2018/07/10 森友文書の改ざんについて野党合同ヒアリング
モリカケ問題を忘れないように、ってことで!











公職選挙法改正【衆議院 国会生中継】政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会






被災者そっちのけでカジノに夢中な与党(自公)内閣委員会
アベ首相出席・カジノ法案【参議院 国会生中継】平成30年 7月17日 内閣委員会
タロちゃん、すごいことになって来たな!






【衆議院 国会生中継】 〜平成30年 7月17日 震災復興委員会〜 【2018.07.17】



■《公職選挙法改正》【衆議院 国会生中継】〜平成30年 7月17日 政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会〜 【2018.07.17】
09:00 倫理選挙特別委員会
質疑者
 10:00-10:30 塩川 鉄也(日本共産党)
 10:30-11:00 岡田 克也(無所属の会) ほか


■《安倍首相出席・カジノ法案》【参議院 国会生中継】〜平成30年 7月17日 内閣委員会〜【2018.07.17】
参議院 10:00 内閣委員会
会議に付する案件

 特定複合観光施設区域整備法案(閣法第六四号)(衆議院送付)
 内閣の重要政策及び警察等に関する調査
質疑者
・内閣総理大臣に対する質疑

 10:00-10:15 熊野 正士(公明党)
 10:15-10:30 矢田 わか子(国民民主党・新緑風会)  
 10:30-10:45 白 眞勲(立憲民主党・民友会)
 10:45-11:00 辰巳 孝太郎(日本共産党)
 11:00-11:15 清水 貴之(日本維新の会)
 11:15-11:30 山本 太郎(希望の会(自由・社民))
・質疑
 11:30-12:15 和田 政宗(自由民主党・こころ)
(休憩)
 13:15-13:30 熊野 正士(公明党)
 13:30-14:00 西田 実仁(公明党)
 14:00-14:45 森本 真治(国民民主党・新緑風会)
 14:45-15:30 相原 久美子(立憲民主党・民友会)
 15:30-16:00 辰巳 孝太郎(日本共産党)
 16:00-16:30 清水 貴之(日本維新の会)
 16:30-17:00 山本 太郎(希望の会(自由・社民)


■【衆議院 国会生中継】 〜平成30年 7月17日 震災復興委員会〜 【2018.07.17】
13:20 震災復興特別委員会
質疑者
 16:02-16:22 高橋 千鶴子(日本共産党) ほか


  どれだけ、
  辻元清美から、「アベ内閣不信任決議案」を出す。
  って言われ続けたことか、…。

  一番の出し時は、
  国会延長すると言った時だったと思う。
  延長国会を認めたミンミンの舟山国対の責任は重大である。
  ミンミンの責任は多大にあるってことは間違いはないでしょう。
  
  だからといって、
  指をくわえて放置をしておいてやね、
  
  それで、
  不信任を出さずにおいて、
  下らない法案を通させて、
  今もって、内閣不信任案提出を示唆ってか?

  示唆ってか!
  今もって、…。
  やる気がないなら政治家を辞めたらどうだ!  

  カジノが必要か!
  緊急の課題なのか、カジノが!
  水道の民営化にしても、どこが必要なんだ!
  ってネ、思うわけよ、…。
  こんなものは断固として通さない!

  今日、
  内閣不信任案提出されることを望む!

  そして、
  サッサと国会を閉じる。
  
  そして、
  アベを除いた、与野党議員全員・超党派で「水害対策」の支援を急ピッチで行うと!
  対策のための予算が必要なら「閉会中審議」をやればいいわけだし。

  カジノや水道がどうこうなんてやってる場合か!
  山本太郎が言ったとおりです。

  国民が税金を払っています。
  ならば、国民のために税金を使う責任があるはずです。
  私は、そう思う、。。。。。



■及川綾子2018年7月14日21時29分
立憲・枝野代表、内閣不信任案提出を示唆 カジノなどで
https://www.asahi.com/articles/ASL7G64V4L7GUTFK00F.html


立憲民主党の枝野幸男代表

 立憲民主党の枝野幸男代表は14日、「野党に与えられている手段は最大限使っていきたい。安倍政権が立憲主義も民主主義もないがしろにしていることを、きちんと国民に示す締めくくりはしたい」と松江市内で記者団に述べ、内閣不信任決議案の提出を示唆した。

