録画ライブ 立憲民主党☆なんば





立憲民主党 枝野代表 なんば高島屋前演説【2018.01.14】





2018年1月14日 立憲民主党 大阪府連 キックオフ集会



■【立憲民主党大阪府連  キックオフイベントwith 枝野幸男】
日時 2018年1月14日(日)13:00〜14:40(受付開始12:15〜)/
場所 シティプラザ大阪/
参加費 500円/
定員 メイン会場250人、モニタールーム200人
※メイン会場が満席となった場合、モニタールームへのご案内となります。/
入場 先着順/
内容 
1. 枝野幸男代表あいさつ、
2. トークセッション(枝野幸男、森山浩行、辻元清美ほか)、
3. バズセッション(市民参加型討論会)/
司会 尾辻かな子

1/14(日)
11:30〜《街頭演説会》@なんばマルイ前※参加無料
13:00〜《キックオフイベント》@シティプラザ大阪(堺筋本町)
パネルディスカッション&ワールドカフェ「立憲民主党と一緒にしたいこと」
※参加500円






いやー、
AbemaTV、すごいことやっちゃったね。
大相撲を(序ノ口〜十両)まで、生放送しちゃうってねぇ。

この放送、1,2年見てくださっていたら、
将来、伸してくるお相撲さんが分かってくるから面白いって思います。
幕内は、NHKが放送するからね。



■@AbemaTV 1月14日(日) 08:30 〜 16:00
大相撲LIVE 初場所(序ノ口〜十両)【初日】
SPORTSチャンネル

番組概要
大相撲初場所【初日】幕内 結びの一番まで完全無料生中継!
この時間は「序ノ口」「序二段」「三段目」「幕下」「十両」の取組を放送します。

誰もが自由に楽しめる大相撲を目指し、斬新かつダイナミックな映像で取組の様子をお届け!
オリジナルの力士紹介VTRや独自解説者の起用など、「AbemaTV」ならではの新しい大相撲LIVE!ご期待ください。
AbemaTVでは大相撲全6場所90日間、完全生中継!



    当  ブ  ロ  グ  へ  の
    皆 様 の ご 支 援 に 感 謝 致 し ま す! あ り が と う ご ざ い ま す!










日本の立ち位置‗風をよむ20180114Sundaymorning



■【サンデーモーニング】【2018.01.14】 
サンデーモーニング 2018年1月14日 南北対話再開…北の狙いは▽トランプ氏“暴言”▽カヌー不祥事
南北対話再開…北の狙いは▽日韓に再びきしみ▽トランプ氏“暴言”の波紋▽カヌー不祥事▽モーグル男子快挙▽池江が日本新▽葛西8度目五輪▽風をよむ〜日本の立ち位置〜ほか   
【司会】関口宏
【パネリスト】岸井成格(毎日新聞)→お休み
【レギュラー出演】田中秀征 幸田真音 藪中三十二 大崎麻子 青木理 五野井郁夫
【スポーツご意見番】張本勲 皆川賢太郎
【サブキャスター】橋谷能理子 唐橋ユミ 伊藤友里 水野真裕美(TBSアナウンサー)
メール:sunday-m@best.tbs.co.jp
ツイッター:@sundaym_tbs https://twitter.com/sundaym_tbs


■【サンデーモーニング】【2018.01.14】 
(オープニング)
オープニング映像。

オープニングトーク
関口さんが天候や朝鮮半島などについて話した。

(ニュース)
2年ぶり南北閣僚級会談 北朝鮮”非核化協議には応じず”
9日に南北朝鮮の軍事境界線にあるパンムンジョムで行われた2年ぶりの南北閣僚級会談は和やかな雰囲気で始まり北朝鮮が平昌五輪に選手団を参加させると正式に表明した。これによって北朝鮮は代表団など500人規模の派遣を行う見通しとなった他、軍事的な緊張緩和に向け軍事当局会談の実施や南北問題を対話と交渉で解決することで合意した。核・ミサイル問題の協議については北朝鮮は一切応じなかった。会談を受け日本の菅官房長官は日米韓3カ国で協議しながら圧力を最大限まで高めていく方針に変わりはないとの考えを示したが、アメリカのトランプ大統領は南北対話に期待感を示した。

