s-20191106英語民間試験











buu @buu34 さん。
[英語民間試験] 羽藤由美 参考人・意見陳述 11/5衆院・文科

衆 文科委 羽藤参考人「大学入試と検定試験を混同されてるんですけども、今まで各大学は、3割とか、生徒さんが検定試験として受けたものを大学が使うシステムなんです。それは能力診断テストなので、非常に緩い形でされてても、別に構わなかった、大学の側も、そういう資料として扱ってきたわけです。でも、そのテストが、今までやってきたから、実績があったからと、それが共通テストに使われた段階で、大学入試になるわけですよ。業者さんは、同じテストをやってるつもりかもしれないけれど、〜どうして大学が、これだけ躊躇したかと言うと、大学入試だからですよ」

「テストで教育を変えるといった考え方〜私はスピーキングの習得が専門なんですけど、テストでスピーキングの意欲が伸びた、と言うようなデータはないです。〜非常に多くの方が勘違いされてるんですけど、話す能力は、話す練習によって伸びるのではないです。〜話すというパフォーマンスは、即自的なものですので、自分の中に育つ能力なんですよね。その能力は、何で育つかと言うと、主にインプット、読むことと聞くことから育ちます。いっぱい読んでいっぱい聞くということですよね、それは日本のこの環境では非常に難しいので、どうしても話す能力が落ちてくるということですよね」

「文科省は、4技能均等と言う事を民間試験に求めている。4技能全部に同じ配点と言うことで、とても乱暴。たとえば、私どもの大学でTOEICのリスニング、リーディングでは、スコアが400点レベルの低い学生から、900点レベルまで幅広く出る〜、スピーキングをやると、80%(の学生のスコア)が真ん中に重なります。それに突出した、とても得意な人と、とても苦手な人〜そういう形になるわけです。そういうところで、4技能を均等(配点)にすると、リーディングが物凄く軽視されることになりますよ、こっち(スピーキング)は能力差がないわけですから、で、こっち(リーディング)は、歴然とした能力差があるのに、4技能を均等(配点)にしてしまうと、むしろ差があるものが軽視される。そういう事も全然考えてないわけですよね。看板的に4技能4技能とおっしゃるけれども、現実にはそういう事が起こっている」


 南風原朝和先生が『岩波科学』に書かれた記事が公開されました。
 「今からでもやめるべき...。入試改革全体として,知性を欠く,
 あるいは専門性を欠く進め方になっている。」

 アベの私的諮問機関「教育再生実行会議」提言
 →中教審答申
 →民間試験導入本格決定
 →成績提供システム参加要件
 →CEFR作業部会の裏にある利益相反や癒着の可能性。
 →徹底的に追及しろー!




●南風原朝和
見失われた記述式の意義:導入の見直しが必要だ
●羽藤由美
国立大学は若者を犠牲にすることに加担するな――迷走を続ける英語入試改革の現状

---------------------------------------------------------------------
●岩波『科学』@IwanamiKagaku
南風原論文では、50万人規模をこなすために記述式問題は変質せざるを得ず、採点・自己採点をめぐる混乱が増幅されるため、かえって害が生じることを述べています。8月下旬時点での記述で、その後に変更も発表されましたが(記事中の注参照)、上述の根本的な問題は解決しようがありません。
羽藤論文では、延期となった民間英語試験導入について、その問題が整理されています。経過と“改革”の内容をご覧いただくと、「入試改革全体として,知性を欠く,あるいは専門性を欠く進め方になっている」(南風原論文)状況を理解いただけると思います。