 野党は、西日本を中心とする豪雨災害への対応のためとして「政治休戦」を提案。だが、政府与党はカジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案と、参院定数を6増やす自民党の公職選挙法改正案の審議を急ぐ。

 枝野氏は、河川や道路復旧を所管する石井啓一国土交通相がカジノ実施法案を審議する委員会に出席していることについて、「急ぐ必要がないカジノのために、大臣を国会に拘束させる判断をしているのは政府与党。これだけでも不信任に値する」と批判した。(及川綾子)



    当  ブ  ロ  グ  へ  の
    皆 様 の ご 支 援 に 感 謝 致 し ま す! あ り が と う ご ざ い ま す!








■毎日新聞 7/15(日) 21:02配信(阿修羅)
<小泉・小沢両氏>長年の政敵同士、「脱原発」で意気投合 「政界は敵味方入れ替わる」 小泉氏、小沢塾で講演 

---------------------------------------------------------------------
 禹憶〜にらむ>小沢一郎氏 増す存在感 議員歴49年、3度目の政権交代へ「最後の挑戦」 
◆禹憶〜にらむ>小沢一郎氏 増す存在感 議員歴49年、3度目の政権交代へ「最後の挑戦」
 

---------------------------------------------------------------------
■2018年7月15日23時11分 朝日新聞 後段文字起こし
議員歴49年、小沢一郎氏の「最後の挑戦」 増す存在感
https://digital.asahi.com/articles/photo/AS20180715003266.html


小沢一郎氏をめぐる人間関係

講演を終えた小泉純一郎元首相(左)と握手を交わす小沢一郎氏=2018年7月15日午後6時1分、東京都新宿区、松本俊撮影

講演を終えた小泉純一郎元首相(左)と並んで取材を受ける小沢一郎氏=2018年7月15日午後5時57分、東京都新宿区、松本俊撮影


 国会議員歴49年で、衆参両院を通じて現役最長の小沢一郎氏(76)の存在感が増している。浮沈を繰り返して、いまは国会議員6人の小政党代表だが、政権交代への意欲は衰えない。来夏の参院選をにらんだ「野党結集」を訴えて野党幹部らに指南。15日には30年来の「旧敵」小泉純一郎元首相と和解した。

 5日夜、東京都内のホテルに入る老舗日本料理店。自由党代表の小沢氏は立憲民主党の近藤昭一選挙対策委員長と向き合っていた。小沢氏は日本酒を、近藤氏は焼酎を片手に、1993年の「非自民」8党派による細川連立政権にまつわる思い出を話しはじめた。

 小沢氏は当時、新生党の代表幹事として、政権立ち上げの中心になった。近藤氏は、政権の一角を担った新党さきがけから国政を志していた。異なる立場で政界の激動を見た2人はしばし、昔話に興じた。

 会食は、近藤氏が小沢氏側に申し込んだ。本題は、来年夏の参院選に向けて立憲が歩むべき道。「野党の固まりを作るべきだ」「自民党政権に代わる選択肢を立憲が示さなければならない」。野党第1党の立憲こそが1人区すべてで野党統一候補を立てられるよう、調整の労を取るべきだと小沢氏は促した。

 小沢氏は立憲と緊密な関係にある。民主党政権時代に敵対関係にあった枝野幸男代表とは昨年秋の衆院選後、月1回程度のペースで会食を重ねる。枝野氏の側近の本多平直氏ら中堅・若手とも会談した。辻元清美国会対策委員長にもたびたび国会戦術を説いた。

 「政権交代への並々ならぬ熱意を感じた」。小沢氏と会談した立憲の中堅議員は、自民を下野させた過去2度の政権交代の再来を「最後の挑戦」と位置づける小沢氏の執念に触れたという。

 野党共闘を掲げる共産党の志位和夫委員長も、小沢氏の力に期待する一人だ。90年代の党書記局長時代から付き合いがある。野党内には政局優先と評される小沢氏の手法を「古い政治だ」(中堅議員)と批判する声が根強くあるが、国民民主党のベテラン職員は「いまの野党代表で、小沢さんの話を無視できる人は誰もいない」と語る。

