s-20180819アベ政治を許さにゃぃ 猫



















【子ども国会】またアベが国会で子どものようなヤジ ⇒ 審議中断2019/11/08



●TBS 2019年11月8日 23時39分 動画あり(資料)
問題続出の国会、“首相のヤジ”でまた紛糾
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3825427.html


 安倍総理のヤジで紛糾した集中審議。総理が主催する桜を見る会の予算をめぐっても、厳しい追及の声が上がりました。


 もう、こいつはあれだね、
 国会が始まると正体がバレルから、
 公共アベチャンネルなんぞ編集するのが大変だろうなって、
 逆に気の毒に思ってやるわ、ははは)))
 こんな局のニュース番組を見てると馬鹿が尚更の馬鹿になるような気がして、
 見ないのが一番いいって思うようになったらからね、。。。

 田村智子さんの「桜を見る会」の追及は圧巻だと思いました。
 生中継で見ていて、流石に共産党だなって思いましたもん。
 最後の方の追及は、泣いたもんな、凄いわって、。。。
 書き起こしがあればと探したのですが未だなので、
 明日にでも書ければイイナって思います。
 ホントに、凄かった!


 んで、
 アベが、あろうことか立憲議員の質疑を受けている時に、
 「共産党!」と言うヤジを飛ばしたわけですが、…。
 なんなん、
 これで一国の総理っていうのが情けなくって涙がチョチョ切れるわけですが、
 自民党の議員さんは恥ずかしくないのかって思っちゃいましたね。
 それとも同類か!
 ナサケナイ、。。。




●東京新聞 2019年11月8日 19時10分【政治】(資料)
安倍首相、再びやじ飛ばす 野党議員に指さして
https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019110801001894.html

 安倍晋三首相が8日の参院予算委員会で、質問する立憲民主党の杉尾秀哉氏を指さしながらやじを飛ばしたとして、杉尾氏が抗議する一幕があった。首相は6日の衆院予算委でも野党議員にやじを飛ばし、棚橋泰文衆院予算委員長が不規則発言を慎むよう要請した。短期間で同じ行動を繰り返しており、批判を招きそうだ。
 杉尾氏によると、放送局に電波停止を命じる可能性に言及した2016年の高市早苗総務相発言について質問した際、首相が自席から杉尾氏を指さして「共産党」とやじ。金子原二郎参院予算委員長が「不規則発言は厳に慎んでほしい」と注意した。
(共同)



  当  ブ  ロ  グ  へ  の
  皆 様 の ご 支 援 に 感 謝 致 し ま す! あ り が と う ご ざ い ま す!








●11/8(金) 7:00配信中国新聞デジタル
河井案里氏、広島県議に現金か 春の選挙中、公選法違反指摘も
https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=586346&comment_sub_id=0&category_id=256


河井案里氏

 自民党の河井案里氏(46)=参院広島=が春の広島県議選(3月29日告示、4月7日投開票)の期間中に現金を持ってきたと、複数の自民党県議が証言した。7日までの中国新聞の取材に答えた。いずれも「当選祝い」「激励」などの名目で、その後に返したとしている。河井氏のこの行為は、公選法が禁じる買収の申し込みや寄付行為に当たるとの指摘がある。河井氏の事務所は「公選法に抵触することは一切していない」とコメントしている。

公選法が禁じる買収と寄付のイメージ

 河井氏は自民党県議だった3月中旬、7月の参院選広島選挙区で改選2議席の独占を目指す党本部の主導で、党で2人目の公認を得た。県議選の期間中は党県議の事務所を回るなどしており、この過程で一部に金を持参したことになる。今回の行為について、河井氏の説明責任が問われる。

 県議の1人は選挙期間中、事務所を訪ねてきた河井氏から「当選祝い」として白い封筒を受け取ったという。現金が入っており、金額は「数えてはいないが、50万円くらいだったと思う」と振り返る。参院選の話は出ず、その場で返したと説明する。金の目的については「領収書は示されず、政治資金として適法に処理する雰囲気ではなかった」と明言した。

 別の県議も選挙期間中、事務所で河井氏から封筒を示されたという。「激励ということだったが、現金だと思った。チラシなどとの違いは分かる」と、中身を見ずに返した。「『参院選ではよろしく』などの言葉はなかったが、そういう意図は感じた」とし、参院選での支援に期待した行為だったと見立てる。

 さらに別の県議2人の元にはいったん河井氏側が金を持参した。2人は後日、広島市内の河井氏の事務所を訪れて返した。当事者や、当事者から直接話を聞いた県議が証言した。事務所で対応したのは河井氏ではなかったという。

 専門家や県選管によると、選挙の立候補予定者や現職の政治家が個人として有権者に金を渡した場合、公選法が禁じる買収の申し込みや寄付行為に当たる可能性がある。政党支部や後援会などの政治団体を通じて候補者に贈る場合、政治資金規正法に基づき、領収書を得て収支報告書に記載する必要がある。

 河井氏には参院選で、選挙事務所が車上運動員13人に公選法の上限を上回る日当3万円を払ったとする疑惑が浮上。河井氏は選挙事務所の運営や事務について「法令順守の方針の下、信頼できるスタッフにお願いしていた」とした上で「事実関係の把握に努め、説明責任を果たしたい」とコメントした。この疑惑が報じられたのを受けて、夫の克行氏(広島3区)は10月31日に法相を辞任した。(樋口浩二、久保友美恵)

