■【ゆうがたサテライト】”愛国”小学校計画 推進したい勢力? 【2017.03.17】
森友学園の籠池氏と稲田防衛大臣をつなぐ人物とは。 稲田氏の講演にヒントがありそうだ。 「私はですね本当に谷口雅春先生の教えをずっと自分の生き方の根本において参りました。きょう私は古文書のような本を持ってきたんですけども、この『生命の実相』というぼろぼろになった本はなんと私の祖母のものです」。 「(郵政解散を控えた)2005年の8月15日にちょうど私はこの靖国神社にいたんです。何をしていたかというと大東亜戦争終戦60年目の8月15日に総理が靖国参拝するかとテーマで取材しておりました。そうしたら、安倍先生からお呼びがかかって自民党本部に行きました」。 「とにかく比例で当選できるようにしておくので、あなただったら3年たてば絶対小選挙区で勝てるように育っているから、とにかく出てよ、と」。





ちちんぷいぷい 菅野完氏 独占生出演





ちちんぷいぷい 菅野完氏 独占生出演





20170316 キャスト 籠池氏「安倍総理から寄付」と視察議員を前に爆弾発言





菅野さん側にはもうひとつ証拠が必要かな





ボイス 大変なことに!安倍総理「辞めます」松井知事「辞めます」



■MBS(大阪毎日放送)「ちちんぷいぷい」に菅野完氏が東京から独占生出演!!
彼の考える森友問題のまとめ
・小学校関係−迫田・松井
・幼稚園関係−籠池・松井
・国会関係−安倍・稲田

菅野完氏「松井知事は塚本幼稚園の虐待の報告を受けてなかったと言うが、保護者は大阪府に虐待報告してるし、府は文書もちゃんと残している。なのに、府が認可した説明責任が松井知事にはある。」

籠池さんは「『不思議やねん。ある日突然風向きが変わって役所が背中を押してくれるようになった。不思議や』と言っていた。
「安倍総理と前財務局長・迫田さんが昵懇なのは有名ですよ。」
安部さんからお金をもらったのは違法ではない。選挙区が違うし。問題ないのに。違法がないのに参考人招致できないと言っていたのに、安部氏に弾が飛んできたとたんに国会に呼んだ。

100万円は昭恵夫人講演会(9月5日金曜)後に昭恵夫人から渡され、休日明けの月曜に自分で振り込んだ。自分で振り込んだので、振り込み人名義は「森友学園」寄付用の口座なの、本人名義で他から突出した高額入金はおかしい。菅野完氏。

■2017.3.16 ABC 大阪朝日放送「キャスト - CAST-」
今日、参議院の予算委員会メンバーが小学校を視察。
その際に議員たちを前に籠池氏が「安倍首相から寄付金100万円をもらった」という爆弾が出てます。
その後の話では、昭恵夫人が講演したときに、主人からですと言って100万円もらったという。
また現地視察後、数人の野党議員が籠池氏の自宅で話をし、出てきた際にすべてを国会で話してもらうということを議員たちと籠池氏自身が発表。まわりを囲む記者たちからは「参考人招致ですか?」という質問がとぶが、「国会で話します」という答え。
コメンテーターの大谷氏は、参考人招致は自民党が反対しているので実現は難しいが、委員会という形ではなく国会内の会議室でフルオープンのヒアリングという形で籠池氏が話をすることは可能だという。そうすると出て行かなかった政党はばかにされるので行かざるをえないのではないかと。

なお後半では稲田防衛大臣が新たな火種を抱え、集中砲火を浴びているという話です。
それは廃棄していたというPKO日報が陸自内部にもあったことを今朝の新聞各紙が報じ、国会ではこれは完全な隠蔽であり、事実だとしたら虚偽の答弁をしていたことになり、大臣の監督責任ではないかと責め立てられた。
これに対しても稲田防衛相は隠蔽があるとしたらしっかり改善していくのが自分の責任だと答弁。
大谷氏は、今日の通り一遍の大臣の答弁は上からの指示によるものだろうと。ほかのことは一切言うなよと。
そして、今回の陸自内部に日報があったという報道は、一部のびっくりするようなところから出てきており、それが意味するのは、日報の話をいま出して稲田大臣を切りすて、森友問題で他の閣僚などに影響しないようにするのが狙いだ。ひどい切り方をしますねーとのこと。



