<日曜討論> 参院選22日公示 各党首に問う 【2016.06.19】



■ツイッターからの声、。。。
     ▼
#なぜ社会保障だけ財源がないと言うの
そもそも消費税5%→8%に上げるとき社会保障に使うって言っているんだから
増税延期したから財源ないとか言うのおかしいだろ。
財源はとっくにお支払いしてます。速やかに社会保障を充実させてください。

なぜ社会保障だけが『財源がない』と言うのでしょうね。
オリンピックの予算はどんどん膨らんでも止めようとしないし、
サミットや外遊、
海外支援金、
核燃料施設や独立法人・機構等に掛かるお金には
『財源』なんて言葉は出てきませんよね。不思議です。
https://twitter.com/yuiyuiyui11/sttus/738369530217385984…

#なぜ社会保障だけ財源がないと言うの
核燃料サイクル整備費総額 約12兆円 https://pic.twitter.com/qfvYNiGEfY
=以上=

本当に、
マカ不思議ですよね!



ユーチューブの解説より。
https://www.youtube.com/watch?v=6Ld1uggkxcE
     ▼
■2016/6/19日曜討論より。
野党中心まとめ☺山本太郎代表

概要 2:45 「生活が苦しいという国民は62%にも及ぶ。アベノミクスの是非ということにゴマかさ-れてはいけない。確実にソレは終わりを迎える!本当の狙いは憲法改悪。ならず者のよう-な権力者を縛る憲法が人々を縛るものになろうとしている。自民改憲案21条みればわか-る。表現の自由がますます縛られていく!」

14:40 「消費税という税の取り方がこの国の経済、生活を壊してきた。それ故に今回増税出来な-いのは明らか。過去最高益の大企業から取るべきなのに、その大企業には88項目もの税-の割引大サービス。なぜそこから取らないか。選挙で世話になった「ご恩返し」しなきゃ-だからだ。」
「安倍政権になってから色々な流行語が生まれた。ブラックバイト、下流老人、奨学金問-題。 ツイッターハッシュタグは現在、 #なぜ社会保障だけ財源がないと言うの。伊勢志摩サミットでは途上国に20兆円出すと言った。国内がいま大変な状況なんです-!」

24:21 「一番ありえないのは国民への説明より先にアメリカに安保を約束してしまったこと。ま-た、イラク戦争の検証が必要なのにしていない。湾岸戦争当時の国連決議を持ち出して正-当化しているのは安倍さんぐらい」

30:20 「自民改正草案は、国防軍の創設や人々への権利の制限等、容認できるものではない。こ-の国に生きる人々の生活を破壊するような人たちや勢力が、人々を守るための憲法の内容-をいじる事は絶対に許されない」
「最悪の貧困率、そして非正規労働者は4割を超えた。穏やかな回復基調と言うが、そん-なことは通用しない」
「アベノミクスは議論の余地もない。伊勢志摩では、世界経済はリーマンショック級と発-言したが、その発言に、世界はドン引き失笑を買った。そしたらリーマンショックとは言-ってないと。いったいどっちなんですか、安倍総理」


■阿修羅から
2016年6月19日:NHK日曜討論での山本太郎議員の発言書き起こし
http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/171.html#c7

(このリンク先で、全文、お読みください。)

(参院選の位置づけ どう戦うか)
「この国に生きている人々、生活が苦しいですっていう人たちがですね、現在、62.4%もいらっしゃると。アベノミクスの是非ということで、誤魔化されてはいけないと。確実にそこは終わりを迎えるということは確実なんだと。本当の狙いは何なのかと。大きなルール改正を望んでいる。それは、憲法改正だと、改悪だと。これは、本当は、ならず者のような権力者たちを縛るための憲法が、これを大きく変えて、そして、人々を縛るような形になる可能性が高い。これは憲法21条、表現の自由の、自民党の改憲草案を見て頂ければ分かります。表現の自由が、ますます縛られていく。しかも、それを覆されるような前提が第二項に書かれているということに注目して頂きたいと思います。」

写真(NHK日曜討論で発言する山本太郎議員:2016年6月19日)

