2019年01月16日

東白川合同役員新年会

郡内各支部役員ら70名が出席

 自由民主党東白川支部総支部長・宮川政夫県議会議員主催の東白川合同役員新年会が14日、午後6時30分から塙町「富久」で宮川政夫後援会、上杉謙太郎衆議院議員後援会、森まさ子参議院議員後援会、いわき光英後援会から各支部役員約70名が出席して開催された。自民党・七宮広樹支部長が開会。主催者代表・宮川政夫総支部長が「今年は各市町村、県会、国会等の選挙が予定されており、どの選挙でも結果を残さなければならない。組織一致団結していかねばならない。皆様方の協力をお願いしたい」とあいさつ。来賓の宮田秀利塙町長、衆議院・上杉謙太郎議員、参議員・森まさ子議員がそれぞれにあいさつし、協力を呼びかけた。宮川県議後援会・菊池良造後援会長の発声で乾杯が行われ、各後援会の情報や意見交換が行われた。



DSCF6576



hanawatimes at 14:00|Permalinkclip!

伊香高砂会がどんど焼き

地域貢献の奉仕作業

 塙町老人クラブ伊香高砂会(青砥一四会長)30年度の奉仕活動の締めとして14日、午後3時30分から伊香公民館駐車場に青砥会長ら会員が集り、地域住民らが持ち寄った正月飾りや古い御札のどんど焼きが実施された。一昨年まではスポ少の子ども達が行っていたが、少子化の影響でできなくなり、昨年から老人クラブ奉仕活動の一環として実施されている。地域の人たちが持ち寄った正月飾りに火がつけられお焚き上げが行われ、来場した多くの人たちに温かい甘酒・御神酒が振る舞われた。



DSCF6575




hanawatimes at 13:30|Permalinkclip!

2019年01月15日

平成最後の新成人

男性53・女性44名の門出祝う

 平成31年塙町成人式が13日、午前10時から塙勤労福祉会館大研修室で新成人を迎えた男性53名、女性44名、計97名と主催者、来賓合わせ約130名が出席して開催された。成人式は秦公男教育長が開式の言葉。国歌斉唱に続き、宮田秀利町長が「両親、家族、地域の多くの方々に支えられ、本日成人式を迎えられました。社会人としての義務や責任を果たし、社会の一員となられることを望みます」と式辞を述べた。続いて新成人者紹介で一人ひとりが呼名され、代表者に成人証書が授与された。中学時の恩師・坂内俊介氏が学校時代の想い出を振り返りながら励ましのことばが贈られた。塙町議会・大縄武夫議長、福島県議会・宮川政夫議員が祝辞を述べた。来賓紹介、祝電披露が行われた。新成人代表の戸井田裕那さんが力強く誓いの言葉を述べた。二十歳の主張では鈴木大輝さんが「感謝」と題して、松本渚さんが「二十歳、現在と未来」と題して堂々の発表が行われた。鈴木大輝さんは発表の最後に「今一番感謝したい人は父親です」と保護者の席に向かって深々と頭を下げた。塙町教育委員会教育長職務代理者・岩井義道氏が閉式のことばを述べた。


DSCF6556



hanawatimes at 14:27|Permalinkclip!

東白剣道支部初稽古

年代別剣道選手権大会も

 東白川剣道連盟(稲垣孝史会長)の東白支部初稽古と第41回東白川年代別剣道選手権大会が12日、午後1時30分から棚倉町総合体育館柔剣道場で、郡内の会員約25名が出席して開催された。約1時間に亘り、今年の初稽古で気合で汗を流した。続いてシャノン・イエクリー選手の力強い宣誓が行われ、年代別(青年・壮年・高齢の部)でそれぞれに厳しい剣さばきで勝負を競い合った。午後5時30分からは「新富家」で新年会を兼ねた祝賀会が開かれた。稲垣孝史会長が改めて新年のあいさつを述べ「日頃の鍛錬を怠らず、益々剣道発展に尽力いただきたい」とあいさつ。祝賀会では30年中に剣道七段に合格した金澤克美氏、剣道称号、錬士に合格した稲垣利昭氏、剣道四段に合格した川村空也氏ら3名の披露祝賀が行われた。3名は「この合格を機に更に精進したい」とあいさつした。新年会、祝賀会の宴で互いの新年に向けての抱負などを語り合い、和やかに宴が開かれた。


DSCF6546



hanawatimes at 14:27|Permalinkclip!