トランプ大統領 発言をなぜ一転?理由は文大統領が会見で…
南北閣僚級会談を受け行われた米韓首脳会談について韓国側はトランプ大統領は南北の対話中は軍事行動もしないと断言し、平昌五輪にペンス副大統領を派遣すると明言した。さらに11日のウォール・ストリート・ジャーナルのインタビューでは正恩氏とは非常にいい関係にあるとまで言い放った。トランプ大統領が発言を一転させた理由はアメリカの圧力が対話に繋がったとしてムン・ジェイン大統領がトランプ大統領の手柄を強調したことで韓国側に気を良くして発言のトーンを変えた可能性があると米メディアは報じている。会談前にトランプ大統領は自画自賛ともとれるツイートをしていた。一方南北会談に応じた金委員長についてプーチン大統領は成熟した政治家だとコメントした。

プーチン大統領 金刀委員長を評価 北朝鮮 硬軟両様の姿勢なぜ?
11日記者との会合内で南北会談に応じた北朝鮮についてプーチン大統領は情勢を鎮静化させる狙いがあると分析した。また金委員長について抜け目のない成熟した政治家だと高評価を与えた。韓国では北朝鮮側が平昌五輪に崔竜海副委員長や金与正氏を派遣する可能性があると報じられるなど対話への期待感も見られる。しかし12日に朝鮮中央テレビは金委員長が乗り越えられない難関はないと強調されたと報じ、同日北朝鮮の韓国向けサイトは米韓合同軍事演習について完全に中止すべきとの要求を突きつけた。

2年ぶり南北閣僚級会談 北朝鮮の狙いは?
会談で北朝鮮側の代表を務めたリ・ソングォン委員長は軍出身の強行派で短気な性格から韓国では青筋と呼ばれている。2011年の会談のときは途中退席していたが今回は笑顔で対応し融和ムードを演出した。南北合意の内容はアメリカの干渉を排除したり核問題の議論自体を拒否する内容だった。またトランプ大統領の北朝鮮を巡る発言について最近は金正恩氏と非常に良い関係と話したり、米朝対話について対話の窓は開かれているなどと発言し、軍事攻撃について南北対話中は軍事行動をしないなど変化していると紹介した。北朝鮮の狙いについて田中さんは北朝鮮がオリンピックに参加しても歓迎は出来ないなどとコメントした。幸田さんは気になるのは中国でこの問題についてどう考えているか気になるなどとコメントした。藪中さんは今回はムン・ジェイン大統領が難しい立場に置かれるとし、トランプ大統領のブレが怖いなどと話し、日本の立場に付いても言及した。大崎さんはムン・ジェイン大統領が平昌五輪後にどういうビジョンを持っているかに関心があるとした。青木さんはオリンピックという世界的なイベントの懸念が減ったことについては価値があったと思うとし、金正恩体制が初めて対外的な活動をし始めたので大切な局面に来ているなどとコメントした。

慰安婦合意「再交渉求めず」韓国国内から批判の声
2年前に締結された慰安婦をめぐる合意を韓国側が蒸し返す動きを見せ、波紋が広がっている。10日、韓国外務省前で行われた抗議デモ。怒りの矛先が向けられたのは前日に韓国政府が発表した日韓合意に対する新たな方針。9日に康京和外相が韓国政府は合意と関連して日本政府に対して再交渉は要求しないなどと述べた。その一方で「2015年の合意は日本軍慰安婦問題の真の解決にはなりえない。被害者たちが望んでいるのは自発的かつ心からの謝罪です」など述べている。また、日本が拠出した元慰安婦への支援金10億円についても日本の金は受け取れないとする元慰安婦の心情に配慮して、韓国政府の予算で置き換える方針。再交渉は求めず自発的な対応に期待する。どっち付かずな対応に韓国国内から文政権に「間違った合意があるなら日本政府と再交渉すべき」など批判の声が。