えっ?朝日新聞社後援ですか、。。。

B社が心配してそうな事業リスク。B社ですね、A社じゃないわねw

















●【英語民間試験 導入の経緯】
起点は、文科省の中央教育審議会(中教審)の「大学入学者選抜の改善をはじめとする高等学校教育と大学教育の円滑な接続と連携の強化のための方策について(諮問)」。2012年8月28日公表。文科相は平野博文。野田第2次改造内閣(民主党政権)。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/1325060.htm …
---------------------------------------------------------------------
2012年12月16日実施の第46回衆議院議員総選挙により、第2次安倍内閣が成立。
2013年1月15日、「21世紀の日本にふさわしい教育体制を構築し、教育の再生を実行に移していくため」、教育再生実行会議が閣議決定により設置されました。
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/kyouikusaisei/ …
---------------------------------------------------------------------
「会議は、内閣総理大臣、内閣官房長官及び文部科学大臣兼 教育再生担当大臣並びに有識者により構成し、内閣総理大臣が開催する。」文科省・中教審は、この会議の提言に従うべき立場だと言えます。
有識者はリンク。
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/kyouikusaisei/member.html …
---------------------------------------------------------------------
2013年10月31日、教育再生実行会議は、「高等学校教育と大学教育との接続・大学入学者選抜の在り方について」(第四次提言)を公表しました。文科相は下村博文。第2次安倍内閣。
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/kyouikusaisei/teigen.html …
---------------------------------------------------------------------
「第四次提言」は、センター試験の代わりに「達成度テスト(発展レベル)(仮称))」を導入すべきだと提言しました。なお、「達成度テスト(基礎レベル)(仮称))」は、高校生の学習の達成度を測定するものです。
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/kyouikusaisei/teigen.html …
---------------------------------------------------------------------
(「第四次提言」)
(1)大学教育を受けるために必要な能力判定のための新たな試験(達成度テスト(発展レベル)(仮称))の導入
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/kyouikusaisei/teigen.html …
---------------------------------------------------------------------
○ 国は、大学教育を受けるために必要な能力の判定のための新たな試験(達成度テスト(発展レベル)(仮称))を導入し、各大学の判断で利用可能とする。
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/kyouikusaisei/teigen.html …
---------------------------------------------------------------------
高等学校教育への影響等を考慮しつつ、試験として課す教科・科目を勘案し、複数回挑戦を可能とすることや、外国語、職業分野等の外部検定試験の活用を検討する。
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/kyouikusaisei/teigen.html …