桜木スポ少団のとり小屋

近隣住民が正月飾りなど持ち寄る

 小正月行事の「とり小屋」が13日、午後4時から桜木町コミュニティ消防センターで、桜木町スポーツ少年団によって執り行われた。愛宕神社・七宮広樹宮司の神事となり、区内及びスポ少団の安泰を願って玉串奉奠した。持ち寄られた古い御札や正月飾りに火がつけられ、無病息災を祈願した。スポ少団の子ども、保護者らの焼きとり・おでん・とん汁などの売店も設けられ、訪れた人々が暖を求め買い求める姿が見られた。館内では子ども達の接待で美味しい料理・御神酒が振る舞われ、正月行事を楽しんだ。各地区で行われていた小正月行事も少子化の影響で、年々取りやめる地域もあり減少している。


DSC_0461




hanawatimes at 14:26|Permalinkclip!

小正月の団子挿し

赤・黄・緑色鮮やかな団子飾る

 塙町代官所跡の子育地蔵尊本堂で、ふれあいネットサークル主催、地蔵尊世話人の協力で毎年行われている小正月行事の団子挿しが穏やかに晴れ上がった14日、午前10時から近隣の親子らが参加して行われ、先ず団子づくりから始まり、赤や黄・緑など色を付けた団子が作られた。団子は本堂入口に設置されたミズキに一個一個丁寧に飾り付けられた。


DSCF6571




hanawatimes at 14:26|Permalinkclip!

2019年01月13日

東河内海蔵寺 14日に「縄納祭」を実施

しめ縄・古い御札等を供養

 東河内の東光山海蔵寺(瀬谷八洲住職)では第7回『縄納祭』を14日、午前10時から同寺本堂前で実施する。「縄納」とは、しめ縄・松飾り・古い御札などを供養してお焚き上げをすることで、家内安全・交通安全・無病息災を祈願する。海蔵寺では「昨年暮れまでの古い御札や正月のしめ飾り、古い人形など神・仏関係なくお持ち寄り下さい」と話している。(写真は昨年の縄納祭の様子)


DSCF2773



hanawatimes at 13:30|Permalinkclip!

2019年01月12日

1月10日・110番の日

郡内児童・高齢者の1月10日生まれ
11名に広報推進員委嘱


 福島県警察では毎年1月10日を「110番の日」として、正しい110番のかけ方などの広報活動を実施している。棚倉警察署では、管内の1月10日生まれの児童から80歳の高齢者までの11名の方に、110番広報活動推進員として委嘱状の交付式が行われた。10日、午後1時30分から棚倉署三階会議室で根本雅彦署長から委員一人ひとりに委嘱状が手渡された。根本署長が「皆さん、誕生日おめでとう。皆さんは家族、友達などに正しい110番のかけ方の広報活動をしてください」と話した。このあと、棚倉警察署地域交通安全課・恩田武人課長が「110番は事件や事故の時、警察に知らせる緊急通報電話で、正しい使い方を覚えてください」と話した。同署・山浦裕太警部補と小野口拓夫巡査部長の模範110番が実演された。終りに棚倉署から1月10日生まれの110番広報推進員の誕生会が開かれた。


DSCF6533



hanawatimes at 14:00|Permalinkclip!

塙町子ども・子育て会議

保護者・子育て支援・学識経験者
委員16名に委嘱状交付


 塙町子ども・子育て会議が10日、午後3時から勤労福祉会館小研修室で開催され、各幼・小の保護者代表、子育て支援事業関係者、学識経験者、関係機関からの16名に宮田秀利町長から委嘱状交付が行われた。宮田町長が「はなわこども園が33年完成で事業が進んでおり、次代を担う園児・幼児がしっかり生活できるよう皆様のご意見をいただき進めていきたい」とあいさつ。委員相互の中から会長に鈴木慎也さん(笹小保護者代表)、副会長に塙小児童クラブ代表の石川澄子さんが選出された。鈴木会長を議長に協議に移り、子ども・子育て会議について、子ども・子育て新制度及び事業計画について、支援事業計画に係る利用希望把握調査等について協議が行われた。



DSCF6537



hanawatimes at 13:45|Permalinkclip!

川上さかがみ魚店で

今が旬あんこうの吊るし切り

 塙町川上のさかがみ魚店で10日早朝、店主の坂上さんが郡山市場で約20圓瞭誕腓△鵑海Δ鮖兎れ、店先であんこうの吊るし切りを披露した。約50人分が調理された。あんこうは見た目はグロテスクだが高級魚として有名で、あんこう鍋にすると美味で肝、胃袋、皮など捨てるところが無い魚である。さかがみ魚店では「あんこう鍋・一人前1,000円で販売中で「何人分でも『肝入りどぶ汁仕立て』で直ぐに召し上がれます。どうぞお気軽にお電話ください」と話している。


DSCF2445



hanawatimes at 13:30|Permalinkclip!

2019年01月11日

東白川地方町村会

1月定例会開催される

 東白川地方町村会31年1月定例会が9日、午前9時30分から棚倉町町村会館会議室で開催され、会長の湯座一平棚倉町長があいさつ。県南地方振興局・野地誠局長もあいさつ。当面する課題及び日程などについて協議が行われた。


DSCF6522




hanawatimes at 15:12|Permalinkclip!