  こら、すごいわよ。
  テレ東は、本気も本気、恐ろしいぐらいの本気出して来てるわ。

  大阪のテレビ事情は、
  カンテレ(関西テレビ=関テレ=カンテレ)はフジテレビ系列。
  ゴミ売りテレビは、日テレ系列。
  だからね、森友問題を深く追及することはありません。
  
  ゴミ売りなんか、シンボウって最低の男がいるから、
  森友問題扱ったとしても、アベヨイショ!で、籠池のおっさんはクソ、
  ってな雰囲気だろうと思います。

  ゴミ売りは、「ドキュメンタリー」以外見てないけれど、
  シンボウの気性と、ゴミ売りの体質から、
  そんな番組しか造らないと思いますモンね。
  こんな番組見るぐらい時間の無駄はないって、思うねw

  そそ、
  mbs大阪毎日放送の「ちちんぷいぷい」は救いはありますよ。
  石田ジャーナルってコーナーがあるからね。
  キー局メディアに少しは抵抗しょう気があるからね。

  以前は、角淳一さんって穏やかな、それでいて怒る時はキッチリと怒って、
  この人が出てらっしゃっていたから見ていたんだけれど、
  脳梗塞だ、やれなんだってご病気の連続で番組の司会をお止めになった。

  角さんの番組終了のコメント。
  「一番大きなのは気力と体力の衰え。
  65歳を超えて、戦う気持ちがなくなってきた。
  司会していてもすべてを認めてしまって、怒らなくなり、腹が立たなくなり…」
  というものでした。

  今は、ラジオの「角淳一のおとなの駄菓子屋」を聞いています。
  角さんと、大の仲良しの渡辺謙さんと。 

  で、
  松井知事や、ハシ↓らと親しい
  ヤマヒロ(カンテレに居た)に代わってから全然見なくなったわ。
  この●●大嫌い!

  それと、
  吉本の芸人の出るテレビやラジオは全部避けてるものね。
  気分の悪くなるような番組は見ない。
  そのスポンサーのモノは買わない。
  ささやかな一人抵抗してるもんね。ははははは)))



■リテラ 2017.03.16
籠池理事長が卒園式でも「安倍首相から小学校設立に100万円の寄付があった」「かなり仲良かったのに裏切られた」
http://lite-ra.com/2017/03/post-2998.html


上・首相官邸HPより/下・瑞穂の國記念小學院HPより

 やっぱり本丸は安倍首相だった。本日、学校法人森友学園の籠池泰典理事長の立ち会いのもと、参議院予算委員会の議員団が瑞穂の國記念小學院開校予定地を現地視察。さらにこの後、籠池理事長の自宅にて野党議員のヒアリングに応じることになっている。
 メディアも詰めかけ、午後の各局ワイドショーが中継するなか、予定の13時45分から遅れること30分、14時すぎに参院予算委員会の調査団11名が、現地に到着した。
 13時すぎには現地に到着していた籠池理事長が校舎から出てきて、校庭の中ほどで、調査メンバーを出迎える。挨拶を交わし、説明を始めた。その話し声を、途切れ途切れながら、敷地外のテレビ局のカメラが拾って、漏れ聞こえてきた。
「我々がこの学園をつくり上げようとしたのは、みなさん方のご意志があってこそだと思う。そのご意思のなかには、大変恐縮ですが、安倍内閣総理大臣の寄付金も入っていることを伝達します」
 各局とも未確認情報としかこの発言をクローズアップしていないが、これは決して聞き間違いでも、口がすべったわけでもない。
 きょう、塚本幼稚園の卒園式において、籠池理事長が保護者に対して同様の発言をしたらしいのだ。
「安倍首相から小学校設立に100万円の寄付があった」「かなり仲良かったのに裏切られた」
 これは、本日14時から放映された『ちちんぷいぷい』(毎日放送)が保護者に取材して、その証言として報道したもの。閣僚から金をもらっていたという話については、昨日、著述家の菅野完氏も籠池理事長から聞いたと証言したが、このことだったのか。
 いずれにしても、稲田朋美防衛相だけでなく、安倍首相の嘘がこれで一気に暴かれるだろう。
(編集部)



    当  ブ  ロ  グ  へ  の
    皆 様 の ご 支 援 に 感 謝 致 し ま す! あ り が と う ご ざ い ま す!






