20140627幼児虐待






 神戸市東須磨小 仁王美貴校長が記者会見。
 この校長、どいうわけか質問主旨と違うところを答弁して逃げるパターン!
 あとなぜ加害教師を懲戒処分などをせず他校に異動させた?
 
 記者がボンヤリしないで追及せんかい!
 ってことになるんだけど、。。。

 まさか、
 懲戒解雇もされずに、処分もされずに放置???
 
 だめだね、
 この校長では、キチンとした解決策は出せないですね。
 神戸市東須磨小に突撃電話する人も出て来るんだろうな。
  
 被害者教師は毅然として、
 被害届を出す!
 刑事裁判を起こす!
 民事裁判も起こす!
 シッカリと責任を取らせるべきです。


 




神戸市教育委が会見 教員暴行問題で経緯説明(2019年10月9日)



●神戸市教育委が会見 教員暴行問題で経緯説明(2019年10月9日)
神戸市教育委員会は9日午後5時から、
市立小学校の教員4人が同僚の若手教員に対して
暴行や暴言を繰り返していた問題で会見を行う。







教師による教師いじめ 悪質“激辛カレー強要” 学校側が会見



●教師による教師いじめ 悪質“激辛カレー強要” 学校側が会見 (資料)
神戸市の東須磨小学校で教師4人が、同僚の男性教師に激辛カレーを無理やり食べさせるなど、悪質ないじめを繰り返していた問題で、17時から同小学校の校長が会見する。
この問題で学校側が会見を開くのは初めて。

神戸市の教育委員会は「いじめ行為は昨年から始まった」と説明しているが、東須磨小学校に勤務していた教師はFNNの取材に対して、「いじめ行為は男性教師が着任した一昨年から始まった」と証言した。

また、被害者の男性教師が校長に対し、先輩教師に尻を叩かれてできたみみず腫れを見せて、いじめの被害を訴えていたにもかかわらず、校長は市の教育委員会に対し「指導して収まった」と報告していたことが分かっている。

関連記事:
教師による同僚への“激辛カレーいじめ”で保護者説明会 校長は知っていた
https://www.fnn.jp/posts/00048474HDK/...
---------------------------------------------------------------------
● Live News it! 2019年10月8日 火曜 午後6:54 (資料)
教師による同僚への“激辛カレーいじめ”で保護者説明会 校長は知っていた
https://www.fnn.jp/posts/00048474HDK/201910081854_livenewsit_HDK


・先輩教師4人による20代男性教師へのいじめ発覚で保護者説明会
・校長は被害を確認していたのに「収まった」と市に報告
・「そんな小学生みたいなことあります?」保護者から怒りの声


教師による“教師いじめ”小学校で保護者説明会

先輩教師による若手教師への悪質ないじめが明らかになった、神戸市内の小学校。
10月3日、行われた緊急の保護者説明会で校長は何を語ったのだろうか。

説明会に出席した保護者A:
すごく不安です。もう少し考えて子供たちに話してほしい。

説明会に出席した保護者B:
「いじめがあれば助けてあげなさい」と教えている親からすると、説明のしようがない

FNNでは、不安と怒りに包まれた保護者説明会の音声を入手。

見えてきたのは教育現場の闇だった。

羽交い絞めにして激辛カレーを無理やり食べさせたり、目や口に塗り付けたりするなどの信じがたい、いじめ行為。

神戸市立東須磨小学校での20代の男性教師Aさんが、先輩教師4人から受けてきたものだ。

10月3日に小学校で開かれた保護者説明会。入手した音声には、校長の言葉が。

校長:
この4名の教諭は本校の中核教諭です。指導力とともに力を持ち合わせ、私もこの先生から教えてもらうことが多かったです。

校長は、いじめ教師について自分より力があり、口出しできなかったと話している。

校長はいじめによるケガを把握していたのに・・・

Aさんのいじめは2019年6月、別の教師が教頭に相談したことで発覚。
その直後、校長は被害者のAさんから直接聞き取りを行った。

しかし被害者のAさんは、校長に対し・・・

校長:
(被害者A先生は)私との話の中で、職員との関係を壊したくない。うまく仲良くやっていきたい。という思いが強かったと聞いています。
なのでからかわれたときも、ニコニコ笑って過ごしていたという話を伺っている。

しかし被害者のAさんは校長に対し、先輩教師に尻を叩かれてできたみみず腫れを見せて、いじめの被害を訴えていたという。

にもかかわらず、校長は市の教育委員会に対し「指導して収まった」と報告。

校長はAさんの怪我について知っていたにもかかわらず、教育委員会に伝えていなかった。

その結果、有効な手立てを打つことができなかった可能性が。

説明会に出席した保護者C:
足ふんだんでしょ。そんなことが気付かないことなんてあります?
そんな高校生、小学生みたいなことあります?