新春教育懇談会

50名が集い新年の教育を語り合う

 平成31年新春教育懇談会が9日、午後6時30分から棚倉町「新富家」で開催された。東白川郡校長会(荒川文雄会長)、同教頭会(嘉成清会長)の合同主催で両会員、各町村教育委員など関係団体の来賓合わせて約50名が出席した。東白川教頭会・嘉成会長が開会。校長会・荒川文雄会長が「多くの来賓、関係者にご出席いただき感謝申し上げます」とあいさつ。来賓の福島県教育庁県南教育事務所・阿部央所長、福島県市町村教育委員会連絡協議会東白川支会・岩井義道会長が祝辞を述べた。校長会副会長・西牧武美校長が来賓紹介。教育委員会連絡協議会東白川支会・松本市郎理事長の発声で乾杯が行われ、新年を祝い合い、東白川郡の教育について意見交換などが行われた。


DSCF6528



hanawatimes at 15:11|Permalinkclip!

2019年01月10日

人権擁護委員

退任・生方和廣氏に感謝状
新任・近藤洋一氏に委嘱状


 塙町人権擁護委員の退任(30年12月31日付)した生方和廣氏(常世北野)に、4期12年間に亘り塙町の人権擁護活動に尽力した功績に福島県地方法務局白河支局長から感謝状の贈呈が行われた。再任の鈴木俊二氏(川上)には3期目となる委嘱状、新任の近藤洋一氏(常世北野)にそれぞれに委嘱状の交付が行われた。交付式は8日、午後4時から町役場応接室で行われ、宮田秀利町長が「生方さんには12年間、大変お世話になりました」と感謝の意を述べ、再任の鈴木さん、新任の近藤さんに「基本的人権擁護や人権尊重の高揚に尽力いただきたい」とあいさつした。


IMG_1248





hanawatimes at 14:39|Permalinkclip!

久慈の郷 新年の儀

入所・利用者ら100人が新年祝う

 塙厚生病院併設介護老人保健施設「久慈の郷」(星竹敏施設長)の新年の儀が9日、午前10時から同施設一階訓練室で入所者、デイケア利用者、職員ら約100人が参加して開催された。星施設長が新年を祝うあいさつを述べた。恒例となっている森令子さん率いる歌謡教室の13名が紹介された。入所及び利用者らは歌謡教室生の歌や踊りを楽しみにしている人も多く、歌に合わせ手拍子や一緒に口ずさむ様子が見られ、約1時間の新年会を楽しんだ。


DSCF6523



hanawatimes at 14:39|Permalinkclip!

第一百寿会40名出席

新春賀詞交歓会賑やかに

 塙町老人クラブ第一百寿会(木村澄男会長)の31年初顔合わせとなる新春賀詞交歓会が9日、塙第一コミュニティ消防センターで会員約40名と来賓が出席して開催された。瀬谷安重副会長が開会。木村会長のあいさつに先立ち、唱歌「一月一日」を合唱した。来賓の第一コミュニティ消防センター管理委員長・白石文隆氏が祝辞を述べた。賀詞交歓会で小野敏子副会長の発声で乾杯が行われ、美味しい料理と酒を酌み交わし、新年の抱負などを語り合い親睦を深め、楽しいひと時を過ごした。


DSCF6525



hanawatimes at 14:39|Permalinkclip!

2019年01月09日

山本不動尊で事故ゼロ願い

東白交通三団体・警察署から30人出席

 東白川地方交通安全祈願祭が8日、午前10時から山本不動尊で棚倉警察署、棚倉地区交通安全協会、棚倉地区交通安全運転管理者協会、安全運転管理棚倉事業主連絡会などから約30名が出席して開催された。山本不動尊明王寺・金坂栄哉住職による交通安全を祈願する護摩焚きが行われた。この後、昨年末に寄贈された特大ダルマに根本雅彦喜署長、鈴木輝悦交安協会長、芳賀正光会長、湯座好郎会長らによって目入れが行われた。目入れが行われた特大ダルマは、今年一年の交通事故ゼロを願って棚倉警察署に設置され、交通安全に睨みを効かせる。


DSCF6518



hanawatimes at 14:30|Permalinkclip!

棚倉署 年頭の通常点検実施

署員の士気高揚を図る

 棚倉警察署(根本雅彦署長)の年頭通常点検が7日、午前9時から同署駐車場で開催された。新年を迎え、気持ちを新たに管内の事件・事故の防止活動に精励するために、署員の士気高揚を図ることを目的として行われ、根本署長を点検官に通常点検が行われ、署員らはきびきびと対応していた。


警察点検



hanawatimes at 14:00|Permalinkclip!

