ごめんなさい









 恥を知れアベ嫁のクソがー!! に、
 公邸つかって宣伝してもらった方の、
 このブログが、その人ですよね、ね!!!
 『チクっと!』ってのがー。






 ガース、
 皆さんによく言われてましたが、
 スダレ●●に、
 いよいよ、スダレ状態の髪の毛もなくなったのか???

 カツラつけてるのでしょうが、
 金持ちなんだから、
 カツラをつけるなら自分にあったカツラにされた方がイイと思うわ。
 今のだったら、マンマ、カツラってばれてしまうし、
 似合ってませんよ。
 ご自分に似合ったカツラをつけましょよ、。。。

 ってか、
 ●●でイイじゃないですか。
 隠す必要なんか無いと思うんですよ。
 スキンヘッドで魅力的な男性は世の中にごまんといらっしゃるわけだもん。

 ま、。。。
 こんなことより、
 サッサと辞職してくれってハナシなんだけどねwww









 仕事をする上で、
 アベのような言葉を使ってイイワケがないと思ってる。

 障がい者だから遅い。
 健常者だから早いを強調しているようで、
 悪意以外考えられないよね。

 コイツの人権意識が透けて見えるようで、  
 ホントにね、もういい加減で議員をヤメレ!って思う。






 11月29日
 今井議員「担当者に60から63の違いを確認してもらえませんか?」
 内閣府酒井総務課長「承知しました」

 12月3日
 内閣府「内閣府においてこの情報は保有していない」
 議員「その時の担当者に確認してきて下さいっていいましたよね?」
 内閣府「当時の担当者が特定できるということは申し上げたが、
 確認をするというところまで確約したかというと記憶にございません」

 酒井「”わかりました”というのはそういう趣旨は理解しましたが、
 ”必ず確認してきます”と承諾したと承諾したということではありません」

 誤)酒井
 正)酒田

 公務員は、安倍氏に仕える家臣ではなく、国民に仕える公僕のはず。
 国民の代表たる国会議員に対して薄ら笑いを浮かべてこの返答とは。
 舐めすぎじゃないか。

 つーか、
 これでも官僚が可哀想だって思えるのかな?
 ざけんなよー、ってことでしょうに!!!


 んで、。。。

 「桜を見る会」追及本部。 
 黒岩排除ではないのです。
 その任にある人に当たって欲しいということです。
 
 その任に相応しいのは、
 司会進行は、タムトモさんで、
 追及責任者は石垣のりこさんですよね。
 誰が見たってそう思われますよね!

 みやもさん、田村さん、清水さん、大門さん、石垣さん、
 皆さん、そら、凄い!

 今後、
 まだ続けるなら、
 タムトモさんと、石垣さんでやっていただきたい!
 このことはツイッターでバンバン発信して行かないとって思う。




  当  ブ  ロ  グ  へ  の
  皆 様 の ご 支 援 に 感 謝 致 し ま す! あ り が と う ご ざ い ま す!












第11回総理主催「桜を見る会」追及本部ヒアリング






「桜を見る会」野党追及本部が11回目の会合 午後3時から(2019年12月4日)



●第11回 総理主催「桜を見る会」追及本部
[日時] 2019年12月4日(水)15:00〜
[場所] 衆議院本館(2F)第16控室
[出席省庁] 内閣府、内閣官房、財務省、消費者庁

ジャパンライフ問題や、電子媒体名簿の復元などについて、
動画:原口一博事務所 第十一回追及チームヒアリング
【動画 You Tube:原口一博事務所 第十一回追及チームヒアリング】
【動画 You Tube:石垣のりこ事務所 第十一回追及チームヒアリング】
【NORIKOROCK石垣のりこ後援会 第十一回追及チームヒアリング】
動画 You Tube:THE PAGE撮影 第 回追及チームヒアリング
【動画 You Tube:IWJ Webサイト 第 回追及チームヒアリング】
【山岸一生さんのツイート】
【出席議員(確認できる人のみ)】

<配布資料> 
https://00m.in/hMMah

野党合同ヒアリング図書館


  「証拠書類をシュレッダーにかけて証拠隠滅」
  懲役1年6ヶ月の求刑
  公文書毀棄の元警察官 初公判
  
  本当は、こうなって当たり前なのでしょうが、…。
  アベの場合は違うんだ。
  すごいダブスタ!!!