同テストの運営については、大学入試センター等が有するノウハウ、利点をいかしつつ、達成度テスト(基礎レベル)(仮称)と相互に連携して一体的に行うようにする。
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/kyouikusaisei/teigen.html …
---------------------------------------------------------------------
○ 達成度テスト(発展レベル)(仮称)は、その結果をレベルに応じて段階別に示すことや、各大学において多面的な入学者選抜を実施する際の基礎資格として利用することなど、知識偏重の1点刻みの選抜から脱却できるよう利用の仕方を工夫する。
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/kyouikusaisei/teigen.html …
---------------------------------------------------------------------
将来的には、試験問題データを集積しCBT方式で実施することや、言語運用能力、数理論理力・分析力、問題解決能力等を測る問題の開発も検討する。
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/kyouikusaisei/teigen.html …
---------------------------------------------------------------------
○ 以上の方針の下、達成度テスト(発展レベル)(仮称)の具体的な実施方(教科・科目や出題内容等)や実施体制、実施時期、名称、制度面・財政面の整備等について、
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/kyouikusaisei/teigen.html …
---------------------------------------------------------------------
高等学校における教育活動に配慮しつつ、関係者の意見も踏まえ、中央教育審議会等において専門的・実務的に検討されることを期待する。
(引用終わり)
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/kyouikusaisei/teigen.html …
---------------------------------------------------------------------
中教審は、教育再生実行会議の「第四次提言」に従い、2014年12月22日、「新しい時代にふさわしい高大接続の実現に向けた高等学校教育、大学教育、大学入学者選抜の一体的改革について(答申)」を公表。文科相は下村博文。第2次安倍改造内閣。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/1354191.htm …
---------------------------------------------------------------------
〈キーワード Ч眤臉楝害革〉
「高等学校教育、大学教育及びそれらを接続する大学入学者選抜の抜本的な改革」。
「大学入試改革(大学入学者選抜改革)」は、「高大接続改革」の一部です。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/1354191.htm …
---------------------------------------------------------------------
〈キーワード◆С慘呂了依彖如
●知識・技能
●思考力・判断力・表現力
●主体性・多様性・協働性
大学入試改革では、この三要素を多面的・総合的に評価することが求められています。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/1354191.htm …
---------------------------------------------------------------------
「大学入学者選抜においては、現行の大学入試センター試験を廃止し、大学で学ぶための力のうち、特に「思考力・判断力・表現力」を中心に評価する新テスト「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」を導入し、各大学の活用を推進する。」
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/1354191.htm …
---------------------------------------------------------------------
中教審答申に登場する「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」こそが、大学入学共通テストのことです(随分短い名前に…)。以下、この答申の「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」関連部分を引用します。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/1354191.htm …
---------------------------------------------------------------------
(引用始め)
「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」の在り方
◆ 大学入学希望者が、これからの大学教育を受けるために必要な能力について把握することを主たる目的とし、
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/1354191.htm …
---------------------------------------------------------------------
「確かな学力」のうち「知識・技能」を単独で評価するのではなく、「知識・技能を活用して、自ら課題を発見し、その解決に向けて探究し、成果等を表現するために必要な思考力・判断力・表現力等の能力(「思考力・判断力・表現力」)を中心に評価する。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/1354191.htm …
