すべて事実。実際に異変を感じている人たちがいる」と主張した。福島県や大阪市などの抗議には「犹実無根瓩箸いΔ里蓮△修凌佑燭舛房採蕕澄廚犯刃世靴拭
 放射線診療が専門。福島県双葉町に依頼されて2012年度から町の放射線アドバイザーとして年間数十日、町内に滞在し、多くの被災者から「鼻血が突然出る」「せきが止まらない」「体がだるい」などの症状を聞き取ったという。
 「美味しんぼ」の原作者の雁屋哲さんと昨年末に出会い、4カ月にわたり「綿密な取材を受けた」と強調。問題の漫画を「子どもたちが読んで、自分の体の仕組みや放射線に関心を持ってほしい」と話した。



20140513oisinnbu


■9:26 pm JST May 9, 2014 FUKUSHIMA WATCH
Fukushima Watch: Long-Running Foodie Manga Touches Nerve
http://blogs.wsj.com/japanrealtime/2014/05/09/fukushima-watch-long-running-foodie-manga-touches-nerve/

While Japanese manga aimed at adults are notorious for often having dark, troubling subject matter, a more prosaic food-themed manga has stirred up quite a bit of controversy after one of its main characters was sickened following a visit to the Fukushima Daiichi nuclear power plant.

The local government of Futaba, one of the towns near where the stricken real-life Fukushima Daiichi facility is located, lodged an official complaint with the manga’s publisher after the main character in the manga “Oishinbo” (a portmanteau of the Japanese word for delicious and the word for someone who loves to eat) was shown to be bleeding from his nose right after the trip.

“This will inflict baseless damage on all of Fukushima Prefecture, undermining its efforts to recover,” a statement from the Futaba municipal government posted on Wednesday showed. It also warned that the long-running weekly manga’s depiction of someone being sickened after visiting the plant could lead to greater discrimination against people living in the town and the prefecture.

The Ministry of Environment also weighed in on Thursday, posting a statement on its website saying it is very unlikely that radiation from the plant is causing residents to bleed from the nose.

The Daiichi complex suffered a triple meltdown after being hit by a tsunami in March 2011. At the time, a large amount of radioactive materials were discharged into the air and ocean. But over three years later, much of the radioactive material released has passed its half-life and cleanup work has brought radiation levels down to levels comparable with other parts of the country, spokesmen of local governments told The Wall Street Journal.

The Fukushima Prefectural government is also considering to lodging its own protest, a spokesman said. “We check the safety of all rice. We have made huge efforts to prevent misunderstandings about safety. This may hurt our efforts,” he said in a telephone conversation.

The outcry, which started on the Internet and spilled over onto print and broadcast media, prompted the publisher of the weekly magazine that the manga appeared in, Shogakukan Inc., to look into the matter. It contacted several experts and local governments, including the town of Futaba, asking for their thoughts and advice about how best to express its own views on the issue. A Shogakukan spokesman said the company will run a news article in the magazine later this month clarifying its stance.

Expressing concerns about radiation has become a sensitive subject in Fukushima in the wake of the nuclear disaster. Even among residents who have decided to stay in the prefecture, those who openly express opposition to nuclear power have received threatening phone calls to quit “hampering rebuilding” or move away.

And while the manga is clearly fictional, the controversy illustrates just how influential the medium is in Japan. Revolving around the world of cooking and food culture, Oishinbo has been running for some 30 years and is considered by some in Japan to be “the Bible of foodies.”




20140513konomonndaitoppu

20140513konomonndai


  ヤップのス〜さんのところで見つけました。

  そうだったんだ!

  政府は鼻血なんかではなくって、

  こういうことを知らせたくなかったんだろうな、。。。

  数百枚撮った写真のなにが不都合だったのか?

  東電は、雁屋氏を通して、国民にナニを知られたくなかったのか?

  肝腎なところは国民には知らされてないのではないかって、…。




 ( 人気ブログ ) と ( ブログ村 ) 「 2つ 」の『 ブログランキング 』に参加しています。
 ク リ ッ ク & 足 跡 残 し お 願 い し ま す。 ヨロシクです! (^v^)ノ゙〜 ♪ ♪ ♪

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ニュースブログへ  ミーハーの嬉しがりが貼ってま〜す ♪ ⇒