  やっぱ、このヒアリング、共産党主導でやってほしいな。
  タムトモさんが司会すればいいのに

  アベと昭恵枠の60番台6000人以上いるっぽいし

  昭恵主催のスキーイベントから20名が毎年、桜を見る会に参加w

  原口 大臣に説明せよ。
  石垣 出さないと証明できないんですと

  安倍のシンクライアント発言当日の石垣発言ショートカットを思い出して、
  また自分の中で怒りが再炎上している>黒岩「石垣黙ってて」発言。

  石垣「仕様書は膨大だと言うから、提案依頼書を出すように言っている。
  提案依頼書は企業に出しているものだから出せないはずがない。
  民間に出しているものが何故国会に出せない?RFP出してください。」

  #シンクライアント #桜を見る会

  福島みずほさんの質問に対し、内閣府は、
  招待者名簿の廃棄のログについて調査をおこなう必要はないと答弁。
  さらに、バックアップデータがあるのだから、
  5月21日の「破棄した」という答弁は、虚偽答弁ではないかとの質問に、
  「バックアップは行政文書でない」と。うひゃー。

  山井さん、「ブログに前夜祭での安倍総理と夫人と写真。
  マルチ商法の会長。
  元ジャパンライフの取り締まり役だという情報」。

  48ホールディングス

  昭恵枠、UZU9人中4人参加ブログにいまでも上がってる
  前夜祭、アベと昭恵と一緒に記念撮影、マルチの会長で、元ジャパンライフ


  少なくとも共産党の資料要求(=文書廃棄)から8週間はサーバーに記録は
  あったということだから、それに対応していない事は事実として確定。

  その保存期限が8週間というてるんだが、8週間なわけないのよ。
  通常国会って、3ヶ月=12週間ぐらい、ミニマムでもあるんだからw
  中央省庁のファイルが、
  通常国会の最中に完全に消えてしまうなんてことあるはずないでしょw

  そう。そういうこと。
  共産党の資料請求は、5月9日だった。
  そこから8週間のこってたのなら、7月4日ごろまではあったことになるw
  これまでの政府答弁が嘘だったことになるわなぁ。

  “鉄壁官房長官”に動揺?
  https://www.tv-tokyo.co.jp/mv/you/news/post_191655




●2019.12.03 横田一 ハーバー・ビジネス・オンライン (資料)
「桜を見る会」の招待状は安倍首相の「選挙協力へのお礼」に使われていた!?
https://hbol.jp/207904


「桜を見る会」招待枠における、首相の地元・下関での差別的対応

田辺よし子・下関市議

「桜を見る会問題」を野党が連日追及する中、安倍政権の支持率が5〜7%下落した。公金投入のイベントに安倍後援会関係者が850人も参加、「お友達優遇」「税金私物化」などと批判されているのだ。

 安倍首相の地元下関からも批判の声が出ている。首相関連企業の談合疑惑など地元の優遇政治を追及してきた田辺よし子市議(無所属)は、「桜を見る会」における“差別的対応”について怒りを露にしていた。

「税金を使った『桜を見る会』への招待で、自民系下関市議に声をかけ、私を含めた非自民系市議は排除した。国政選挙や地方選挙で実働部隊となる系列市議への明らかな利益供与に当たり、選挙民への寄付(買収)を禁じた公職選挙法違反の疑いが濃厚です。下関市民を差別したことにもなります。選挙で市民の代表として選ばれたのが市議会議員なのですから」

 2017年3月の下関市長選では、安倍首相の秘書を7年半務めた元下関市議の前田晋太郎候補(市長)と、林(芳正・元農水大臣)派で3選を目指した中尾友昭候補(前市長)が激突。安倍首相が全面支援をした前田氏が初当選したが、下関市議も安倍派と林派に分かれて田辺氏は中尾氏支援に回った。

「地元下関では安倍首相と林元大臣がライバル関係にありますが、両者の代理戦争のような下関市長選で汗をかき、首相直系(元秘書の)前田市長誕生に貢献した安倍派市議へのご褒美、論考褒章のように見えます。林派の中尾氏を応援した私には、『桜を見る会』の案内は来なかったのです」(田辺氏)

各種選挙で首相に協力した地方議員への“お礼”!?

安倍首相と林元大臣


地元下関で安倍首相(左から2人目)と林芳正・元農水大臣(右から2人目)はライバル関係にあり、下関市議会は安倍派と林派に分かれている。写真は2012年の山口県知事選

 地元・下関での差別的対応については『毎日新聞』も11月19日に、「桜を見る会 下関市議枠 安倍事務所から申込書」と銘打った記事を一面トップで出した。

「首相の地元・山口県下関市の複数の自民系市議が、安倍事務所名の参加申込書で自身の支援者を招待していたことが18日に判明(中略)。一方、共産や公明など非自民の複数の市議は『用紙をもらったことがない』と話す。野党の市議は『自民が公的行事を支持固めに使っている』と批判した」

「桜を見る会」には下関市議だけでなく、下関を選挙区とする友田保・山口県議ら安倍派県議も参加していた。彼ら安倍派地方議員が動くのは下関市長選だけではない。国政選挙や、山口県知事選・山口県議選などの選挙でも実働部隊になる。「桜を見る会」への招待は、選挙でお世話になった地方議員への首相からの“お礼”のように使われているのだ。

内閣総辞職につながる公選法違反、政治資金規正法違反!?