■郷原信郎が斬る 投稿日: 2017年3月17日 投稿者: nobuogohara
籠池氏証人喚問は、自民党にとって「危険な賭け」
https://nobuogohara.wordpress.com/2017/03/17

森友学園の小学校開設をめぐる問題に関して、参院予算委員会の大阪府での現地調査で、籠池泰典理事長が「安倍晋三首相から、夫人の昭恵氏を通じて100万円寄付を受けた」と述べ、その後、野党の議員らの前で同様の事実を説明した上、「国会ですべて話をする」と述べた。

このような籠池氏の発言を受け、その後、自民党側から、民進党に、23日に衆参両院の予算委員会で、籠池氏の証人喚問をそれぞれ実施することが提案され、17日に衆参の予算委で正式決定することになったと報じられている。

「危険な賭け」に出た自民党
これまで、民進党などが求める参考人招致を拒否してきた自民党が、今回、逆に証人喚問を提案した理由について、竹下亘自民党国対委員長は

(籠池氏を)たださなければいけないという思いは非常に強く持っている。総理に対する侮辱だからしっかり受け止めなければならない
と記者団に述べた。

もし、籠池氏が言う「安倍首相からの寄付金100万円を昭恵夫人から受け取った」という事実があったとすると、国会で、「寄付金集めにも、まったく関わっていないと言うことは、はっきりと申し上げておきたい」と明言していた安倍首相には致命的な事態になる。「安倍首相から」との点を別にしても、これまでに明らかになっている森友学園の小学校新設をめぐる様々な問題からすると、「安倍首相夫人からの100万円の現金の受領」だけでも、安倍首相にとって重大な事態になることは避けがたい。

自民党側が、野党側が求めてきた「参考人招致」ではなく「証人喚問」を提案したのは、それによって、偽証をすれば刑事罰を科される立場に籠池氏を追い込み、「昭恵夫人から100万円の寄付を受けた」との証言を撤回させるか、証言を維持するのであれば、偽証罪での告発によって籠池氏の証言が嘘であることを司法判断で明らかにしようという意図であろう。

しかし、もし、偽証の制裁を覚悟の上で行った国会で、「昭恵夫人から100万円受け取ったとの話が虚偽であった」と認めさせることも、虚偽だとする明確な根拠を示すこともできなかった場合には、逆に、籠池氏の証言が重みをもつことになる。それは、安倍首相にとって最悪の事態になりかねない。

自民党としては、国会での圧倒的多数の「数の力」で偽証告発に持ち込もうという考えかもしれないが、議員証言法では、証人の告発は、委員会の3分の2の賛成が必要である。衆議院予算委員会では、委員長を除く49名の委員の3分の2は33人であり、自民党の30人だけでは足りない。少なくとも、公明党の委員3人(うち一人は弁護士)の賛成が必要だが、それを得るためには、偽証と認めるだけの十分な根拠が必要となるであろう。

過去に、国会での証人喚問の結果、偽証罪で告発された例は相当数あるが、国会が不安定な状況であった昭和20年代を除けば、かなり慎重に行われており、その大部分は、その後、検察当局の捜査の結果、偽証の事実が明らかになった(国会での偽証の疑い以外の別の犯罪の容疑で捜査が行われた結果、国会での偽証も明らかになった)というケースだ。

最近では、AIJ投資顧問の年金資産消失事件で、浅川社長が証人喚問されて以来、国会の証人喚問は行われておらず、5年ぶりとなる。この浅川社長の事例は、当初、参考人招致されたが、曖昧な供述であったことを受けて証人喚問が行われたものであり、今回のように、民間人が「いきなり証人喚問」というのは異例だ。

