20181011 095450RBC NEWS「玉城知事 自民党の二階幹事長と会談」





【日本ニュース】まいもく(51)「沖縄県知事選 玉城氏圧勝の背景と影響





沖縄知事選、ノーベル平和賞、安倍外交
荻原博子(経済ジャーナリスト) 川村晃司(ジャーナリスト) 永田浩三(元NHK、武蔵大学教授)



ちょっと言わせて ❗️❗️
スポーツの世界で、
タイガースの金本監督が退任されるというニュースがありました。
阪神のフロントにも、一部阪神ファンにも言いたいことがイッパイ有りますが。
これだけはって思うこと!

生え抜きを育てると言うことは生半可では出来ないと思います。
若手を育てることは時間が掛かります。
やっぱりね、4〜5年と言う時間は必要かと思います。

私はね、その期間は最下位でもイイと思ってる。
それで当然だと思ってる。
安易にねジャイアンツみたいに、
金に物を言わせて他チームの大砲を引き抜いたり
海外から大砲を引き抜いたりしないで、
若手の生え抜きを時間をかけてジックリ育てて欲しいと思ってる。

そういう意味で、
カープのようなチームが一番好きだし理想ですよね。
それが、今、見事に花開いているのだと思います。

だからね、
ジャイアンツの高橋由伸の処遇には未だに納得していないし、
納得することはないと思います。
これで江川のボケが監督になったら、
ここで暴れまくっていたことだろうなっと、思いますw

そこで、。。。
阪神のフロントにも、一部阪神ファンにも言いたいこと、
生え抜きを育てて欲しい、
でも、時間を掛けちゃダメよ、
一回、最下位になったら監督はクビよって、
あんた達はナニをねかしてるねん!って、つよーく!思います。

そんな気性でタイガースを見ているから、
ろくなチームに育たないんだわ!
暖かく見守っていこうじゃないかって気持ちがない限り、
阪神の監督は消耗品で終ってしまうだけです。

若手選手の育つ姿を見ると同時に、
監督が育っていく姿を見るのも大事じゃないかなって思うんです。

まして、
金本監督は私達に壮大な夢を見させてくれた阪神の大恩人ではないですか。
一回、最下位になったからってどうしたって言うねん。

金本監督に、阪神を嫌いにならないで欲しいと思います。
また、私が生きてる間に、監督に戻ってきて欲しい!
それが私の切なる夢です、。。。。。

このままじゃ、
頭に血が上って寝られない、クソめ! ふぅ〜、。。。。。





    当  ブ  ロ  グ  へ  の
    皆 様 の ご 支 援 に 感 謝 致 し ま す! あ り が と う ご ざ い ま す!














安倍首相と会談>玉城デニー沖縄県知事 囲み会見 2018-10-12



■沖縄タイムス 2018年10月12日 08:06
沖縄・デニー知事、きょう安倍首相と会談 「まず胸襟を開いて対話」
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/328715

 玉城デニー知事は11日、自民党本部に二階俊博幹事長を訪ね、就任のあいさつをした。辺野古新基地建設について「翁長雄志前知事の遺志を継いで反対の立場」と伝達。次期沖縄振興計画の策定や予算の獲得に協力を求めた。就任後、国政与党幹部と会うのは初めて。12日には安倍晋三首相と会談する。

東京・永田町の自民党本部を訪れ、二階幹事長(右手前から2人目)との会談に臨む玉城デニー知事(左から2人目)=11日午後

 自民党は知事選で佐喜真淳前宜野湾市長を支援した。玉城知事は会談後、記者団に「佐喜真氏を応援した多くの声もしっかりと受け止めながら、県民の暮らしをしっかり支える立場で頑張る」と伝えたことを明かし、二階幹事長は「県民の暮らしが一番。互いに共通するところについてはしっかりと協力していきたい」と返答。辺野古新基地建設については具体的な言及はなく「考えが似ているところ、違うところはある。近いところでは協力していこう」と述べたという。

 12日には、安倍首相や菅義偉官房長官、岩屋毅防衛相らとも会談する。玉城知事は、辺野古新基地建設反対を掲げて当選したことや振興発展のためには国の協力が必要であることを伝えるとし「対話の基本は対話。対話の前に戸板を立てるような気持ちではなくて、まず胸襟を開いて対話をする。会話をする姿勢で臨んでいきたい」と意気込んだ。


  10/9 報道1930
  菅長官NHKで発言
  「(辺野古移設が)実現すれば、
  いま沖縄の米軍が9千人グアムをはじめ海外に出ていくことになっている」

  松原キャスター
  負担軽減する為には辺野古作らないとダメなんだよと、脅しにも聞こえてしまう。
  堤氏
  2012年に日米合意文書で移転問題は切り離すと言っている。


  で、
  私がツイッターで書いたこと。

  『鉄は熱いうちに打てです。 
  アベが会うか会わないか腹を探るもヨシ!
  月に一度ぐらい上京すればイイと思います。
  それでダメなら、
  玉城さん、アメリカと直接交渉も辞さずって官邸に楔を打ち込んだらいいんんですよ。
  今が、日米地位協定改定の絶好のチャンスですから玉城さんに頑張って欲しい!』
  =以上=
  
  そらさぁ、
  アメリカが一番困るのは、
  日本政府と沖縄知事の板ばさみになることだと思うのですね。

  その痛いとこをついていけばイイのです。
  そう思います。
  玉城さんなら、
  今の状況なら、それが出来るはずです。
  頑張ってもらいたい!

  そのためには、
  玉城さんを一人にさせないことですね!
  そのことは本当に大事だと思います。

  沖縄を米軍から開放すること!
  玉城さんの命を守ること!
  この2点で、本当に大事だと思います。  



■琉球新報 2018年10月12日 14:52
「辺野古は認められない」玉城知事、安倍首相と初会談
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-817612.html


玉城デニー知事(左)と安倍晋三首相

 【東京】玉城デニー知事は12日午後、首相官邸で安倍晋三首相、菅義偉官房長官と就任後初めて会談した。玉城知事は会談の冒頭、知事選を通じて「辺野古新基地建設は認められないという民意が改めて示された」と基地建設に反対する立場を伝え、「安全保障の負担は全国で担うという問題であり、民主主義の問題であるという認識のもと、早急に話し合いの場を設けていただくことを期待したい」と要望した。

 また「米軍普天間飛行場の5年以内の返還は辺野古移設とは関わりなく実現すべきだ」とし、普天間飛行場の負担軽減推進会議の開催や、 米側との協議を求めた。

 安倍首相は沖縄に多くの米軍基地が集中している現状について「是認できるものではない。県民の気持ちに寄り添いながら基地負担軽減に向けて一つ一つ着実に結果を出していきたい」と語った。【琉球新報電子版】



 最後まで読んでいただきありがとうございました!
 2つのblogランキングに参加中!ポチッ!ヨロシク〜♪
    人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ニュースブログへ