2018年07月20日

宮川政夫県議報告 鮫川村の要望箇所

国・県道改良整備18箇所調査

 鮫川村から県や自民党県連に整備要望のあった村内の国県道の進捗状況について12日、午後1時30分から国道289、国道349、県道勿来浅川線、県道鮫川棚倉線、県道道明内田中線における道路改良拡幅、側溝整備、勾配改良、日影林対策、災害復旧など18箇所を調査した。それぞれの箇所で県より現況説明があり、緊急を要する箇所については早急に整備を実施するなどの回答があった。また、長期間かかる工事等では、今年度から来年度の実施予定であるなどの説明が行われた。具体的な回答は後日、鮫川村、宮川県議事務所に届けられる。同調査には県南建設事務所から玉應隆史事業部長、宗像豪道路課長、棚倉土木事務所・斎藤雅敏所長、増子善一業務課長らが出席。鮫川村地域整備課・鈴木・矢吹両職員が現地案内、現地説明が行われた。
【広報委員会】
 広報番組「福島の未来を切り拓く“県議会リポート”」は7月21日(土曜日)、午後4時30分からテレビユー福島(TUF)で放送予定。広報委員会では、議会広報の充実を図るため、県議会インターネット中継について、従来のパソコンに加え、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末向けの配信を開始した。
【旧棚倉高校校舎について】
・旧棚倉高校跡地の利用促進のため解体を要望していたが、県は、平成31年度に解体を進める計画であることを明らかにした。


No17 県道棚倉鮫川線 鮫川村火打石



hanawatimes at 14:30|Permalinkclip!

あぶくま高原美術館

運営協議会で30年度事業など決める

 平成30年度第1回塙町あぶくま高原美術館運営協議会が17日、午前10時から同美術館で運営協議会員・本多森雄氏、小峰宗次氏、芳賀とし子氏、教育委員会・秦公男教育長、金澤祐介館長、八幡祐圭係長、中畑哲主査らが出席して開催された。開会に続き、那倉区・小峰宗次区長に秦教育長から委嘱状の交付が行われた。秦教育長、小峰宗次氏がそれぞれにあいさつした。小峰氏を議長に協議に入り、29年度事業及び同美術館概要について、30年度入館者976名、各事業・各作品展、全3回の運営協議会、那倉区民説明会の内容について、30年度事業計画(案)、30年度(4月1日〜7月15日の入館者数1,306名)、各作品展、県民の日について、オープンセレモニー、運営協議会の検討内容、天体観測会等について協議が行われた。閉会後、館内視察が行われた。



1531891304297




hanawatimes at 14:20|Permalinkclip!

塙L・C第544回例会

L.菊池啓之会長新体制で望む

 塙ライオンズクラブ第544回例会が18日、午後7時30分から大町「富久食堂」例会場で会員14名が出席して開催された。L.斎藤修一氏の司会進行で開会。開会ゴング、国旗に敬礼、国歌・ライオンズの歌を斉唱した。L.菊池啓之新会長が「会長テーマ『次世代まで引き継ごう奉仕の心』、。会員増強を考え活動していきたい。25周年事業に向け、皆様と共に協力して進めていきたい」などとあいさつした。L.鈴木政夫前会長から菊池新会長に会長バッチが引き継がれた。この後、L.松本光春幹事の報告、会計及び監査報告。各委員会からの報告が行われた。


DSCF4554




hanawatimes at 14:00|Permalinkclip!

2018年07月19日

塙小で「田んぼの学校」開催

学校田周辺の生きもの調査

 塙小学校5年生が田植えを行った学校田周辺の水路などの生きもの調査が18日、午前9時から行われた。猛暑が続いていることから開会式は室内で行われた。県南農林事務所が実施している「田んぼの学校」は、未来を担う子ども達の学びの場として、農業、農村地域の大切さや食・命の大切さを学ぶ「ふくしまの農育」事業を推進している。今年度2回目の授業はアクアマリンふくしま講師・春本さんを招いて、学校田周辺の生きもの調査を行い、児童たちは長靴で用意してくれたアミやバケツを持って班ごとの調査が行われた。昨年は13種類の生きものが見つかっており、田んぼや水路で生きもの探しが行われた。見つかった生きものはアクアマリン・春本さんが解説し、講評も行われた。田んぼの学校は今後、9月=稲刈り、はせかけ、10月=脱穀、12月=収穫祭などが予定されている。


DSCF4548




hanawatimes at 15:07|Permalinkclip!

東白管内防犯指導隊

12地区の分隊長が集い情報交換

 東白川防犯指導隊分隊長会議が17日、午後6時から棚倉町「新富家」で4町村の分隊長、棚倉警察署などから約20名が出席して開催された。防犯指導隊・佐川泉副隊長(矢祭石井)が開会。藤田恵二指導隊長が「各分隊長さんと情報交換し、これからの活動に役立てていきたい」とあいさつした。棚倉警察署・根本雅彦署長が「防犯指導隊の皆様の協力を得て、犯罪の撲滅を目指したい」とあいさつ。棚倉警察署刑事生活安全課・佐藤亮子課長が管内の犯罪情勢について講話した。協議では各分隊長の自己紹介、各隊の活動状況報告、意見交換会が開かれた。


DSCF4546



hanawatimes at 15:06|Permalinkclip!