棚倉アローボウル

ハワイアンズキャンペーン

 棚倉アローボウルの2019年お正月ハワイアンズキャンペーンが元旦から5日まで開催され、町内外から多くの参加者で賑わった。連日、3ゲームごとに抽選が行われ、ハワイアンズペア招待券をゲットした参加者は大歓喜していた。また、食事割引券が贈られ、正月早々、最高の贈り物と笑顔が絶えなかった。


2019 お正月ハワイアンズキャンペーン当選者




hanawatimes at 13:45|Permalinkclip!

小正月行事だんごさし

ふれあいネットサークル

 毎年恒例となったふれあいネットサークルの小正月行事「だんごさし」が14日、午前10時から代官所跡の子育地蔵尊で開催される。子どもたちは勿論、おじいちゃん、おばあちゃんの参加も大歓迎で、多くの方の参加を呼びかけている。「みんなで一年の健康と幸を願って、色とりどりのだんごを飾りませんか」と話している。お手伝いできる方も大歓迎。皆さん奮ってご参加してみませんか。


hanawatimes at 13:30|Permalinkclip!

2019年01月08日

塙町地域おこし協力隊

3人目となる原沙織さんに委嘱状

 塙町地域おこし協力隊員として、先の川村空也さん、有村明希子さんに新しく東京練馬区出身の原沙織さん(34歳)が加わり、町の花「ダリア」を活用した地域活性化に取り組むこととなり、7日、午前9時から町応接室で委嘱状の交付が行われた。宮田秀利町長は「塙町で地域の人々の温かさを感じていただきたい」と歓迎の言葉を述べた。原さんは「昨年塙町を訪れ、ダリアの咲いているところを見て、良い所だと感じました。何ができるか分かりませんが、精一杯頑張りたいです」とあいさつした。交付式には小松利顕副町長、まち振興課・吉成知温課長らも臨席し原さんを歓迎した。


DSCF6512



hanawatimes at 14:29|Permalinkclip!

道の駅 手作り凧舞い上がる

20組の親子が参加し楽しむ

 一般財団法人「道の駅はなわ」の凧揚げ大会が6日、午前9時から町内外の親子20組が参加して開催された。午前9時から講師・佐藤功二さんの指導で凧作りから始まり、絵を描き自分だけの凧を作り上げた。出来上がった凧は道の駅の河川敷で凧揚げが行われ、冷たい風をものともせず、上手に糸を操り天高く舞い上げる様子が見られた。子供達は自分が作った凧が上手に上がるのに歓喜したり、落下してがっかりするなど思い思いに楽しんでいた。岩崎次弘駅長、佐藤功二さんら5人の審査員の厳正な審査が行われ、表彰式では長谷川ヒビキさん、豊田ツバサさん、原アスカさんの3人が優秀賞となり、岩崎駅長からメダルと副賞、金賞の5名には賞状と副賞が贈られ大喜びしていた。参加者親子全員に「たい焼き」が配られ、親子で正月の楽しいひと時を過ごしていた。


DSCF6499



DSCF6502



hanawatimes at 14:29|Permalinkclip!

2019年01月06日

塙町消防団出初式

町内行進し団員の勇姿披露

 塙町消防団(木田廣明団長)の出初式が5日、執り行われた。午前9時30分、塙町公民館駐車場に集結した団員372名と消防車輌32台が参加して、宮田秀利統監、木田団長を先頭に町内を行進、町役場に到着。多くの町民らが行進を温かく見守った。午前10時からは駐車場で宮田町長、木田団長ほか多くの来賓による観閲が行われ、通常点検も実施された。会場を福祉会館に移して式典が挙行され、副統監・小松利顕副町長が開会を。出席者全員が国歌斉唱、殉職団員及び無火災を祈願し黙祷を捧げた。統監・宮田町長が「団員が昼夜を問わず、町民の安心・安全のために活動いただいていることに感謝します。更に多種多様の火災に備え、気を引き締め精進してください」と訓示が行われた。木田団長も「予想を超えた災害の発生に備え、消防活動に精進したい」とあいさつした。続いて報償伝達、感謝状、表彰が行われた。来賓祝辞で塙町議会・大縄武夫議長、衆議院・玄葉光一郎議員、県議会・宮川政夫議員、県南地方振興局・野地誠局長、棚倉警察署・根本雅彦署長、広域市町村圏消防本部・緑川祐壽消防長から祝辞が述べられた。藤田芳雄副団長が誓いの言葉を。副統監・秦公男教育長が閉会した。このあと各分団ごとに火防督励診断が実施された。


DSCF6493




hanawatimes at 14:00|Permalinkclip!

