s-20181017アベの本性



【衆議院インターネット審議中継】
(第174回国会〔2010年1月18日〕以降から本日までの映像を継続して提供)

【参議院インターネット審議中継】
(2017年・2018年)2017年1月から本日までの映像を継続して提供)











《委員長解任決議案》【参議院 国会生中継】〜平成30年 12月7日 本会議〜
(随時交代させながら続けて配信予定です。)






【衆議院 国会生中継】〜平成30年 12月7日 本会議〜






「法務委員長・農林水産委員長 解任決議案」山本太郎 議員 本会議(2018/12/7)






「山下法務大臣問責決議案」【参議院 国会生中継】〜平成30年 12月7日 本会議〜






「漁業法改正案」農林水産委員会(2018/12/7)森ゆうこ議員






山本太郎 参議院 議場発言(2018.12.7)





山本太郎 参議院 議場発言 ◆2018.12.7)






【参議院 国会生中継】〜平成30年 12月7日 本会議〜






【ライブ配信】
📣AGAIN📣#勝手にきめるな まともな国会運営をもとめる #1207国会前抗議



野党は法務委員会を開かせてはいけない!
昨日の安倍の応答だけで、審議できないの明白
委員会開けば通されるとわかってる
わかっててやるなら、あいつらと変わらない
審議を阻止する以外、止められないの、プロならわかってるでしょう?
また強行採決されたしたって非難するだけなのはたくさんです!
=以上=

法務委員会を開催させるかどうかだな!
っと、私も、そう思うけどね。立憲やミンミンには期待して無いからね。
野党のボンクラは自滅して再出発した方がいいかもね、って思ったり。
その方が与党壊滅の近道かもって思ったりしてるね、。。。



●12月7日(金)

衆議院

09:00 財務金融委員会

会議に付する案件
財政に関する件
金融に関する件
・金融に関する件
通貨及び金融の調節に関する報告書について説明聴取

 09:00-09:05 黒田 東彦(日本銀行総裁)
質疑者
 09:05-09:20 武井 俊輔(自由民主党)
 09:20-09:35 竹内 譲(公明党)
 09:35-10:05 高木 錬太郎(立憲民主党・市民クラブ)
 10:05-10:50 前原 誠司(国民民主党・無所属クラブ)
 10:50-11:10 野田 佳彦(無所属の会)
 11:10-11:30 宮本 徹(日本共産党)
 11:30-11:50 丸山 穂高(日本維新の会)
 11:50-12:05 川内 博史(立憲民主党・市民クラブ)
(休憩)
・金融に関する件
破綻金融機関の処理のために講じた措置の内容等に関する報告について説明聴取
 [ 3分] 麻生 太郎(金融担当大臣)
質疑者
 [30分] 末松 義規(立憲民主党・市民クラブ)
 [10分] 川内 博史(立憲民主党・市民クラブ)
 [30分] 緑川 貴士(国民民主党・無所属クラブ)
 [20分] 野田 佳彦(無所属の会)
 [20分] 宮本 徹(日本共産党)
 [20分] 丸山 穂高(日本維新の会)
---------------------------------------------------------------------
12:00 議院運営委員会 ※中継なし
---------------------------------------------------------------------
13:00 本会議
---------------------------------------------------------------------
13:20 原子力問題調査特別委員会
会議に付する案件
原子力問題に関する件(原子力規制行政の在り方)
(参考人)
  黒川 清君  石橋 哲君  鈴木 達治郎君  益田 直子君
参考人の意見陳述
 13:20-13:35 黒川 清(アドバイザリー・ボード会長、政策研究大学院大学名誉教授)
 13:35-13:50 石橋 哲(アドバイザリー・ボード会員、政策研究大学院大学客員研究員)
 13:50-14:05 鈴木 達治郎(アドバイザリー・ボード会員、
  長崎大学核兵器廃絶研究センター長・教授)
 14:05-14:20 益田 直子(アドバイザリー・ボード会員、拓殖大学政経学部准教授)
参考人に対する質疑
 14:20-14:40 細田 健一(自由民主党)
 14:40-15:00 菅 直人(立憲民主党・市民クラブ)
 15:00-15:20 斉木 武志(国民民主党・無所属クラブ)
 15:20-15:40 富田 茂之(公明党)
 15:40-16:00 田嶋 要(無所属の会)
 16:00-16:20 藤野 保史(日本共産党)
 16:20-16:40 足立 康史(日本維新の会)
---------------------------------------------------------------------