(アベノミクス是か非か)
「過去最悪の貧困率ですよね。そして、非正規労働者が4割を超えたと。アベノミクスは議論の余地もないと。世界から見たらabenomics was dead という状況なんじゃないかなと。穏やかな回復基調といいますけれども、そんなこと通用しないだろうと。伊勢志摩サミット前後では本当に目を覆うようなことばかりがあったなと思うんですよね。消費増税が出来なくなってしまったらですね、リーマンショック級だと言い出したと。それに対して世界がドン引きしてしまった、大失笑した。それに対して、そんなことは言ってないという話になった。これ、総理にお聞きしたいんですけれど、一体どっちなんですか?」

写真(山本太郎議員に批判され、睨み返す元気もない安倍総理)

(消費税10%再延期“新しい判断は”)
山本太郎議員の発言機会無し


(社会保障充実策・財源は)
「消費税という税金の取り方がこの国の経済を壊してきた。人々の生活を壊してきたということは明らかだと思うんです。それゆえに今回も増税することが難しいと。これは明らかですよね。先ほど共産党志位さんがおっしゃった通り、大企業への税の割引大サービス、これ、租税特別措置88項目もあると。だったら取れるとこあるじゃないかと。だって、過去最高益を上げてるんですよ、上場企業は。バブルの時より儲かってるって。どうして取らないのって。それは、取れないですよ。だって、選挙の時にお世話になった。組織票であったりとか。日頃からもらっている企業献金、これ、ご恩返ししなきゃいけないから、そっからなかなか税金取りづらいと。で、ドンドンどんどん下がっている分を、収入を減った分を取るのが消費税だっていう話なんですよね。取れるとこ、まだまだある。1700兆円を超えるような個人金融資産、ここも取れるじゃないかって。分離課税を止めて、総合課税にすべきだと。安倍政権に代わってからですね、いろんな流行語が生まれましたよね。ブラックバイト、下流老人、奨学金問題、ツイッターハッシュタグの流行は、現在ですね、#なぜ社会保障だけ財源が無いと言うの?、という話なんです。だって、伊勢志摩サミットの時にもインフラ整備事業にね、開発途上国に対して20兆円出す方針を出してるんですよね。国内が今、大変な状況なんです。」

(選挙戦で安全保障関連法は)
「一番あり得ないのはですね、まず、この国に生きる人々に説明をする前に、アメリカの議会に渡って安保(法案)を通すという約束をしてきたこと。そして、さかのぼること半年前、自衛隊のトップがアメリカに渡ってその約束をし、そして武器までアメリカから買うということを言ってること。こんなこと、あり得ないんですよ。そうしてこの国に生きている人々に説明されるのが先じゃないのかということですよね。これ非常に問題で、要は、これから自衛隊がアメリカの戦略とともに海外に出ることが、もっと幅が広がると、ならば、以前、派遣したことに関しての反省が必要だと。じゃあ、イラク戦争どうだった、という検証が必要です。航空自衛隊、これ国連関係者を運んでいるということで、実は米軍関係者を運んでいたということがはっきりしている。これ、イラク戦争の検証というのは、参加してきた各国が、もうすでに検証を行い、そしてその時の責任者というのは、その誤りを認めている。湾岸戦争当時の国連決議を持ち出して、これを正当化しているのは安倍さんぐらいなんですよ。まずは、それが必要であると。大量破壊兵器は無かった。これは先進国の侵略行為に近い、侵略行為といっても過言ではない。その検証が必要ということです。」

(憲法改正 各党の訴えは)
「総理の進める自民党の改正草案、その内容というのは、本当に日本国憲法の理念を踏みにじるものであると。国防軍の創設であったりとか、人々に対する権利の制限、そんなもの到底容認できるはずがございません。この国に生きる人々の生活を破壊するような人々が、この国に生きる人々の生活はドンドン破壊されてますよ。貧困率も過去最悪ですし、そのような勢力が、人々を守るための憲法をいじることは絶対に許されない、そのように思っています。」


■<日曜討論> 参院選22日公示 各党首に問う 【2016.06.19】
「参院選22日公示 党首に問う」
参院選の公示が22日に迫る中、9党の党首が生出演で徹底討論!
アベノミクスの是非は?
消費増税再延期で社会保障の充実策・財源は?
安保法や憲法改正などをめぐる主張は?
【出演】安倍晋三,岡田克也,山口那津男,志位和夫,松井一郎,吉田忠智,山本太郎,中山恭子,荒井広幸
【司会】島田敏男,中川緑
番組HP:http://www4.nhk.or.jp/touron/


    当  ブ  ロ  グ  へ  の
    皆 様 の ご 支 援 に 感 謝 致 し ま す! あ り が と う ご ざ い ま す!