新春交歓会120名出席

町発展の功労者5名に感謝状

 平成31年塙町新春交歓会が4日、午後4時30分から勤労福祉会館で、町内企業、事業所、個人、来賓含め120名が出席し賑やかに開催された。小松利顕副町長が開会。町発展に功績のあった荒川泰行氏、生方和廣氏、瀬谷八洲氏、田近正春氏、田近理香さんに宮田町長から感謝状贈呈が行われた。宮田町長が年頭の挨拶で「町の舵取り役として二年六ヶ月を迎えることができ、町民の皆様の温かいご支援に感謝申し上げます。健康づくり、若者定住など、町民の安心安全、ダリアの花での町づくりなど、幸せの町はなわを実感できる施策を進めていきたい」とあいさつした。塙町議会・大縄武夫議長、県議会・宮川政夫議員がそれぞれにあいさつ。塙町議会・鈴木孝則副議長の発声で乾杯が行われ、新春を祝う宴が開かれた。


DSCF6488



hanawatimes at 13:30|Permalinkclip!

2019年01月05日

官公庁で仕事始め

宮田町長が各所で年頭訓示
永年勤続職員4名を表彰


 平成31年1月4日、塙町官公庁の仕事始めとなり、宮田秀利町長が午前8時15分から東白衛生組合で、同組合管理者として職員を前に年頭訓示が行われた。続いて午前9時30分、塙町社会福祉協議会で同協議会会長としての年頭訓示を行った。午前9時からは町福祉会館で町職員を前に訓示を行った。訓示を前に、総務課・佐藤要一課長が沈痛な面持ちで、長年、町監査役の石川昭彦氏の訃報を伝え、全職員が冥福振興課・鈴木サキ子さんの4名に宮田町長から表彰状が贈られた。宮田町長の訓示では「職員の皆様が真剣に取り組んでいただき、少子高齢化の厳しい状況の中、株式会社塙町が新しい年を迎えることができました。塙町の職員として、一人ひとりが全力で株式会社塙町を守っていただきたい」と訓示した。午後からは塙町振興公社(湯遊ランドはなわ)でも訓示が行われた。


DSCF6481



hanawatimes at 16:20|Permalinkclip!

旧交温め懐かしむ

塙工業高校勤務経験者が

 去る12月29日、塙町・富久にて塙町在中で以前、塙工業高校勤務経験のある職員で塙工業高校を懐かしむ会が催された。町内に塙工勤務経験者が10数名おり、今回9名の参加があった。現校長から学校の様子の説明を受けた後、懇親会に入り、当時の塙工の話題で盛り上がり、会の終了時には塙工の発展に微力ながらでも協力していこうということで会は終了した。


名称未設定-1



hanawatimes at 16:19|Permalinkclip!

2018年12月29日

お知らせ・年末・年始の休刊

12月30日〜1月4日の塙タイムスは休刊となります。

皆様、良いお年をお迎えください。




hanawatimes at 15:18|Permalinkclip!

据置型拡大読書器

塙小児童にと寄贈
塙町出身の藤田尚三さん


 年の瀬も押し詰まった28日、塙町出身の藤田尚三さん(71歳)が塙町教育委員会を訪れ、据置型拡大読書器を「塙小学校児童たちのために活用してください」と教育委員会を通して寄贈が行われた。秦公男教育長は「大変高価なものをいただき、児童たちも喜ぶでしょう」と御礼を述べた。拡大読書器は薄型で、スマートに低倍率もくっきり鮮やかにモニターに写し出され、取り扱いも簡単に操作ができる優れもので、理科の授業などにも利用可能。寄贈した藤田さんは、台宿で長く教員を務めた故藤田清さんの三男で東京に住んでいるが、父親の清さんが学校の教師ということで塙、矢祭、鮫川などで過ごしたことを思い出し、地元の塙小学校児童たちのためにお役に立てばと寄贈を決めたと話している。


DSCF6466



hanawatimes at 15:18|Permalinkclip!

歳末慰問65件

町社協・宮田秀利町長らが訪問

 毎年恒例の歳末慰問が20日、塙・台宿方面の26件、21日には笹原方面18件、26日に常豊・高城方面21件、合計61件を町社協・宮田秀利会長が地域の民生児童委員会(藤田礼子会長)の案内協力で一件一件訪問。「風邪などひかないよう暖かくして新年を迎えてください」と声をかけ慰問品の贈呈が行われた。


20181226_135452



hanawatimes at 15:17|Permalinkclip!

町内官公庁で仕事納め

職員ら大掃除ゴミ・ホコリを片づけ

 塙町役場など町内の官公庁は28日が御用納めとなり、職員らが清掃用具を手にホコリやゴミ、天井のすす払い、机上の書類整理などが行われた。29日〜1月3日までは休業で、1月4日が仕事始めとなる。


DSCF6464



hanawatimes at 15:17|Permalinkclip!

