馬と鹿
単に、おウマさんと、シカさんってことですからね。




  丸山議員、辞職勧告に“報復予告”「他議員不祥事」ネット配信する
  北方領土へのビザなし交流訪問団に参加した際に酒に酔って大声で騒ぐなどし、
  元島民に戦争による奪還を問いかけた問題で日本維新の会を除名処分となった丸山。

  が、。。。

  “報復予告”をして、「他議員の不祥事」をネット配信する。
  こいつアホかってw
  他人の馬鹿さを暴いても、
  自分の馬鹿さ加減を減少させるものでもなかろうにw

  つーか、
  ここは、松井の言葉に渋々応じておけば、
  ま、いつか議員は無理としても秘書としての道もあったのかもしれないが、
  (※私はゴメンだけどね!!)

  自分の気の赴くままに対処したんでは、
  政界復活に道を閉ざすばかりではなく、
  まともな企業は相手にしてくれないと思うわよ。
  短絡的な男はこれだからダメなんだって思うわね、ダメだって!

   
 

●ディリースポーツ 2019.05.15. (資料)
丸山議員、辞職勧告に“報復予告”「他議員不祥事」ネット配信する
https://www.daily.co.jp/gossip/2019/05/15/0012333906.shtml

 北方領土へのビザなし交流訪問団に参加した際に酒に酔って大声で騒ぐなどし、元島民に戦争による奪還を問いかけた問題で日本維新の会を除名処分となった丸山穂高衆院議員(35)が15日、ツイッターに新規投稿。自身に対する辞職勧告決議案の提出が検討されていることに、「可決されようがされまいが任期を全うする」と一蹴した。

 丸山氏は辞職勧告決議案について「このままではこの国の言論の自由が危ぶまれる話でもある」と主張。

 「ただ問題は、議運委や本会議では本人からの弁明機会の機会すら無い」と指摘したうえで、「その場合には、この機会にyoutube等で自ら国内外へ以下の様々な配信を」と対抗策をとることを予告した。

 その内容に関して「北方領土問題を含め日露外交の問題から、与野党の議場で不問になっている過去の他議員不祥事、提出に賛成するというなら維新も含めた各会派の問題点も同時にこの機に世に問いかける形に」と記した。

 「議会案件で言われたまま黙り込むことはしない。その機に国内、国外へ向けて様々発信で申し述べるし、可決されようがされまいが任期を全うする」とした。


 でもって、
 自民がビビってるとwww




●Live News it! 2019年5月15日 水曜 午後6:35 (資料)
自民党が「失言防止マニュアル」配布 “苦肉の策”に党内からも「レベル低い」
https://www.fnn.jp/posts/00045884HDK


・自民党が 「『失言』や『誤解』を防ぐには」と題したマニュアルを所属議員に配布
・2007年の参院選は閣僚の辞任ドミノの末に惨敗 “悪夢”を繰り返したくない…
・自民党内では、評価する声の一方、「レベル低いよね」の声も

「『失言』や『誤解』を防ぐには」と題された文書。
これまで、たびたび“失言問題”に揺れてきた自民党が作った、いわば“失言防止マニュアル”だ。
5月、所属議員らに配られた。

自民党の“失言防止マニュアル”には・・・

マニュアルには、過去の失言を念頭に、注意事項が具体的に記されている。

「発言は『切り取られる』ことを意識する」
「タイトルに使われやすい『強めのワード』に注意」


「セクハラ罪っていう罪はない」麻生財務相発言に批判
例えば2018年、事務次官による“セクハラ疑惑”で財務省が大揺れとなった際の麻生財務大臣の発言。

「セクハラ罪っていう罪はないですよね」

開き直りともとれるこの発言が一斉に報じられ、批判が殺到した。

身内や酒席で盛り上がるような話は要注意
さらにマニュアルには、4月に辞任した2人に通じる指摘もある。

「身内の会合や酒席で盛り上がるような『トークテーマ』には要注意」

桜田義孝議員は、自民党議員のパーティで、震災の被災者の気持ちを逆なでする“失言”をして、五輪相を辞任。

また、塚田一郎議員は、麻生財務相の地元・福岡県で開かれた身内の会合で、道路建設を巡る“忖度”発言をして、国交副大臣を辞任した。

選挙惨敗の“悪夢”を再現したくない“苦肉の策”?
自民党がこの失言防止の“虎の巻”を作成した背景には、夏に控える参院選がある。

第一次安倍政権では、2007年の参院選を前に閣僚の失言などが相次いで“辞任ドミノ”が起き、選挙に惨敗した。

あれから12年…

14日に行われた麻生派のパーティで、安倍首相はそして、とうとう我々は政権を失い、悪夢のような民主党政権が誕生したと語った。

“悪夢の再現”を阻止したい自民党の“苦肉の策”が、“失言防止マニュアル”だったのだ。

自民党内からも「レベル低いよね」の声も・・・

自民党内では「よく見ると、とても勉強になる」と評価する意見がある一方、閣僚経験者の一人は「レベル低いよね。政治家の発言は統制するものではないよ」と語った。

街の人に今回の“失言防止マニュアル”について聞いてみると…

「リスクを避けるためには、作らざるを得ないと思う」
「議員の質の低下を感じる」
「わざわざマニュアルにしないといけないということ自体が、中学生くらいのレベルですよね」
などといった声が聞かれた。
(「Live News it!」5月15日放送より)