文大統領「誤りで対応必要」慰安婦合意新方針に日本反発
日本政府に自発的な対応を促す一方で再交渉は求めない方針を示した韓国政府。文在寅大統領は翌日10日に「前政権が公式に合意してしまったことなので、満足できなくても現実的な最善の方法を探し出さなければなりません」など述べ、合意については誤りだったを改めて強調。しかし、この会見では日韓関係も重要などと述べ、日本への配慮もみられた。慰安婦問題で日韓両国が合意したのは2年ほど前。日本政府は当時の朴槿恵政権と最終的かつ不可逆的な解決を確認。しかし、日韓合意の再交渉を公約に掲げた文在寅氏が大統領に当選。慰安婦を象徴する少女像がソウルを走る路線バス内に設置されるなど抗議活動が続いていた。 今回文政権が打ち出した新たな方針に韓国メディアは「被害者も日本も満足できない折衷案」「前政権を非難するためにこの問題を道具として利用しただけ」などと批判。日本政府は「政府としては日韓合意を1ミリたりとも動かす考えはない」「日韓合意は国と国の約束。韓国側にも実行するよう強く求めていきたいと思っています」など述べている。再燃した慰安婦問題。国内外の強い反発に文在寅大統領は苦しい立場に置かれている。

慰安婦合意「再交渉求めず」文政権新方針に批判相次ぐ
2014年に両政府が合意した慰安婦問題についての日韓合意。最終的かつ不可逆的に解決、安倍首相がおわびを表明、元慰安婦の支援に日本政府が10億円を拠出する形で合意をしていたが、今回韓国政府は前政権が被害者を排除して問題解決をしたこと自体が間違っていた、自発的な真の謝罪を期待するとしている。10億円は韓国政府の予算で充当するという。さらに文政権は本来公開されることのない日韓合意の非公開部分を公開。韓国政府は慰安婦関連団体が不満を表明しても同調せずに説得すること、海外に少女像を設置する支援をしないこと、性的奴隷という表現をしないことに事実上同意をしていたとされる。これについて韓国保守系メディアは「外交上越えてはいけない一線を越えた」と評している。藪中三十二は「自己矛盾に満ちている。大統領になる前はこれに反対だと言っている。大統領になってしまうとやっぱり国際合意だと、そこに大きな矛盾を抱えていると思う。」など述べた。

トランプ大統領”資質”に批判 「便所のような国」発言も?
11日アメリカの有力インターネットメディアハフィントンポストが報じたトランプ政権が近く発表するとされる核政策の草案には局地攻撃を想定し爆発力を抑えた小型核ミサイルの開発など核兵器の役割を拡大する内容だった。核兵器を用いた軍事オプションを増やすことに意欲的なトランプ大統領については国内外で大統領の資質を問う声が相次いでいる。今月5日に発売されたトランプ政権の内幕本では政権幹部がトランプ氏を「まぬけ」などと呼んでいたことが暴露され全米に衝撃が走った。これに対しトランプ大統領はツイッターで私は安定した天才だとコメントした。更に会見でも大きな成功を手にしたなどと発現した。9日のアメリカ映画批評会議の授賞式で俳優のロバート・デ・ニーロさんがトランプ大統領を裸の王様などとし批判した。こうした中トランプ大統領が超党派議員らと移民問題で協議した際アフリカ諸国などからの移民について便所のような国から来た人々などと語ったという。この問題を受けトランプ大統領への批判が世界から挙がった。 ハイチではデモが起こるなど波紋が広がっている。暴言についてトランプ大統領はツイッターでこれは私が使った言葉ではないと否定した。しかし同日キング牧師のたたえその誕生日を祝日とする文書に署名した際、記者からは謝罪しないのかなどといった質問が投げかけられた。

”ロシア疑惑”新たな動き 特別検察官が大統領聴取の意向
資質を問う声が相次いでいるトランプ大統領についてロシア疑惑でも8日にロシアによる米大統領戦への介入などを捜査しているモラー特別検察官が先月トランプ大統領の弁護団に対し直接聴取したい意向を伝えていたことを米複数メディアが報じた。

トランプ大統領”資質”に批判「便所のような国」発言も?
トランプ大統領は就任から間もなく1年になるがこの間の政権幹部の離職率は34%となっていて支持率は30%台と低迷が続いている。しかし3割を割り込むことはなく固定層に支持されているとも言われている。これについて藪中さんは特に日本にとって大変な状況だなどとし、今回の人種差別的な発言などをする大統領を共和党は見捨てずまだ続くなどとコメントした。田中さんは政権の低い支持率について1年よく持ったと思うなどとし、安倍さんに大統領と 100%同じだなどと簡単に言ってほしくないなどとコメントした。青木さんは怖いのは日米関係もあるがアメリカがこうなってしまうと世界のモラルなどが崩れていくような気がしてこのままでは世界に悪影響が及びそうで嫌になるなどとコメントした。

