テレビ朝日 中央道・八王子LIVEカメラ




首都高3号線LIVEカメラ(六本木)



JR西日本によりますと、
東京や大阪方面からの新幹線は、
午前11時35分の博多着ののぞみ5号が乗車率150%だったのを最高に、
終日混雑するとみられています。混雑は、30日も続きます。

帰省される皆様には、
事故のないようにと思っています。

これから帰省される皆様に、
お気をつけて、
いってらっしゃいーーー!!








12.24 海原小浜師匠 漫才師 
5.28 今いくよさん 漫才師
3.19 桂米朝師匠 落語家

今年は、
上方の演芸会で大事な方々を亡くしてしまった感じが強くします。
段々と寂しくなるね、。。。

お浜・小浜師匠の漫才、好きだったんだよね。
媚を売らない、
客をいじらない、
下ネタをしない。
口八丁手八丁、
そらもう、凄い遣り手の漫才師さんでしたもんね。

謹んで、
哀悼の意を表します。



■日刊スポーツ [2015年12月29日0時53分]
女性しゃべくり漫才の草分け/海原小浜さん死去
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1585248.html

 上方の女性漫才コンビ「海原お浜・小浜」として活躍した海原小浜(うなばら・こはま、本名田中桃江=たなか・ももえ)さんが24日に大阪市内の病院で死去したことが28日分かった。92歳とみられる。岡山県出身。葬儀・告別式は近親者で27日に行った。

4歳の頃から月の家桃子として舞台を踏み、おばの海原お浜(94年死去)と1943年に漫才コンビ「お浜・小浜」を結成。女性しゃべくり漫才の草分けとして人気を集めた。67年上方漫才大賞、75年に上方お笑い大賞を受賞した。

78年、お浜が白内障のため引退し、コンビ解消。以後ソロで司会・ドラマ・ラジオなどに活躍した。

弟子として、「海原千里(現・上沼恵美子)・万里」や「海原さおり・しおり」らを育てた。漫才コンビ「海原かける・めぐる」のかける(コンビ解消後、芸能界引退)は息子で「海原やすよ・ともこ」は孫。海原めぐるは現在吉本新喜劇で活躍する池乃めだか。

01年12月に左小脳内出血で倒れ、懸命のリハビリで03年5月に復帰した。その後は舞台やラジオなどにゲスト出演していたが、家族の意向もあり自宅で療養していた。

海原やすよ・ともこは「このたび、祖母の海原小浜が24日に永眠いたしました。27日に和やかに家族葬として告別式をすることが出来ました。漫才を愛し、芸人一筋で頑張ってきた海原小浜を応援してくださった皆様、ありがとうございました」と所属事務所を通じてコメントした。

◆海原小浜(うなばら・こはま) 本名・田中桃江。岡山県生まれ。4歳の頃から月の家桃子として舞台を踏む。おばの海原お浜(94年死去)と43年に漫才コンビ「お浜・小浜」を結成。巧みな話術で女性しゃべくり漫才の草分けとして人気を集め、上方漫才大賞や上方お笑い大賞を受賞。「今いくよ・くるよ」ら後に続く女性コンビに大きな影響を与えた。


    当  ブ  ロ  グ  へ  の
    皆 様 の ご 支 援 に 感 謝 致 し ま す! あ り が と う ご ざ い ま す!







(全録)「従軍慰安婦問題」で日韓合意 両外相が共同会見



■2015.12.29 リテラ
慰安婦日韓合意でネトウヨが「安倍、死ね」の大合唱! でも安倍の謝罪は二枚舌、歴史修正主義はさらに進行する
http://lite-ra.com/2015/12/post-1834.html

「完全に裏切られた、騙された気分です」
「詐欺師売国アベ!日本から出ていけ!」
「国賊、安倍晋三は今すぐ死ね」
「クソ韓国の言いなりになりやがって…安倍晋三総理…あなたは、アホですか?」
「腐れ売国奴 山口県に足を踏み入れるな 最低なゴミ」
「今日の件で支持をやめました。アベ政治を許さない」……。
 