 細川連立政権や2009年の民主党による政権交代は、いずれも野党結集がカギだった。長期政権が続く一方で、野党が衆院選を経て多党化するなか、いま、小沢氏の経験や力に期待が集まる面があるという。

 小沢氏は安倍政権を「権力の使い方を間違っている」と批判する。森友学園問題では、財務官僚の忖度(そんたく)体質が浮き彫りになった。加計(かけ)学園問題では、首相や側近らによる政策過程の適正さに疑いのまなざしが向けられた。小沢氏が約50年に及ぶ政治家人生でめざした「政治主導」の一つの帰結が、この政治状況だけに舌鋒(ぜっぽう)は鋭い。

 参院選を1年後に控えて意識するのは、第1次安倍内閣の退陣の引き金になった07年参院選だ。民主党を率いて年金記録問題などの政権不祥事を追及し、民主単独で60議席を得た。対する自民は37。衆参の多数派が異なる「ねじれ」状態に持ち込み、政権交代の素地をつくった。

 今月11日の記者会見。小沢氏は自らの経験に現状を重ね、強調した。

 「問題は、国家と国民の根本にかかわるような問題で、与党と野党がどういう主張を持っているかっちゅうことだよ。野党がまとまって、しっかりした対応、対決をしていかなくちゃダメだということだ」

脱原発へ 協力確認

 自由党の小沢一郎代表が主宰する政治塾が15日、東京都内のホテルで開かれ、小泉純一郎元首相が講演した。脱原発の必要性を訴えた小泉氏は講演後、「原発ゼロの国民運動を盛り上げるには、保守と呼ばれた私たちが声を上げていくことが大事だ」と述べた。小沢氏も「大変心強い」と呼応。脱原発に向けて協力していくことを確認した。

 講演で小泉氏は「思いがけないお招きで間違いかと思った」と笑いを誘うと、小沢氏との思い出を振り返り「政界では敵味方はしょっちゅう入れ替わる」と語った。原発再稼働を進める安倍晋三首相については講演後、記者団に「総理が原発ゼロにかじを切れば与野党一緒に実現できるのに、チャンスを逃しているのは惜しい」と述べた。

 小沢氏はこれに対し、「私も野党も原発ゼロを最大の政策目標として掲げていきたい。総理、(自民党)総裁をした方が、原発ゼロを国民に話すことだけで大変心強い」と応じた。

 2人が協力関係を結ぶのは約30年ぶり。自民党竹下派にいた小沢氏が1989年に党幹事長に就き、安倍派の小泉氏はその下で全国組織委員長を務めた。その後、小泉氏は反竹下派で名を上げ、小沢氏は自民党を離党。小泉首相時代には、小沢氏が民主党代表として与野党で対決した。(河合達郎)


  そら、誰でも分かるよね。
  野党が纏まらなければならない、ってことは。

  しかし、
  その纏まり方が大問題だよねって思う。

  小沢さんが政権交代を成功させた実力は認めます。
  が、
  単なる政権を取るってだけの野合をしたばかりに、
  短命内閣に終ってしまった。
  そのことこそ大問題ではありませんか。

  小沢支持者の皆さんは、
  闇雲に支持するってことではなくって、
  そこのところをよくよくお考えてなった方がいいと思う。
  
  纏めるのは上手い。
  しかし、継続させるのが下手。
  そういうことでしょう。

  短命に終ってしまうのは、
  何が足らないのか?

  アベ政権を完膚なきまで潰すには何が足らないのか?  
  頭冷やして、お考えにならないと同じことの繰り返しだと思うよ。



■2018年7月15日21時24分 日刊スポーツ
小沢一郎代表、小泉節は「非常に面白い」一問一答1
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201807150000806.html

 小泉純一郎元首相(76)は15日、都内で開かれた自由党の小沢一郎共同代表(76)が主催する「小沢一郎政治塾」で講演した。

 自民党時代、田中派系と福田派系と異なる派閥に属し、1993年に小沢氏が自民党を離党して、たもとを分かった2人が、今回のような良好な形で交流するのは、約30年ぶり。講演後、2人はそろって取材に応じる異例の対応をみせた。おもな一問一答は以下の通り。
  ◆  ◆  ◆