---------------------------------------------------------------------
◆ 「教科型」に加えて、現行の教科・科目の枠を越えた「思考力・判断力・表現力」を評価するため、「合教科・科目型」「総合型」の問題を組み合わせて出題する。具体的な作問に向けた検討の状況を見据えつつ、
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/1354191.htm …
---------------------------------------------------------------------
将来は「合教科・科目型」「総合型」のみとし、教科・科目に必要な「知識・技能」と「思考力・判断力・表現力」を総合的に評価することを目指す。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/1354191.htm …
---------------------------------------------------------------------
◆ 解答方式については、多肢選択方式だけではなく、記述式を導入する。
◆ 大学入学希望者に挑戦の機会を与えるとともに、資格試験的利用を促進する観点から、年複数回実施する。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/1354191.htm …
---------------------------------------------------------------------
実施回数や実施時期については、進路を決めるに当たり、入学希望者が他者からの指導に受動的に従うのではなく、自ら考え自ら挑戦できるようにすることを第一義として、高等学校教育への影響を考慮しつつ、高等学校・大学関係者を含めて協議する。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/1354191.htm …
---------------------------------------------------------------------
◆ 「1点刻み」の客観性にとらわれた評価から脱し、各大学の個別選抜における多様な評価方法の導入を促進する観点から、大学及び大学入学希望者に対して、段階別表示による成績提供を行う。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/1354191.htm …
---------------------------------------------------------------------
◆ CBT方式での実施を前提に、出題・解答方式の開発や、実施回数の検討等を行う。
◆ 特に英語については、四技能を総合的に評価できる問題の出題(例えば記述式問題など)や民間の資格・検定試験の活用により、
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/1354191.htm …
---------------------------------------------------------------------
「読む」「聞く」だけではなく「書く」「話す」も含めた英語の能力をバランスよく評価する。また、他の教科・科目や「合教科・科目型」「総合型」についても、英語についての検討状況も踏まえつつ、民間の資格・検定試験の開発・活用も見据えた検討を行う。
---------------------------------------------------------------------
◆ 選抜性の高低にかかわらず多くの大学で活用できるよう、広範囲の難易度とする。特に、選抜性の高い大学が入学者選抜の評価の一部として十分活用できる水準の、高難度の出題を含むものとする。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/1354191.htm …
---------------------------------------------------------------------
◆ 生涯学習の観点から、大学で学ぶ力を確認したいものは、社会人等を含め誰でも受検可能とする。また、海外からの受検も可能とするよう、実施時期や方法について検討するものとする。
◆ 入学希望者の経済的負担や受検場所、障害者の受検方法を考慮するなど、受検しやすい環境を整備する。
(引用終わり)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/1354191.htm …
---------------------------------------------------------------------
中教審答申を受け、文科省内に専門家会議である「高大接続システム改革会議」が設置され、2015年から2016年にかけて、高大接続改革の実現に向けた具体的方策について検討されました。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/koutou/064/index.htm#pagelink3 …
---------------------------------------------------------------------
2016年3月31日、高大接続システム改革会議は「最終報告」を公表しました。
これ以後、改革の具体化に向けた検討は、文科省に委ねられました。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shougai/033/toushin/1369233.htm …
---------------------------------------------------------------------
「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」については、「最終報告」の51〜60ページに記載されています。中教審答申の「記述式を導入する」から、記述式問題については随分と具体化されました。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shougai/033/toushin/1369233.htm …