塙町通学路の安全を

推進会議開き対策進捗状況を聞く

 30年度第1回塙町通学路安全推進会議が17日、午後3時から塙町公民館会議室で開催された。町内各小・中学校代表、教育委員、まち担当課職員、棚倉土木事務所、棚倉警察署などから約25名が出席した。開会に続き、秦公男教育長が「大きな事故も無く、子どもたちが通学できていることは皆様方のおかげと感謝致します。更に皆様の忌憚のないご意見をいただき協議したい」とあいさつした。協議では各小・中学校の代表から通学道路の改良等進捗状況、対策について説明が行われた。合同点検の依頼、合同点検箇所及び実施美等について協議が行われた。


DSCF4545



hanawatimes at 15:06|Permalinkclip!

関係機関代表が説明

流灯花火大会出店者説明会

 第89回塙流灯花火大会も間近となり、大会当日の露店出店者への説明会が17日、午後2時から商工会館で開かれ、大会協賛会、関係機関の代表、出展者ら約30名が出席して行われた。開会に続き大会協賛会長があいさつ。説明では道路使用許可、露店出店従事者、運営上の注意点などについて棚倉警察署から。食品衛生の取扱い、運営上の留意点が県南保健福祉事務所から。棚倉消防署塙分署から火気取扱いと緊急車両の通行等について説明が行われた。


DSCF4542



hanawatimes at 15:06|Permalinkclip!

楽しみ花火遊びは中止

塙幼で正しい花火遊び指導

 塙幼稚園(北郷恭子園長)の正しい花火遊び指導が18日、午前9時30分から棚倉消防署塙分署の指導で実施されたが、同園ゆうぎ室での「正しい花火遊び」について、署員のお話を聞いた。この後、園児たちが楽しみにしていた園庭での花火を使っての花火遊びは猛暑のため取り止めとなり、ゆうぎ室の指導だけで終了した。


DSCF4550




hanawatimes at 15:05|Permalinkclip!

8/5 川上渓流釣り大会

ちびっ子は魚のつかみ取り

 塙町青少年育成町民会議笹原地区推進協議会(藤田一男会長)主催、川上地域行事保存会、防犯協会笹原支部共催、久慈川第一漁業協同組合後援の恒例川上渓流釣り大会、ちびっ子の魚つかみ取り大会が8月5日(日)、川上字花園「親水公園」渓流で開催される。ヤマメ、ニジマスなどが放流される。釣り・つかみどりは午前10時〜12時30分、投網午後1時〜。前売券・日釣=2,000円、投網=5,000円。当日券は釣り=2,500円、投網=6,000円。今年から小学生以下は無料で参加できる(天候等により大会が実施不可能の場合は、料金にあった魚をお渡しします)。関係者らは「ご家族で参加してください」と呼びかけている。
◇前売券発売所
 国分屋(森ノ根)、増子商店(堀ノ内)、割貝商店(板庭)、 マスコ時計店(本町)、紺野商店(駅前)


hanawatimes at 15:04|Permalinkclip!

2018年07月18日

笹幼で避難訓練実施

正しい花火の遊び方指導も

 笹原幼稚園(小野一彦園長)で17日、午前9時45分から火災を想定しての避難訓練が棚倉消防署塙分署の協力で実施された。小野園長が講師紹介を兼ねてあいさつした。幼稚園近くの民家から出火、延焼の恐れがあることから園児たちの避難が行われ、先生の言うことを良く聞いて13名の園児らは慌てず園庭への避難が行われた。消防署員からは「避難は大変良くできました」と講評が行われた。このあと花火の正しい遊び方の説明があり、花火遊びをする時は、お父さんやお母さんと一緒に水バケツを用意して遊ぶ。火がつかない花火をのぞかない。人に向けたりしないなど、消防士さんの話を聞いた。消防士さんから花火を配られ、全員で花火遊びを楽しんでいた。


DSCF4537



hanawatimes at 15:00|Permalinkclip!

