s-目指せ政権交代






  ●【れいわ新選組 山本太郎(比例代表)街宣スケジュール!】
  ・7/10(水)
  岡山・岡山駅東口噴水前 13時〜
  島根・松江駅北口前 19時〜

















れいわ新選組 山本太郎 街頭演説会 松江駅北口





れいわ新選組 山本太郎 街頭演説会 松江駅北口





れいわ新選組 山本太郎 街頭演説会 松江駅北口



















  当  ブ  ロ  グ  へ  の
  皆 様 の ご 支 援 に 感 謝 致 し ま す! あ り が と う ご ざ い ま す!




s-20190706れいわ新選組2


●By 想田和弘 2019年7月10日 (資料)
第78回:れいわ新選組の人気と立ちはだかる「テレビの壁」(想田和弘)
https://maga9.jp/190710-5/


7月4日から参議院選挙が始まった。

 山本太郎参議院議員が4月に立ち上げたばかりの政治団体「れいわ新選組」に、5日の時点で2億5244万円もの寄付が、1万7731人から集まったそうだ。異例のことである。

 「3億円集まったら10人候補者を立てる」と公言していた山本太郎議員は、約束通り、次々に強力な候補者を立てていった。

 元東京電力社員で拉致被害者の家族でもある蓮池透氏。

 「女性装」の東大教授・安冨歩氏。

 重度障害者で自立ステーションつばさ事務局長の木村英子氏。

 元セブン・イレブンのオーナーで本部から契約解除された経験を持つ三井よしふみ氏。

 沖縄創価学会壮年部に所属しながら、公明党を批判する野原ヨシマサ氏。

 環境問題の専門家である辻村ちひろ氏。

 元J.P.モルガン銀行資金部為替ディーラーの大西つねき氏。

 難病ALSの当事者で全身麻痺ギタリストのふなごやすひこ氏。

 元派遣労働者でシングルマザー、ホームレス経験者の渡辺てる子氏。

 山本氏はかねてから「当事者を候補者として立てたい」と述べていたが、まさに一人ひとりが日本を覆っている問題の中心にいる当事者である。

 れいわにこんなことができるのも、市民からの寄付のお陰だ。日本の選挙の供託金は世界一高く、選挙区では1人300万円、比例区では1人600万円かかる。大多数の主権者には払えない金額である。そういう法外な供託金を設定することで、日本の政治は普通の人が新規参入するのを見事に阻んでいる。しかしれいわ新選組は、まずはその壁を見事に乗り越えたのである。普通の人から集まった浄財によって。

 いずれにせよ、僕は候補者のラインナップが発表されるたびに、「その手があったか!」と膝を打つ思いであった。候補者自体が、れいわ新選組の強いメッセージとなっり、どんな政治を目指す集団なのかがよくわかるからだ。有名人を客寄せパンダのように擁立するのとはわけが違う。

 しかも山本氏は当確と言われていた東京選挙区から抜けて、代わりに野原氏を送り込むという奇策に出た。創価学会員である野原氏を公明党党首の山口那津男氏にぶつけ、「福祉」も「平和」も捨ててしまった公明党から票を奪うためだ。喧嘩の売り方がうまい。公明党に不満のある創価学会員がどう反応するのか、大変見ものである。

 そして山本氏自らは比例区から立候補。しかも優先的に当選する特別枠にふなご氏と木村氏を当て、最低3人当選しないと自分は落選という背水の陣を敷いた。新聞の調査では比例区から一人か二人しか当選しないと推定されているなか、正直無謀な策にも思えるが、山本氏は自分の議席と引き換えにしてでも、重度障害を抱える二人をなんとか国会に送りたいのであろう。

 実際、彼らが選ばれたら、それだけで国会は確実に変わる。変わらざるを得ない。なにしろ主権者によって選ばれた議員なのだから、彼らが自由に国会内を動き、質問をしたり、投票をしたりできる環境を作らなければならなくなる。それは国会のバリアフリー化を否応無く推し進めるだろう。そして福祉制度が少しずつ崩されていく中、彼らは全国にいる無数の障害者たちの視点と要求を国会に届ける強力な議員になるであろう。考えるだけで胸が熱くなる。

 また、比例区で得票率2%を獲得すれば、れいわ新選組は政党要件を満たすことになる。そうなれば山本太郎氏は、たとえ議員として落選したとしても党首として討論会等に参加し、引き続き政治をかき回してくれるに違いない。