 もうね、
 何をか言わんや、だわねw



 強めのワードに注意…自民が"失言防止"マニュアル作成 党関係者は「情けない」
 - 毎日新聞
 ---------------------------------------------------------------------
 こんなマニュアルに頼らねばならん者は、
 政治家以前に人間として問題あるんじゃないかね。
 ---------------------------------------------------------------------
 このくだらないニュースをマスメディアが仰々しく一斉に報道することによって、
 あたかも、自民党議員の責任による「失言」が、
 メディア側の「切り取り」や「誤解」によって生まれるかのような錯覚を与える。
 メディアと共犯する明らかな印象操作だ。
 (※先ずゴミも、この程度でしょうにw 違うかなw)
 --------------------------------------------------------------------- 
 いや、言葉をコントロールじゃ無くて、そもそも思想がオカシイんだろ。
 議員になるべき人材じゃ無いのが集まってるのが問題で本末転倒とは、この事😖
 年金は払わないから死ぬまで働け、とか眩暈するニュースしか無い😣。
 高額療養費の限度額って、いつから月41万になったの〜?😱
 ---------------------------------------------------------------------
 やっぱり、わかってないのだな、と実感。
 失言というのは、そもそも考えていることが表に出ただけ、
 と個人的に思っている。
 こういう言い方に気を付けろ、と言っても、
 差別意識や特権意識のある人だということは変わらない。
 ー自民 失言防止マニュアル配布 選挙へ引き締め
 ---------------------------------------------------------------------
 自民党、「失言防止マニュアル」を作成
 (1)歴史認識や政治信条に関する個人的見解
 (2)ジェンダー、LGBTについての個人的見解
 (3)事故や災害に関し配慮に欠ける発言
 (4)病気や老いに関する発言
 (5)身内と話すようなウケも狙える雑談口調
 https://mainichi.jp/articles/20190514/k00/00m/010/224000c … …
 ---------------------------------------------------------------------
 自民党が「失言防止マニュアル」を作成。こいつら小学生か!!
 どれもこれも常識というか、
 こうしたことをすべてクリアしてこそ政治家ってもんなんじゃないのか。
 そもそもトップが「初老の小学生」ですからね。
 ---------------------------------------------------------------------
 まるで小学生向けの「交通ルールを守りましょう」みたいな通達。
 こんなものを出さなきゃならないほど自民党議員の劣化はひどいのです。
 →強めのワードに注意…
 自民が"失言防止"マニュアル作成 党関係者は「情けない」- 毎日新聞
 =以上=


  つける薬はないとwww




  当  ブ  ロ  グ  へ  の
  皆 様 の ご 支 援 に 感 謝 致 し ま す! あ り が と う ご ざ い ま す!












  そらもう、
  ここまでヒドイとは、ってなハナシだから、
  議員としての品格が無さ過ぎて参っちゃうわ、…。

  私みたいな者が品が無いって言われるなら分るけれどw
  品を求められる公の立場の人間でもないですからね。
  つーか、私に品を求めてくるのは間違いの元だからね、言っとくけれどw
  
  やっぱりね、
  国民に選ばれるとしたら、
  それ相当の品格が要求されると思うのですね。

  だから、
  ハシ下のような喧嘩手法は大反対だし、
  品格のある言葉で国民を説得できないだとか、議員を説得できないとか、
  議員が品格を失った時点で議員失格だと思うから、
  決して、
  議員になってはいけない方たちばかりが寄り集まってるんじゃないかって。

  そういう意味では、
  自民党も品格のない議員が増えましたよね。
  ハナシの内容如何では維新議員より醜いことだってあるわけで、…。
  ナサケナイ話しだと思うけどさ。
  

  ということで、。。。

  実際に音声を聞いたら想像の何倍も酷かった。。
  丸山議員「戦争で・・・」に批判 維新の会は除名処分(19/05/14)

  こんな奴を公認した松井も責任とって一緒に辞任すれば、
  丸山もちょっとは考えたんでないの?。

  バカな発言をする奴が毎度持ち出す「言論の自由」。
  政府にとって都合の悪い発言を国家権力を使って封じることを、
  禁止するのが「言論の自由」なのであって、
  バカな発言をしたバカな奴が放免される権利ではない。