果たして、偽証罪での告発に持ち込めるのか、自民党は、「危険な賭け」に出たと言わざるを得ない。

美濃加茂市長事件との共通性
確かに、籠池氏の話には、100万円を受け取ったとしながら、領収書も渡さず、寄付名簿に「安倍」という名前を記載することもなかったなど、不可解な点も少なくない。

また、小学校の設置認可申請の取り下げに追い込まれたことで、国から土地の原状回復と返還を求められることが必至となり、入学予定の児童の保護者への入学金等の返還に加え、校舎の建物工事代金の支払等で窮地に追い込まれている籠池氏は、「公費による支援」まで持ち出しているようであり、国に対抗して自らの立場を守るために、一発大逆転を狙ってウソの寄付金受領話を始めた可能性もある。

「自らの利益のために虚偽の供述を行う動機がある」という点でも、「現金の授受の有無が最大の争点になった」という点でも共通するのが、現在、控訴審での「逆転有罪判決」を上告審で覆すために上告趣意書の作成作業に追われている「美濃加茂市長事件」だ。

当ブログでも、捜査や裁判の経過について詳述してきたように、この事件では、贈賄供述者のNは、総額4億円近くもの融資詐欺を犯して逮捕され、そのうち2100万円の事実しか立件されていない段階で、市長(当時は市議)へ20万円の現金を渡したとの供述を始め、さらに、それ以前に10万円を渡した事実も供述した。この後、警察の捜査は、贈収賄に集中し、残りの融資詐欺は立件されることなく、Nに対する起訴は、30万円の贈賄と2100万円の融資詐欺にとどまった。

Nにとっては、融資詐欺を次々と立件されると、長期の実刑を覚悟しなければいけない状況であったのだが、市長への贈賄を供述したことで、警察の動きを贈収賄事件に集中させることができ、全体としても大幅に軽い事実の起訴にとどまって、まさに「思惑通り」の結果になっていたのである。

それと同様に、今回の籠池氏も、小学校の開校が絶望的となり、国から厳しい措置を受けることが必至の状況の下で、「総理大臣から夫人を通じて100万円の寄付を受けた」という爆弾発言をすることで、世の中の関心をその問題に集中させようという、同様の「思惑」が感じられる。

「現金授受の有無」に関する証言の信用性判断のポイント
同じように「現金授受の有無」が最大の争点になっている美濃加茂市長事件と比較しながら、籠池氏証人喚問に関してポイントとなる点を考えてみよう。

3月16日の参院予算委員会の現地調査の際、籠池氏は、

2015年9月5日に安倍昭恵氏が塚本幼稚園に講演に訪れた際、昭恵氏が「安倍晋三からです。」「どうぞお使いください。」と言って寄付金100万円を差し出した。籠池氏が「領収証はどういたしましょうか。」と尋ねると、昭恵氏は「いや、それはもう結構です。」と答えた

と述べている。証人喚問では、このような内容の証言をさらに詳しく行うことになる可能性が高い。

現金授受の有無に関しては、その「授受の機会」があったか否かは決定的な事実だ。美濃加茂市長事件では、2回の現場に同席者がいて、少なくとも、その目の前での授受がなかったことは、同席者が一貫して供述していた。Nは、「同席者が席を外した際に現金を渡した」と供述していたが、この同席者から、何とか「席を外した」との供述をとろうと、警察では恫喝的、強迫的な取調べが行われたが、同席者は、一貫して、「会食は短時間で、その間席を外した事実はない」と供述していた。

籠池証言についても、重要なのは、昭恵夫人に同行したとされる政府職員の供述である。もし、「塚本幼稚園に滞在した時間内に、常に職員の誰かが同席していて籠池氏側と昭恵夫人とが立会人なしで会った場面は全くなかった」ということが客観的に明らかになれば、政府職員に見られることなく現金の授受があった事実は否定される。ただ、講演の会場であった幼稚園の内部は、籠池氏の側が熟知している。政府職員が「常に同席していた。」と供述した場合でも、籠池氏の側が「政府職員抜きでいた時間があったこと」を現場の状況も含めて具体的に供述した場合、いろいろな場において昭恵夫人に同行している政府職員側の記憶が正しいと言い切ることができるかは微妙だ。

