おー!
流石、自民党の補完勢力!
自民党へのブレーキ役どころか、
火付け役だもんな。
池田大作氏の言葉なんぞ●河童ってことか、…。



■時事通信
佐川長官の国会招致不要=山口公明代表
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018021300617&g=pol

 公明党の山口那津男代表は13日の記者会見で、学校法人「森友学園」への国有地格安売却問題をめぐり、野党側が求めている佐川宣寿国税庁長官の国会招致は必要ないとの認識を示した。山口氏は「長官の立場で(財務省)理財局長の所管事項に答弁するのは、かえっておかしい」と指摘した。(2018/02/13-12:07)

■共同通信 2018/2/13 13:04
佐川氏の国会招致、与党が拒否
衆院予算委理事会で

https://this.kiji.is/335995094220997729?c=39550187727945729

 与党は13日の衆院予算委員会理事会で、学校法人「森友学園」の国有地売却問題に関し、野党側が求めている佐川宣寿前財務省理財局長(国税庁長官)の国会招致を拒否した。財務省は9日、国有地売却に関する新たな文書を公表した。佐川氏は昨年の通常国会で、文書を「廃棄した」と答弁している。野党側は「整合性を取るために必要だ」と求めたが、与党側は現在の担当者に答弁させるとして応じなかった。







2018年2月13日 衆議院 本会議 13:00



■2018年2月13日 衆議院 本会議
【案件】
所得税法の一部を改正する法律
国際観光旅客税
【質疑者】
 生方幸夫(立憲民主党・市民クラブ)
 古本伸一郎(希望の党)
 竹内譲(公明党)
 金子恵美(無所属の会)
 宮本徹(日本共産党)
 杉本和巳(維新)












2018年2月13日 衆議院 予算委員会 集中審議(森友問題)08:55



■【衆議院 国会生中継】 〜平成30年 2月13日 予算委員会〜 【2018.02.13】
【案件】
経済問題等集中審議
・・平成三十年度一般会計予算
・平成三十年度特別会計予算
・平成三十年度政府関係機関予算
【発言】
 河村建夫(予算委員長)
【質疑】
 柴山昌彦(自民)1:54
 長妻昭(立民)27:39
 階猛(希望)1:13:17
 今井雅人(希望)1:34:18
 原口一博(無会)1:55:56
 宮本岳志(共産)2:10:50
 遠藤敬(維新)2:23:25
 霖浪躇譟文明)2:37:12
【答弁】
 安倍晋三(内閣総理大臣)
 麻生太郎(財務大臣)
 上川陽子(法務大臣)
 加藤勝信(厚生労働大臣)
 世耕弘成(経済産業大臣)
 小野寺五典(防衛大臣)
 茂木敏充(経済財政政策担当大臣)
 太田充(財務省理財局長)
 黒田東彦(日本銀行総裁)
 戸田直行(会計検査院第3局長


宮本「昭恵氏が名誉校長を辞任したのはいつか」
総理「HPから削除されたのは昨年の2月23日」
宮本「音声データで明らかになった2016年の田村室長との談判の時点も、
口裏合わせの音声データの時点も、ずっと昭恵氏は名誉校長だった」


buu@buu34 さん
共産宮本岳志 森友
財務省から出た途端、安倍夫人から電話があったという籠池発言
総理(&夫人)は、否定
両者の言い分は明確に食い違う
しかし、この電話は別として、この時期、昭恵氏と籠池夫妻が頻繁に連絡していたことは事実
籠池氏証人喚問時、自民党西田議員は、昭恵氏メールの文字起こしを公表
16年6月〜17年3月、籠池夫人へ昭恵氏が送ったメール34回、特に2月18日からの一か月で10回