校長:
先生にも、そして皆さんにも本当にごめんなさいの気持ちでいっぱいです。これから先生たち みんなが仲良くなるように、先生たちは全力で力を合わせて一生懸命頑張ります。

市の教育委員会は、校長をはじめとした学校側の対応に問題がなかったかについても調べている。
(「Live News it!」10月8日放送分より)



  当  ブ  ロ  グ  へ  の
  皆 様 の ご 支 援 に 感 謝 致 し ま す! あ り が と う ご ざ い ま す!








●神戸新聞社(kobedigital):神戸市教育委員会会見
 神戸市須磨区の市立東須磨小学校の若手教員4人が同僚の先輩教員から継続的に暴行や暴言を受けていた問題で、市教育委員会が9日午後5時から市役所で会見を開いた。
 市教育長が「前代未聞」と認めるほどの問題で、市教委にも多数の苦情が寄せられていることなどから学校側による説明が必要と判断。同小学校の校長も同席し経緯などを説明する。校長による報道各社への説明は、今月4日に問題が発覚してから初めて。
※一部画像の乱れと、音声が聞き取りにくい部分があります。


  校長は893まがいのトンデモな奴!
  被害教員を脅してなんやねんっと!
  よくこれで校長が務まったなっと、
  よくこれで他校の校長が務まるなっと。

 


●神戸新聞NEXT 2019/10/09 12:20
「裏切ったら完全に切る」前校長が教員に暴言 神戸・東須磨小
https://news.goo.ne.jp/article/kobe/nation/kobe-20191009014.html


教員間暴力が発覚した東須磨小学校=4日午後、神戸市須磨区堀池町1

 神戸市立東須磨小学校(同市須磨区)の教員間暴行・暴言問題で、同小の前校長を巡っても「パワハラを繰り返している」という趣旨の相談が市の内部相談窓口などに寄せられていたことが9日、関係者への取材で分かった。市教育委員会は既にこの前校長からも聞き取りを始めており、一連の問題に対する関与や対応についても調べる。

 前校長は2016年に教頭として東須磨小に赴任し、18年春に昇任。19年春に別の小学校へ転任した。

 パワハラについては、複数の関係者が神戸新聞の取材に証言。それによると、前校長は今回被害に遭った20代の男性教員(療養中)に対し「女性と遊ぶ暇があったら一人前になれ」などと職員室で叱責したこともあったという。関係者の一人は前校長について「教員の好き嫌いが激しかった」と話した。

 市の窓口に相談があったのは、前校長が昇任する前の18年1〜2月ごろ。現場の教員に対し「裏切ったらどうなるか分かるやろ。完全に切る。だから誰についたらいいか分かるやろ」といった発言があったことが報告されていた。市教委によると、この相談内容がどのように扱われたかは「調査中」という。

 一連の問題では、前校長が昇任した2018年に、30〜40代の教員4人が後輩に当たる若手4人に暴力や暴言を繰り返していたことが判明。尻が腫れるまでたたかれたり、激辛ラーメンを目にこすりつけられたりした被害教員もいた。
 市教委は9日午後に会見を開く予定で、東須磨小の現校長も出席する。





  この出来事が神戸のようなイジメ事件の発端 の可能性? 
  無きにしも非ずでしょうか?


  神戸市の久元喜造市長は4日、コメントを発表した。内容は次の通り。
    ▼
  このたび、本市の小学校においてこのようなハラスメント事案が
  発生したことは誠に遺憾であり、激しい憤りを感じる。
  この間、子どもたちの間でのいじめを無くすために、
  さまざまな取り組みを進めてきた中で、
  子どもたちを指導する立場の教員がこのような行為を行っていたことは言語道断である。
  教育委員会においては、早急に事実関係を明らかにし、
  厳正な処分を行うとともに、被害者である教員への十分なフォローを行い、
  1日も早く正常な学校運営を取り戻すことができるよう強く求める。
  =以上=




●2019/10/9 19:50神戸新聞NEXT (資料)
東須磨小・教員間暴力 会見速報 「4人中2人は前校長と親しい関係」
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201910/0012774681.shtml


教諭間の暴行、暴言問題について会見する神戸市立東須磨小学校の校長(右)ら=9日午後5時すぎ、神戸市役所(撮影・斎藤雅志)

教諭間の暴行・暴言問題について会見する神戸市立東須磨小学校の校長=9日午後、神戸市役所(撮影・斎藤雅志)

教諭間の暴行・暴言問題についての会見中、涙をぬぐう神戸市立東須磨小学校の校長(右)ら=9日午後、神戸市役所(撮影・斎藤雅志)