参議院

09:40 議院運営委員会 ※中継なし

会議に付する案件
議院の運営に関する件
---------------------------------------------------------------------
10:00 本会議
議事日程
第 一 経済上の連携に関する日本国と欧州連合との間の協定の締結について承認を求める
    の件(衆議院送付)
第 二 日本国と欧州連合及び欧州連合構成国との間の戦略的パートナーシップ協定の締結に
    ついて承認を求めるの件(衆議院送付)
第 三 地方公共団体の議会の議員及び長の任期満了による選挙等の期日等の臨時特例に
    関する法律案(内閣提出、衆議院送付)
第 四 食品表示法の一部を改正する法律案(内閣提出、衆議院送付)
第 五 特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する
    法律案(衆議院提出)
第 六 研究開発システムの改革の推進等による研究開発能力の強化及び研究開発等の
    効率的推進等に関する法律の一部を改正する法律案(衆議院提出)
第 七 ユニバーサル社会の実現に向けた諸施策の総合的かつ一体的な推進に関する法律案
    (衆議院提出)
第 八 建築士法の一部を改正する法律案(衆議院提出)
第 九 貨物自動車運送事業法の一部を改正する法律案(衆議院提出)
第一〇 天皇の即位の日及び即位礼正殿の儀の行われる日を休日とする法律案
    (内閣提出、衆議院送付)
第一一 移植に用いる造血幹細胞の適切な提供の推進に関する法律の一部を改正する法律案
    (厚生労働委員長提出)
第一二 健康寿命の延伸等を図るための脳卒中、心臓病その他の循環器病に係る対策に関する
    基本法案(厚生労働委員長提出)
第一三 成育過程にある者及びその保護者並びに妊産婦に対し必要な成育医療等を切れ目なく
    提供するための施策の総合的な推進に関する法律案(衆議院提出)
・法務委員長横山信一君解任決議案
趣旨説明

 有田 芳生(立憲民主党・民友会)
討論
 反対 福岡 資麿(自由民主党・国民の声)
 賛成 真山 勇一(立憲民主党・民友会)
 賛成 櫻井 充(国民民主党・新緑風会)
 賛成 山添 拓(日本共産党)
採決 (記名投票)
投票総数233票、賛成72票、反対161票

・農林水産委員長堂故茂君解任決議案
趣旨説明

 森 ゆうこ(希望の会(自由・社民))
討論
 反対 岩井 茂樹(自由民主党・国民の声)
 賛成 斎藤 嘉隆(立憲民主党・民友会)
 賛成 田名部 匡代(国民民主党・新緑風会)
 賛成 紙 智子(日本共産党)
採決
(休憩)
第 一 経済上の連携に関する日本国と欧州連合との間の協定の締結について承認を
    求めるの件(衆議院送付)
第 二 日本国と欧州連合及び欧州連合構成国との間の戦略的パートナーシップ協定の
    締結について承認を求めるの件(衆議院送付)
討論
 日程第一に反対、日程第二に賛成 [10分] 小西 洋之(立憲民主党・民友会)
 日程第一に反対         [10分] 徳永 エリ(国民民主党・新緑風会)
 日程第一及び第二に反対     [10分] 井上 哲士(日本共産党)
---------------------------------------------------------------------
10:10 法務委員会
会議に付する案件
出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律案
(閣法第一号)(衆議院送付)
外国人労働者等の出入国及び在留の適切な管理に関する法律案(参第六九号)
法務及び司法行政等に関する調査
---------------------------------------------------------------------
10:10 農林水産委員会
会議に付する案件
漁業法等の一部を改正する等の法律案(閣法第八号)(衆議院送付)
農林水産に関する調査


    当  ブ  ロ  グ  へ  の
    皆 様 の ご 支 援 に 感 謝 致 し ま す! あ り が と う ご ざ い ま す!






  そら、みてごらん。
  最悪の結果になったじゃん!
  ハルマの案件を穏便に済ませていたらここまでにはならなかったと、…。
  
  横綱を暴力で引退させたんだから、
  自分の暴力で引退するのは当たり前じゃん、ってことになる。
  
  確かに、
  ハルマが激昂する理由があったんだろうってことは容易に想像がつきました。
  だからと言って、暴力でねじ伏せるのはダメ!容認は出来ないよね。
  
  しかし、
  ハルマが暴力を振るったことの反省をし、
  その上で、
  穏便に済ませられる方法があったはずで、。。。

  貴ノ岩が言ったと言う、
  「僕も悪かったことがありますから…」。 
  これが彼の本音だったと思う。
  その本音が、バカ親方・貴乃花親方の暴走で掻き消されてしまった時、
  こうなる運命だったのかもしれませんね、…。

  自分の部屋に通いで来る親方なんて、
  おかみさんが部屋にも寄り付かないって、
  どこぞの世界にあるわけ???
  
  先ず、旧・貴乃花部屋のおすもうさんには、
  人としての礼儀を教えてやるのが先決だと思います。

  朝起きたら、
  「おはようございます!」と言う挨拶から教えてあげないと!
  教えない貴親方が悪いんだわ。
  教えてもらって分かるんでしょ、我々だって、そうでしょ!違うかしらね!
  