国際ワークキャンプ

ホストファミリー募集

 「国際ワークキャンプ塙2018」が8月2日〜8月18日の日程で今年も開催される。塙望舎、特定非営利活動法人NICEが主催。塙町、塙町教育委員会、塙町公民館、特定非営利活動法人はなわスポーツクラブ、塙灯篭愛好会、塙祭りばやし保存会、報道各社の後援・協力で実施される。今年度の参加者、日本人8名、外国人10名、塙望舎、地域住民などが参加する。参加者の宿泊場所は町営体育館管理棟。世界の若者が一緒に生活しながら、地域の人たちとボランティア活動する。世界で70年以上の実績がある。今年で23回目の開催となるが、地元青少年との交流、伝統の流灯花火大会に参加するなど、世界中の若者と青少年、地域住民との交流などを目的としている。現在、この期間中の8月11日の午後5時頃から13日朝まで、参加者2名程度を無償で受け入れて下さるホストファミリー9家庭を募集している。これに関する問い合わせ・申し込みは7月23日まで塙望舎(国際ワークキャンプ塙町実行委員会事務局・金澤祐介・電話43-2137まで)


hanawatimes at 14:45|Permalinkclip!

花火を揚げてみませんか

15日の流灯花火大会協賛を

 第89回「塙流灯花火大会」は8月15日に開催されるが、大会の協賛事務局(塙町商工会内)では、イベントの成功を目指して打上げ花火の協賛を募集している。川上川の川面に浮かぶ大小様々な灯籠と競演する花火を赤ちゃん誕生・ご結婚記念・長寿の祝い・新築祝いなどの祝い事や、新盆・年忌供養・先祖の霊供養などで冥福を祈るために「花火を揚げてみませんか」と受付を行っている。申込み・問合せは塙流灯花火大会協賛会事務局(塙町商工会内)筍苅-0371へ。


hanawatimes at 14:30|Permalinkclip!

8/15「踊り流し大会」開催

参加団体募集中です

 人いきいき・街きらきら活性化実行委員会が主催する「踊り流し大会」は8月15日、塙の流灯花火大会当日の午後8時から塙町商店街・本町〜大町通りで開催される。現在、踊り流しのイベントに参加する団体の申し込みを受付けているので、参加される団体は31日までに事務局のまち振興課商工観光係(TEL43-2112・FAX43-2137・IP電話43-7509)に申し込むこと。個人や家族での参加・飛び入り大歓迎となっている。優秀団体賞と仮装大賞には賞金が贈られるほか、各賞も用意されているので「皆さんふるっての参加をお待ちします」と係では話している。





hanawatimes at 14:15|Permalinkclip!

7/20「土用の丑の日」

うなぎを食べて夏バテ防止

 7月20日は『土用丑の日』で、この日に「う」のつくものを食べると夏バテしないと古くから言い伝えられ、町内の食堂やスーパー、魚屋さんなどではその代表格のうなぎを焼く光景や予約のうな重・うな丼を配達・販売する姿が見られるが、栄町のライフショップきたの、川上・さかがみ魚店では、今年も店頭でうなぎを焼きながら販売する。また、本町の白洋旅館でも秘伝のタレを使って味自慢のうな重・かば焼を販売する。
 うなぎのビタミンAで夏バテを防ぎましょう。各店とも「ご注文はお早めに」と話している。


hanawatimes at 14:00|Permalinkclip!

2018年07月17日

奇祭お諏訪様走り抜け

区内130戸の厄を払い若衆らが

 塙町伊香・古宿で引き継がれる伝統の「伊香諏訪神社祈祷餅祭」が14日、土曜日に開催された。祭事の準備は13日夕方から若組たちが泊まり込みで行われた(祈祷餅つき)。翌14日、夕刻から区内に設けられた御仮屋前に若組らが集結。東舘・片野宗和宮司による安全祈願の神事が執り行われた。午後6時30分、走り抜けに加わる若衆たちが「ワッショイ、ワッショイ」の掛け声も勇ましく、鈴木久之副区長宅の縁側から上がって玄関に走り抜けた。区内130戸を同じように走り抜け、厄払い、家内安全を願っての走り抜けの奇祭を多くのTV局などが収録する様子が見られた。また、区内の親子が引く山車も賑やかにお囃子を打ち鳴らして練り歩き、奇祭に華を添えた。収録された様子は8月12日、午後4時からTUFで放映される。



DSCF4525


DSCF4528



hanawatimes at 14:59|Permalinkclip!

サマーコンサート盛況

R・S・F多彩な演奏満喫

 塙駅併設・塙コミュニティプラザを会場に、はなわ軽音楽クラブのメンバー6名による2018サマーコンサートが15日、午後2時から開演された。塙町観光協会後援。R・S・F(ロイヤル・ストレート・フラッシュ)メンバーはお馴染みの渡辺雅男さん(川上)、堀江誠さん(上渋井)、近内紀子さん(白河)、江黒和之さん(材木町)、菅野紀子さん(郡山)、金子公一さん(上石井)の6名が出演。パート1・モスコーの夜は更けて、君の瞳に恋してる、銀河鉄道999、サイボーグ009、真っ赤なスカーフ、イスカンダル、どうぞこのまま、手紙、夕映えの恋人、星の旅人、オールナイトニッポンテーマ曲。休憩を挟んでパート2・僕らの音楽オープニングテーマ、私を月に連れてって、白い水平線。「空よ」「花嫁」「想い出の渚」は会場の全員が一緒に歌った。金曜ロードショーテーマ曲、ウィスキーがお好きでしょ、必殺、荒野の果てに、タブー、愛に国境はない、ダンシングヒーローなど全20曲。演奏の合間の曲の紹介では軽妙な司会と笑いを誘う話しで盛り上がり、誰もが知っている楽曲に来場者らは大満足の様子だった。



DSCF4535



hanawatimes at 14:57|Permalinkclip!