スポーツに喝!あっぱれ! 週刊・御意見番
コーナーオープニング
「スポーツに喝!あっぱれ! 週刊・御意見番」のコーナーオープニング。

今週の助っ人 皆川賢太郎さん
今週の助っ人は元アルペンスキー選手の皆川賢太郎さん。1977年5月17日生まれの新潟県湯沢町出身。父・賢治さんは競輪選手。高校時代はインターハイに優勝。全日本選手権には4回優勝。1998年の長野五輪では1本目で途中棄権。2002年に前十字じん帯断裂。2006年のトリノ五輪では銅メダルまで0.03秒差の4位に。入賞は猪谷千春さん以来アルペン日本男子50年ぶり。2009年にはモーグル選手の上村愛子さんと結婚。 2014年に引退した。関口宏から夫婦で競技が似ていることを聞かれた皆川さんは唯一夫婦間は4位で留めて頂いた、バランスを取って頂いたという感じでしたけど、など述べた。皆川さんは現在は全日本スキー連盟の競技本部長を務めている。

モーグルW杯 第5戦
アメリカで開催のフリースタイルスキー・モーグルW杯第5戦では遠藤尚が84.44点で暫定一位。しかし、カナダのミカエル・キングスベリーが87.33で優勝。遠藤尚は2位に。

ハーフパイプW杯 第4戦
フリースタイルスキー・ハーフパイプW杯第4戦ではソチ五輪銅メダルの小野塚彩那が87.00で3位。今季初表彰台に。

スロープスタイルW杯 第2戦
スロープスタイルW杯では岩渕麗楽が横2回転半のCAB900を決め、76.48の2位に。15歳の國武大晃は縦2回転、横3回転半のCABダブルコーク1260を披露するなどして83.64で2位。初のW杯表彰台に。

スタジオトーク
張本勲は小野塚彩那について「良かったね。頭打って、しばらくだめかと思ったけど」など、皆川賢太郎さんは「今回久々の試合だったので自信を取り戻したと思います」など述べた。

(番組宣伝)
今夜のTBSは…
「珍種目No.1は誰だ!?ピラミッド・ダービー2時間SP」、「日曜劇場 99.9-刑事専門弁護士-SEASONII」、「林先生が驚く初耳学!」の番組宣伝。

スポーツに喝!あっぱれ! 週刊・御意見番
スキージャンプW杯 個人第5戦
きのう行われたスキージャンプW杯・個人第5戦に出場した高梨沙羅選手。予選を1位で通過したものの、優勝を逃す結果となった。張本勲は優勝したルンビに比べてジャンプに差があるとコメント。皆川氏は秘策があり、徐々に調子をあげていると話した。

平昌五輪 日本代表
平昌五輪スキージャンプの日本代表選手を紹介した。葛西紀明は8大会連続出場。大会が開幕する2月9日、男子モーグル予選に遠藤尚が出場する。皆川氏はメダルの目標は10個、ハーフパイプの平野選手はまだ大会でも出していない技を隠し持っていると話した。

プロ野球 今週の自主トレ
9日、千葉・鎌ヶ谷市で日本ハム清宮幸太郎内野手の自主トレがスタート。アリゾナで行われる1軍キャンプのメンバー入りを目指す。楽天から15年ぶりに西武へと古巣復帰した松井稼頭央は都内で自主トレ。コーチの肩書きもついたが、じっくり土台作りを中心としたメニューに取り組んだ。ベイスターズ山崎康晃投手は下半身の再強化を目指し毎年恒例の山登りからスタート。広島の新井貴浩内野手は和歌山で14年連続の護摩行に挑んだ。張本氏は新井選手の護摩行について「ヤケドでもしたらどうするのかな、野球に関係のある練習をしてもらいたい」とコメント。

所属未決定の選手
未だ所属が決定していない選手を紹介。張本氏は「ダルビッシュは2月まで引っ張るかも分からない。イチローが一番心配」と話した。松坂大輔投手は中日の入団テストを受けるとのこと。