  暴力で言えばさ、
  貴が現役の時に、
  高校生や中学生相手にして拳骨で殴ったり投げ飛ばしたり
  おすもうさんが拳骨で素人さんを殴るとどうなるか、
  バカやアホでない限り分かるんじゃないの、…。
  こんな親方に預けられたのではオハナシにならないって思うけどね。
 
  貴ノ岩がキチンと育てられていたら、
  貴景勝より相撲巧者になっていたと思う。
  技を覚えたら大関、横綱の器だったと思います。
  
  貴景勝の取り組みを見て「上手い!」なんて思ったこと一度も無いもん。
  滅多矢鱈と前に突っ込んで体重勝ちしてる印象しかないわ。
  だから、出足を止められたらオシマイだって思うけどね。

  それにしても、
  貴景勝が優勝したメデタイ翌日に、
  旧・貴親方の離婚発表とは、ナニを考えてるんだ?この馬鹿は!
  神経を疑ってやるは!

  ま、。。。
  おすもんさんの素質として、
  貴ノ岩は腰が低いし安定してるし、  
  技を覚えたら、こっちの方がオオバケすると思ってましたよ。

  今、
  ハルマと、貴ノ岩の間を、
  和解の仲裁の労をとって下さるタニマチがいないかなって思う。
  この二人だけは和解して欲しいと思う。
  旧・貴親方なんぞ放置していればイイ、あんな奴は自業自得です。
    
  貴ノ岩がモンゴルに帰っても生活できるように、
  ハルマが後輩のために一働きしてやって欲しいと思うのですね。
  
  ハルマ自身、
  母親に早く死に別れ、父親とも死別していた貴ノ岩を可愛がっていたというから、
  本心から、ハルマが後輩のために一働きしてやって欲しいと思うのですね。

  私、貴ノ岩が悪いって思ってなくて、
  ここまでの大騒動にした旧・貴親方にこそ大いに問題アリだと思ってるから!



●12/7(金) 10:13配信 日テレNEWS24
弟弟子に暴力の貴ノ岩 引退の意向固める
http://www.news24.jp/articles/2018/12/07/09411122.html

大相撲、千賀ノ浦部屋で暴力を振るった貴ノ岩が、引退する意向を固めたことがわかった。
貴ノ岩は、冬巡業中の4日夜、宿泊先のホテルの部屋で、付け人である弟弟子が「忘れ物の言い訳をした」という理由で、平手と拳で4、5回殴るなどし、現在、謹慎していた。
貴ノ岩も協会の聴取で暴行したことを認め、謝罪していた。
日本相撲協会は6日、付け人からも話を聞いていて、今後、調査を経て貴ノ岩への処分を検討していたが、貴ノ岩は処分を前に引退の意向を固めたという。






  いよいよ自民だけではなく公明党も、
  戦争屋になりましたね。
  学会さんは納得してるんでしょうか?



●NHK 2018年12月5日 20時10分
最新鋭戦闘機 F35B導入の政府方針 自公が了承
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181205/k10011736141000.html

新たな「防衛計画の大綱」に向けて、与党の作業チームは、島しょ防衛の強化のため短い滑走路で離着陸できる最新鋭戦闘機・F35Bを導入する政府の方針を了承しました。ただ、空母の役割を担う「多用途運用母艦」の導入については、引き続き協議することになりました。

「防衛計画の大綱」の策定に向けて、自民・公明両党の作業チームの会合が開かれ、政府は、中国の海洋進出を念頭に、太平洋海域や島しょ部の防衛強化のため短い滑走路で離陸し垂直に着陸できる最新鋭のステルス戦闘機・F35Bの導入を大綱に盛り込む方針を示しました。

また、すでに航空自衛隊の主力戦闘機として配備が始まっているF35Aと合わせ、F15戦闘機のうち導入時期が古く改修が難しい100機の後継機とする考えも示し、いずれも了承されました。

一方で、F35Bの運用に使う空母の役割を担う「多用途運用母艦」を、自衛隊最大の護衛艦「いずも」を改修して導入する方針も示されましたが、与党側からは「名称を『多用途運用護衛艦』とすべき」などの意見が出され、引き続き協議することになりました。

また、政府は、今後、新たに島しょ防衛強化のため、射程が数百キロの「滑空弾」や海中で監視にあたる無人機などを開発する方針も示しました。






  国鉄の分割民営化の際に、労働組合をパブリック・エナミー(民衆の敵)
  に仕立て上げて大成功した先例あり。
  改憲投票へ反対派攻撃を=自民会合で有識者「指南」(時事通信)

  なるほど、
  そういう手があったね、。。。



●時事通信 2018年12月05日20時38分
改憲投票へ反対派攻撃を=自民会合で有識者「指南」
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018120500800&g=pol