2018年12月28日

塙工エール募金贈呈式

温かい支援金524,245円贈る

 塙町婦人会、花咲く華の会、塙町役場ゆめの会(女性職員の会)の三団体が、塙工業高等学校の全国的な活躍に対するエール募金として11月11日〜12月12日まで、町役場をはじめとして町内の各施設等で広く募金を呼びかけ、合計524,245円の募金が寄せられた。女性三団体の関係者らは「町民が塙工業高校に如何に愛着を持っているかの証しだと思います」と話している。27日、午前10時に塙町婦人会・田子富子会長、花咲く華の会・山本津也子会長、役場ゆめの会・天沼恵子副会長、監査・木田恵子さん、事務局長・斎藤典子さんの6名が塙工校を訪れ、佐藤浩正校長、生徒会長の白木亜美さんにエール募金を手渡した。佐藤校長は「街中の募金箱に募金している姿も拝見し、塙工はこのような人たちに支えられていることに感激しました」と声を詰まらせ感謝の意を述べた。田子会長が「町の方々の温かい気持ちの表れです」と話した。募金を受け取った生徒会長の白木亜美さんは「塙工校のための募金活動に感謝します。塙工校が多くの方々に愛されていることを感じました。生徒たちの活動に有効に使わせていただきます」と御礼を述べた。


DSCF6460




hanawatimes at 17:37|Permalinkclip!

ダンスドリル冬季大会

全国大会に出場選手に激励金
学石・角田さん、舟木さんに贈る


 塙町の全国大会出場の中高生を対象に激励金の交付を実施しているが、今回は第十回全国高等学校ダンスドリル冬季大会が来年1月18日、19日、東京調布市「武蔵野森総合スポーツプラザ」で開催される。学法石川高校チアリーディング部・角田歩奈さん(2年)と同部・舟木紗耶さん(1年)に対する激励金交付式が26日、午後6時30分から町役場応接室で行われた。開式に続き出場選手の紹介があり、小松利顕副町長が全国大会出場を称え「これから寒さも厳しくなり、体調管理に気を付け、大会でも良い結果が残せることを楽しみにしています」と励ました。


DSCF6459






hanawatimes at 17:34|Permalinkclip!

東邦銀行塙支店長

新・旧支店長歓送迎会

 東邦銀行塙支店の塙東邦睦会、東邦グリーンクラブ合同での清野昌幸前支店長を送る会、箭内洋一郎新支店長を迎える合同歓送迎会が26日、午後5時30分から東邦銀行塙支店二階会議室で、両会から約25名が出席して行われた。開会に続き、主催者・白石禎彦睦会会長、グリーンクラブ・菊地正人副会長が惜別、歓迎のあいさつを述べた。来賓の宮田秀利町長が清野前支店長に町発展に尽力いただいたことに感謝の意を。また、箭内新支店長には「清野支店長同様、町の金融機関の中核としてよろしくお願いします」と歓送迎のあいさつを述べた。清野前支店長が「皆様の心温まる支援に楽しい想い出ができました」。箭内新支店長が「温かく迎えていただきありがとうございます。塙町発展のため頑張っていきたい」とそれぞれにあいさつした。白石会長、菊地副会長から餞別の贈呈が行われた。東邦睦会・山本一三男副会長の発声で、お二人の前途を祝い乾杯が行われた。清野前支店長は安積支店長に栄店。箭内新支店長は本部総合融資支部からの栄店となる。


DSCF6456






hanawatimes at 17:19|Permalinkclip!

図書館冬のおはなし会

園児・児童ら約50人参加

 塙町立図書館今年最後の「冬のおはなし会」が27日、午前10時30分から開催され、約50人が参加した。図書館のお姉さんたちのパネルシアター、絵本の読み聞かせに瞳を輝かせ見入っていた。このあと工作遊びでは、飛び出すカード作りが行われ、今年最後のおはなし会を楽しんでいた。


DSCF6463



hanawatimes at 17:18|Permalinkclip!

季節の花シクラメン

渋井の藤田さん役場と社協に贈る

 塙町上渋井の藤田政則さんが、今年も季節の花シクラメン鉢植えを塙町役場受付カウンターと塙町社会福祉協議会に贈り、関係者から感謝されている。両施設を訪れる人も色鮮やかなシクラメンに心を和ませている。


DSCF6449




hanawatimes at 17:18|Permalinkclip!

さくらタウン末広に係る

住宅建築に関する助成事業

 町では、末広町に造成中の「さくらタウン末広」(子育て若者定住促進住宅団地)の助成制度の概要についての説明会が26日、午後6時から防災センター三階会議室で行われた。開会に続き、小松利顕副町長が「『さくらタウン末広』は来春3月完成、4月から販売開始を予定しており、土地購入、住宅建築に係る助成・優遇制度についての説明会となります」とあいさつ。まち整備課・藤田衛昌課長ほか職員が出席して説明が行われた。販売区画全22区画、面積1区画62坪〜75坪。販売開始・平成31年4月から。1区角520万円〜630万円(上下水道加入金含む)、土地購入から5年以内に住宅を新築・居住すること。契約に当たり買い戻し特約及び違約金(10%)を設ける。問い合わせはまち整備課町管理係筍苅-2117まで。


DSCF6457



hanawatimes at 17:17|Permalinkclip!