「桜を見る会」追及チーム(座長・黒岩宇洋衆院議員)は11月15日、安倍事務所への公開質問状提出について記者会見した

 この問題に関する野党追及チームの黒岩宇洋衆院議員(座長、立憲民主党)らは11月15日、安倍事務所への公開質問状提出について記者会見。質疑応答で筆者は黒岩議員にこう質問した。

――内閣総辞職、あるいは議員辞職につながるような案件だと認識しているのでしょうか。

黒岩議員:少なくとも、公選法違反や政治資金収支報告書不記載の疑いがかけられた。事務所の人間が法に触れた場合でも大臣が辞任しています。これは総理自身、内閣総辞職に当然つながることだと思っています。

杉尾秀哉参院議員:まずはあれだけ説明責任を繰り返しているわけですから、説明責任をまず果たしてほしい。それができないのであったら辞職していただくしかない。

――下関市議会議員の約半数が「桜を見る会」に参加していたという情報を地元から聞きました。呼ばれたのは安倍派の人が中心で、敵対する林(芳正・元農水大臣)派の人は呼ばれなかった。こんな差別的対応をするというのは、「選挙で応援してくれそうな人を呼ぶ」という意味合いが強いように思いますが。

黒岩議員:下関市議選は「桜を見る会」の後ではなかったのですか。(統一地方選前半戦の山口)県議選が終わった後ですから。そうなると、山口の県議のツイッターに「前夜祭の場で安倍総理が統一地方選挙について触れた」とありますので、これは「市議選でよろしくお願いします」と言ったら典型的な選挙買収ですね。自分の陣営に有利不利というのも著しく不公平な話だと思いますが、あからさまな選挙違反だと思います。

選挙の前の利益供与、選挙の後のご褒美

下関市内の安倍首相の事務所


 実際、島田教明・山口県議会議員は4月12日のブログで「桜を見る会」についてこう明記していた。

「朝イチ、島田のりあき事務所で所用を済ませて、東京へ。夕刻からは安倍晋三総理後援会のパーティに。統一地方選と参議院議員選挙のこと。そして秋からの幼児教育無初夏にも言及される。幼児教育無償化は関係者はもとより保護者にとっても悲願のこと。幼稚園保育園の理事長として、どの政権も幼児教育無償化には踏み込んでくれなかったことを思い浮かべながら、感慨深く総理のスピーチを拝聴」

 なお下関市議選(2019年2月3日投開票)は統一地方選後半戦(4月21日投開票)の2か月前であったが、選挙の前でも後とでも、選挙民に対する買収(利益供与)を禁じた公選法違反濃厚ということでは同じだ。

 投票前に利益供与をして支援要請をしても(事前買収)、投票後に選挙でお世話になったことでご褒美をプレゼントしても(事後買収)、どちらも法律違反でアウトということだ。

公的行事を私物化、税金を使った「選挙対策」!?

 黒岩氏が「買収疑惑」に関する動かぬ証拠を示したので、筆者は別の「買収疑惑」に該当するように見える下関市長選について質問を続けた。

――その前にも『下関市長選(2017年3月)があって、林派と安倍派がバトルをして安倍派の人(安倍首相の元秘書の前田晋太郎・現下関市長)が勝ったのですが、安倍派(市議や県議)への恩返しのようにも見えます。要は、(下関)市長選で汗をかいた(安倍派)市議会議員に対するご褒美なのではないでしょうか。

黒岩議員:地元で長年続く政治抗争に勝利したことへの恩返しだと。「桜を見る会」が恩返し、プレゼントだとすると、はなはだ私物化だと思います。

 これは「公的行事の私物化」「公金流用による選挙対策」ではないのか。安倍首相は公金(税金)投入をした「桜を見る会」を利用して、地元の各種選挙で実働部隊となる地方議員に対してご褒美を与えたことになる。

 下関市議枠の発覚で公選法違反の可能性がさらに高まった安倍首相は、次第に危機的状況に陥りつつある。野党が追及チームを70人体制へと陣営強化、山口県現地調査を12月1〜2日に実施するなど徹底追及の姿勢を強める中、安倍政権は内閣総辞職に追い込まれていくのか、それとも疑惑一掃を狙った禊解散に打って出るのか、あるいはズルズルと死に体状態になるのか。緊迫度を増す永田町から目が離せない。

<文・写真/横田一>
横田一

ジャーナリスト。小泉純一郎元首相の「原発ゼロ」に関する発言をまとめた『黙って寝てはいられない』(小泉純一郎/談、吉原毅/編)に編集協力。その他『検証・小池都政』(緑風出版)など著書多数



 最後まで読んでいただきありがとうございました!
 2つのblogランキングに参加中! ポチッ! ヨロシク~♪
   にほんブログ村 ニュースブログへ