 僕はれいわ新選組を見ていると、どうしても小林まことのコメディ漫画『1・2の三四郎』を思い出してしまう。実力はあるのに外れ者の東三四郎や西上馬之助、南小路虎吉などが、ラグビーや柔道、プロレスなどのスポーツで、馬鹿力を出してメインストリームの一流どころをギャフンと言わせていく。れいわ新選組の挑戦には、そういうアンダードッグ的な強烈な物語性がある。

 残念でならないのは、本来ならばいかにもテレビが飛びつきそうな物語を持つ彼らが、テレビ討論会に全く呼ばれず、ニュースでも取り上げられないことである。それは「現時点で政党要件を満たしていないから」「特定の政治団体を取り上げると不公平になるから」という杓子定規な理由によるものなのだろうが、それではいくら画期的で新しい政治現象が出てきても、テレビは一切無視するしかなくなる。

 れいわ新選組の街頭やネットでの勢いを「小泉フィーバーに匹敵する」と評する人もいるが、この点が小泉フィーバーとの決定的な違いだ。小泉純一郎が自民党主流派に反旗を翻した際には、その一挙手一投足をテレビが報じた。それは自民党という大政党の中での内紛だったからである。テレビは思う存分その「物語」を報じ、全国的な小泉フィーバーを作り出した。

 一方のれいわ新選組は、テレビ的には存在しないも同然だ。香港で巨大なデモが起きても、中国本土では全く報じられないのと同じだ。きちんと報じられていたら、政権にとって深刻な脅威になっていたであろう。というのも、年々テレビ離れが進んでいるとはいえ、人々が政治や選挙について知るうえで、テレビの影響力はまだまだ大きいからである。

 実際、公益財団法人「明るい選挙推進協会」が2017年に行われた第48回衆議院議員総選挙について全国で意識調査をしたところ、「あなたは政治、選挙に関する情報を主に何から得ていますか」という問いに対して、「テレビ」と答えた人が62.5%とダントツ1位であった。ちなみにラジオは1.4%、新聞は19.2%、インターネットは12.6%、家族や知人からの話は3%である。

 政治に対して最も影響力があるテレビというメディアは、「公平性」を装いながら、実は既成の勢力に味方し、真に新しい勢力の参入を阻んでいる。日本の政治に新しい血が入りにくく、マンネリズムで空気が淀んでいるのは、決して偶然ではないのだ。

 そういう政治に風穴を開け、新鮮な空気を入れるためにも、れいわ新選組にはなんとか複数の議席を確保してほしいと思う。

 僕自身は早々にニューヨーク総領事館で在外投票を済ませた。比例は山本太郎に、選挙区は野党統一候補に一票を入れた。野党もれいわ新選組を「自分たちの票を奪う脅威」とみなすのではなく、むしろ「野党全体を活性化させる起爆剤」として手を結び、うまく活用してほしいと願う。

想田和弘
http://www.laboratoryx.us/sodaofficial/HOME.html

想田和弘(そうだ かずひろ): 映画作家。ニューヨーク在住。東京大学文学部卒。テレビ用ドキュメンタリー番組を手がけた後、台本やナレーションを使わないドキュメンタリーの手法「観察映画シリーズ」を作り始める。『選挙』(観察映画第1弾、07年)で米ピーボディ賞を受賞。『精神』(同第2弾、08年)では釜山国際映画祭最優秀ドキュメンタリー賞を、『Peace』(同番外編、11年)では香港国際映画祭最優秀ドキュメンタリー賞などを受賞。『演劇1』『演劇2』(同第3弾、第4弾、12年)はナント三大陸映画祭で「若い審査員賞」を受賞した。2013年夏、『選挙2』(同第5弾)を日本全国で劇場公開。最新作『牡蠣工場』(同第6弾)はロカルノ国際映画祭に正式招待された。主な著書に『なぜ僕はドキュメンタリーを撮るのか』(講談社現代新書)、『演劇 vs.映画』(岩波書店)、『日本人は民主主義を捨てたがっているのか?』(岩波ブックレット)、『熱狂なきファシズム』(河出書房)、『カメラを持て、町へ出よう ──「観察映画」論』(集英社インターナショナル)などがある。


  そうだった!
  そうなんだ!
  思い出したぞ。
  連合が、。。。   

  「阿部さんは4月の統一地方選で、連合熊本の推薦候補がいる県議選、
  熊本市議選で共産候補を応援した。
  それが理由で、5月に連合熊本から推薦を取り消されてしまいました。
  年金問題で追い風は吹いていますが、厳しい戦いになりそうです」(地元紙記者)

  そうでした、そうでした!
  連合から推薦を取り消されてしまったんだよね。

  それで、
  連合大嫌いなタロちゃんが、
  熊本で頑張っているあべ広美候補を、
  野党統一候補の応援に駆け付けた山本太郎!ってことだったんだ! 
  ははははは)))

  流石、タロちゃんだなって思いました。
  タロちゃん、共々、広美さんも頑張ってもらいたい!