2018年12月27日

高齢者の事故撲滅願い

リサイクルグループが活動資金に

 棚倉地区交通安全協会高齢者支部(近藤武弘支部長)に対し、棚倉町を中心にリサイクル活動を24年に亘り継続し、アルミ缶など収集し売却した益金を町や交通団体などに寄付を続けている棚倉町リサイクルグループの金澤勝子さん・曲山和子さんが棚倉署を訪れ、高齢者支部・近藤武弘支部長に贈呈が行われた。金澤さんが「最近、高齢者の事故が増えており、事故減少にお役に立ててください」と金五万円を手渡した。近藤支部長が「温かい寄付金は高齢者の事故減少に有効に使わせていただきます」と御礼を述べた。贈呈式には棚倉地区交安協会・鈴木輝悦会長、棚倉老ク連・南雲孝会長、棚倉署・根本雅彦署長らが臨席した。棚倉署管内で今年の死亡事故二件がいずれも高齢者であることから、県内でも珍しい高齢者支部への寄付贈呈となった。


DSCF6447



hanawatimes at 14:00|Permalinkclip!

塙町婦人会が寄付

恒例愛の食堂での益金を

 塙町婦人会(田子富子会長)では、先の塙町文化祭会場で「愛の食堂」として来場者らに格安で食事の提供、バザーなど開催したが、その収益金の一部を「社会福祉に役立ててください」と社会福祉協議会に寄付を行っている。平成20年以来、毎年継続されており、今年も26日、午前8時30分、田子富子会長、石井英子副会長、星さち子会計の3名が町役場を訪れ、社会福祉協議会長でもある宮田秀利町長に田子会長が「些少ではございますが、社会福祉に役立ててください」と寄付金の贈呈が行われた。宮田町長は「婦人会の皆様の温かいお志、大切に使わせていただきます」と御礼を述べた。


DSCF6446




hanawatimes at 13:30|Permalinkclip!

2018年12月26日

薬王寺に門柱寄贈

村上貞吉・リチ夫妻が

 台宿の真言宗智山派・医王山金剛院薬王寺(大友栄範住職)に一対の門柱が寄贈された。寄贈したのは第二教区副会長の村上貞吉夫妻で、高さ約3.8メートル・幅75センチ角で、正面には真言宗智山派、左側には医王山金剛院薬王寺と刻まれており、裏には寄贈者村上貞吉・リチさんの名前が刻されている。23日、午前11時から門前での記念撮影が行われ、薬王寺・大友栄隆大僧正、大友栄範住職、禎悠副住職による門柱の落慶と入魂の儀式が行われた。式には同寺総代・吉田正耕氏と役員、施工にあたった金澤石材店・金澤芳一氏ほか、約50名の壇信徒が出席した。このあと薬王寺本堂で薬王寺3名の僧侶による読経、護摩炊きが行われた。



DSCF6433



hanawatimes at 14:00|Permalinkclip!

塙工業高校和太鼓部

定期演奏会大勢の観客
ゲスト演奏にも拍手が


 県立塙工業高等学校(佐藤浩正校長)の和太鼓部第4回定期演奏会が22日、棚倉町文化センター「倉美館」で開催された。開会に先立ち、佐藤浩正校長が全国大会の結果報告と、応援して下さる皆様に感謝の言葉を述べた。和太鼓部・舟木太陽部長も「日頃応援してくれる皆様に一生懸命演奏致します」とあいさつした。第一部・ぶち合わせ太鼓から始まり、羽弐重、天地、千の海響、清流昇り打ち、天響の全六曲を演奏。部員達の演奏が終わる度、場内から惜しみない拍手が湧いていた。第二部ではゲスト出演の塙祭りばやし保存会・鼓若連全六曲を披露。第三部でゲスト出演の泉崎村立泉崎第一小学校特設和太鼓クラブも、塙工和太鼓部に負けじと力強い演奏を披露し、館内から大きな拍手が送られた。


DSCF6431




hanawatimes at 13:45|Permalinkclip!

今年も交通安全特大ダルマ

螢掘璽困交通安全三団体に贈る

 株式会社シーズ(石井良夫社長)では、昭和46年から毎年、年末に棚倉地区交通安全三団体(棚倉地区交通安全協会、棚倉地区安全運転管理者協会、安全運転管理棚倉事業主連絡会)、棚倉警察署に寄贈されており、今年も25日、午前9時30分から棚倉警察署で贈呈式が行われた。螢掘璽此石井良夫社長から特大交通安全祈願ダルマが贈られ、鈴木輝悦会長が「シーズさんには毎年、交通安全を願って特大ダルマの寄贈ありがとうございます」とお礼を述べた。贈られたダルマは1月に山本不動尊で交通安全を祈願し片目が入れられ、棚倉署前で国道を往来する車輌にニラミを利かせ、交通安全を呼びかけることになる。


DSCF6443



hanawatimes at 13:30|Permalinkclip!