−今日の感想をひとこと


 小沢氏 小泉総理が、(政治塾の講演に)もしかしたら来ていただけるかもしれないという話をうかがい、私もそうだが、塾生や(自由党の)国会議員にも話を聞かせてやりたいと思った。ぜひお願いしますということで実現した。しばらくぶりに小泉節を聞いた。非常に面白い、私も初めて知ったこともたくさんあったし、とてもいいお話を聞かせていただき、感謝している。

 小泉氏 小沢さんからこういう話がくるとは、夢にも思っていなかった。私が思っていることをお話しした。

−講演の中で、小泉氏が訴える「原発ゼロ」は、与野党関係ないと。今後、原発ゼロで連携を深めていくことは

 小泉氏 連携というかね、それぞれの立場はある。原発運動は、今まではどちらかというと野党系、革新系が多かった。これからは保守といわれた人が、声をあげることが大事。与党も野党もない、保守も革新もない。そういう国民運動を盛り上げるため、保守といわれた小沢さんが関わってくれることが大事ではないか。

−来年の参院選では、野党候補を応援するのか

 小泉氏 選挙運動には一切かかわらない。それ以外の、原発ゼロに関する活動はするが。

−原発ゼロは、野党勢力結集の旗印にするのか

 小沢氏 小泉氏から(講演で)お話があった通り、原発は将来長期間にわたり、国民の生活に深刻な影響をもたらす。野党としても原発ゼロ、脱原発を最大の政策目標として掲げていきたい。小泉氏が直接、選挙や政治に関わるかは別として、総理総裁をなさった方が原発ゼロを国民に話してもらっていることは、それだけでも心強い。今度もこの主張を強くやっていきたい。

−安倍首相も、保守の立場だ

 小泉氏 (安倍首相が在任中に)ゼロの立場に切り替えることはもうできないと思うが、将来はそういう人が(首相の立場の人からも)出てくると思う。(一問一問<2>に続く)
---------------------------------------------------------------------
■2018年7月15日21時43分 日刊スポーツ
小泉氏、安倍首相とは「考えが違う」一問一答2
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201807150000808.html

−−今回、こういう形で一緒の場に来たことは、安倍政権をけん制する意味合いがあるのか


 小泉氏 別にそういうことではなく、私は持論を述べている。同じ考えの人と、この運動を展開していく。そういうのは、気にしていないね。

 小沢氏 国民が本当に真剣に考えれば、今でも原発反対は世論調査で6割くらいいる。もっともっと表だって、大きな声になっていくのではないか。

−−安倍総裁の3選阻止に向けて、野党はどうすべきか

 小泉氏 今の政界は(自分には)分からないからね。来年の参院選が、どうなるかでしょうね。

−−こうやって小沢さんと何かをするのは、いつぶりか。自民党の全国組織委員長として、当時幹事長だった小沢氏と一緒に全国を回ったと講演で話した。それなら、30年ぶりか

 小泉氏 そうか。30年たったか(笑い)。小沢さん、幹事長になったのはいくつだった?

 小沢氏 47の時。

 小泉氏 じゃあ30年だねえ。月日の経つのは、早いねえ(笑い)。

−−安倍首相の「育ての親」は、小泉さんだ。自分が思ったのとは違う総理になったと思うか

 小泉氏 私の考えとは違うが、それは、彼は彼なりに1人の政治家として、思ってやっている。私が言う通りにやれといってやる状況ではない。余計なことは言わない。

 でも、残念に思うのは、総理が原発ゼロにかじをきれば、与野党一緒に実現できる。このチャンスを逃しているのは、惜しいなあ。もったいないなあと思う。恵まれている時、やらなきゃいけない時なのに、やらない。残念だ。

−−この先、ずっと自民党政権が続けば、原発政策は変わらない

 小泉氏 野党が、原発ゼロにいつ気付くかだね。野党が原発ゼロなら、国民は支持する。(選挙の)争点にするかどうかは大きい。野党は、まだ気付いていないというか。自民党みたいに、意見が違っても最後はひとつになろうというのが、少ない。野党が一本化し、選挙の争点にできるかどうかが、鍵だと思う。



  最後まで読んでいただきありがとうございました!  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ニュースブログへ