お盆の渋滞情報 中央道・八王子LIVEカメラ
↑名古屋方面       東京方面↓







お盆の渋滞情報・東名厚木LIVEカメラ
↑東京方面        名古屋方面↓







静岡市さった峠 交通の要衝







【生放送中】 最新天気・地震情報 ウェザーニュース SOLiVE24





    当  ブ  ロ  グ  へ  の
    皆 様 の ご 支 援 に 感 謝 致 し ま す! あ り が と う ご ざ い ま す!






警察官が中学生に暴言 「否認すれば牢屋」





警視庁警察官、中学生に自白強要「ろう屋に入れ」



朝日新聞  
 警視庁高井戸署員が2015年、当時中学3年の少年2人の任意聴取中に「高校に行けなくしてやる」と脅したとして、2人の父親が10日、都内で会見し、少年1人が録音した聴取時のやりとりを公開した。聴取は同級生に万引きを強要したとして行われたが、警視庁は同日、不適切な聴取を認め、万引きの強要は確認できなかったと説明した。

 東京弁護士会は同日、署員らの聴取について、署に書面で警告した。警告書によると、少年2人は同級生が15年12月に万引き事件を起こし、署に「2人から強要された」と説明したため、出頭を求められた。同月19日、署で約2時間、別々に任意の聴取を受けた。

 署員らは2人に黙秘権を告げず、「逮捕状でも何でも取ってやる」「鑑別(所)でも少年院でもぶちこむしかない」「認めないと牢屋に入れる」などと発言。2人は当初、万引きの強要を否定したが、こうした聴取に強要を認め、1人は反省文を書いたという。

 少年2人の父親は10日、それぞれ「今も理不尽さに怒りがこみあげてくる」「録音がなければ泣き寝入りするしかなかった。事件がなぜ起きたか、深く検証してほしい」と述べた。少年2人は警視庁からすでに謝罪を受けたという。

 警視庁の森本敦司・生活安全総務課長は10日、聴取について「署員らが責任感から行った」と説明。「事案を真摯(しんし)に受け止め、再発防止に努める」と述べた。


  悪いけどいまな、ごめんなさいって言えるチャンスをあげてるだけなんだぞ。
  いいか。ごめんなさいと言うチャンスをあげてるだけなんだ。
  お前の、そのな、発言次第じゃ、俺はお前の首を取るぞお。悪いけど。
  てめえ、高校なんか行かせねえぞ、オラ。学校じゃねえんだ、ここは。オラ。
  高校なんか行かせねえよ、お前。
  お前の言い方次第じゃ、お前、やってやんぞ。とことんやってやんぞ、おめえ!

  これって、
  中学生相手に言う言葉か???
  
  っていうより、
  マンマ、893の脅しじゃないか、…。

  こんな言いようをされて、
  よく、これで男子高校生は持ち堪えたよね、偉いは!
    
  しかーし、
  これで、機転利かせた親御さんが、
  ICレコーダーを持って行かせなかったとしたら、
  どんなおそろしいことになっていたんだろうっと思うとね。
  
  警視庁の森本敦司・生活安全総務課長は10日、聴取について
  「署員らが責任感から行った」と説明。
  「事案を真摯(しんし)に受け止め、再発防止に努める」と述べた。

  はぁ〜?
  どんな責任感?
  この言いようも可笑しいと思いますね。

  というか、
  生活安全課の刑事って893みたいな物の言いようはしないんだけどね。
  子供相手だからね、穏やかで人情味のある刑事が多いんですよ。

  昔、父が親しくしていた正義感の強い警察署長さんがね、
  こんなこと言っていたことを思い出します。
  ナン十年も昔の話やからね、今はどうだかわかりませんが、…。

  殺人課(893と見紛う捜査一課)だとかで犯人を落とせなかった事案で、
  生活安全課のおまわりさんを担当させるんだってね。
  コンコンと言い聞かせて、優しく諭しすような話し方をするらしい。
  これを辛抱強く続けるうちに、凶悪犯が完落ちするんだって、。。。  

  だからね、
  離婚経験者は生活安全課の刑事にはなれないってなことを、
  刑事を旦那に持った友人が昔々に、言ってましたけどね。
  (自分の家庭を治められないで、ってことになるんでしょうね…)