一般的には、授受されたとされる原資や使途も重要だ。美濃加茂市長事件では、授受したとされた現金の金額が20万円、10万円と少額だったため、「原資」や「使途先」から現金授受を裏付けることは困難だったが、籠池氏が昭恵夫人から受け取ったと述べるのは100万円と金額が大きい。昭恵夫人にとって、100万円という金額が、現金で出金した可能性を否定できる金額であろうか。

一方、籠池氏側でそのような金額を受け取ったとすれば、使途が問題になる。100万円もの寄付を、その後、小学校建築にどのように使ったのかは、尋問者の方で厳しく追及するであろう。しかし、籠池氏の側でも、それは当然予想しているはずであり、例えば、「総理大臣から頂いたお金なので、ゆめゆめ疎かにはできないと考え、小学校開校後に最も有効な使い道に充てようと考えて、手をつけず現金のまま自宅においておいた」などと証言されると、その可能性を否定することは難しい。

籠池供述の経緯や、その合理性の問題に関して、今になって、「昭恵夫人から100万円を受領した」と言い出したことが、これまでの「安倍首相側には何もしてもらっていない」という話と矛盾しているのではないかという点、100万円もの寄付を領収書も渡さずに受け取り、寄付者名簿に「安倍」という名前が記載されていないことがあり得るのかという点も追及の対象になるであろう。

しかし、前者については、「先週までは、小学校の設置認可を最優先に考えてきたので、野党やマスコミから追及されている状況において、安倍首相からの寄付などという話を持ち出せば、さらに追及を受け、認可が一層困難になると思ったので出せなかった」と証言するであろうし、領収書の点は、おそらく、「昭恵夫人が要らないと言われているのは、総理大臣の名前を表に出すことに支障があるからだろうと考えて、そのことは一切表に出さなかった」と説明するであろう。いずれも、そのような説明は「疑わしい」とは言えても、虚偽だと客観的に立証するのは難しい。

議会証言を偽証告発することの困難性
証言が「虚偽」だということを、刑事手続で認定される程度に立証するということは決して容易ではない。籠池氏が「昭恵夫人から100万円を受領した」との証言を維持した場合、その証言を「偽証」で告発するのであれば、予算委員会として、授受の反対当事者である昭恵夫人の供述を得ることが最低限必要であろう。自民党は、昭恵夫人の証人喚問ないし参考人招致を覚悟のうえで、籠池氏の証人喚問を提案したのであろうか。

もし、籠池氏が100万円の現金受領を維持し、偽証で告発して検察での捜査にゆだねた場合、昭恵夫人の側で、「授受があったとされる当日、そのような金額の現金を持参した可能性がない」ことの立証のため、安倍家の個人的な資金の動きを示さなければならなくなるが、果たしてそれは可能だろうか。

美濃加茂市長事件では、我々弁護人は、融資詐欺での告発まで行ってNを徹底追及した結果、Nの供述の信用性に「合理的な疑い」があるとされ、一審判決では証言の信用性が否定され、現金授受が否定された。しかし、その一審判決の「N証言の信用性を否定する判断」は、控訴審では、不当にも覆されているのである。

今回の籠池証言について、偽証告発が行われ、処罰まで行われるためには、逆に、「籠池証言が虚偽であること」が「合理的な疑い」を容れない程度にまで立証できなければならない。立証のレベルは、美濃加茂市長事件で弁護人が行ったN証言の虚偽性の立証を大きく超えるものとなる。

昨日、籠池氏が、昭恵夫人からの100万円の受領の話をしたと報じられてから、2、3時間後には、竹下国対委員長が「証人喚問」のことを言い出したというのは、拙速であった感は否めない。