2018年12月23日

「さくらタウン末広」

全国48点の応募から決定

 塙町が末広町地内に造成工事を進めている住宅団地の名称を11月1日から公募していたが、この程、応募作品の中から審査の結果、「さくらタウン末広」に決定した。住宅団地はサイクリングロードの桜の名所として多くの町民に親しまれ、末広町の末広がりとを合わせたもので高く評価された。造成工事は急ピッチで進められ、来年3月には完成の見込み。4月から販売開始予定である。宅地22区画で一区間62坪〜75坪で、販売価格は約520万円〜630万円を予定している。この団地は定住人口の増加が目的で、特に子育て世代や若者を対象に優遇制度を設ける予定だが、それ以外の方々も対象としている。優遇制度として、土地代では子育て若者限定で100万円の助成。住宅建築にあたっては、町内外からの移住者や地元企業による建築に対し、最大200万円の助成を準備したいと町側では話している。


DSCF6429




hanawatimes at 14:30|Permalinkclip!

湯遊ランド 20日・21日の二日間開催

Xマスディナーを楽しむ

 塙町振興公社湯遊ランドはなわのクリスマスディナーはすっかり恒例となり、家族連れ、友人同士、感謝仲間など町内外から多くの人が参加。初日には75人、二日目21日には約90人がひと足早いクリスマスディナーを楽しんだ。一日目には振興公社取締役・小松孝行氏が歓迎のあいさつ。塙ライオンズクラブ・八重嶋政俊氏の発声で乾杯。バイキング方式での和・洋・中華料理、酒・ビールも豊富に用意された。音楽の演奏もあり、酒間の中でのビンゴゲームでは、読みあげられる番号に一喜一憂し盛り上がっていた。二日目の21日は、開会で振興公社社長の宮田秀利町長が「二日間、多くの方々に出席いただき感謝申し上げます。ゆっくりディナーを楽しんでください」とあいさつした。東河内佐藤建設工業襦佐藤昭会長の「平成最後のディナーを一緒に楽しみましょう」と乾杯の音頭で場内は一気に盛り上がり、バイキングでの料理も大人気で行列ができていた。カラオケでは自慢のノドを披露するなど宴は賑わった。お目当てのビンゴゲームも豪華賞品をゲットするなど、クリスマスディナーは大盛況だった。


DSCF6411



hanawatimes at 14:15|Permalinkclip!

塙厚生病院Xマス会

入院患者にプレゼント贈る

 塙厚生病院(佐川恵一院長)の恒例クリスマス会が21日、午後3時から実施された。同病院看護師・職員らがサンタクロースやトナカイに扮して入院中の患者さんの各部屋を巡り、一人ひとりに「病院からのプレゼントです」と声をかけ手渡すと、患者さんらは「ありがとう」と笑顔でお礼を言っていた。これまでの子どもサンタクロースは感染予防のため、看護師や職員らが手分けして実施している。


DSCF6408



hanawatimes at 14:00|Permalinkclip!

道の駅そば打ち体験

午前・午後で20人が真剣に

 一般財団法人・道の駅はなわのそば打ち体験が22日、午前の部・午後の部と2回開催され、20名が参加した。そば粉・小麦粉二対八の割合で作る二・八そばを、講師の指導で捏ね・延ばし・裁断と約1時間かけてそばが出来上がり、出来上がったそばはお土産として持ち帰った。道の駅農産物出荷組合員らが協力した。


DSCF6427




hanawatimes at 13:45|Permalinkclip!

めだかXマスおゆうぎ会

リズム・手遊びに可愛いの声

 大町のめだか保育室(西郷桂子園長)のクリスマスおゆうぎ会が22日、午前9時から二部構成で開催された。9時からはゼロ歳から一歳児による手遊びが披露されると、場内から「かわいい!」の声がかけられるなど、微笑ましい演技に大きな拍手が送られた。二部では二〜三歳児のリズム・楽器・ダンス・歌などで練習した成果を発表した。最後にクリスマスプレゼントを手に園児たちにも笑顔が見られた。


DSCF6422




hanawatimes at 13:30|Permalinkclip!
livedoor 天気
利用規約
利用規約をお読み下さい。

利用規約はこちらから!
近藤新聞販売所
福島県東白川郡塙町塙桜木町347-1

TEL.0247-43-1817

FAX.0247-43-0959

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数

    記事検索