28日、韓国との慰安婦問題をめぐる協議で合意に達したことが発表されるや、安倍首相のFacebookのコメント欄やtwitterはこんな激しい“安倍ディス”であふれた。おそらく安倍首相は今まで、自分の支持者であるネトウヨからこれほどの攻撃を受けたことはなかっただろう。
 
しかし、今回の合意ははたして、本当にネトウヨが発狂するほどの事態なのだろうか。
たしかに、岸田文雄外相は韓国の尹炳世外相との共同記者会見で慰安婦問題について、「軍の関与の下に女性の名誉と尊厳を傷つけた」とし、「日本の責任を痛感」と表明。安倍首相も朴槿恵大統領との電話会談で「こころからお詫びと反省の気持ちを表明」するとした。さらに韓国政府が設立する元慰安婦支援の財団に日本政府が10億円拠出することも決めた。
 
その内容は一見すると、河野談話や村山談話の延長線上にあり、安倍首相のこれまでの言動からすると、意外に映る。 
 
なにしろ、安倍氏は、20年前、自民党の歴史修正主義者たちの組織「日本の前途と歴史教育を考える若手議員の会」で事務局長をつとめ、1997年4月の第7回勉強会では、“韓国は売春国家だから慰安婦になるのに抵抗はなかった”という意味の発言までしているのだ。

「(慰安婦だという人の中には)明らかに嘘をついている人たちがかなり多くいるわけです」
「実態は韓国にはキーセン・ハウスがあって、そういうことをたくさんの人たちが日常どんどんやっているわけですね。ですから、それはとんでもない行為ではなくて、かなり生活の中に溶け込んでいるのではないかとすら私は思っているんです」
 
そして、2006年、第一次安倍政権が発足すると、「狭義の強制性はなかった」「強制性を証明する証言や裏付けるものはなかった」などと主張して河野談話見直しを宣言。米国政府や議会から激しい反発を受け、訪米時にブッシュ大統領やペロシ下院議長らに元慰安婦への「同情とおわび」を表明せざるをえない事態となった。
 
だが、自民党が下野した後、安倍氏は再び河野談話の見直しを主張し始め、12年9月に党総裁選への出馬を表明した際には「新たな談話を出す必要がある。子や孫の代に不名誉を背負わせるわけにはいかない」と宣言している。
 
第二次安倍政権になってからも、安倍自身は河野談話を引き継ぐとしてきたものの、裏では自民党を使って慰安婦の存在そのものを否定するような動きを強めてきた。それが、今回、軍の関与、政府の責任を認め、心からのお詫びを表明したのだ。右派の目には裏切りだと映るだろうし、リベラルから見ると、大きな前進をしたように思えるのは当然だろう。
 
だが、これは別に、安倍首相が改心したわけではなく、たんに、アメリカの圧力に屈したというだけにすぎない。
米政府はこの間、一貫して日本政府に慰安婦問題で謝罪をすることを要求してきた。それは、昨年5月、ケリー国務長官が慰安婦を「とんでもない人権侵害だ」と非難し、オバマ大統領が今年10月16日に朴大統領との首脳会談後の会見で「歴史的問題の決着」を強く求めたというだけではない。
 
さらにそれ以前から、国務省のダニエル・ラッセル東アジア・太平洋担当国務次官補やクリテンブリンク国家安全保障会議アジア上級部長、その他国務省幹部から、谷内正太郎国家安全保障局長、兼原信克内閣官房副長官補にかなり強硬な圧力がかけられていたという。

谷内氏、兼原氏の元外務官僚コンビは、現在、安倍外交を事実上牛耳っているとされる存在。米国と太いパイプをもち、その意向を受けて、日米ガイドライン、安保法制を主導したことで知られる。今回の慰安婦問題日韓合意でも、この2人が中心になっていたという。