ラグビー 日本選手権・決勝 サントリーVSパナソニック
きのう社会人ラグビー日本選手権の決勝が行われ、昨シーズン王者のサントリーとパナソニックが対戦。12−8でサントリーが2年連続8度目の優勝を果たした。張本氏は「サントリーはチームの団結力がすごい」と、あっぱれに認定。

ラグビー 大学選手権・決勝 明治大学VS帝京大学
ラグビーの大学選手権決勝では明治大学と大会8連覇中の帝京大学が対戦。試合は明治がリードしていたものの、後半20分で帝京が1点差まで追い詰め、21−20で逆転優勝。9連覇を達成した。

全国高校ラグビー大会・決勝 東海大仰星VS大阪桐蔭
全国高校ラグビー大会決勝戦は東海大仰星と大阪桐蔭の大阪対決。27−20で東海大仰星が2年ぶり5度目の優勝を果たした。皆川賢太郎氏があっぱれに認定。

中山7レース
藤田菜七子騎手は20歳になったばかりの女性騎手。スタートは遅れたが最後は写真判定の結果1着同着となった。張本は藤田さんについて騎手は馬と足首しか密着しないなどと話した。また喝についてはビックリシタナモーという名前についてアナウンサーが困るでしょなどと話した。

第96回全国高校サッカー選手権・決勝 前橋育英VS流通経済大柏
8日に行われた全国高校サッカー選手権決勝で初優勝を狙う前橋育英は夏のインターハイとの2冠を狙う流通経済大柏と対戦した。相手は今大会4試合で失点0。後半34分前橋育英のコーナーキックから何度もゴールを狙うが流通経済大柏のディフェンスに阻まれた。後半アディショナルタイムで前橋育英の選手が2人の股を抜く決勝弾を決め、1点をもぎ取った前橋育英が21回目の選手権で悲願の初優勝。

第26回全日本高校女子サッカー選手権・決勝 藤枝順心VS作陽
第26回全日本高等学校女子サッカー選手権決勝で2大会ぶりの優勝を狙う静岡の藤枝順心は前半40分に3年生が先制ゴールを奪うとその5分後に別の3年生がゴールを決め藤枝順心が作陽をやぶり2大会ぶりの優勝となった。今大会22得点で失点は0。

バレーボール 全日本高校選手権 男子決勝 洛南VS鎮西
バレーボールの全日本高校選手権男子決勝は京都の洛南と熊本の鎮西が対戦。注目の鎮西のエースは大会一の最高到達点を誇るジャンプからスパイクを決める。エースの活躍で鎮西が2セットを連取。第3セットでも勢いは止まらず迎えたマッチポイントで得点を決め鎮西はエースが32得点の活躍を見せ21年ぶり3回目の優勝を決めた。女子の方は金蘭会が3年ぶり2度目の優勝となった。

東京都 新春水泳競技大会
昨日東京都で行われた東京都新春水泳競技大会の女子200メートル自由形で池江璃花子さんは日本新記録を記録し優勝した。また50メートルバタフライでも日本新記録をマークした。池江さんは今月終わりにオーストラリアに単身修行に行くという。スキー選手は春のオフ期は休めるがその後は海外遠征ばかりと皆川さんは話す。また5,6月は世界中に雪がなくなるのでその時も休みになるという。

バスケットボール全日本選手権 男子決勝 千葉ジェッツVSシーホース三河
バスケットボール全日本選手権男子決勝では去年の王者千葉ジェッツがシーホース三河と対戦した。富樫勇樹が怪我で離脱した千葉はキャプテンの小野が奮起。接戦で迎えた第3ピリオドで小野が3ポイントシュートを決め、更に3連続でポイントを決めリードを広げる。この活躍もあり千葉は三河をやぶり連覇を達成した。

バスケットボール全日本選手権 女子決勝 JX-ENEOS VSデンソー
バスケットボール全日本選手権女子決勝ではJX-ENEOSの渡嘉敷来夢に注目。身長の高さを活かしたプレイで得点を重ねる。渡嘉敷は 17得点を挙げ勝利に貢献しチームは84対62で5連覇を達成した。