  警視庁の組織はどうなってるのかしれませんが、
  この案件に関わった刑事は、
  生活安全課の年季の入って刑事ではないように思うんだけど、
  警察も変わったのかもしれません、…。

  逆にさ、  
  893と渡り合う時に、
  やさしくどうこうなんて言ってられなくて、
  そら、マンマ893の気性のお巡りさんでないと太刀打ち出来ないと思うしね。

  組の家宅捜査。
  「はよ、戸を空けさらさんかい!」
  「ワレ、なんじゃい!」  
  「なにぬかしやがんねん!ボケーーー!!!」
  これ、皆、お巡りさんの声だったりするからね。 

  まぁねぇ、
  何度も言うようだけど、
  私が出会ったお巡りさんは、いい人ばっかりだったもんで。
  最近は、想定外の刑事ばかりでね、夢を壊されてばかりでイヤンなってる。

  襟を正してもらいたい。

  でもね、
  唯一ひっかかること。
  15年12月の事件を今頃になって問題化した理由はなんで?  
  それが引っかかって仕方がないんだわ、。。。

  それと、
  同級生が15年12月に万引き事件を起こし、署に「2人から強要された」と説明。 
  その事実が認められなかったというわけだから、  
  この疑われ子達二人は、
  「強要された」と証言した同級生を名誉毀損で訴えたのかしらね。
  どうなんでしょうね?

  しかし、
  切り取られたとしても、
  警察が中学生に言う言葉じゃないでしょうからね、
  どう謝罪されても、
  無罪が証明されても、
  彼ら達は、一生警察を恨む人生を歩むことになるんだろうなぁ、…。
  そんな感じがしてね、…。



■参考記事

■TBS
警視庁警察官、中学生に自白強要「ろう屋に入れ」
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3127439.html

 警視庁の警察官が万引きへの関与を疑われた中学生を取り調べた際、「ろう屋に入れよ」などと自白を強要していたことがわかりました。
 「ごめんなさいって言えるチャンスをあげてるだけなんだぞ、いいか、お前のその発言次第じゃ俺はお前の首をとるぞ、悪いけど」(警察官A)
 響き渡る警察官のどなり声。相手は中学3年生で、高校受験を控えた男子生徒(当時15)でした。
 「高校行かせねぇ。やっぱり行かせねぇよ、お前は。お前、世の中なめすぎだ、お前は。お前は世の中がまだ分かってない」(警察官A)

 東京弁護士会などによりますと、男子生徒はおととし12月、同級生が起こした万引きへの関与を疑われ警視庁高井戸署で取り調べを受けました。生徒はその際、親の勧めでICレコーダーを持ちこみ、やりとりを録音していました。男子生徒は関与を否定しますが・・・

 「てめぇだけなんだよ。おちょくってるのか、お前。お前だけだよ」(警察官A)
 別の警察官も逮捕をちらつかせ自白を強要します。
 「逮捕状持ってくんだぞ、てめぇ、家に。お前らが義務教育だから呼んでやってんだぞ、わざわざ」(警察官B)
 「ぼけ野郎が。ちょろちょろちょろちょろ小出しに言いやがって。ちゃんと言うんだよ、ここまできたら、お前は。分かったか」(警察官A)
 黙秘権の告知をせずに行われた取り調べ。最後は謝罪まで要求します。
 「お前逮捕して、ろう屋に入れよ。じゃあ、人生終わりだからな。てめぇはこれから帰って親にも言って、もう二度としませんから許してくださいって、言わないかぎりは高校行けねぇからな、いいな」(警察官B)

 この男子生徒のほかに別の同級生の少年(当時14)も同様の取り調べを受け、2人は一時、関与を認めたということです。しかし、その後の警視庁の調べで、2人は万引きに関与していなかったことが確認されました。東京弁護士会は黙秘権や供述の自由の侵害があったとして高井戸署長宛てに警告書を提出。警視庁は「不適切な聴取だった」として2人の男子生徒の両親に謝罪しました。

 「当時のことを思い出すと、やはり理不尽なことに対しての怒りがこみ上げてきます。警察にはこういうことが起きないようにやっていただきたい」(男子生徒の父親)
 警視庁は取り調べをした警部補を警務部長注意、もう1人の巡査部長を所属長注意の処分にし、警部補は今年春、退職しました。



  最後まで読んでいただきありがとうございました!  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ニュースブログへ