「今回の合意の原案をつくったのは、兼原副長官補、裏交渉をして準備を整えたのは谷内局長です。当然、米国と密に連絡を取りながら進めていたはずです。実際、米国政府も少し前から、日韓両国が28日に合意をして歓迎表明をするシナリオをほのめかしていましたからね」(官邸担当記者)
 
まさに米国への従属ぶりを改めて見せつけたかたちだが、しかし、安倍首相自身が「苦渋の決断」で合意したのかというと、そうでもないらしい。

「安倍内閣は、この間、戦後70年談話、日中首脳会談など、少しリベラルに見えるような政策や発言を打ち出すと、支持率を持ち直すという傾向にある。安倍首相はこれにすっかり味をしめているようですね。日韓合意についてもかなり積極的だったようです」(政治評論家)
 
実際、冒頭のようなネトウヨの反発はあっても、内閣支持率はアップするだろうと思われる。
また、今回の合意内容を注意深く見ると、安倍首相が「勝利」と言い張れるような内容も含まれている。河野談話にあった強制性を認める文言はなくなり、「最終的かつ不可逆的に解決された」という、“慰安婦をめぐる韓国からの要求を今後一切受け付けない”ことを示す文言も盛り込まれた。慰安婦像の撤去についても韓国政府が関係団体と協議するとしている。
 
そういう意味では、逆に、韓国がよくこの合意内容をのんだな、というのが率直な印象だ。そもそも、慰安婦の法的補償要求や慰安婦像建立は民間の取り組みである、それを韓国政府が“規制”するというのだろうか。これでは、韓国は金で解決したと言われてもしようがないだろう。

「韓国もまた、米国から強烈な圧力を受けていたということです。とくに韓国は今、経済危機が起きているので、これ以上、日米両国と関係が悪化すると、経済がもたなくなる。その弱みにつけこんだということでしょう」(ソウル特派員)
 
しかも、重要なのは、国内での今後の動きだ。安倍首相は、今後も歴史修正主義的な動きを変える気はまったくないだろう。

実際、これまでもそうだった。河野談話を継承するといいながら、一方では、教科書から慰安婦の記述を削除させ、自民党の安倍チルドレンたちに、軍の関与や強制性どころか、慰安婦の存在そのものを否定するような主張を発信させてきた。

「この路線は全く変わらないでしょうね。もちろん教科書慰安婦の記述を復活させるつもりはないでしょうし、自民党の国際情報検討委員会などを通じて、どんどん慰安婦の否定を発信させるでしょう。それどころか、韓国で慰安婦像の撤去が進まないことを理由に、『韓国は嘘つき』とさらに主張をエスカレートさせいく可能性もあります。そういう意味じゃ、10億円の拠出以外、これまでとなんの変わりもないということです」(前出・政治評論家)
 
安倍首相としては、米国のご機嫌取りと支持率浮揚のために10億円支払ってやったというくらいの認識しかないのかもしれない。まさに、典型的な二枚舌、安倍首相ならではの詐欺的手法ではないか。そうでないというなら、かつて「韓国はキーセンの国なんだから強制なんてあるわけがない」と言っていた自分がなぜ、「こころからお詫びと反省」をするにいたったのか、ぜひ、国民の前できちんと説明していただきたい。
(野尻民夫)



「慰安婦」日韓合意】共同文書化できず
外交で、
共同文書化できないってことは、
口約束みないなもんじゃないのですか?
それも、アメリカから圧力を受けてらしいからね。

ここでね、
注視しなければならないのは、
アメリカが口を出して来たことだと思うね。
日韓の問題に口出して来て何がしたいのだって疑惑のマナコ! 