●5/14(火) 16:50配信 テレ朝 news (資料)
丸山議員「戦争で…」に批判 維新の会は除名処分
https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000154490.html

 「戦争でこの島を取り返すことは賛成ですか、反対ですか」。この発言で批判を浴びた丸山穂高議員だが、日本維新の会の党紀委員会は除名処分とすることを決定した。

 問題発言が飛び出したのは、ビザなし交流訪問団として国後島を訪問して2日目の11日。一行の宿泊先である友好の家でのことだった。夜、食堂で新聞記者2人が訪問団の団長で元島民の大塚小彌太さんに約束していた取材を行っていた。と、そこに酒に酔った日本維新の会の丸山議員が乱入してきたのだ。

 丸山穂高議員:「団長は戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか?反対ですか?」
 元島民、訪問団・大塚小彌太団長:「戦争で?反対」
 丸山穂高議員:「だから、ロシアが混乱している時に取り返すのはOKですか?」
 元島民、訪問団・大塚小彌太団長:「いや、戦争なんて言葉は使いたくないです。使いたくない」
 丸山穂高議員:「でも取り返せないですよね」
 元島民、訪問団・大塚小彌太団長:「いや戦争したって…。戦争はするべきではない」
 丸山穂高議員:「戦争しないとどうしようもなくないですか?」
 元島民、訪問団・大塚小彌太団長:「いや、戦争は必要ないです」
 新聞記者:「僕らはあのアポというか時間を…」
 丸山穂高議員:「今、時間を取っているのね」
 新聞記者:「なのでちょっと」
 丸山穂高議員:「でも関係なく私は私の」
 元島民、訪問団・大塚小彌太団長:「いや、いや、戦争は戦争の話はしたくありません」
 新聞記者:「そうじゃなくてですね、アポイントをもらってお約束を…」
 丸山穂高議員:「でも彼がそういう…」
 新聞記者:「いや、ごめんなさい。僕らも一応、仕事で来ているので」
 丸山穂高議員:「彼は彼で」
 新聞記者:「いや、そうじゃなくて」
 丸山穂高議員:「彼がいいならいいじゃん。それを撮って下さい。いや、いいならいいし」
 元島民、訪問団・大塚小彌太団長:「先生、先生、先生やめて下さい」
 丸山穂高議員:「何をどうしたいですか?何をどうします?どうすれば」
 元島民、訪問団・大塚小彌太団長:「どうすればって、何をですか?何をどうすれば」
 丸山穂高議員:「この島を」
 元島民、訪問団・大塚小彌太団長:「それは私に聞かれても困ります 。率直にいうと、返してもらったら一番良いと思います」
 丸山穂高議員:「戦争でも?」
 元島民、訪問団・大塚小彌太団長:「戦争なく!戦争はすべきではないと思います。それは個人的な意見です。早く平和条約を結んで解決してほしいです」
 丸山穂高議員:「逆に関係なく平和条約ほしいですか?」
 元島民、訪問団・大塚小彌太団長:「関係なくどうなっているか私たちはそれをしゃべるあれじゃないですから。それは政府の方たちに任せているわけですから。あくまでも私たちは交渉をやりやすくするための下支えを我々は交流事業とか色々やっているわけですから。直接、折衝するわけではございません。ただ我々がビザなし訪問とか署名運動とかをやめたら旧島民は諦めたろうと言われたら大変ですから、これを継続してやります。あくまでも下支えです」
 丸山穂高議員:「取材はするけど、何もしない人たちに対して言ってほしい」
 新聞記者:「僕らはただ、事実を書くだけなので」
 新聞記者が取材中であることを告げるも、丸山議員はどうしてもその場を離れない。
 丸山穂高議員:「じゃ、じゃ、それはどういう意味で?何で?ここにいてはいけない理由は何?」
 新聞記者:「やりづらいんです」
 丸山穂高議員:「何の法律が?」

 テコでも動かない丸山議員。子どもの口げんかのようになってきた。

 丸山穂高議員:「私、丸山穂高といいまして、衆議院議員なんですけど、皆さんはどこの新聞社ですか?これ聞きたいですね。日本国です。ここは」
 元島民、訪問団・大塚小彌太団長:「ちょっとやめて下さい。先生」
 丸山穂高議員:「やめなくても!ここは日本国なんで。日本国です」
 元島民、訪問団・大塚小彌太団長:「ちょっと事務局呼ぶから」