宮本 「昭恵氏に偽証罪に問われる形で来て頂くしかないと思いますが、いかがか」

アレ 「これはですね、これは、も籠池、さんについては、先ほど、申し上げましたようにですね、そういう、えー電話を、昭恵がしたことはないと言うことを申し上げたところ、でございます。いわば、籠池さんの、ですね、えー、この発言にのっとった、いわば、質疑、であったわけでありますが、それは、ま、根本から違う、ということを、申し上げている、わけでございますが。この、紹介したメール、につきましても、ですね、えー、口留め、口留めともとれるメールが届いた、と籠池氏が述べた、わけでありまして。これはもう、誠に心外であったわけでありまして。メールの前後の文脈を見て頂ければ、籠池、夫人から『自らには非が無い旨、冠?をされている、まっとうな人間がまっとうなことをしているのを阻止される』など、と繰り返している、いたのに対しまして、そしてこちら側からですね、『信じたいと思っています。しかし、園長の説明を聞いていても、私は人に納得してもらえるように話すことは出来ません。なぜ売却価格を非公開にしてしまったのですか?やはり、あいせまる(通訳:怪しまれる)ようなことはしない方が、よかったのかなぁと、思います』と、やんわり、籠池氏側を非難した上で、『私がかかわったということは、裏で、何が、何があるのでは、と疑われないように細心の注意を払わなくてはならないと言うことだったのでしょう』と、言っている、わけで、あります。え、つまり、『かかわった』というのは、名誉校長になっていたことを指す、わけで、ございます。ま、つまり、一部だけ、というか、籠池さんの、ですね、発言が、全く、これは、えー、誤りなことを、ですね、向こう側が言ったことに対して、西田さんが、ちゃんと(宮本「長いじゃないですか」)(つか、噛み合ってないし)いや、長いと言っても、この事実、はですね、事実として申し上げなければ、全容が分からないわけでありまして。えー、で、それを私は今、説明をさして頂いているわけでありまして。私が説明をしようとするとですね、え、答弁を遮られたのでは、ちゃんと丁寧な説明が出来ない、わけで、ありますが、繰り返しとなりますが(なんで繰り返す?)妻が国有地売却の問題や、学校認可の問題に関して、何らの便宜もはかっていないことは、メール、のやりとりを見て頂ければ明らかな、ことではないか、このように思います」

いやいや、質問は、一本の電話に関して、籠池VS昭恵、両者の言い分が食い違っているから、昭恵氏も証人喚問を、総理いかがか、だったよね。
便宜図っただろ、と言われたわけじゃない。


宮本「時間稼ぎみたいな答弁、止めて下さいよ、私は(メールの)中身なんか聞いてないんですよ、〜この時点でも電話やメールが続いていたという事実を私は指摘したわけであります。昭恵氏が名誉校長を辞任されたのはいつですか?」

アレ「、、、えーっと(原稿をくる)これはですね、えー、辞任したのはですね、えー、こちら側の申し出に従ってですね、直ちに先方がHPから、妻、を、名誉校長だとする記載を削除したということではないかと思いますが、昨年の2月23日のこと、先ほど、ご紹介さして頂いたメール、メールはですね、いわば、うちの、妻はですね、えー、向こうからメールが、向こうからメールが、来たことに対しての返信をしている、わけでありまして、あの返信の、今、中身を紹介をさして、頂いた、わけでございますが、今、ご紹介す、さして頂いたですね、えー内容、だけを見て、もですね、えー私の、妻がですね、何か、えー、籠池さんたちに、口止めを、している、とうことは、全くない、むしろ、ちゃんと、えー、価格は非公開ではなく公開すべきだったと言う趣旨の、えー、ことを、述べて、いる、わけで、ございます。ま、つまり、中身をしっかりと一部だけを取り上げるのではなくて(誰も中身の一部なんか取り上げてない)、中身を見て頂いた方がいいのではないか、と言うことを、申し上げているところで、ございます」

宮本「中身なんか聞いてないですよ、やり取りがあったと言う事実を私はお示しをした」

誰も、口止めしただろ、なんて追及してないのに
メールを読み上げて「口止めなどしていない」って
新喜劇で、押し入れの前に陣取って
「ダンさんは、ここに隠れてません」って言い張る丁稚みたいだ。