以下、「最終報告」での「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」(=大学入学共通テスト)に関する記述を引用します。2016年3月の時点では、「理念的には賛成」という意見をお持ちの方が少なくなかったのではないでしょうか?
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shougai/033/toushin/1369233.htm …
---------------------------------------------------------------------
(引用始め)
○ 記述式問題の導入に当たっては、作問・採点・実施方法等について乗り越えるべき課題も存在していることから、今後、記述式導入の具体化に向けて、以下のような論点ごとに実証的・専門的な検討を丁寧に進める。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shougai/033/toushin/1369233.htm …
---------------------------------------------------------------------
(作問と結果表示)
・ 「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」の記述式問題については、現在、国立大学の二次試験で行われているような解答の自由度の高い記述式ではなく、
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shougai/033/toushin/1369233.htm …
---------------------------------------------------------------------
設問で一定の条件を設定し、それを踏まえて結論や結論に至るプロセス等を解答させる「条件付記述式」を中心に作問を行うことにより、問うべき能力の評価と採点等テスト実施に当たっての課題の解決の両立を目指す。
・ 対象教科については、当面、高等学校で共通必履修科目が設定されている「国語」「数学」とし、特に記述式導入の意義が大きいと考えられる「国語」を優先させる。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shougai/033/toushin/1369233.htm …
---------------------------------------------------------------------
平成32年度から平成35年度までの現行学習指導要領の下では短文記述式の問題を導入、平成36年度以降の次期学習指導要領の下ではより文字数の多い記述式の問題を導入する。(↓)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shougai/033/toushin/1369233.htm …
---------------------------------------------------------------------
・評価すること等を通じて、難易度の設定や採点基準の在り方を含めた作問の考え方を構造化する。
(中略)
・ また、結果の表示については、記述式問題の持つ特性を踏まえ、段階別表示とする。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shougai/033/toushin/1369233.htm …
---------------------------------------------------------------------
(採点方法・体制)
・ 記述式の解答については、例えば、上記の考え方に基づく作問において設定した条件への適合性を中心に評価し採点することが考えられる。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shougai/033/toushin/1369233.htm …
---------------------------------------------------------------------
採点基準に基づく個々の条件への適合性の判定業務については、例えば、民間事業者等を活用して実施することも考えられる。また、個別大学の関与の在り方についても検討する。(↓)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shougai/033/toushin/1369233.htm …
---------------------------------------------------------------------
・ 採点業務を効率的・安定的に実施するための補助として、答案のクラスタリング(類似した解答ごとにグループ化)などの業務にコンピュータを効果的に活用することも含め、新たな技術の開発と活用を積極的に進める。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shougai/033/toushin/1369233.htm …
---------------------------------------------------------------------
・ 採点方法・体制については、今後、共通テストとしての採点の信頼性・妥当性や大学の関与の在り方等に留意しつつ、技術開発の可能性や人的・時間的・財政的コストも勘案しながら、更に実証的・専門的な検討を行う。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shougai/033/toushin/1369233.htm …
---------------------------------------------------------------------
(実施時期)
・ 記述式問題の各年度における実施時期については、上記を踏まえ、高等学校教育への影響、受検者や大学側の負担、大学入学者選抜の合否判定のタイミング等に関する関係者の意見も聞きながら十分に検討する。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shougai/033/toushin/1369233.htm …
---------------------------------------------------------------------
その際、マークシート式問題と同日に実施する案、マークシート式問題とは別の日に実施する案のそれぞれについて検討を行う。
(引用終わり)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shougai/033/toushin/1369233.htm …
---------------------------------------------------------------------