大勢の報道陣を前に会見する神戸市立東須磨小学校の仁王美貴校長(右奥)ら=9日午後、神戸市役所(撮影・大森 武)


 神戸市立東須磨小学校(同市須磨区)の教員間暴行・暴言問題で、同市教育委員会は9日午後5時、市役所で会見を始めた。

 市教委幹部2人と同小校長の計3人が出席し、冒頭で「このたびのハラスメント事案で児童、保護者をはじめ、関係者に多大なる心配をおかけし、心よりおわび申し上げます」とあらためて陳謝した。

 同小の校長は具体的なハラスメントの内容について、体をたたく、足を踏むなどの暴力▽性的な内容を含む人格を否定するような言動▽所有物の器物損壊などの嫌がらせ−などを挙げ、「学校内やプライベートの場で長期にわたっていた」と説明した。

 その上で「教員として、人として許されるべきではなく、東須磨小の子どもの前では今後、指導させない」と話した。
※他の学校へ人事異動するんですか! それをはっきりせんかい!!

 校長は、ハラスメント事案を知った時期について「(今年)7月初旬」とし、それから聞き取り調査を始めたと話した。

 校長は「加害教諭と被害教諭は2018年度までは良好な関係にあったが、加害教諭が被害教諭のプライベートなことを他の教員に話したことがきっかけに疎遠になった」と説明した。

 校長は、6月20日に市教委の訪問を受けた際、校内の人間関係について「心配がある」と伝えたところ、市教委側から「力になる」と言われたことを説明。市教委はこれまで、校長から「指導で解決した」との報告があったと説明していたが、校長は「指導したことは報告したが『解決した』とは言っていない」と否定した。

 一方で、「私のハラスメント行為に対する認識が甘かった」とも認め、「被害教員に申し訳ない」「被害教諭が私たちに訴えたのは、こういう行為をなくして職員室が過ごしやすい場所になってほしいという思いがあったと思う」と述べた。

 校長は2018年度に東須磨小に教頭として赴任しており、この当初から教員間の人間関係について違和感があったと説明。例として、職員を呼び捨てにすることがあったことを挙げ「中には職員の言葉で傷つく職員もいたし、心を痛める職員もいた。その職員の話を聞きながらともに職員室で過ごしていて、職員間の関係が気になっていたので、(ハラスメント行為に気付くことが)全くなかったことはないと思う」と話した。

 また、前任の校長の態度を問われ「校長ですので厳しい指導もあった。その厳しさが適切かどうかといえば、適切でない部分もあったかもしれない。すべて適切かというと自信を持って言えない」と話した。

 報道陣から隠ぺいする意図の有無を問われ「6月20日の市教委の訪問時は気になっているという話もしたし、教員の名前も挙げて伝えていた。これから指導するということも伝えていたので、隠すつもりは一切なかった」とした。一方で「中身をしっかり伝えなかったことが、被害教員が学校に来られなくなったことが原因になったと思っている」と自身の責任も認めた。

 校長によると、加害教員の一人は動機について「自分がおもしろければよかった。被害者がそんなに嫌がっているようには思えなかった。悪ふざけがすぎていた」と説明したという。

 校長は加害教員4人のうち二人は、2018年度と19年度のいじめ対策の担当であることを明らかにした。

 加害教諭の処分については、市教委の担当者が「このような教員が教壇に立つことが許されるのかという厳しい意見が多数寄せられている。ご指摘を踏まえて今後対応を検討したい」と話した。

 校長は児童たちに、加害教員4人について「やってはいけないことをやった。なので東須磨小で教えることはできないと判断しました、と説明した」と述べた。

 児童たちの様子については「大きく傷ついたことは同じだった。その日は一つ部屋を設け『苦しくなったり、泣きたくなったりしたら来てもいいよ』と言った。その部屋の中で1日、ワンワン泣いた子もいた」と話した。

 校長は、7月初旬に加害教員を指導した後、具体的な内容を市教委に報告しなかった理由について「指導する中で『もう絶対にしません』という態度だったので、自分が職員室で仕事をする中で改善できるかなというのをずっと見ていこうという気持ちはあった」としつつ、「なぜ具体的に言わなかったのかは、うまく言葉で説明することが難しい」と話した。

 加害教諭と前の校長との関係について、「4人のうち2人は(前校長と)親しい関係だったと思っている」とした。一方、この2人は校内で中核教員だったが「そこでの力と前校長の力が関係しているかは分からない」と述べた。

 また「昨年度しんどくなった教員の中には、前校長と意見が合わなかった教員はいる」と明かした。

未だ、会見が続いてるようなので、追加の文章は深夜か?明日に?でも、…。



 最後まで読んでいただきありがとうございました!
 2つのblogランキングに参加中! ポチッ! ヨロシク~♪
  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ニュースブログへ