ライバルに薬物混入
去年9月にカヌースプリントの日本選手権で鈴木選手が大会の最終日水飲み場にあった小松選手のボトルを持ち出して筋肉増強剤を混入した。この日小松選手はドーピング検査で陽性判定を受け暫定的な資格停止処分になったがその後薬物混入が明らかになり処分は解除された。鈴木選手は動機について東京オリンピックに出場したいという気持ちからライバルを陥れようとしたという。ドーピングに関して2015年根会のドーピング総数は1901件で1位はロシアだった。日本は8件で内訳はボディビルなどと紹介した。日本アンチドーピング機構はオリンピックでドーピング違反はゼロだったとし、他社からの薬物混入は国内初としている。今回の件について室伏広治さんは被害者も対策すべきなどとコメントし、為末大さんはペットボトルは必ず明けた時に音がするか確かめろと言われたなどのコメントを紹介した。アテネ五輪のときのフランス代表の対策として選手村に行かないなどの対策を紹介した。これは一度要請結果が出るとその後処分解除は殆ど無いからだという。国ぐるみでのドーピングが明らかになったロシアは選手団の派遣は禁止になったがこれまでに違反歴がなく新検査で陰性だった選手については個人出場は認められるという。出場するかどうかは今月下旬に発表される。皆川さんは今回の事件についてチームメイトからと言うのは考えられないことなどとコメントした。ドーピングについては自覚を持つことは大事だなどと話した。平昌五輪までの期間の課題として皆川さんは風邪をひかないことなどとし、課題の順序を間違えないで準備してほしいなどとコメントした。

(一週間ニュース)
黒ドレスでセクハラ抗議
1月7日(日)、米・ロサンゼルス郊外で行われたゴールデングローブ賞授賞式でほぼ全ての女優らが黒ドレス、男性俳優は黒スーツに黒ネクタイで登場。ハリウッドのセクハラ行為に対し再発防止を呼びかけた。

オプラ氏のスピーチではPower・Stigma・Silensという3語が良く出る。権力や逆らえない状況があり、セカンドレイプを行われ、女性らは沈黙していたがその次代を終わらせるとの内容。Person of the Yearには沈黙を破った女性らが選ばれている。オプラ氏は耳を傾けた男性にも称賛を送っている。誰もme tooと言わなくて良い次代を男女協力し作ろうと締めた。

成人式 貸衣装会社が突然…
成人の日に「はれのひ」が突然営業をとりやめ、予約していた成人らが振り袖を着られなくなるトラブルが各地で相次いだ。はれのひは一昨年9月期決済で6億円以上の負債があり大幅債務超過となっていた。社長は姿を見せておらず、各地の警察などへ700件超の相談が寄せられている。被害総額は2億円超。神奈川県警は詐欺容疑も視野に捜査を進めている。スタジオではてるみくらぶなどを挙げ、処罰が甘い・対応策がないなどと話し消費者側も緊張感を持たなければとコメント。

また沖縄で米軍ヘリが不時着
沖縄・読谷村でAH-1が緊急着陸した。近隣住民らにけがはない。米軍は、計器アラームが点灯したため緊急着陸したと説明。6日にはうるま市にUH-1が不時着。沖縄によると昨年1年間で米軍による緊急着陸・事故は30件。地元の反発は強まっている。
青木は琉球新報の記事で異常が日常化しているということを知った、日米政府は再発防止を真剣に考えるべきとコメント。

小泉元首相ら”原発ゼロ”法案発表
10日水曜日、小泉元首相や細川元首相らが会見を開き、稼働中の原発をただちに停止し、2050年までにすべての電力を自然エネルギーでまかなう法案を発表。実現に向けては立憲民主党など原発ゼロ実現に積極的な野党と協力。今月下旬に招集される通常国会で超党派の議員による法案提出を目指したいとしている。

尖閣周辺の接続水域に 中国海軍
11日木曜日、沖縄県・尖閣諸島沖の日本の領海外側にある接続水域に中国海軍の艦艇と潜水艦が入った。外務省は中国側に抗議したが、中国外務省の陸慷報道官は「日本の海上自衛隊所属の艦艇2隻が接続水域に入って活動し、中国海軍は日本側の活動を追跡し監視した」「釣魚島は中国国有の領土」と改めて主張。