「最終報告」から1年以上の検討期間を経て、2017年7月13日、文科省から「高大接続改革の実施方針等の策定について」の報道発表があり、「大学入学共通テスト実施方針」が公表されました。
ようやく、正式名称が「大学入学共通テスト」に決定。
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/29/07/1388131.htm …
---------------------------------------------------------------------
記述式問題についてのポイントは「センターが作問、出題、採点する。採点には「民間事業者」を活用。」という部分。また、実施時期は、センター試験と同様、1月中旬に。この「実施方針」を受け、計2回(2017年、2018年)のプレテストが実施されました。
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/29/07/1388131.htm …
---------------------------------------------------------------------
2019年6月4日、文科省は「令和3年度大学入学者選抜に係る大学入学共通テスト実施大綱」を公表しました。実施期日は、2021年1月16日(土)・17日(日)。
「1月13日以降の最初の土曜日及び翌日の日曜日」というルールです。
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/koudai/detail/1397731.htm …
---------------------------------------------------------------------
2019年6月7日、大学入試センターは「出題教科・科目の出題方法等」と「問題作成方針」を公表しました。国語は100分、記述式問題の配点は段階表示。数学機⊃学Aは70分、記述式問題含め配点は100点。
https://www.dnc.ac.jp/news/20190607-03.html …
---------------------------------------------------------------------
〈国語の記述式問題の作成方針〉
記述式問題は,⼩問3問で構成される⼤問1問を作成する。実⽤的な⽂章を主たる題材とするもの,論理的な⽂章を主たる題材とするもの⼜は両⽅を組み合わせたものとする。(↓)
https://www.dnc.ac.jp/news/20190607-03.html …
---------------------------------------------------------------------
⽂章等の内容や構造を把握し,解釈して,考えたことを端的に記述することを求める。⼩問3問の解答する字数については、最も⻑い問題で80〜120字程度を上限として設定することとし、他の⼩問はそれよりも短い字数を上限として設定する。
https://www.dnc.ac.jp/news/20190607-03.html …
---------------------------------------------------------------------
〈数学の記述式問題の作成方針〉
記述式問題は,「数学機弋擇咫愎学機数学 A』の数学気瞭睛討亡悗錣詭簑蠅砲いて設定することとし,マーク式問題と混在させた形で数式等を記述する⼩問3問を作成する。
https://www.dnc.ac.jp/news/20190607-03.html …
---------------------------------------------------------------------
ここまで、大学入学共通テストでの記述式問題の導入の経緯を追って来ました。
「記述式を導入」という理念が具体化される中で、内容が次第に形骸化していったことがわかります。ただ、この時点では、まだ「大学生バイトが採点するの⁉️」という件は話題になっていませんでした。
---------------------------------------------------------------------
ここからは、共通テスト記述式問題導入の問題点を挙げていきます。
〔簑蠅亮
∈療席法
B膤悗陵用方法
ぜ己採点
---------------------------------------------------------------------
〔簑蠅亮(1)
「50万人規模で記述式を短期間に公平かつミスなく行うのは無理ゲーです。かといってミスを減らすために採点しやすくすれば記述式の意味がなくなります。」
---------------------------------------------------------------------
〔簑蠅亮(2)
プレテストの記述式問題について、福井県立大学の木村教授。
「問われているのは複数の資料から情報を『つまみ食いする力』と、条件などから答えるべき内容を慌ただしく『忖度(そんたく)する力』。」
https://dot.asahi.com/amp/aera/2019082600068.html?__twitter_impression=true …
---------------------------------------------------------------------
〔簑蠅亮(3)
プレテストの記述式問題を解いた高校2年生の感想。
「国語は答えの記述にさまざまな制約がつけられ、単にマークシートをマス目に置き換えただけ」
問題の質については、他にも様々な批判があります。
---------------------------------------------------------------------
∈療席法(1)
「国語の記述式の採点に至っては、上記の表で、縦に15分類×横に5分類の75の表に当てはめての採点。しかもその採点には大学生も入る可能性・・(もうこの時点で完全に無理)」
見るからに、複雑な採点基準です。
---------------------------------------------------------------------
∈療席法(2)
「▼採点は、約50万人の2科目分を約1万人が十数日間で完了しなければならない。約61億6000万円で落札したベネッセグループ会社の学力評価研究機構が、24年3月末まで契約し担当。採点者はアルバイトが予定される。
---------------------------------------------------------------------
∈療席法(3)
作業はまず一部を抽出して採点基準を決め、全体を採点。その後一部を点検する。全答案の点検は難しい。基準の徹底や質の担保が困難とみられる。」
採点だけでも、問題山積です。
---------------------------------------------------------------------
B膤悗陵用方法(1)
国立大学協会は、2018年3月30日、「大学入学共通テストの枠組みにおける英語認定試験及び記述式問題の活用に関するガイドライン」を公表しました。