深谷建設蟯超美化活動

久慈川・川上川の合流地点近辺

 大町の深谷建設蝓平蔀佳孝社長)とNPO法人うつくしまライフネット合同での河川環境美化活動の一環として、今年も久慈川と川上川合流地点(道の駅側)での草刈り及びゴミ収集作業が14日、午後3時から社員ら約40人が気温35度を超える猛暑の中で行われた。背丈程に伸びた雑草を手際よく刈り払い、ゴミは不燃物・可燃物と分別収集が行われた。


DSCF4513




hanawatimes at 14:56|Permalinkclip!

2018年07月15日

道の駅長新旧交代

新駅長に岩崎次弘氏就任

 一般財団法人天領の郷道の駅はなわで14日、午前8時から人事異動の報道会見が行われた。先ず、金澤陽太郎理事長から新駅長に就任した岩崎次弘氏に辞令の交付が行われ、岩崎氏が就任のあいさつ。前駅長も退任のあいさつをした。女性職員から前駅長の鈴木公雄さんに「ご苦労さまでした」と花束の贈呈が行われ、前駅長から岩崎新駅長への事務引き継ぎなどが行われ、握手を交わした。


IMG_1075




hanawatimes at 15:15|Permalinkclip!

総務常任委所管事務調査

厚生病院・石井事務長から聞き取り

 塙町議会の総務常任委員会(鈴木安次委員長)の塙厚生病院の医師不足等について、事務長を委員会に招いて聞き取り調査が行われた。鈴木安次委員長が「塙厚生病院の石井事務長をお招きして、同病院の医師不足対策等について病院側の説明をお聞きしたい」とあいさつした。石井事務長が内科、外科、整形外科、産婦人科、小児科、泌尿器科、人工透析等での医師不足は全県的なもので、当病院としても医師の確保に他医療機関とも情報交換などして確保に努めているが、大変難しいことなど説明した。看護師も子育て等で休職している状況を説明。委員からは近々、はなわこども園が開設される予定で、子どもを預けて復職できないかなど質問。昼間はそれでも、夜勤の時には難しい。など質疑応答が行われた。この後、委員会では調査のまとめが行われた。



DSCF4498



hanawatimes at 15:00|Permalinkclip!

風評被害払拭ツアー

モニター親子26組が参加

 塙町観光協会主催の風評払拭「塙のモニター親子日帰りツアー」が14日、日立の「アトリエ遊びの広場」親子26組が参加。午前9時20分から板庭の放射線検査場見学。午前10時20分、自然体験で西河内の貝化石採掘現場で藤田鉱業蝓ζE脹冦閏卍垢琉篤發覇鸚號年前の歴史に触れ、実際に化石の発掘に挑戦した。この後、昼食で食体験。東河内の四季彩工房で自分たちでピザ作りを体験した。道の駅はなわ直売所で塙町特産野菜や特産品をおみやげに買い物を楽しみ、塙町の思い出も一緒に帰路に着いた。


DSCF4511



hanawatimes at 14:30|Permalinkclip!

はなわ探検隊第3回活動

隊員23名・ボランティア21名が参加

 はなわ探検隊第3回活動が14日、隊員23名と高校生ボランティア21名が参加して開催された。14日、午前8時に町公民館をスクールバスで出発。那倉分館でピザ作り体験。地元ボランティアの方々の協力でピザ焼き。焼き上がった順に美味しく焼き上がったピザを頬張っていた。この後、高原美術館で柿沼安子さん、川村空也さんの写真展を見学した。矢塚に移動し、アロマスティック作りを体験。ハスの花見学、からまつ峠の散策など楽しんだ。


DSCF4506



hanawatimes at 14:15|Permalinkclip!

塙小4年生交通教室

親子で自転車の正しい乗り方学ぶ

 塙小学校4学年行事で14日、午前9時から親子自転車教室を開催した。同校校庭での開会式ではじめのことばに続き、学年委員長さんが講師紹介を兼ねてあいさつ。講師の棚倉警察署植田駐在所・堀江昌弘巡査長が「夏休みになると、自転車に乗る機会も多くなると思います。今日は自転車の乗る前の点検、模擬道路を使っての正しい乗り方を勉強します」とあいさつ。1組が校庭での実地訓練、2組が教室でDVDを見て学科の訓練を交互に学んだ。


DSCF4503



hanawatimes at 13:30|Permalinkclip!