宮本「総理、あなたは、籠池さんはコロコロ言ってることを変える人物だと。だから信用ならないと、こういう論法で安倍昭恵氏をかばいたてております。なるほど、籠池氏が発言を変えたことは、いくらもあります。大体、安倍首相に対する評価は、証人喚問の前後とで、180度ひっくり返っております。しかし、それと全く同じく、コロコロ籠池氏の評価を変えたのが、総理、あなたですよ。昭恵氏が名誉校長を辞める前の、昨年2月の予算委員会では、『妻から森友学園の先生の教育に対する情熱は素晴らしいという話を聞いている、私の考え方に非常に共鳴している方』と述べておりました。それが昨年10月、総選挙中のテレビ番組では、『こういう詐欺を働く人物は作った学校』と言い、今国会では『この籠池さん、これは真っ赤な嘘、嘘八百だ』と。ころっと、あなたの態度が、あなたの答弁が、あなたの発言が、変わってるわけですよ。しかし、変わるまでは、昨年の2月23日まで、安倍昭恵氏は、森友学園の名誉校長であり、昨年の3月16日までは、頻繁にメールのやりとりをしてきたわけですよ。昭恵氏が、何もかかわっていない、こんな話は、到底通らないということを私はハッキリ申し上げて、私の質問を終わりたいと思います」



    当  ブ  ロ  グ  へ  の
    皆 様 の ご 支 援 に 感 謝 致 し ま す! あ り が と う ご ざ い ま す!







■日刊ゲンダイ 2018年2月13日
五輪と連休でかき消され 森友「新資料」公表の姑息な思惑
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/223138


答弁する太田理財局長(C)日刊ゲンダイ

 姑息な思惑が見え隠れする。財務省が9日、学校法人「森友学園」への国有地売却問題で、学園との交渉文書など新たに20件、計300ページに及ぶ大量の資料を国会に提出した一件である。

 太田理財局長は1日の参院予算委で新たな内部文書が存在することを明らかにし、近く公表する方針を示していたが、なぜ、この日になったのか。

「近畿財務局の資料はすでに大阪地検に押収されていて、隠し続けることは難しい。財務省は公表するタイミングを探っていたはずです。それが9日になったのは、平昌冬季五輪の開会式に合わせたからとみられています。五輪報道にかき消されることを狙ったのでしょう。しかも翌日から3連休で、ニュース番組などで取り上げられる機会が少ないことも好都合だったはずです」(霞が関関係者)

■3連休でほとんどニュースにならず

 財務省は20件のうち19件を昨年12月21日に、残る1件を今年2月5日に会計検査院へ提出していたという。その資料が国会に提出されたのは、9日午前。安倍首相が平昌五輪開会式に出席するため、政府専用機で日本を離れた直後という絶妙なタイミングだった。

 狙い通りということか、翌日の新聞1面で、この森友資料を取り上げたのは2紙のみ。その後のテレビは平昌五輪の報道で埋め尽くされている。

 与党の国対関係者は「世間の関心は五輪に集中しているから、森友なんて話題にもならない。資料公開で幕引きでしょ」と余裕の構えだが、野党は「情報隠蔽だ」と猛反発。13日の集中審議でも森友問題が取り上げられる見通しだ。

「新資料の公表は一種の“ガス抜き”の意味もあり、予算審議のスケジュールとも関連してくる。与党側は、『野党が森友問題で時間を浪費するせいで重要審議が進まない』と、野党に批判の矛先を向けるつもりでしょう。しかし、これだけ大量の資料が出てきて、佐川宣寿・国税庁長官が理財局長時代に国会で『資料は廃棄した』と説明したことに疑義が持たれているのです。