以下、国語の記述式問題に関する部分を引用します。
https://www.janu.jp/news/teigen/20180330-wnew-guideline.html …
---------------------------------------------------------------------
B膤悗陵用方法(2)
(引用始め)
(基本方針)
国立大学としては、新テストの5教科7科目を課す原則の下、記述式問題を含む国語及び数学を、「一般選抜」の全受験生に課すこととする。(↓)
---------------------------------------------------------------------
B膤悗陵用方法(3)
(国語の記述式試験結果の活用)
国語の記述式の段階別成績表示については、その結果を点数化しマークシート式の得点に加点して活用することを基本とする。
https://www.janu.jp/news/teigen/20180330-wnew-guideline.html …
---------------------------------------------------------------------
B膤悗陵用方法(4)
段階別成績表示に基づき加点する点数等の具体的な設定については、各大学・学部等が主体的に定めることとする。各大学・学部等は、以上のような記述式問題の具体的な活用方法等について、予め募集要項等において受験生に対し明示する。
---------------------------------------------------------------------
B膤悗陵用方法(5)
なお、記述式の段階別成績表示に基づき加点等を行う具体的な方法の例については別途示す。
(引用終わり)
https://www.janu.jp/news/teigen/20180330-wnew-guideline.html …
---------------------------------------------------------------------
B膤悗陵用方法(6)
国立大学協会は、2018年6月12日、記述式の段階別成績表示に基づき加点等を行う具体的な方法の例を公表しました。
(引用始め)
加点の具体的な方法については、例えば「総合評価」の段階別表示の段階ごとに加点する点数を定め、
---------------------------------------------------------------------
B膤悗陵用方法(7)
加点する最高点がマークシート式の得点と合わせた国語全体の満点に占める割合を、全体の問題数、構成、試験時間等を勘案した適切な比重(例えば2割程度)とすることが考えられる。
(引用終わり)
---------------------------------------------------------------------
B膤悗陵用方法(8)
国立大学協会のガイドラインを受け、公立・私立大学も含め、多くの大学は「総合評価の「A」〜「E」をAは40点、Bは30点などと段階ごとに得点に換算して加点する」方法を採用する予定です。
しかし、詳細未定の大学もあります。
---------------------------------------------------------------------
ぜ己採点(1)
2回目のプレテストでは、国語の記述式問題の全3題とも、自己採点と実際の採点が一致しない「不一致率」が約3割。数学も約1割。この状況では、国語記述式問題の総合評価A〜Eの「不一致」が相当数に昇ることが予想されます。
---------------------------------------------------------------------
ぜ己採点(2)
「不一致率が高いと受験生は不安になり、実力より水準を下げて出願する傾向が強まりそうだと心配されています。」
受験生にとっての「命綱」である「正確な自己採点」が確保されない。
これこそ、大問題です‼️
---------------------------------------------------------------------
ぜ己採点(3)
都立高校の国語教員の懸念。
「共通テストの翌日は平日で、教員は通常通り授業を持っている。記述の採点の相談に300人近くの生徒が来ても、数人では対応しきれない。」
受験生は自己採点で大混乱…
https://dot.asahi.com/amp/aera/2019082600068.html?__twitter_impression=true …
---------------------------------------------------------------------
教育再生実行会議「第四次提言」では「知識偏重の1点刻みの選抜から脱却できるよう利用の仕方を工夫する」と言っていました。しかし、蓋を開けてみれば、記述式問題も最終的には点数化される見込み。何たる自己矛盾。
---------------------------------------------------------------------
大学入学共通テストの記述式問題導入の最大の問題点は…
「正確な自己採点」ができないことで「自己採点結果集計サービス」を有効活用できず、「レベル下げ」して出願校を決定せざるを得ないこと。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E5%B7%B1%E6%8E%A1%E7%82%B9 …
---------------------------------------------------------------------
そもそも、共通一次試験時代から続く「自己採点」制度自体、民間事業者の「自己採点結果集計サービス」が出願校決定の最重要資料になっている点が問題です。なぜ、二次試験出願の前に、大学入試センターは試験結果を受験生に開示しないの?
---------------------------------------------------------------------
大学入試こそ、公教育が公的に公正公平に実施すべきなのでは?自己採点に頼る限り、入試の公正公平性は保障されません。その上さらに、記述式問題導入で正確な自己採点を不可能にするとは、公正公平性の欠片もありません‼️
---------------------------------------------------------------------
大学入学共通テストへの記述式問題導入は、大学受験生の自己採点を不正確にさせる。これは、日本国憲法第26条第1項の「教育を受ける権利」を侵害する、極めて深刻かつ重大な問題です。大学入学共通テストの記述式問題導入に、反対‼️
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%95%99%E8%82%B2%E3%82%92%E5%8F%97%E3%81%91%E3%82%8B%E6%A8%A9%E5%88%A9 …