私が助言する立場であれば、まず、野党側の参考人招致の話を受け入れ、参考人として十分に籠池氏の話をしっかり確認した上で、上記の点等について、籠池参考人供述の不合理性を追及するネタをしっかり用意した上で「証人喚問」に臨む、という戦略を勧めたであろう。

安倍首相にとっては、極めて重要な証人喚問になるのであるから、実際に、証人喚問で籠池氏への尋問を担当する予算委員会の自民党議員には、大変なプレッシャーがかかることになるであろう。
やはり、籠池氏証人喚問は、自民党にとって「危険な賭け」である。



  私はね、
  アベが一番最初に怒っちゃって、
  その怒りがすさまじいものだったから、
  周辺の議員が、後先考えないで「アベを侮辱したから証人喚問だ!」

  なんて、
  前日までは、
  私人は「参考人招致には向かない」なんてことを言っていたことを、
  コロッと翻しちゃってさぁ、アンタ・バカなの、って、…。

  第一のリスクは、
  籠池を証人喚問するなら、
  アベ嫁も証人喚問しろ!ってなるよね、そらさぁ、なるよね。

  でもって、
  私人の籠池を証人喚問したんだから、
  私人のアベ嫁を、
  私人だからって証人喚問は出来ない、
  って理屈が立たなくなってしまってるよね。

  いかにも公人を、私人で切り抜けようとすると、
  どこかで歪が出てくるよね。

  世界中の人達に聞けばいい。
  大統領夫人は私人ですか、って。
  首相夫人は私人ですか、って。

  聞くだけ嗤われてしまうでしょうが、
  まして、「私人だ」って言い張る日本を大笑いしてんじゃないかwww

  マジで思いますね。
  この国の政治は何処の向かうんだろうか、って、…。



■毎日新聞2017年3月14日 大阪夕刊
理の眼 「印象操作」は誰のおはこだ=青木理
http://mainichi.jp/articles/20170314/ddf/012/070/023000c

 現首相は最近、「印象操作」という言葉にこだわりがあるようです。たとえば、国有地が超格安で売却された大阪の学校法人・森友学園をめぐる多数の疑惑。妻の名誉校長就任がなんらかの影響を及ぼしたのではないか、などと国会で問われると、首相は声を荒らげてこう答弁しました。

<破れかぶれの愛国者たち>
<トンデモ学園とあの組織>
<差別者に教育の資格なし>

 「事実がないのに、まるで事実があるかのように言うのは、これは典型的な印象操作なんですよ」「一生懸命に印象操作をされてますが、本当に何もないんです!」

 辞書をめくると、「印象」は「見たり聞いたりしたときに対象物が人間の心に与える感じ」、「操作」は「機械・器具などを動かして、作業させること/自分に都合の良い結果が得られるように手を加える」(『大辞林』)とあります。つまり「印象操作」とは「見たり聞いたりした時に与える感じを、自己に都合よく手を加える」といった意味になるでしょう。

 ここで僕は、はて?と首をひねるのです。その「印象操作」を縦横に駆使してきたのは、むしろ政権の側ではありませんか、と。

 いわゆる安保関連法制について、反対を訴える人々は「戦争法」と呼びました。僕は使いませんが、これまでできなかった集団的自衛権の行使を一部容認し、駆けつけ警護なども可能になったのですから、「戦争」の現場に一歩近づいたのは間違いない事実。しかし首相は「平和安全法制」なのだと主張しました。まさにこれ、「見たり聞いたりした時に与える感じを、政権に都合よく手を加える」ものでしょう。

 そんな例は枚挙にいとまがありません。戦後日本が長く堅持してきた「武器輸出三原則」を事実上葬った際、これに代わる新ルールを政権は「防衛装備移転三原則」と名づけました。最近では、今国会に提出された「共謀罪」法案を政権は「テロ等準備罪」と命名しています。しかし、実際の法案に「テロ」の文言は一つもなく、それを指摘されると慌てて修正する始末。典型的な「印象操作」であることの証左でしょう。

 自分たちが盛んに駆使してきたから、つい「印象操作」という言葉が口を突いて出てしまう−−そんな皮肉を言いたくもなります。<青木理(おさむ)・ジャーナリスト>



  あのね、
  民主党が、「偽メール事件」というか、
  あんなものに騙される方が、どうにかしてたんだよ!!