2018年07月14日

交通安全ミュージカル

郡内15幼稚園児が楽しむ

 JA東西しらかわ、JA共催福島主催の「親と子の交通安全ミュージカル」が13日、午前10時から棚倉町文化センター「倉美館」で開催され、東白郡内の15幼稚園児、先生、保護者ら約500人が入館した。JA共催親と子の交通安全ミュージカル「魔法園児マモルワタル」が演じられた。幼児に求められる交通安全ルールを楽しく習得し、参加する幼稚園、保育園児らの楽しい思い出を育み、次世代を担う子ども達を交通事故から守ることを目的に開催。魔法園児のマモルワタルはいつも元気に遊びまわっているワンパクだが、あまりのワンパクさゆえ、魔法幼稚園から人間界に修業に送りこまれてしまう。人間界にやって来たマモルワタルは園児のスナオ君や警察官のお姉さんに助けられ、横断歩道の渡り方や信号機の意味など人間界の交通ルールを学んでゆく。


DSCF4495



hanawatimes at 15:00|Permalinkclip!

棚倉署が準優勝

根本署長に結果を報告

 平成30年度福島県警察通信指令競技大会が12日、県警本部庁舎大会議室で開催され、棚倉警察署を代表して地域交通課地域係、自動車警ら隊、工藤大輔班長、吉田俊一主任、丹治祐太係員の3名が出場し、第2部で見事準優勝に輝いた。競技内容は各署ごとの3名がひと組となり、想定に基づいて電話通信受理、事件内容の無線司令、現場における事情聴取及び無線報告を実施。厳しい審査の結果、見事準優勝となったもので、3名の選手は署に帰り、根本署長に結果の報告を行った。


名称未設定-1




hanawatimes at 14:45|Permalinkclip!

剣道大会出場選手激励

棚倉自動車学校長が来署

 福島県警察剣道大会が19日開催されるが、同大会に出場する棚倉警察署チームが猛練習の最中、棚倉自動車学校・齋藤武校長が同署を訪れ、道場で練習中の山浦裕太監督他10名の選手に「県大会では是非、優勝めざし頑張ってください」と話し、選手代表の佐藤薫選手に清涼飲料水3ケースを贈呈し激励した。贈呈式には根本雅彦署長らも臨席した。


DSCF4494




hanawatimes at 14:30|Permalinkclip!

県南地区女性部員106名参加

第15回親善ボウリング大会開催

 県南地区商工会連絡協議会、県南地区商工会女性部連絡協議会主催の第15回県南地区商工会親善ボウリング大会が13日、午前9時50分から「棚倉町アローボウル」で県南11地区から106名が参加して開催された。開会式は県南地区商工会女性部連絡協議会・熊倉うめ副会長が開式。高橋健協議会会長、渡辺富子女性部連協会長が主催者あいさつ。競技上の注意があり、高橋会長、渡辺会長の始球式でゲームが開始された。各レーンの選手たちが一投するたびに歓声と拍手が湧き盛り上がっていた。ゲームは2ゲームトータルの得点で団体戦で競われた。


DSCF4492



hanawatimes at 14:15|Permalinkclip!

駅コミプラでコンサート

15日午後2時から開始される

 塙町の軽音楽倶楽部ロイヤルストレートフラッシュによるジャズコンサートが12日、午後2時から塙駅のコミュニティプラザで開催される。入場無料となっており、多くの方の来場を呼びかけている。


hanawatimes at 13:30|Permalinkclip!

2018年07月13日

新会長に田子富子さん

女性団体連絡協議会総会

 平成30年度塙町女性団体連絡協議会(菊池幸子会長)の総会が12日、午前9時30分から塙町公民館会議室で会員、事務局含め約15名が出席して開催された。開会に続き、菊池会長が「この一年、会長職を事務局の方々の助けがあり無事努めることができました」とあいさつ。秦公男教育長が「14団体、約800名の会員がおり、女性の感性豊かな活動に感謝申し上げます」と祝辞を述べた。議事に入る前に出席者の自己紹介が行われた。議事では菊池会長を議長に進められ、30年度事業計画では昨年の事業に基づき、皆様と協議して決めていきたい。役員選出では塙町婦人会・田子富子さんを新会長に、副会長=赤十字奉仕団・青砥ハツ子委員長、幹事に保健推進員会長・鈴木純子さんを選出した。その他、8月15日流灯花火大会、踊り流しへの協力要請があり協議した。


DSCF4488



hanawatimes at 15:21|Permalinkclip!

はなわ農泊交流協議会

総会開き事業・予算など決める

 今年1月、正式に「はなわ農泊交流協議会」(宮田秀利会長)として発足した同会の30年度第1回総会が11日、午後3時から農村勤労福祉会館小研修室で関係者約30名が出席して開催された。総会では開会に続き、宮田会長を議長に議事が進められ、農山漁村振興交付金が採択されたことを報告。本年度事業計画(案)及び予算(案)について、事業資金の調達、規約の一部変更について協議が行われ、原案通り承認・決定された。


DSCF4487




hanawatimes at 15:21|Permalinkclip!