(気象情報)
田んぼにもメリット 一石二鳥「白鳥の郷」
千葉・印西市から中継。田んぼに水をはった人工の池にはシベリアから越冬のために白鳥がやってくる。サッカーフィールドほどの池に約900羽集まっている。毎年訪れるそうで、ここにいるのがコハクチョウという白鳥で、他にもオオハクチョウ、アメリカコハクチョウがいる。見分け方はくちばしの黄色い部分の範囲だという。オオハクチョウが一番広くてアメリカコハクチョウが一番黄色い部分が小さい。白鳥の飛来はいまから25年ほど前。最初は6羽だったのが、地元民による餌付けにより年々数が増加。周辺には二番穂がたくさんあるので毎年やってくる。白鳥が水草などの雑草を食べてくれるので除草剤が要らなくなり、無農薬で米を育てられるようになった。さらに糞がこやしにもなるという。

天気予報
全国の天気予報。

風をよむ
風をよむ 〜”日本の立ち位置”〜

今週火曜日、北朝鮮と韓国の閣僚級会談が2年ぶりに行われた。この会談に先立ち、トランプ米大統領はツイッターで北朝鮮に対し自身が行ってきた圧力の成果であることを自画自賛。菅義偉官房長官も日米で圧力を強化することを明言した。これまでも繰り返しアメリカとの共同歩調を訴えてきた日本政府。ところが今週月曜、沖縄・読谷村の廃棄物処分場に在日米軍のヘリコプターが緊急着陸。先月には小学校の校庭にヘリコプターの窓が落下、今月6日には伊計島に緊急着陸するなど米軍ヘリによるトラブルが相次いでいる。こうした事態の度に問題となるのが、在日米軍の法的地位や基地の運用などを規定する“日米地位協定”の存在。アメリカ軍が事故現場を封鎖し、日本の警察や消防が排除されたり公務中の米兵の優先的裁判権がアメリカ側にあることなどの問題点を抱えている。

去年7月、国連で122か国による賛成多数で「核兵器禁止条約」が採択された。しかし、アメリカ・ロシアなどの核保有国はこれに反発。核の傘の下にいる日本も採択には参加しなかった。こうした日本の核兵器に対する曖昧な姿勢が影響しているのか、先月4日、日本政府がとりまとめ国連で24年連続採択されている“核兵器廃絶に向けた決議案”の賛成国は今回大きく減少している。アメリカに対する配慮が強く滲むいまの日米関係について、専門家は「忖度外交が非常に強くなっている」と話した。

去年11月の日米首脳会談、トランプ米大統領は日本による米製防衛装備品の大量購入に期待を寄せた。その言葉通り、日本は米製防衛装備品を次々と購入し、防衛力強化を図っている。水曜日、小野寺防衛相は地上配備型ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」の実験施設を視察した。アメリカと足並みを揃えて防衛力強化の構えを強めつつある日本。ところが、トランプ大統領は「金正恩氏とはおそらく非常に良い関係にある」と発言するなど一転して対話への期待感を表明している。こうした中、安倍総理はバルト三国のラトビアなどを訪問。改めて北朝鮮への圧力を訴えた。専門家は、今後もアメリカ一辺倒でやっていくとなれば「はしご」を外された時に日本が存亡の危機に陥ると指摘する。

田中秀征氏は日米関係を車の運転席と助手席に例え、言うべき時は言わなければならないと指摘。幸田真音氏は経済的な観点から外需頼みではバランスが崩れた時にあっという間、外交と経済は一体だということを認識していたいと話した。一方、藪中三十二氏は片方で日米同盟、片方でアジアの平和構築をやりだせば日本の立場はそう悪くないだろうとの味方を示した。大崎麻子氏は自由・人権・民主主義という国際協調の基盤をリードする立場になってほしいとコメント。

北朝鮮問題とトランプ政権を考えた時、トランプ大統領は軍事行動に出る可能性がある一方で、得だと思う方にスパッと行ってしまう可能性がある。日本と100%共にあるということはあり得ない。アメリカとも距離を置きつつ、中国や韓国と連携し北朝鮮と交渉する独自の立ち位置を作らなければ危ないという考えも必要、と青木理氏。

(エンディング)
焼き場に立つ少年
長崎・原爆投下後にとられた「焼き場に立つ少年」の写真を紹介。最近、ローマ法王がこの写真を世界中に見せたいと話したとのこと。

(番組宣伝)

「サンデー・ジャポン」の番組宣伝。
< 番 組 終 了 >



  最後まで読んでいただきありがとうございました!  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ニュースブログへ