  公開されたメールを見て、
  こんなくだらないもので騙されるか、って、 
  その方に、私はびっくりしましたもん。
  「はぁ〜?」って、…。

  なんていうかね、
  怪文書より怪しいメールで騙されて、
  それも、マエハラ・ノブタのバカ・アホコンビで騙されて、
  民主党なんてチョロイもんだな、って、ガックリしたことを思い出しますわ。

  そらね、
  若いね、永田さんは、凄い大スクープだって勇み立ったのかもしれませんが、
  それを、ウラ取するとか、真贋を確認する作業をしてフォローするのが、
  代表だったマエハラ、
  国対委員長だったノブタの役目だったはずです。   

  この自民補完勢力の二人が、
  若い永田さんを暴走させた責任は重大だって思ってる。



■安積 明子 :ジャーナリスト 2017年03月17日
森友問題、自民党が証人喚問を決めた舞台裏 実は官邸がパワーダウンしている
http://toyokeizai.net/articles/-/163508


3月16日、大阪府豊中市内の小学校を視察した参院予算委員会の国会議員を誘導する籠池泰典氏(写真:日刊スポーツ/アフロ)

「われわれがこの学園を作り上げようとしたのは、皆さん方の御意志があってこそだと思っています。しかもその御意志の中には、誠に恐縮ですが、安倍内閣総理大臣の寄付金が入っていることを伝達します」

3月16日午後に行われた参院予算委員会による視察。その場で、学校法人森友学園の籠池泰典理事長は胸を張ってこう述べた。この時、籠池氏は視察に来た予算委員会理事たちに、安倍昭恵夫人が2015年9月5日に塚本幼稚園で講演した際、安倍首相からのものとして100万円を寄付したと説明している。

これは安倍首相による寄付なのか、それとも昭恵夫人による寄付なのか。あるいは寄付自体が本当にあったのか。

昭恵夫人による寄付の有無については留保

同日午後に開かれた会見で、菅義偉官房長官は「総理に確認したところ、総理は自分では寄付していない。昭恵夫人、事務所等、第三者を通じても寄付していない」と“安倍晋三首相による寄付”は否定した。ところが、“昭恵夫人による寄付”については確認中と説明している。安倍首相も官邸内で記者に対して「菅官房長官からお話しした通りだ」と語るのみで、昭恵夫人の件などは語っていない。

安倍首相による寄付でも昭恵夫人による寄付でも、いずれにしても「私人」として行った行為なら、法に触れることはない。だが100万円も寄付したとなると、寄付者と森友学園との「ただならぬ関係」が推測される。そしてそれが豊中市内の国有地の売買を巡って、財務省や国交省が“忖度”する原因になったのかどうか。今回の問題の大きな論点といえる。

「これは放っておけない」「総理に対する侮辱だ」――。動いたのは自民党だった。同党の竹下亘国対委員長は16日夕方、民進党の山井和則国対委員長に電話をかけ、籠池氏の証人喚問を提案した。もともと民進党は籠池氏の参考人招致を求めていたが、自民党と公明党が消極的だったために実現しなかった。証人喚問は証言の拒否や偽証などを行うと、刑罰が科せられるという厳しい縛りがある。党内でプロジェクトチームを結成して森友問題に取り組んできた民進党にとっては、またとない好機が転がり込んできたわけだ。

この経緯を見る限り、ありもしない寄付をでっち上げられた安倍首相の名誉を守るために、自民党は証人喚問を開こうとしているようにもみえる。しかし、実は同日お昼過ぎ、自民党本部で大阪府議会議員団が二階俊博幹事長に要望書を渡している。

「なんで自民党は籠池問題をやらへんのや!」
(「どうして、自民党は籠池問題をやらないのか!」っていうことです。はい!)