塙町文化財保護審議会

30年度事業計画など決める

 塙町文化財保護審議会(金澤陽太郎会長)の総会が12日、午前10時30分から塙町公民館会議室で審議会委員、事務局職員含む10名が出席して開催された。金澤会長、秦公男教育長がそれぞれあいさつした。金澤会長を座長に協議に移り、29年度事業報告、30年度事業計画について協議が行われ、原案通り決定した。その他の協議では、県指定天然記念物・向ヶ岡公園の桜の枝打ちについて、八幡神社金剛力士像について協議が行われた。30年度主な事業として、文化財めぐり、文化財火災防御訓練(台宿薬王寺薬師堂・平成31年1月27日予定)などが計画されている。


DSCF4489



hanawatimes at 15:21|Permalinkclip!

命の大切さを学ぶ

塙中全生徒が静かに聴講

 被害者に優しい人づくり事業は、県警察及び公益財団法人ふくしま被害者支援センターが、被害者支援施策として推進している「被害者に優しいふくしまの風運動」の主要事業として実施している。県内の中学校15校・高校7校を選んで、人間形成に重要な時期を迎えている中学生・高校生に対し、命の大切さを考える機会と被害者支援に対する理解を深めてもらうため実施している。11日、午後2時20分から塙中学校(高田健一校長)の全生徒210名ほか教師20名が、同校の多目的ホールで中学生に対する「命の大切さ」を学ぶ授業が行われた。福島県警察本部警務部県民サービス課犯罪被害者支援室・三本ミチさんを講師に迎え、「命の大切さを学ぶ授業」の演題でDVDを使っての講話が行われた。


DSCF4482



hanawatimes at 15:20|Permalinkclip!

2018年07月12日

深谷建設螳汰官卆限膕

社員・協力会社70人が安全の願い

 塙町大町の深谷建設株式会社(深谷佳孝社長)の30年度安全衛生大会が10日、午後2時から同社二階会議室で社員及び協力会社10社から約70名が参加して「無理・無駄、慣れ無くし、初心に返り安全作業 みんなで目指すゼロ災害」をスローガンに掲げ開催された。小山田部長の開会に続き、深谷佳孝社長訓示。深谷昌平専務が説示を行った。続いてALSOK福島株式会社県南支社・澁木さんから緊急時の対応について安全講話を聴講した。金澤主任の安全の誓い、鈴木次長の音頭でゼロ災コールを唱和。安全作業、ゼロ災害への意識確認が行われ閉会した。


DSCF4474





hanawatimes at 15:00|Permalinkclip!

夫婦揃って免許証返納

棚倉の和田さん夫妻に卒業証書

 棚倉町在住の和田忠三さん(83歳)・妻の政子さん(82歳)が今月はじめに運転免許証の自主返納が行われた。10日、和田さん夫妻に棚倉署で根本雅彦署長から卒業証書と記念品の贈呈が行われた。和田さん夫妻は「大きな事故を起こす前に返納しようと相談し、返納を決めた」と話し、根本署長は長年に亘る安全運転に敬意を表し「ご苦労さまでした」と称えた。和田忠三さんは約60年間、妻の政子さんは40年間に亘り安全運転を心掛けましたと笑顔で話してくれた。高齢者の運転免許証返納はこれまで棚倉署管内で希望された方に、申し出があり確認できれば遡って卒業証書を贈呈しますと棚倉署では話している。


DSCF4472



hanawatimes at 14:45|Permalinkclip!

地元自然の良さ再発見

柿沼安子写真展入館者で賑わう

 あぶくま高原美術館で11日から開催されている地元の写真家「柿沼安子写真展」が、初日から多くの来館者で賑わっている。柿沼さんは地元那倉から同式部蔵・柿沼行男さんに嫁ぎ現在、孫たちに囲まれ幸せな日々を送っているが、写真を撮るのが大好きで、自宅近くの花、虫、自然風景などカメラに収めていた。今回、美術館に展示されたのはその一部で、桜窪の大桜(樹齢約4〜500年)を中心に近所のヤマボウ(白とピンクの対)、アジサイ、ハチマキブドウ、山百合、クワガタムシ、トンボなどなど約50点が展示されている。地域の人も何気なく見逃がしている木々、花、虫など見事に捉えており、春・秋・夏・冬一年を通しての写真展には地元に住む人たちも「これ何処だっけ」と聞く場面も見られた。見慣れた風景、木々、花、虫たちの写真に感心しきりの様子で見入っていた。写真展は29日まで(月・火定休)展示されている(無料)ので、一度あぶくま高原美術館に足を運ぶ価値ありだ。おまけとして孫たちの成長の記録もあり、思わず笑みがこぼれる。詳しい問合せは生涯学習課43-2644、あぶくま高原美術館42-2510.塙町地域おこし協力隊員・川村空也さんのダリアの写真展も同時開催されている。


DSCF4479




hanawatimes at 14:30|Permalinkclip!