  「私は子供の時、お母さんからあまり他人(ひと)の悪口を言ってはいけない。
  こう言われましたが、あまり野党のことを批判したくありませんが、
  分かりやすくするために少し批判させてください。
  私は今、批判され・・・批判ばっかりしていると・・・
  (この会場には)妨害ばっかりしてばっかり人がいますが、
  みなさん、こういうことは止めましょうね、恥ずかしいですから」
  =アベ様のお言葉w 以上=

  先ず、思ったこと。
  アベさん、61歳だというわけですが、
  フツウ、これぐらいの年齢であれば、
  公的な場では、「お母さん」ではなく、「母」と言うんではないかなっと。

  私的には、
  お母ちゃんでも、
  お母さんでも、
  ママでも、
  何でもいいと思うんですね。
  ご家族で呼んでらっしゃることでいいと。

  しかし、
  公的な場で、
  61歳の総理が言う言葉ではないのではないかな、ってね思うわけよ。
  歳、幾つじゃって言いたくもなるわね。

  んで、。。。
  国会で、
  辻元のネーちゃん達に対して、
  自席発言(ヤジのことを、公共アベチャンネル用語ではこう言うんだわw)
  を繰り返して国会の妨害をいたくせに、
  街宣で、
  「妨害ばっかりしてばっかり人がいますが」
  なんて言えた義理か!!!
  っと、思うわけだねwww




■時事通信
安倍首相遊説の中止発表=20日予定の北海道−自民【16参院選】
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016061900067&g=pol

 自民党は19日、安倍晋三首相(党総裁)が20日に予定していた札幌市や北海道千歳市などでの参院選遊説を取りやめると発表した。公務のためと説明している。 (2016/06/19-15:02)



  今度の選挙は、
  マジで考えて投票しないとトンデモナ日本になっちゃうということです。

  「日本会議」に関しては、
  いろんな方が書いてくださっているし、
  ベストセラーになってもいるんだけど、
  有権者の大多数が「日本会議ってなんだ?」状態だと思うんですよ。

  自公に投票していいのかどうか、
  自分の頭で考えていただきたいもんだなっと思います。




■2016年06月19日(日) 魚住 昭 週刊現代 :現代ビジネス
「日本会議」の中核組織「日青協」の正体〜謎の儀式と口外禁止の教え 知られざるカルト的側面
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48920


■靖国神社でリクルート

日本会議の話をつづけたい。組織の核・日本青年協議会(日青協)は谷口雅春の教えを封印したのか? という疑問にぶつかったところで前回は終わった。(http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48843)

日青協の母体だった生長の家は約30年前の代替わりで谷口の「明治憲法復元論」を封印しリベラル路線に舵を切った。日青協はこれに応じず、教団を離れて独自の活動をしてきた。

が、今の日青協のHPには谷口の名や「明治憲法復元論」は見当たらない。普通の右派の主張があるだけだ。時の流れとともに、さすがの日青協も穏健な保守に変質したのだろうか。そうであっても不自然ではない。

ところが、である。菅野完さんの『日本会議の研究』(扶桑社新書)に登場する早瀬善彦さん(33歳。同志社大の嘱託講師)の証言によると、真相はどうやらそうではないらしい。

彼が日青協と出会ったのは大学受験で浪人中の'01年。小泉純一郎首相が8月15日の靖国神社参拝を公約していた。早瀬さんは雑誌で『小泉首相と一緒に靖国神社に参拝しよう』という広告を見て参加することにした。

結局、小泉首相は公約より2日早い13日に参拝するのだが、早瀬さんは予定通り、関西から上京し、15日に靖国神社へ行った。以下は彼の証言。

<「行ったらですね、学生、2〜3人しかおらんのですよ。あとは大人ばっかり。で、どんな団体なんですか? って聞いたら『自主的に集まった団体です』って答える。しつこく聞いたら、ようやくそこで『日本青年協議会』を名乗りました」>

早瀬さんは帰り際「僕たちの仲間は関西でもサークル活動しているから、大学受かったら探して参加すればいいよ」と言われ、サークル名を教えられた。『全日本学生文化会議』。日青協の学生組織である。