 <クリック>公選法が禁じる買収と寄付 公選法は、候補者を当選させる目的で有権者や運動者に金銭や物品を渡すことを「買収」として禁じている。候補者本人が違反した場合、4年以下の懲役もしくは禁錮または100万円以下の罰金と定める。選挙の候補者または立候補予定者が、選挙区の人や団体に寄付することも禁じている。

 ■渡す時の発言、解明必要 日本大の岩井奉信教授(政治学)の話 河井氏が現金を渡したのであれば、公選法違反(買収申し込み)の可能性がある。金を渡したのが選挙が始まる前であっても、買収とされた判例はある。買収の申し込みに当たるかどうかの判断は、河井氏が渡した金に「参院選での応援をよろしく」という意味があるかどうかが大きな争点となる。本人が渡す時にどんな発言をしたのかなどを解明する必要がある。

 ■寄付が禁じられる立場 広島大大学院の茂木康俊准教授(行政学・政治学)の話 公選法は、立候補予定者が選挙区内の人に寄付することを禁じている。河井氏が金を渡したとされる時期は参院選への立候補を表明した後のため、県全体で寄付行為が禁じられる立場にあったと思われる。河井氏は車上等運動員の買収疑惑も指摘されているが、いまだに記者会見も開いていない。国会議員として説明責任を果たす義務がある。


 立憲民主党の杉尾議員は、
 河井案里参議院議員が自らの選挙に先立って地元の広島県議に
 現金を渡していたのではないかとの新たな疑惑について、
 アベに事実関係を調査するよう迫った。
 =以上=
 
 都内の男性が6日までに「公職選挙法違反」の買収の疑いで
 案里氏の告発状を広島地方検察庁に送りました。
 告発状では「夫の河井前大臣の関与や共謀の有無などについても捜査を
 尽くすよう強く要望する」などと主張していて、
 検察は今後、告発状を受理するかどうか検討するものとみられます。
 ※受理するしかないでしょうが、受理する日がどうなるかでしょうね。
 =以上=


 河井氏は自民党県議だった三月中旬、
 七月の参院選広島選挙区で改選二議席の独占を目指す党本部の主導で、
 党で二人目の公認を得た。

 広島は溝手氏を含め岸田文雄政調会長率いる岸田派(宏池会)、
 国会議員6人を抱える「宏池会王国」
 溝手顕正を推したのは派閥の領袖である岸田文雄。
 河井案里を推したのはガース。
 岸田、ガースの代理戦争の様相も呈している。

 当選 河井案里 45 自由民主党 新 295,871票 公明党推薦(新人)
 落選 溝手顕正 76 自由民主党 現 270,183票 公明党推薦(現職)

 で、。。。
 河井が勝ったわけです。
 なんかややこしい候補選びだったようですが、
 万事休すだわな、この夫婦は! 

 予算委員会で杉尾議員が追及。
 参議候補がなぜ危ない事をしたのか。
 広島の背景を知っていると分かりやすい。
 河井両氏を支える地方議員が殆どいない事が根底では。
 選挙前に基盤を広げたかったのか。
 いずれにしても、物証や多数証言がある。
 河井両氏が皆さんの前で説明すべき。
 ※なんてことを現職議員に言われているからねw

 というか、
 ガースは党内で相当恨まれているのかもしれませんよね。
 菅原一秀経産相がガース側近だったしね。
 案外、ガース嫌いの政治関係者が文春や新潮にタレコミしてたとかさぁw
 そんな感じがするw

 ま、
 河井案里、潔く辞職するかどうかミモノちゃミモノだわなwww








●11/8(金) 15:46配信日テレNEWS24 (資料)
河井前法相夫妻に新疑惑 安倍首相を追及
http://www.news24.jp/articles/2019/11/08/04541006.html

参議院予算委員会で野党側は、辞任した河井前法相とその妻をめぐる新たな疑惑を取り上げ、安倍首相を追及した。

立憲民主党の杉尾議員は、河井案里参議院議員が自らの選挙に先立って地元の広島県議に現金を渡していたのではないかとの新たな疑惑について、事実関係を調査するよう迫った。

立憲民主党・杉尾議員「河井元法務大臣、並びに、案里氏に事実関係を確認してもらえないでしょうか。これは極めて重大な問題だと思いますが、いかがでしょう」

安倍首相「河井議員については、法務大臣を辞任する際に、記者に対して説明責任を果たしていく旨、述べておられると承知をしております」

立憲民主党・杉尾議員「本当の辞任の理由はこれじゃないですか」

安倍首相「法務行政自体の公正性が疑われることがあってはならない、また行政に遅滞をもたらすことがあってはならないという観点から、辞意を表明されまして、私は、それを受け入れたということでございます」

一方、立憲民主党の福山幹事長は在任中の河井前法相が乗った車が時速140キロで走行し、これを広島県警が見逃していたとする新たな疑惑を取り上げ、首相の見解をただした。

安倍首相は、事案については「承知していない」とした上で改めて「任命責任を痛感している」と述べた。



 最後まで読んでいただきありがとうございました!
 2つのblogランキングに参加中! ポチッ! ヨロシク~♪
  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ニュースブログへ