早朝のボランティア清掃

詼Р譽癲璽拭室勸12名が

 塙町上石井の詼Р譽癲璽拭湿Σ顱碧Р貔妓社長)で、毎年恒例となっている国道118号線沿いの清掃作業、カーブミラーの汚れ落としが実施された。11日早朝、始業前に芳賀社長の陣頭指揮で道路や路肩のゴミ拾い(塙大橋〜矢祭町境)を。また、別動班は区域内に設置されているカーブミラーの汚れ落としを実施した。同社の清掃ボランティア作業には、通行する車輌や近辺住民からも感謝されている。


DSCF4476




hanawatimes at 14:15|Permalinkclip!

黒羽芭蕉の里全国俳句大会

大友さん栃木県作句作家協会長賞

 第29回黒羽芭蕉の里・全国俳句大会が6月24日、栃木県大田原市「ホテル花月」で開催され、塙町・糸瓜句会から、自由題(事前に投句の2,467句中)に田村美江子さん、安部みさ子さんが入選。席題(当日会場で出された題にもとづき作句した191句中)に大友康子さんが入選した。
【自由題】
▽黒田杏子先生選・佳作
 「さくら餅と筆字通りの日の淡く」 田村美江子
▽岸本尚毅先生選・佳作
 「春泥のくつを脱がせるおやつ時」 安部みさ子
【席題】
▽黒田杏子・陣野沙希先生選・特選
▽平成三十年度黒羽芭蕉の里全国俳句大会
 栃木県俳句作家協会協会長賞受賞
 「朝摘みの供花に小さき蝸牛」 大友康子



hanawatimes at 14:00|Permalinkclip!

2018年07月11日

県議会44件可決し閉会

一般会計補正予算22億5,500万

 福島県6月県議会が6月21日〜7月6日までの16日間開催され、復興・創生の実現に向けて緊急に措置すべき経費などの平成30年度一般会計補正予算や、当面の重要な案件について審議が行われ、条例や意見書など44件を可決した。


委員長報告




hanawatimes at 14:30|Permalinkclip!

塙工で普通救命講習

3年生が真剣に取り組む

 県立塙工業高校3年生による普通救命講習会が10日、午前9時から同校体育館で行われた。棚倉消防署塙分署員3名の指導・協力で開催され、先ずDVDによる救命処置の流れを勉強。続いてダミー人形を使っての心臓マッサージを体験した。塙工校では17日にも同講習会が予定されている。


DSCF4467



hanawatimes at 14:20|Permalinkclip!

白信杯ゲートボール

8チーム約50人が参加白熱戦

 塙町ゲートボール協会(鈴木二夫会長)主催、第32回白河信用金庫杯争奪ゲートボール大会が10日、塙町営運動場で開催され、8チーム約50人が参加した。午前8時30分からの開会式で、阿部重秋副会長が開会。前年優勝・竹之内チームが優勝杯返還。鈴木二夫会長があいさつした。来賓の白河信用金庫・鈴木太一郎塙支店長が激励の祝辞を述べた。根本文男審判長が競技上の注意。竹之内チーム代表・佐藤良正さんが選手宣誓した。鈴木会長、鈴木支店長、阿部副会長、上妻正副会長らによる始球式が行われゲーム開始となり、予選4チームのリンク戦、6チームによる決勝トーナメント戦で熱戦が繰り広げられた。


DSCF4461



hanawatimes at 14:00|Permalinkclip!

2018年07月10日

笹小4年生に出前講座

生活環境課職員が「水の大切さ」講話

 塙町生活環境課では9日、午前10時30分から(3・4校時)、社会科の授業の中で「塙町の水道水はどこから来るの」と題しての出前講座を実施した。生活環境課・鈴木慎也、八重嶋宏之さんが講師として4年生の教室を訪れ、生活に欠かせない大切な水が一般家庭の水道の蛇口から出てくるまでの過程や仕組みについて説明。地球上の水の約1%くらいしか利用できないと聞いて児童たちは驚いた様子だった。降った雨が地下や川に流水。それを浄水場に送り消毒し、毎日皆さんの家庭に安心して使える水が届くよう私たちが仕事をしています。皆さんも水は大切に使いましょうと話した。この後、花園地内の川上第二水源地に向かい、施設の役割や施設内の計器などの説明を受け、水の大切さに理解を深めた。


DSCF4459




hanawatimes at 14:04|Permalinkclip!

サロンさくらに大勢参加

健康チェックやダンスなどに汗流す

 大字塙二区(桜木町)の住民を対象に第2回「サロンさくら」(鈴木純子代表)が桜木町コミュニティ消防センターで開催され、前回と同じく約20名が参加した。健康チェックで血圧測定など行った後、地域統括支援センターの職員らの指導で無理のない体操。塙町健康推進員・遠藤勢子さん、多勢麗子さんらの指導でストレッチ、筋力トレーニングなどが行われ、心地良い汗を流した後、水分補給しながら今後の活動などについて話し合いが行われた。


DSCF4455



hanawatimes at 14:04|Permalinkclip!