自民党の憲法改正推進本部の会合であいさつする下村博文本部長(中央)と川上和久教授(同左)=5日午後、東京・永田町の同党本部

 自民党憲法改正推進本部は5日の会合で、国際医療福祉大の川上和久教授(政治心理学)を招き、「憲法改正国民投票の最大の壁とは」をテーマにヒアリングを行った。出席者によると、川上氏は、投票に向けて改憲派も反対派を敵と位置付け、名指しで批判するなどネガティブキャンペーンが必要と説いた。

改憲案提示を断念=来年通常国会の発議、厳しい情勢−自民

 川上氏は配布資料で、国民投票となれば「野党(と一部マスコミ)による激しい『反』安倍キャンペーン」が始まり、「不安があおられる」と予測。その上で「改憲派自身も何らかの『敵』を作り、国民の不安、怒りなどを覚醒させるしか方法はない?」と世論対策の重要性を訴えた。(2018/12/05-20:38)







  そっかー!
  公共アベチャンネルは、
  報道しない自由を選択したようだ。
  ならば、受信料なんかボッタくるなってハナシになるんだけど。
  そうでしょう!



●NHKはなんで国会中継しないんですか?
大事な「命の水」の問題ですよ。「水」が民間企業の商品になるんですよ。
のんきにごごナマなんかやってる場合じゃないです。#水道民営化

---------------------------------------------------------------------
●国会中継やれよー!
水道法も入管法も審議見せろ!
ネットで見ろはおかしいだろ
知る権利がある
NHKは見せる義務があるだろ
税金と国民から徴収したお金で運営してるくせにふざけんな
見せる見せない決める権限が国会にあるの変だよ
地上波で流すのは義務
国会全てを知る権利がある!






  【無気力相撲ならぬ無気力人権保護】
  技能実習生3年間に69人死亡、首相「私は答えようがない」
  「亡くなられた例については、私は今ここで初めてお伺いをしたわけで。」

  そのことを初めて知ったことへの無能さを自身が反省するならともかく、
  「時差が激しく残っている中において、
  あしたは法務委員会に2時間出て、ややこしい質問を受ける」  
  ってどういう意味じゃ、ボンクラ!

  野党は、
  ややこしい答弁を聞くはめになってることを少しは理解しろってw



●TBS 2018年12月07日
技能実習生3年間に69人死亡、首相「私は答えようがない」
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3542670.html

 大詰めを迎えた外国人労働者の受け入れ拡大をめぐる国会審議。そんな中で飛び出した安倍総理の発言が、波紋を広げています。

 「時差が激しく残っている中において、あしたは法務委員会に2時間出て、ややこしい質問を受ける」(安倍首相・5日)

 「ややこしい質問」とは一体どういう意味なのか、野党側は「国会軽視」だと反発しています。

 「時差ボケで帰ってきたらしんどいとか、そんな姿勢で国会に臨もうとしている。“ややこしい質問”と言われようが、何と言われようが、今のあるこの事態を国民の皆さんに知っていただく」(立憲民主党 辻元清美国対委員長)

 国会では、野党側が新たな資料をもとに安倍総理に質問しました。

 「技能実習生は、この3年間で、69人亡くなっております」(立憲民主党 有田芳生参院議員)

 これは法務省が作成した資料。2015年からの3年間に、69人の外国人技能実習生が死亡した事案があると記されています。多くは20代で、中には10代の死亡事例もあります。

 「日本を本当に愛してやって来たのに、結局、差別され、虐待され、蹴られ、殴られ、自殺をした。そういう人がいっぱいいるのに、これをどのように総括して、新しい制度に入っていかれるのか」(立憲民主党 有田芳生参院議員)

 「亡くなられた例については、私は今ここで初めてお伺いをしたわけで。ですから、私は答えようがないわけでありまして」(安倍首相)

 「ややこしい質問をお聞きします。自殺・凍死・溺死、溺死はこの3年間で7人です」(立憲民主党 有田芳生参院議員)

 「私、その表も見ておりませんから、お答えのしようがないわけですが、法務省において、もしそれが異常な数値であれば、当然それは、どうしてそうなったかということは、対応していくことになるんだろうと」(安倍首相)

 政府側は、詳しい状況については法務省のプロジェクトチームで調査するとしていて、あくまでも来年4月から新たな制度をスタートさせる方針です。

 「今回のこの外国人材の受け入れ、そして共生のための総合的対応策について、法務大臣が指揮をし、しっかりと対応してまいります」(安倍首相)

 「審議時間は確保した」と法案の採決に踏み切りたい与党側と、「議論は尽くされていない」と徹底抗戦の構えの野党側。国会は10日が会期末。与野党の対決は大きなヤマ場を迎えています。







 最後まで読んでいただきありがとうございました!
 2つのblogランキングに参加中!ポチッ!ヨロシク〜♪
  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ニュースブログへ