  当  ブ  ロ  グ  へ  の
  皆 様 の ご 支 援 に 感 謝 致 し ま す! あ り が と う ご ざ い ま す!




s-20191107英語民間試験と文科相s-20191107下村博文
クリックしてください、大きくなります!











  <元文部事務次官などの天下り>
 
  ●塩川議員:予算委員会集中審議で使ったパネル。
  パネル「ベネッセ(GTEC)関連法人の主な役員」⇒天下り
  GTECにかかわる関連法人の「進学基準研究機構」の理事長に元文部事務次官。
  理事には元内閣官房参与・元財務事務次官がいることも明らかになった。
  「官業癒着が問われる問題だ」と指摘しました。
  ---------------------------------------------------------------------
  ●ベネッセと文科省の癒着は2007年の時点で問題視されていた
  ---------------------------------------------------------------------
  ●衆院予算員会集中審議。驚くべき事実を文科官僚が答弁。
  英語民間試験導入を検討する委員会に、始めは一人も英語専門家がいなかったと。
  (質疑)川内博史
  「文科省の中の検討準備グループのメンバーに英語の専門家は居たか否か…」
  文科省「その時点では英語の専門家は含まれてなかった」
  (議場内驚き)えー❗️
  ---------------------------------------------------------------------
  ●センター試験への筆記試験導入いろいろあら〜な。
  ・教育再生実行会議が民間活用・筆記試験導入を提言
  ・教育再生実行会議メンバーでもある鈴木英敬三重県知事の
   妻・武田美保が理事を務める
  ・ベネッセ子会社の進学基準研究機構(CEES)が記述試験の採点を61.7億円で落札
   (4年契約)
  ★進学基準研究機構(CEES)
  ・理事長は元文部事務次官
  ・理事に元財務事務次官
  ★「新テスト」記述式問題採点をベネッセグループが落札。
  1民間企業に頼り切りの大学入試改革でいいのか?
  https://news.yahoo.co.jp/byline/otatoshimasa/20190901-00140773/
  2016年2月29日には、文部科学大臣補佐官(当時)の鈴木寛氏が
  ダイヤモンド・オンラインに「大学入試の『記述式導入』批判にモノ申す」
  という記事を掲載している。
    ▼
  公益財団法人 福武財団(ベネッセの創業家一族である福武の財団)
  https://fukutake-foundation.jp/about/overview#yakuin
  理事 鈴木寛(東京大学公共政策大学院 教授)
  ---------------------------------------------------------------------
  ●大学入試改革の旗振り役 慶應義塾大学元塾長安西祐一郎に利益相反疑惑。
  150億円超の市場に群がる亡者たち
  (受験産業、文教族政治家、文科省官僚、大学関係者)
  NEWSポストセブン <2019.01.22>
  =以上=






第1回 英語民間試験導入問題 野党合同ヒアリング



●2019年9月27日 英語民間試験導入問題 野党合同ヒアリング 資料
https://www.dropbox.com/s/e9oxqo56kyo...
https://www.dropbox.com/s/dqemdmrp9dj...
https://www.dropbox.com/s/zch98omfkju...
https://www.dropbox.com/s/o9zw448cb0s...
https://www.dropbox.com/s/4v4cvujax20...
https://www.dropbox.com/s/i5ggq7k8aiq...

---------------------------------------------------------------------
【英語民間試験導入問題】セファールの作業部会は利益相反だった
出席議員(確認できる人のみ)
川内博史 山井和則 初鹿明博 山添拓 日吉雄太 吉良よし子 畑野君枝






第2回 英語民間試験導入問題 野党合同ヒアリング



●2019年10月1日 第2回 英語民間試験導入問題 野党合同ヒアリング 資料
https://www.dropbox.com/s/mst7lknvr3i...
https://www.dropbox.com/s/4eaxro3erhj...

---------------------------------------------------------------------
【英語民間試験問題#2】2019年09月27日
高校生「私たちをモルモットにしないで下さい」
出席議員(確認できる人のみ)
川内博史 原口一博 山井和則 吉良よし子 畑野君枝






第3回 英語民間試験導入問題 野党合同ヒアリング



【英語民間試験問題#3】2019年10月07日
文科省はベネッセの営業部のようだ!!野党は英語民間試験の導入延期法案提出に。
出席議員(確認できる人のみ)
川内博史 山井和則 初鹿明博 福島瑞穂 吉良よし子 畑野君枝 吉川元 城井崇






2019年11月5日 文部科学部会



●2019年11月5日 文部科学部会
次第
事前質問
新共通テストの2020年からの実施延期を求める緊急声明
令和元年11月1日(金)9:35文部科学大臣記者会見(冒頭発言部分)
受験生をはじめとした高校生、保護者の皆様へ(文部科学大臣萩生田光一)
資料(1/2)


2019年11月5日 文部科学部会:英語民間試験導入問題
【番外編】大学入試の記述式(国語・数学)の問題点は?


 ●「民間試験を活用する大学への財政的な支援を検討するよう要請」する決議
 を萩生田氏に提出した自民党文部科学部会メンバーのご紹介です。
  高階 恵美子
  白須賀 貴樹
  武井 俊輔
  堂故 茂
  小林 茂樹
  古田 圭一
  高木 啓
  赤池 誠章
  石井 浩郎




 最後まで読んでいただきありがとうございました!
 2つのblogランキングに参加中! ポチッ! ヨロシク~♪
  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ニュースブログへ