s-れいわ新選組














【参議院選2019投開票日】れいわ新選組・開票センターの様子









 なーんだ自民党なんて全然値打ちねーじゃんwww


●共同通信 2019/7/21 22:58 (JST)7/22 01:48 (JST)updated
自民、改選議席割れが確実に (資料)
https://this.kiji.is/525673468946121825

自民党は改選66議席を下回ることが確実となった。
非改選議席を含めた単独過半数も維持できなかった。


 山本太郎をもう一度前面に立て、
 衆議院選挙では全国規模で正面切っての戦いが出来る。
 今回当選してしまうと次に選挙に出るのは6年後になってしまうけれども、
 衆議院ならまたすぐに戦えます。
 票を投じた僕らは継続してサポートしていかなければならないと思います。
 =以上=


 ふむふむ、。。。
 これは、きっと、
 本人が描いたとおりになったと言うわけだね、。。。

 議員バッジを失いますが、
 野党の党首会談、
 幹事長会談、
 国対委員長会談、
 政調会長会談などすべて出るそうなので、
 今よりも、もっと存在感が高まります。




●フジテレビ 2019年7月21日 日曜 午後9:36 (資料)
山本太郎氏の驚くべきビジネスモデル
平井文夫
https://www.fnn.jp/posts/00047333HDK/201907212136_hiraifumio_HDK


山本太郎氏は落選らしい
当選する必要はなかった?
日本でもついにポピュリズム政党が誕生か


山本太郎氏は落選か
出口調査結果によると、れいわ新選組代表の山本太郎氏はどうやら落選のようだ。
れいわはどうやら比例議席を2つ取りそうだが、特定枠の1位船後靖彦氏と、2位の木村英子氏が当選し、山本氏は落選ということになる。

東京選挙区で前回6年前は67万票で4位当選し、今回も東京で出れば当選確実と見られていた山本氏が比例に転出したのには驚いたが、船後、木村氏を特定枠の1位と2位にしたのにはもっと驚いた。

「俺を当選させたければ3議席くれ!」という有権者への強烈なメッセージである。こういうやり方は初めて見た。しかしさすがに3議席は無理だった。船後、木村氏が辞退するとか。いやそんな姑息なことはできないはずだ。

なるほどこれか! 山本氏の戦略
山本氏の戦略がわからなくて悩んでいたら、民主党政権の官房副長官だった松井孝治さんが「山本氏は当選せずとも確実に介助者として登院し、スポークスマンとなるだろう。彼が党首討論に加わると半端な党首だと完全に喰われるだろう」と、Facebookで投稿をしたの読んで、なるほどこれか!と納得した。

船後、木村両氏には確かに登院の際に介助が必要だ。山本氏は「前議員バッジ」を持っているのでいちいち手続きも不要。そして国会内でテレビ局のぶら下がり取材に山本氏が毎回答えれば、各局は喜んで放送するだろう。

今回れいわ新選組は政党要件である得票数の2%を確保する見込みである。つまり山本氏は維新の松井一郎代表のように非議員の党首でも党首討論には参加できる。

山本氏は当選する必要はなく、政党要件を満たす約100万票でよかったのだ。そして議員でなくても、他の野党党首だけでなく自民党の有力政治家よりよっぽど目立つ存在になる。

だから今回の山本氏落選をもって彼の戦略ミスだという見方は残念ながら完全にピント外れだ。

山本氏およびれいわ新選組の政策には賛同できないが、政治家ないし政党としてのこんなすごいビジネスモデルは初めて見た。本当に驚いた。

欧米ではグローバリズムによる格差拡大で左右のポピュリズム政党が議席を増やしている。れいわ新選組の政党要件獲得は日本初のポピュリズム政党の誕生、あるいは山本太郎という初のポピュリズム政治家の誕生ということなのかもしれない。


 政党要件の得票率2%を超えてから、
 マスメディアがれいわ新撰組を取り上げ始めてきた。
 れいわ新撰組はSNSで一番取り上げられていた。 
 今回の選挙はマスメディアとSNSを深く考える確実な転換期となったと思う。
 =以上=

 ホントこれだね。
 メディアを信用しなくなって、
 若者達はドンドンSNS利用することになるんじゃないかな。
 
 それと共に、
 政権に忖度ばかりしているメディアはいつの間にか、
 おいてけぼりを食らってしまってるかもしれないなぁっと。

 気が付けば、
 紙媒体がしつこく残っていて、
 映像媒体が消えていくって、そんなことになるやもしれんね。
 そのきっかけがタロちゃんの「れいわ」が作ったのかもしれないわ!