 これから確定申告の時期を迎えるのに、国税トップが国民から疑念を持たれたままでは、国家機能に支障が生じる。佐川長官は、国民が納得できるまで国会で説明するしかないでしょう。それに、当事者の佐川長官や昭恵夫人を招致しないまま、国会で押し問答を続ける方がよほど時間と税金のムダというものです」(政治ジャーナリスト・山田厚俊氏)

 市民団体「森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会」は、確定申告が始まる16日に国税庁周辺で佐川長官の罷免を求める集会を開く。札幌や大阪などでも抗議行動が予定されている。

 産経新聞社とFNNが10日、11日に実施した世論調査でも、佐川長官が「国会で説明すべき」と答えた人は85.7%に達した。

 新資料公表で幕引きなんて、絶対に許してはダメだ。


  学校法人「森友学園」への国有地売却に関連して、
  財務省が新たに内部文書を国会に提出したことを受け、
  衆議院予算委員会の理事会で野党側が佐川前理財局長を委員会に招致するよう
  求めましたが、 与党側は応じられないという考えを示しました。

  ナニを怖がっているのやら???
  
  なにも恐れることがなければ、
  アベ嫁も、佐川も、関係者全員、証人喚問すればいいじゃないか!



■TBS 2018年02月13日
野党側、国税庁長官の任命責任追及
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3291188.html

 国会では、衆議院予算委員会の集中審議が行われ、森友学園への国有地売却をめぐり、野党側は佐川国税庁長官の任命責任などを追及しています。国会記者会館からの報告です。

 立憲民主党の長妻代表代行は、先週、財務省が新たに内部文書を国会に提出したことを受け、森友学園との交渉記録を「廃棄した」と国会で説明していた財務省の佐川前理財局長の国税庁長官への任命が適切だったのか、安倍総理に質しました。

 「佐川さんが国税庁長官に最もふさわしい人材だと国会で言っているわけでありますけれども、これは今も、その思いには変わりはないのですか」(立憲民主党 長妻昭代表代行)

 「国税庁長官としては適任だと判断したもので、事実、国税庁長官としての職務を適切に行っていると考えていまして、その職責を果たしてもらいたいと思っています」(麻生太郎財務相)

 「財務大臣から答弁したとおりであります」(安倍首相)

 長妻氏はさらに、財務省が提出した文書には3ページにわたって森友学園と財務省近畿財務局とのやりとりが記載されているとして、「交渉記録ではないのか」と麻生財務大臣に質問しましたが、麻生大臣は、「法的な論点について近畿財務局での検討を行った資料であり、具体的に相手方とのやりとりを記録した面会記録ではない」と述べ、交渉記録ではないとの認識を改めて示しました。