●By 雨宮処凛 2019年7月10日 (資料)
第488回:山本太郎が霞む!「れいわ新選組」候補者たちの魂の叫び!! の巻(雨宮処凛)
https://maga9.jp/190710-2/

「2016年7月、あの相模原障害者施設殺傷事件が起こりました。事件を起こした植松被告は、津久井やまゆり園職員に『重度障害者は生きていても仕方がないので、安楽死させた方が良い』と話し、衆院議長宛ての手紙に『障害者は不幸を作ることしかできません』と書いたと報じられています。この『重度障害者は生きていても仕方がない』という文節を、“なぜなら”という接続詞でつないで理由を言えば、『重度障害者は生きていても仕方がない。なぜなら、生産性のない重度障害者は生きている価値がないから』と、なるのではないでしょうか?」

 「危機感を覚えた私は、教育面からこの考えを芽生えさせないように、この話を不特定の大学でしてきました。これは、あまりにも非効率です。ところが、この度、直接文科省とこれについて話せるかもしれない、千載一遇のチャンスが、善い縁からもたらされました」

 「スローガンは、『強みは、障害者だから気づけることがある』」

 「もし私が当選したなら、私にかかわる人たち、つまり議員たちが、私と議会で上手に接していくことや、同じように発言するための工夫をする姿を、人々が見れば、街場での人々の障害者への接し方も変化が生じる気がします」

 「私のギタリストとしてのスローガンは、『肉体の動きは止まった! だが人間の可能性はNO LIMIT(限界はない)! やれることはある』です」

 7月3日。参議院選挙告示前日。永田町の星陵会館で、人工呼吸器を装着した、ふなごやすひこさんが自作の原稿を自動音声にて読み上げた。部屋に規則的に響く呼吸器の音。プロジェクタに映し出される文字。ふなごさんはALSという病気に罹患している。身体中の筋肉が徐々に麻痺し、ついには全身麻痺に至る病だ。原因は不明。治療法も今のところない。

 バリバリの商社マンとして働いていた頃、身体に異変を感じ、42歳でALSと診断された。以来、筋肉は麻痺し、気管を切開して声を失い、胃ろうの手術を受け、人工呼吸器を装着し、現在は自宅にて24時間介護を受けている。生きていることそのものが「戦い」のふなごさんだが、なんと介護関連会社「アース」の副社長もつとめている。

ふなごやすひこさんと。ものすごくオシャレな方です

 ALSは、肉体は動かなくなるものの、知性や精神活動には影響がない。よって、ふなごさんのように頭脳とパソコンだけで仕事をする人が結構いるらしいのだ。指先が動く人は指で、指が動かなくなると額の皺などをセンサーで読み取ってパソコンを操る。ふなごさんは現在、歯で噛むことでパソコンを操り、副社長の仕事の他、看護学部・福祉学部のある大学を中心に年に10回以上講義をし、また、福祉業界新聞でコラムを連載している。

 さて、この日行われたのは、「れいわ新選組」の出馬会見。ふなごさんは候補者として出馬することを発表したのである。ふなごさんのスピーチの前には、太郎氏がふなごさんの紹介文全文はこちらを読み上げた。これまでの経緯を振り返りながら、感極まり、声をつまらせる場面もあった会見全編の動画はこちら。この日、ふなごさんの次には、れいわ新選組10人目の候補者が出馬会見を行った。元派遣労働者でシングルマザーの渡辺てる子さんだ。

 そうして午後7時、星陵会館のホールで「れいわ新選組」の集会全編はこちらが始まった。

 山本太郎氏がたった一人で「れいわ新選組」を立ち上げてからわずか3ヶ月。参院選に10人擁立すると宣言したものの、「到底無理」と鼻で笑う人も多かった。実際、私も「何を企んでいるのだろう」とハラハラしっぱなしだった。しかし、蓋を開けてみたら、山本太郎の「本気」に多くの人が「感染」した。寄付を集めればあっという間に2億円を突破し、続々と候補者が集まり、次々と発表された。告示日が近づく頃にはほぼ連日候補者が発表され、そのたびに度肝を抜かれ、鳥肌が立ったり涙ぐんだりした。