阿修羅のコメントから、。。。
   ▼
アーミテージの発言読めば安保法成立、
集団的自衛権行使と今回の韓国従軍慰安婦問題妥結合意は地続きでつながっているのに
「安保法成立万歳!」と言ってた人が「慰安婦問題日韓妥結で失望!」
と言うのは無知ゆえの矛盾。
アメリカが望む集団的自衛権行使の為に慰安婦問題で韓国と妥結する事は規定事項。
=以上=

従って、
今回の合意は
官邸主導で行われたといえるわけだ。
外務省は蚊帳の外だったこもしれよ、これは、。。。

うん、
そしてこれからは、
日韓米合同訓練なんてこと常習的にやるかもしれね。

で、。。。
誰が見る眼も一緒ってかね。
   ▼
BBCは産経新聞ソウル支局長無罪や憲法裁判による戦時中の強制労働の訴え却下も
アメリカの圧力による日韓関係の改善が背後にあったのではないかとほのめかしている


ちーっとばかり寝ます。
後で追加文章を書くつもりですが、
本格的に寝てしまったら、
そのまま、
おやすみぃ〜
ですぅ、。。。。。。

秋から冬にかけて血圧管理が難しいわ。
達者なんか口だけなんやからね、
ナサケナクなるわwww



■BBC 28 December 2015
'Comfort women' - a painful legacy for Tokyo and Seoul
http://www.bbc.com/news/world-asia-35188132

The issue of "comfort women" - a euphemism for those forced to work in Japanese wartime military brothels - has long plagued Japan-South Korea ties.

Few remain
Tens of thousands of women - some say as many as 200,000 - from around Asia, were sent to military brothels to service Japanese soldiers.
Many were Korean. Others were from mainland China, the Philippines, Indonesia and Taiwan.
Only 46 survivors are thought to remain in South Korea. Most are in their late 80s or early 90s.
line break

Arguing terminology - Mariko Oi, BBC News
One of the main debates in Japan about "comfort women" has been whether or not they should be called "sex slaves". Some argue that they chose to work for the Japanese army, lured by high salaries, citing a job advertisement from the 1930s.

The justification at the time for having such a unit, was to prevent soldiers from misbehaving. Others say that if the women were not allowed to leave freely, that is enough to constitute slavery.

There was a famous testimony from a late author, Seiji Yoshida, who said he took part in abducting women on Jeju island during the war. But last year, Japan's Asahi newspaper which cited Mr Yoshida, retracted its articles from the 80s and 90s, saying that they have since judged his statement to be fake.
Japan's Prime Minister Shinzo Abe has also previously criticised the left-leaning Asahi's reports, calling them inaccurate.

Past apologies

Japanese Foreign Minister Fumio Kishida said Prime Minister Abe expresses an "apology and repentance from the bottom of his heart", but it is not Tokyo's first.
In 1993, Japan's then chief cabinet secretary Yohei Kono released a statement admitting that the women had been coerced, although it placed some blame on private contractors to the military. It led to compensation being paid from a government-backed but privately paid-for fund, and survivors being given letters of apology.

There have also been less formal apologies by Japanese leaders. And Tokyo has long argued that the 1965 treaty that restored diplomatic ties and provided more than $800m in Japanese financial help, resolved the matter.
But many Koreans have been reluctant to accept the apologies, wanting Japan to admit legal responsibility for the women, and pay compensation directly from the government.

To critics, the 2012 inauguration of conservative Prime Minister Abe confirmed their doubts about Tokyo's sincerity, as he had previously appeared to question whether the women had been coerced by the military, and because he later opened a review into the 1993 admission of responsibility.

Why now?
Both countries are trade partners and US allies that Washington wants to co-operate to counterbalance an increasingly assertive China, and a nuclear-armed North Korea.
The mood appeared to warm after the two countries' leaders met for the first time in three years, in November.

After that, South Korean courts acquitted a Japanese journalist accused of defaming President Park Geun-hye, and declined to hear a claim for compensation for colonial-era forced labour. At the same time Tokyo's stance has also appeared to soften.
The BBC's Kevin Kim in Seoul says timing was also a factor.
Earlier in 2015, Ms Park called for a resolution to the dispute by the year's end, marking the 50th anniversary of diplomatic relations between the two countries.


  最後まで読んでいただきありがとうございました!  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ニュースブログへ