2月8日(木)
・慰安婦報道で日本人の名誉が傷付いたと訴えた原告団、二審も負ける 朝日新聞勝訴
・ネトウヨが卑劣デマ「ドラえもん募金は被災地に届かず朝鮮へ」Twitterで拡散
・加計“告発”の前川氏 今治市で憤り「見たくないもの見た」「最低ランクの獣医学部」
・ネトサポ震撼 「ネット工作員」200人余り逮捕 台湾中央通信が報じる
・さっさと廃刊 産経新聞「米兵が救助」の記事削除 地元紙批判記事も
---------------------------------------------------------------------
2月9日(金)
・佐川終了 財務省が破棄したはずの森友学園記録を300ページ提出
・安倍が山口ノリマキの披露宴に出席して祝辞まで述べていたことが発覚
・アメポチ 韓国与党議員が猛批判」「米韓の問題だ」 安倍「米韓合同軍事演習の早期再開を」
・アホノミクス 日経平均は大幅安で開始 下げ幅は一時700円超に
---------------------------------------------------------------------
2月10日(土)
・ネトウヨ死すべし 自衛隊ヘリ墜落事故 家を失った住人がネット上で罵声を浴びせられる
・浜矩子教授「超金融緩和のしっぺ返し」「日本経済はカラカラに干からびて"ミイラ化"が起きる」
・文大統領「わが国の主権の問題だ」と不快感 安倍「米韓合同軍事演習を延期すべきではない」
・正論 室井佑月氏「安倍はトランプさんにコメツキバッタみたいに媚びてる」
・オスプレイ機体一部落下 伊計島海岸に13キロエンジン吸気口 米軍、8日発生も通報せず 
・アホノミクス 国の借金1085兆円 過去最大に 国民1人あたり858万円
---------------------------------------------------------------------
2月11日(日)
・カルトの祭典 東京五輪の演出は安倍が大好きな特攻賛美映画『永遠の0』の監督に決定
・アルマーニ和田校長は「安倍フレンズ」  アキエと同じ『水からの伝言』信者だった
・ワイドナショーで三浦がデマ「日本は米海兵隊に守られている」⇒防衛は海兵隊の任務ではない
・日本スゴイ哀れ 藻谷浩介氏「中国に負けている」 根を張る自虐イメージ
・極右悲報 日本教育再生機構(理事長:八木秀次)のHPが閉鎖 
---------------------------------------------------------------------
2月12日(月)
・賃上げ1.5%分、増税で帳消し 社会保険料や消費税 増えぬ「手取り」
・加計学園のフィギュアスケーターが惨敗した模様
(加計学園が運営する倉敷芸術科学大大学院の院生とか!)
・蚊帳の外ジャパン 米国は北朝鮮と対話する用意がある ペンス米副大統領
・奨学金破産、過去5年で延べ1万5千人 親子連鎖広がる
・アホノミクス 自己破産申し立て、2年連続増加


■東京新聞 2018年2月13日 13時55分
「森友」衆院委審議 「近財局文書は法律相談」財務相
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018021390135524.html

 衆院予算委員会は十三日午前、安倍晋三首相と関係閣僚が出席し、集中審議を行った。学校法人「森友学園」への国有地売却問題を巡り、財務省が九日に新たに公表した同省近畿財務局の内部文書について、麻生太郎財務相は「法律相談であって面会記録ではない」と改めて主張。「交渉記録は廃棄した」とした佐川宣寿(のぶひさ)理財局長(現国税庁長官)の国会答弁に誤りはないとの認識を強調した。

 この問題について立憲民主党の長妻昭氏は「(公表された資料には、森友側に)『国の貸付料の概算額を伝える』と明記されている。なぜ交渉記録ではないのか」と述べ、昨年の通常国会での佐川氏の答弁は虚偽だと主張した。

 麻生氏は「法的な論点について近畿財務局で検討した資料だと思っている。相手方との面会記録ではない」と否定。「面会記録は一年。法律相談の記録は五年。文書によって保存期間が異なっている」として、交渉記録を破棄したとの佐川氏の説明に問題はなかったとした。

 佐川氏が徴税機関のトップである国税庁長官を続けていることについて、長妻氏は納税者らの苦情の言葉を紹介。麻生氏は「今のところ特段の支障は生じていない」と述べたが、十六日に始まる確定申告では「(苦情などで業務への支障が)起きるかもしれない」と認めた。ただ、佐川氏の人事については「職務を適切に行っている」とし、佐川氏の国会招致についても否定的な考えを示した。

 会計検査院の検査終了後に新たな資料が明らかになっていることを踏まえ、財務省がまだ公表していない関係資料が「まだあるのか」との質問に、麻生氏は「今後も要請があり、仮に該当する資料があれば提出に向けて努力したい」と述べた。

 長妻氏は首相にも再三、答弁を求めたが「所管は財務大臣」として発言を避けた。

 一方、首相は朝鮮労働党序列二位の金永南(キムヨンナム)最高人民会議常任委員長と九日に行った短時間の会話について、「全ての拉致被害者の帰国を含めて拉致問題の解決を強く、直接求めた」と語った。

 同時に「私から拉致、核・ミサイルを取り上げ、日本側の考えを伝えた」とも強調した。
(東京新聞)



  最後まで読んでいただきありがとうございました!  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ニュースブログへ