 そんな10人がこの日の集会で、初めて一堂に介したのだ。それぞれ初対面なのに、なんだかずーっと前から同志だったような雰囲気なのが不思議だった。

 さて、ここで太郎氏の思いに賛同し、れいわ新選組に集まりし候補者たちを改めて紹介したい。

 前述したALSのふなごやすひこさん。全身麻痺ギタリストで、株式会社アース副社長。

 生後8ヶ月で保育器ごと玄関に落ちて首の骨を損傷、以来、全身がほとんど動かない重度障害者の木村英子さん。

 拉致被害者家族で元東電社員の蓮池透さん。

 東大教授にして女性装の安冨歩さん。

 元派遣労働者でシングルマザー、ホームレス経験もあるという渡辺てる子さん。

 沖縄創価学会員壮年部の野原よしまささん。

 元セブン・イレブンオーナーの三井よしふみさん。

 そして元JPモルガンの大西つねきさん。

 環境保護NGO職員の辻村ちひろさん。

 ずらりと並んだ10人を見て、胸が震えた。同時に、ふと気づいた。この9人と一緒にいると、山本太郎が「普通」に見える! 霞んでいる! 山本太郎が、キャラで負けている!

 しかも選挙戦になれば、安冨さんは馬を連れてくるというではないか。れいわ新選組、なんかもう「政党」というよりは「劇団」とかの方に近い気がする。

全員集合! れいわ新選組!!

 そうして山本太郎氏はこの日、前回当選を果たした東京選挙区からではなく、比例で出馬することを宣言。その上、ふなごさん、木村さんという重度障害者の二人は「特定枠」に入り、二人が当選しないと自身は当選しないという「比例三位」での出馬と捨て身の戦いに打って出ることを発表した。太郎氏が当選するためには350万票以上が必要と言われる。そうして彼が当選すれば、障害者の二人は確実に当選する。ということは、24時間介護が必要で、しかも一人は人工呼吸器という国会議員が誕生するわけである。

 これはこの国の「バリア」を確実に破壊していくだろう。まず、国会の本会議場で投票する際には、一人ひとり階段を上って投票しなければならない。そんな時、車椅子の二人はどうするのか。また、木村さんは一人では水も飲めず、ふなごさんには定期的にタンの吸引が必要だ。介助者はどうなるのか。また質疑の際、自動音声や文字盤を使う議員への対応はどうなるのかなどなど、不安要素は考えていけばキリがない。だけど、これこそが真のダイバーシティではないだろうか。

 この国には、身体障害者が約436万人、知的障害者が約108万人、精神障害者は約392万人存在する。合わせて約936万人だ。これまで、これらの人々の声を代弁する議員がいなかったことこそが大問題視ではないだろうか。

 障害者を利用している、という人もいるかもしれない。が、前回の原稿でも書いたように、太郎氏のスタンスは「上等です。障害者を利用して障害者施策を進めようじゃないか」というものだ。

 また、「本人は本当に出たいの?」というような声もあるが、ふなごさんに至っては、今から5年前、松戸市議選に立候補している。残念ながら落選となったが、太郎氏と出会うはるか前から、ふなごさんは障害者であることを「強み」として政治の場に打って出ようとしていたのだから見上げたど根性である。

 一方、「重度障害者に国会議員がつとまるのか」という声もある。

 が、木村英子さんの肩書きは、全国公的介護保障要求者組合・書記長。全国在宅障害者の保障を考える会・代表。自立ステーションつばさ事務局長。障害者施策に精通した素晴らしき活動家だ。

 ふなごさんに至っては、前述したようにバリバリの商社マンだった人であり、現在は介護関連会社の副社長。ちなみに私はもろもろのなりゆきから、記者会見の段取りなどについてふなごさんとメールで打ち合わせをしていたのだが、その仕事の速さ、的確さには感動しっぱなしだった。しかも、設定した締め切り日時に遅れそうになった場合など、その都度ちゃんとメールしてくれる。この部分、締め切りや約束にルーズだったり適当だったりする私の周りの一部の人に、ぜひとも見習ってほしいものだ。しかもメールには絶妙な加減でユーモアを含ませてあったりと、細やかな気配りには恐縮しっぱなしだったのである。