あぶくま高原美術館

7/11〜29まで柿沼安子写真展

 塙町教育委員会主催のあぶくま高原美術館で11日から29日、柿沼安子写真展が開催される。会館=午前10時から午後4時(月・火休館)。多くの方の来場を呼びかけている。問い合わせ・教育委員会筍苅-2644、あぶくま高原美術館筍苅-2510


1530674593_31




hanawatimes at 14:03|Permalinkclip!

2018年07月08日

荒川泰行教授 故郷塙町で講演会

「めざせ!健康長寿」と題し熱弁

 塙町が主催する塙町健康づくり講演会が6日、塙町公民館大研修室で開催され、二百人を超える町民が来場した。健康福祉課・藤成寛味課長が開会。宮田秀利町長が講師の荒川泰行先生の紹介を兼ねてあいさつした。講演の前に荒川先生は「故郷を長く離れて生活していますと、自分の生まれ育った故郷の山水の思い出は、生涯心の中に色あせず残っているものです。むしろ、故郷を長く離れていることで、故郷のありがたみがよく分かり“心の拠り所”となります。鮭は川で生まれ、海に出て、再び生まれた故郷の川に帰る『母川回帰』の習性があるようですが、田舎で育った者が故郷を遠く離れていますと、心の中にこれに似た『故郷回帰』の習性が起こるのではないでしょうか」と話した。荒川先生が演題「めざせ!健康長寿」〜あなたの生活習慣は本当に大丈夫か〜の内容で講話。生活習慣病〜肥満は万病の元、メタボ健診を受けて自分の健康度をチェックしよう。肥満に関する病気。「不健康」の克服(健康維持)と生活の向上〜何事も健康でなくちゃ始まらない〜。人生は障害物競走で、ギアチェンジしてスローライフを心掛けましょう。高齢期の健康を築くために、生活習慣病を予防。等々、約1時間30分に亘り講話し、来場者はメモを取るなど真剣に聴講していた。


DSCF4447



hanawatimes at 14:00|Permalinkclip!

地域の安心安全守る

総会開き事業など決める

 平成30年度高城地区防犯連絡所連絡会(鈴木太一会長)の総会が7日、午前11時から塙町公民館伊香分館で会員約20名が出席して開催された。戸井田英寿副会長が開会。鈴木太一会長が「幸い高城地区で大きな犯罪も無く経過しており、皆様のご協力に感謝致します。安心安全を守るため、更なるご協力お願いします」とあいさつした。来賓の植田駐在所・堀江昌弘巡査長が「高城地区での大きな犯罪も無く皆様の活動のおかげです」とあいさつ。塙町防犯協会高城支部・戸井田厚支部長も祝辞を述べた。鈴木会長を議長に協議に入り、平成29年度事業・会計報告が行われ、30年度事業計画(案)、予算(案)が原案通り承認された。総会終了後、情報交換会を兼ねた懇親会が開かれた。



DSCF4453




hanawatimes at 13:30|Permalinkclip!

2018年07月07日

塙町交対協で打合せ

7/16〜25 県民総ぐるみ運動を前に

 平成30年「夏の交通事故防止県民総ぐるみ運動」が16日〜25日の10日間実施されるにあたり、塙町交通対策協議会(会長・宮田秀利町長)が6日、午前10時30分から防災センター会議室で、宮田会長はじめ棚倉署交通課、町の交通安全協会・塙・高城・笹原・常豊の各支部、塙・植田・笹原の各駐在所、交通教育専門員、教育委員会、まち生活環境課職員ら約20名が出席して開催された。開会に続き、宮田会長が「夏の交通事故防止県民総ぐるみ運動が実施されますが、当町では死亡事故ゼロ1,000日を目指しており、関係者皆様の協力で運動を展開したい」とあいさつ。来賓の棚倉警察署地域交通課・飯田敦係長が管内の事故状況を説明した。協議では宮田会長を座長に「夏の交通事故防止県民総ぐるみ運動」実施計画、交安協会各支部の活動計画、交通安全母の会、塙町教育委員会の活動計画などが話し合われた。
◇運動のスローガン
「ぶつかるよ ながら運転 じこのもと」
◇重点事項
・子供と高齢者の交通事故防止
・自転車の交通事故防止
・全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
・飲酒運転の根絶


DSCF4445




hanawatimes at 14:30|Permalinkclip!
livedoor 天気
利用規約
利用規約をお読み下さい。

利用規約はこちらから!
近藤新聞販売所
福島県東白川郡塙町塙桜木町347-1

TEL.0247-43-1817

FAX.0247-43-0959

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数

    記事検索