  当  ブ  ロ  グ  へ  の
  皆 様 の ご 支 援 に 感 謝 致 し ま す! あ り が と う ご ざ い ま す!






  若者が動いたってことは将来が楽しみです。
  次の世代を担うのはこの層なんですから頑張って貰いたい。
  年よりは、後からついて行きますから1
  若者よ、
  旗振り役になっておくれ!!!




●毎日新聞 2019年7月22日 01時15分(最終更新 7月22日 01時17分)(資料)
れいわ・山本代表「次期衆院選では100人規模で擁立」
https://mainichi.jp/senkyo/articles/20190722/k00/00m/010/030000c


山本太郎氏(れいわ・比例)=小川昌宏撮影

 政治団体「れいわ新選組」の山本太郎代表は21日夜、次期衆院選について「政権選択なので、立候補者100人ぐらいの規模でやらなければいけない」と述べた。
 また、れいわが今回の参院選で政党要件を満たした場合、政党助成金を受け取れるようになることに触れ、「それ(助成金)によってこの先戦っていける。それで十分でなければ(支持者に)力を貸してくださいということになる」と語った。【安藤いく子】


  ●れいわ新選組
  開票率 91.20%
  政党得票総数 207万6275(4.52%)
  政党名での得票数 104万5040
  山本太郎記名得票数 83万5312
  比例個人で最大得票数を得ながら山本太郎は落選したが悲壮感はない。
  太郎は国会の体制を変化させざるを得ない
  2人の参議院議員を生み出し政党要件を手に入れた。


  山本太郎を総理大臣に
  れいわ新選組、 既得権益体制による無視攻撃の中の(大)勝利🙌㊗️
  消費増税による経済破壊、
  イランホルムズ海峡「有志連合」参戦、
  貿易交渉密約実施要求‥‥地獄を選択した?
  国民をそれでも守っていくのがれいわ新選組👚⚔️
  国会改造、衆院選に向かって再出陣の陣形は整ったゾ‼️


  山本太郎落選じゃんって笑ってる人何もわかってない笑
  あれだけメディアが報じず比例区最多得票ってことは
  「直近の国政選挙の比例区で2%以上の得票」を満たしたから
  これから政党として認められる!
  政党交付金も受け取れる!
  つまり次の衆議院選挙で風が吹く!!
  革命だよこれは!!
  =以上=


  ホント、
  これからが勝負です!











  吉良さんに入れたい人は吉良さんに入れるべきです。
  戦略的投票なんて言ってる人は立憲支持者ばっかり。
  自分らの都合のいいようなことばかり言って、可笑しいじゃん!
  共産党支持者ではないけれど孝太郎さんに一票投じるし、
  京都では倉林さんを応援してる。
  国会に必要だと思う人に入れるべし!

  ってツイもしたことが有ります。

  大阪で孝太郎さんがいるのに、
  亀石さんをゴリ押ししてきたわけじゃん!
  立憲の福山が!

  おまえらには「戦略的投票」がないのかと!!!

  仮に、
  枝野が政権とっても、
  第二の自民党が出来るだけです、。。。

  私は、福山のいる立憲を完全に見放した!
  最初ッからこいつを危険視してきた!
  幸い立憲はタロちゃんとは組む気がないだろうから、
  ドンドン攻めて行けばいいんです!

  その先に、
  きっと、
  野党再編も、政権交代も、あるんじゃないかって思う!



  
  立憲が今の共産みたいに、
  おろしまくればえーのやで、の声あり!

  ※その通りやで!

  今度は枝野、おまえの党が、
  候補者を降ろしまくればいいのやでW




●NHK 2019年7月22日 5時49分 (資料) 
れいわ新選組 山本代表「大きく前進 衆院選に出るしかない」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190722/k10012002731000.html

れいわ新選組の山本代表は午前5時前に記者会見し、みずからの議席を失ったことについて「10人立候補して10人通せなかったのは完全に私の力不足だし、私自身も議席を得られなかったのは非常に残念だ。全力で頑張ってもらったので私の責任だ。ただ、2議席を手に入れ、政党要件も満たしたと考えれば決して負けてはいない。山本太郎の議席は失ったが、れいわ新選組は大きく前進した」と述べました。

そのうえで、今後については「メディアに出る時には党代表という立場で出られるし、全国の人とつながることも自由に動ける。公党であることと、諸派は天と地の差がある。衆議院で大きく議席を取りに行く準備をしていく必要がある」と述べました。

そして、記者団から、次の衆議院選挙に立候補するかどうか問われ「出るしかないんじゃないですか」と述べました。



 最後まで読んでいただきありがとうございました!
 2つのblogランキングに参加中! ポチッ! ヨロシク~♪
  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ニュースブログへ