■不思議な儀式

翌春、同志社大に入学。学生文化会議に入り「京都に来る天皇陛下をお迎えに行こう」と誘われた。車列の通る沿道に日の丸の小旗を持つ市民が集まっていた。「あの小旗の配布は僕たちがやってるんだ」と言われた。

菅野さんによれば、この話は他の関係者の証言と一致する。全国どこでも大抵、あの小旗を配るのは日本会議/日青協だ。早瀬さんはそれを知って「学生文化会議は歴史も伝統もあるすごい団体なんだな」と思った。

以来、彼は学習会に何度も参加した。が、語られるのは情念だけで論理性がない。左翼を批判するならマルクスも読みたいと思っていた早瀬さんは、精神論先行の体質に「なんかここ、変だな」と違和感を覚えた。

ある日の学習会後、早瀬さんは某幹部から「これは、中に入った人にしか教えないんだけどね」と前置きして「四先生の教え」なるものを聞かされた。

四先生とは谷口雅春、三島由紀夫、小田村寅二郎(元亜細亜大教授)、葦津珍彦(保守系思想家)のことだ。それを「誰にも口外してはいけない」とも言われたので奇異に思った。

夏休み、富士山の合宿にも行った。話の内容は「東南アジアの人々は日本に感謝している」といった類ばかり。その後の反省会で「内観」をさせられた。2人1組で瞑想し、自分自身を反芻して観察する作業だった。

早瀬さんが言う。

<「で、そのあと、不思議な儀式が始まりました。神職の方が来て、なんかえらい神職の人だという触れ込みでしたが、その人が、神道の儀式をするんです。ヒトガタ(註:神道ではカタシロともいう)を作ってね、それに息吹きかけさせられたり」>

早瀬さんは、その儀式を見て初めて「ああ、これは宗教なんだな」と気づき始めた。

■天皇陛下のことを常に想え

'03年1月の東京合宿では目黒区の日本会議/日青協の本部に案内された。同じフロアに仕切りもなく、両団体が同居しているので「日本青年協議会が結局実質、全部事務やってるんですね?」と訊ねたら「秘密だけどね」と言われたという。

この東京合宿で早瀬さんは「早稲田国史研」というサークルのメンバーに出会う。読書と批判的思考を通じて保守運動に参画しようとする人たちだった。次も早瀬さんの証言である。

<早稲田のメンバーといろいろしゃべってたら『ここ生長の家でしょ?』とか言ってきて『え? そうなの』となったわけです。『宗教団体なんですか?』って聞いたら『そうだよ』と。え…と愕然となったんです>

早稲田国史研のメンバーたちはその後、サークル部屋に残っていた古い資料を調べ、「ダミーサークルでしかなく学内の規定に準拠していない」という理由で国史研をつぶした。

だが、早瀬さんは学生文化会議との関係を断ち切れずにいた。最後に参加した京都合宿では「常に天皇陛下がどう考えておられるか考えながら行動しろ」「大御心がどのようなものか想いながら生きろ」という話ばかりを聞かされ、辟易した。

彼らの内部文書を見たら、そこには「1年目には四先生の教えを徹底させる。2年目には天皇信仰を徹底させる。3年目には総仕上げとして谷口雅春の教えを最後に植え付ける」という裏カリキュラムが記されていた。

我慢の限界を超えた早瀬さんは、日ごろから天皇天皇とうるさい先輩に「天皇陛下がサリン撒けっていうたらサリン撒くんですか?」と聞いた。その先輩は「うー」と唸りながら頭を抱え、2時間ほど悩んでいた。

この爆弾質問は組織で問題になり、早瀬さんは学生文化会議から追放された。彼が回想する。

<「本当に、カルトなんですよ連中は。谷口雅春の名前はことあるごとに出てくる。しかし『内緒だよ』とか『他の人に言ってはいけないよ』とか口止めするんです。つまり隠してるんですよね。隠さなければいいと思うんですよ。信教の自由ですよ。(略)しかし連中は隠す。それに連中の場合は、生長の家を批判しようにも、今は、本体の『生長の家』とも違う。だからなおさら正体が掴めない」>

そう。日本会議の最大の問題点はここにある。組織の構造が二重、三重になっていて、その核心部が外部の視線から遮断されていることである。
『週刊現代』2016年6月25日号より


  最後まで読んでいただきありがとうございました!  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ニュースブログへ