その内容は、2015年に住民投票によって否決された大阪都構想の法定協議会の再設置に党一丸で反対し、公明党にも反対を働きかけてほしいとの要請だった。

この要請と同時に府議会で籠池氏の招致を行いたい旨を伝えたところ、二階氏は黙諾したという。

「もう大阪では、『なんで自民党は籠池問題をやらへんのや!』と批判でいっぱいです。このままでは次の選挙にも影響しかねません」(大阪府連関係者)

一般的に森友問題は「昭恵夫人案件」と見なされているが、大阪ではもっぱら「維新案件」と見なされている。府議会では野党であり、大阪維新の会と対立する自民党大阪府議会議員団にとって、森友問題は是非とも議会で取り上げて解明したい問題なのである。

ただ官邸は橋下徹氏や松井一郎大阪府知事など大阪維新の会と極めて近いため、自民党大阪府連としてはこれまで動きにくかった側面もある。参考人招致についても、一度は籠池氏に逃げられたものの、今回は百条委員会設置も含めて対応するつもりだという。

つまり、証人喚問を決めた背景には自民党大阪府議会議員団の圧力もあった。今の官邸にはそれをはねのける力はなかった。それだけ官邸はパワーダウンしているのだ。

最近の大臣政務官人事は、如実にパワーダウンぶりを物語っている。

3月10日、官邸内で臨時の大臣政務官会議が開かれた。台風被災地での失態や「長靴発言」で務台俊介内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官が辞任し、代わって長坂康正衆院議員が就任した。その初顔合わせとなったのが今回の大臣政務官会議だが、終始異様な緊張感に包まれていたという。会合に参加したひとりがこう述べる。

「その原因は務台氏の首が飛んだことにあるのはもちろんだが、この日に中川俊直経済産業大臣政務官の不倫問題が週刊誌で報じられている。臨時に大臣政務官会合を開催したのは、こうした緩んだ風紀を引き締めるという意図もあったのだろう」

3月10日発売の写真週刊誌は、中川氏が深夜に自民党の前川恵衆院議員のマンションを訪れ、数時間滞在したことを大きく報じていた。この不倫問題は永田町では務台氏の失言問題以上に話題となったが、中川氏に大きなおとがめがなかったのは「続けて処分者を出せるほど、今の安倍内閣には余裕がない」(自民党関係者)ということかもしれない。

そういう意味では籠池氏を証人喚問し、安倍首相の潔白を証明することで、党勢回復に繋がることを期待しているのだろう。

「偽メール事件」の教訓

「私や妻がですね、この認可あるいはこの国有地払い下げにですね、もちろん事務所を含めて一切関わってはいないことを明確にさせていただきたい。もし関わっていたらそれはもう、私が総理大臣を辞めるということですから、それははっきりと申し上げたい」

安倍首相が国会でここまで宣言した問題に取り組んでいる民進党にとって、今回の証人喚問はまたとない好機といえる。「だからこそ慎重にやっていきたい」(泉健太衆院議運理事)。その姿勢はやや慎重だ。

というのも旧民主党時代に「偽メール事件」で、前原誠司代表(当時)、鳩山由紀夫幹事長(当時)、野田佳彦国対委員長(当時)の首が飛び、支持率は大きく低下したという経験があるからだ。巻き込まれた永田寿康氏は議員辞職を余儀なくされ、その後に自ら命を絶つという悲劇もあった。その教訓は決して忘れてはならないものであり、同党にとってのトラウマでもある。

当の籠池氏は「全て国会でお話しする」と証人喚問に意欲を見せる。3月16日の参議院予算委員会による瑞穂の國記念小學院の視察に立ち会った後、「われわれもみな犠牲者ですよ。建物もできる限り公的資金を投入して、われわれを助けてほしいとお伝えした」と述べるなど、いまだ小学校設立の夢を捨てていない。

果たして3月23日に予定される証人喚問で、どのような真実が明らかにされるのか。森友学園問題の深い闇は、簡単に解きほぐされるようには見えない。



  最後まで読んでいただきありがとうございました!  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ニュースブログへ