 そして翌日。丸山議員、罰が悪かった。

 北見市職員・北村浩一さん:「ここが国後島じゃなくても、一般常識としてその後、事務局が再三再四、制止に掛かってもあなたは深夜に及んでもまだ事務局のお世話になって大声を出していました」
 日本維新の会・丸山穂高議員:「皆さんの眠られているのを妨げたり、そういう形でご迷惑を掛けたこと改めておわび申し上げます。すみませんでした」

 丸山議員は酒に酔って騒いだことについては謝罪したものの、戦争発言については誤解だと主張した。

 日本維新の会・丸山穂高議員:「戦争で取られたものは戦争で取り返すっていうご意見も出ていますけど、それについて賛成か反対ですかっていう話を聞いて回っていたんですよ。一部の記者さんがそれを何か切り取ってお話をされたんで、そういうわけじゃありませんよと」

 しかし、13日深夜になって…。

 日本維新の会・丸山穂高議員:「一般論としてこういった説というか、こういった方法をおっしゃる方の話で基本的に聞いたつもりだったんですが、それが極めてお聞きした方に対して私自身がそう考えているという形で不快を与えてしまうような私自身の不徳の致す状況だった。本当に重ね重ね、申し訳ございませんでした」

 結局14日、丸山議員は日本維新の会に離党届を提出したのだった。
 日本維新の会・松井代表:「元島民の皆さん、国民の皆さんに本当に不快な思いをさせ、これまで北方領土返還に向けて尽力をされていたすべての皆さんの行為を踏みにじる発言であり、党代表として心からおわびを申し上げたいと思います」


  「戦争したかったらテメエのポケットマネーでやれや。
  テメエだけで行け!!!!
  (中略)今後、酒飲んでテレビに出てアゴ垂れたら、殺すぞ」

  「ロシアと戦争をして混乱の中で島を乗っ取る。これが言論の自由なのか? 
  丸山ほだかを殺すも"言論の自由"で許されるのか?」


  なんて言葉がネット上にあるらしい。
  だから、言わんこっちゃないって!
 
  2,3日前にも言いましたが、  
  なんでもかんでも「言論の自由」で許されるなら、
  爆弾仕掛けた、とかさぁ、
  殺すぞ、とかさぁ、
  皆殺しだ、とかさぁ、
  こんなことも、ぜーんぶ許されるのかって!
  そういうハナシよ!
  許されるわけがないでしょうが!

  人を脅して、
  こんな言葉が「言論の自由」だって、お臍がお茶を沸かすって!
  いい年をしたオッサンが、
  そいうことも分らないって、
  ガキか、おまえは、って思うモンね。
  ナサケナイ、。。。

  ま、。。。
  こいつを公認した党は、とことん人を見る目がねーな!
  ははは))) 

  それで、  
  報復予告って?
  なんなんでしょう?
  維新を含めて暴露するって?
  証拠がなかったら逆にやれるるわよ、いいのかしらねw

  そして、
  辞職勧告を出したら、
  他人の不祥事ばらすとか言ったら「恐喝」になるんじゃないのか?
  
  でも、
  これで維新がどう出るかミモノではあるね。

  ま、。。。
  丸山以外に議員の不祥事や問題があるのを知ってるわけね。
  つーことは、今まで黙認してたってことになるわけね!
  そも、そんな不祥事や問題がある議員の告発ならば、
  辞職勧告に関係なく知らせるべきことではなかったのか、っと!
 
  
  しかーし、
  丸山の脅しは相当効いたらしくってw
  イッキに、「議員辞職勧告決議案」の提出に及び腰になった模様w
  ロクでもない議員ばっかりってことか。
  いい加減にしろよー!ははは)))))



  
●TBS 2019年05月16日
議員辞職の勧告決議案、調整続く
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3674953.html

 北方領土をめぐる「戦争」発言問題で、丸山穂高衆議院議員に対する辞職勧告決議案について野党側は、あくまで丸山氏が所属していた日本維新の会が主体となって提出すべきと主張し、調整が続いています。

 丸山衆院議員は北方領土へのビザなし交流に参加中、「戦争で島を取り返すことに賛成か、反対か」などと発言し、日本維新の会を除名されました。

 辞職勧告決議案は衆院議員20人以上の賛成が必要で、維新は15日、「人数が足りないため、他の党が提出すれば、それに賛成する」との見解を示しています。これに対し、野党側は維新が主体となって決議案を提出すべきと主張し、議院運営委員会の理事会で協議が続いています。

 丸山議員本人は16日の本会議を欠席すると衆議院に届け出ています。

 一方、日本維新の会は丸山衆院議員の辞職勧告決議案を維新が出すべきとの他の野党からの指摘について、「党内の空気と違う」として持ち帰ったということです。



 最後まで読んでいただきありがとうございました!
 2つのblogランキングに参加中! ポチッ! ヨロシク~♪
  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ニュースブログへ