 それだけではない。ふなごさんはALS当事者として国際会議にも出席している。2002年にはメルボルンで開催された「ALS/MND国際会議」に参加。翌03年にも、ミラノで開催された「ALS/MND国際会議」に参加。ALSを発症し、人工呼吸器をつけていても飛行機に乗り、海外で国際会議に参加できることを世界に知らしめたのだ。しかも音楽活動もしている。全身麻痺でも弾けるギターでライブもする「全身麻痺ギタリスト」を名乗っているのだから、前人未到の地をゆくミュージシャンなのである。

 「全身麻痺なのに仕事してライブしてとか、そんなの信じられない」という人もいるかもしれない。私だって、昔はそんなこと聞いても信じられなかっただろう。そもそも喋ることも動くこともできない人がどうやって仕事をするの? と。

 そんな私の固定概念をぶち壊したのは、長年ALSの母親の介護をしてきた川口有美子さんとの出会いだ。13年にはこの連載でも3回にわたってインタビューに応じてもらっている(第254回、第255回、第256回)ので、ご記憶の方もいるだろう。また、私の本『14歳からわかる生命倫理』にもご登場頂いている。同書で川口さんは、ALSで全身麻痺になっても頭と指先だけでヘルパー派遣会社を立ち上げ、社長として経営している人が何人もいることを紹介してくれている。

 「寝たきりで、呼吸器つけながら、頭と指先だけで会社を経営してるんです。身体が動かなくても、ベッドの上で商売できちゃうんです。ALSは知性にはまったく影響ありませんから。彼らは日本経済にも貢献してるし、地域医療にもものすごく貢献しています。ALSの人たちの介護はがん等の末期の人の在宅ケアにも応用できるんです。胃ろうも呼吸器も慣れているし、地域医療とも連携していますので」

 このような患者は「社長モデル」と呼ばれ、世界的にも注目を集めているという。

 川口さんと知り合い、ALSという奇妙な病とそれとともに生きる人々の実践の数々を知り、私の中の「寝たきり」観は根底から変わった。端からは寝たきりに見えても、これほど充実して生きている人たちがいる。以来、ALSの人たちとは院内集会など様々な場所で会うようになったのだが、そのポジティブさにはいつも驚かされてきた。

 相模原事件の後に開催された集会では、全身麻痺の女性が文字盤で「まだ死んでない」という最高のブラックジョークを飛ばして笑いをとったりもした。地方の空港で何度か見かけたこともある。そういう姿を見るたびに、全身麻痺でも寝たきりでも、全国飛び回って活躍しながら生きる道があるのだ、と勇気をもらう。はからずも会見の日、太郎氏はふなごさんを「寝たきり界のトップランナー」と評した。また、「当事者というのはその道のスペシャリストだと思っています」とも述べた。まったくもって同感だ。

 さて、ふなごさんだけでなく、れいわ新選組の候補者は全員がなんらかの当事者だが、そんな中、人気急上昇中なのが「てるちゃん」こと渡辺てる子さん(60歳)だ。

 てるちゃんは、元派遣労働者でシングルマザー、2年前、17年働いた派遣先を突然解雇されたという経歴の持ち主だ。しかも若かりし頃、5年間のホームレス経験があるという。最近、近所のスーパーのもやしが27円から29円に値上がりして「真っ青になった」と言うてるちゃんは、新橋駅前のスピーチで言った。

 「私、ホームレスを5年やってました。子ども二人、12月と1月、冬の寒い時に生まれてしまいました。泊まるお金がないから、新生児を抱っこして野宿してました。日本って、お金がないと死んでしまう国なんです。私はたまたま生き延びることができました」

 「今、日本では、若者に希望がない。年金も貰えない。給料も上がらない。だから結婚もできない。自殺も多いです。こんな日本に誰がした? 私たち大人の責任です。変えるのは今、たった今!」

 「我々が、当事者が、ど庶民が、働く者が、貧乏人が、今の日本を変えなくて誰が変える!?」

 「私は今、仕事もないし収入もないし、母親が90歳でぼけちゃってるんですよ。もう貧困のデパート、総合商社。それが強みです。マイナスを強みに変える。貧乏人のど根性、見せてやりましょう!」全編はこちら

 今、「貧乏の専門家」との呼び声が高いてるちゃんだが、彼女は15年、派遣法改正にあたり衆院厚生労働委員会の参考人質疑に呼ばれている。もやしの値段を気にする「ど庶民」でありながら、国会の参考人質疑にも対応できる「派遣問題のプロ」でもあるのだ。

 他にも紹介したい候補者やスピーチばかりだが、もう本当にキリがない。安冨さんの虐待サバイバーのスピーチもよかったし、三井さんのコンビニ話も素晴らしいし紹介したいスピーチはもうたくさんあるけど今回はこの辺で。

 れいわ候補者の顔ぶれを見て、「山本太郎すごい」という声もあちこちで聞く。

 しかし、私はすごいのは太郎氏ではなく、太郎氏の思いに賛同した一人ひとりの候補者だと思う。特にふなごさんにはもろもろのなりゆきから太郎氏が話に行く時に同行したという経緯もある。人工呼吸器の音が規則的に響く部屋で、私たちはふなごさんとパソコンを通じて話をした。ふなごさんの今までを紹介する動画を見せてもらった。その時は、まさか本当に今のような状況になるなんて、思ってもいなかった。だけど、ふなごさんは決意したのだ。

 自身が国会に入ることで、様々なシステムは音を立てて変わる。変わらざるを得ない。強制的に、命に合わせた、ニーズに合わせたバリアフリー化が進む。そのことは、必ずや日本社会を大きく変える。いくら「ピンピンコロリ」「寝たきりゼロ」と言っても、多くの人は寝たきりになる。誰も望んでいないけれど、そうなる。自分じゃなくても、親が、パートナーが、大切な人が、そうなる可能性は非常に高い。だからこそ、ふなごさんはやっぱりトップランナーなのだ。人工呼吸器をつけた彼は、それが外れると生きていけない。また、停電やバッテリー切れが命にかかわる。それでも、太郎氏に「命を預けた」のだ。

 「全難病者が幸せになるように働きます」。集会で、ふなごさんは目で文字盤を示し、そう言った。全難病者が幸せに生きられる社会は、「今たまたま健常者」の人たちにとっても生きやすい社会だろう。

 このように、れいわ新選組には太郎氏の存在が霞むほどの多様性、専門分野を持った人々が集まった。山本太郎が「普通の人」に見えてしまうくらいに多彩で多様でいい意味でアクが強く、空気を読めない・読まない上に、見事なほどに全員が「言うこと聞かない系」である。

 しかも、東京選挙区にれいわから出るのは創価学会員の野原よしまささんだ。

 この人たちが、国会で大暴れする姿を想像するだけでたまらなくワクワクする。こんなに面白い選挙、初めてじゃない?

 そうして特筆しておきたいのは、今回の選挙、れいわ以外にも入れたい候補者があまりにもたくさんいるということだ。そんな顔ぶれを見ていて、ふと思った。これって3・11以降の様々な運動の、ひとつの大きな成果なのではないだろうかと。だって10年前だったら、野党の候補者にこれほど素晴らしい人々が揃うなんて、考えられなかった。

 7月7日、安倍首相が中野駅に丸川珠代氏の応援演説に来ると聞きつけたので観に行った。そこで一番びっくりしたのは、次々と登場した、肩書きばかり立派な自民党の男性たちの多くが、共産党と野党の悪口に終始していたことだった。告示日以降、れいわの候補の魂の叫びみたいなスピーチばかり聞いていた私にとって、彼らの言葉のからっぽさと、皮肉と嘲笑、冷笑に満ちた語り口は衝撃以外の何物でもなかった。

 今、政治を語る言葉そのものが根底から変わっている。とてつもなく大きな地殻変動が起きている。それをどこに着地させるか、私たちにかかっている。

雨宮処凛
http://ameblo.jp/amamiyakarin/

あまみや・かりん:1975年北海道生まれ。作家・活動家。2000年に自伝的エッセイ『生き地獄天国』(太田出版)でデビュー。若者の「生きづらさ」などについての著作を発表する一方、イラクや北朝鮮への渡航を重ねる。現在は新自由主義のもと、不安定さを強いられる人々「プレカリアート」問題に取り組み、取材、執筆、運動中。『反撃カルチャープレカリアートの豊かな世界』(角川文芸出版)、『雨宮処凛の「生存革命」日記』(集英社)、『プレカリアートの憂鬱』(講談社)、『自己責任社会の歩き方 生きるに値する世界のために』(七つ森書館)など、著書多数。2007年に『生きさせろ! 難民化する若者たち』(太田出版)でJCJ賞(日本ジャーナリスト会議賞)を受賞。「反貧困ネットワーク」副代表、「週刊金曜日」編集委員、、フリーター全般労働組合組合員、「こわれ者の祭典」名誉会長、09年末より厚生労働省ナショナルミニマム研究会委員。




 最後まで読んでいただきありがとうございました!
 2つのblogランキングに参加中! ポチッ! ヨロシク~♪
  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ニュースブログへ