aamall

December 31, 2007

2007年のまとめ & お知らせ

今年も一年ありがとうございました。

blogを通して多くの人に出会え、また、遠く離れた友人知人とも
その距離や時間を感じず、お付き合いが出来たこと、大変嬉しく感じています。

今年を振り返ってみると、私にとっては『良くないことの多い年』でもありました。

特に、体調面・精神面的に 最悪な一年。
(ホントニ厄払いをしなかったのがいけなかったのだろうか?)

生活面としては、上記がきっかけに 会社を辞めるという大きな決断を下した年。

食に関しては、後半やけに盛り上がった年 となりました。


自身には、嫌なことばかり起こりましたが それでも何とかやっているということは
観点を変えてみると、人には恵まれた一年と言えるのかも。
本当に 支えていただいた方々には、感謝の気持ちでいっぱいです。

もしかして 人生における分岐点となる年 だったのかもしれません。

来年こそは、今年の出会いを大切に、
自分も幸せに そして 周りも幸せに出来る魅力的な人間になれるよう 頑張ります。

 

さて、お知らせです。

来年 2008,01,01より blogのお引越しをさせていただきます。

http://ikukodays.exblog.jp/

また、それに伴いHNも coco ⇒ ikuko へ変更となります。 

(こちらは、過去の分が ありますので、そのまま残ります)

場所や 名前が変わっても 皆様どうか これからも よろしくお願いいたします。



hanayome_net at 23:26|PermalinkComments(12)TrackBack(0)その他 

December 30, 2007

お正月に向けて

ぐい飲み0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1年越しで手に入れることが出来ました。

昨年見つけたのですが、すでに完売!!今年の発売を心待ちにして とうとう我が家へ
もう、貴方の場所を確保してあるわよ

実はこちらの鏡餅。 この方のお手製なのです。
blogを遡っていただければ判りますが、とても丁寧に慈しんで作られた作品。
実際実物を手に取ると その愛情が伝わってくるような、優しい雰囲気があります。

それにしても、待ち望んでいた割には申し込みが遅くて、購入できるか最後までドキドキでした。
ご本人自体も出来上がってみるまで、何個商品として使えるか判らないとの事。
シリアルナンバーを見て、今年は潜り込めて良かった!!!と胸を撫で下ろしました。

ぐい飲み1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またこの作品はリバーシブル?? ひっくり返すと『ぐい飲み』になるのです。
私は下戸だけれど、きっとこれで飲むお酒は美味しいに違いないわ

ぐい飲み2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



hanayome_net at 22:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)その他 

人形町 『松浪』

blogやNet繋がりの皆様との忘年会に参加。

しかし年の暮れ、会社を出るのが遅くなり、約10分の遅刻
慌ててお店に駆け込むと、最初の焼き物が良い感じに仕上がってきていました。

挨拶もそこそこ、いただきま〜す
なぜ焼いただけのキャベツが、こんなに美味しいのでしょうか??

松浪1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、お店で写真を取っている人は多いですが、大抵は携帯でパシャ
でも、私たちのテーブルは違います。 なんせブロガーさん多いのですもの〜!!w

松浪0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焼き物の次は、粉物 お好み焼。

こちらのお好み焼は、江戸風。
比較的薄く焼き、具も味付けもシンプルです。
ただ、混ぜる具材によって、ソースか醤油かが 決まっており、お姉さんから指示を受けます。

松浪2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな、シンプルお好み焼の中でも特に驚きなのが、こちら。
中身はしょうがだけ!といっても良いくらい物のです。
見た目にはびっくりするけれど、味は生地が甘めなのでちょっとお菓子みたいなの。
松浪3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、お次は、焼きそば。
ラードが付いていて、味付きのひき肉が入るのです。
ウースターソースと先ほどのお好みソースで味をつけ、最後に青海苔を振る。
屋台の焼きそばみたいだけれど、なんだか美味いのですよ!これが!!

松浪4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワイワイがやがや、下町風な楽しい忘年会を 過ごすことができました。
新年明けたら、今度は新年会しましょうね。 来年も皆様よろしくお願いいたします。



hanayome_net at 01:55|PermalinkComments(1)TrackBack(0)Food 

December 29, 2007

Recipe ローストビーフ

クリスマスに作ったローストビーフのレシピです。

こちらは、『ル・クルーゼだからおいしい料理』 平野由希子さんの本を 参考にしています。
オーブンを使わないので、とても簡単に本格的なローストビーフが作れるのでお勧めですよ〜

材料(2〜3人前)

牛ももかたまり肉 500g (今回は、約550gの物を使用)
塩 小さじ1/3
こしょう 適量
玉ねぎ 1/2個
サラダ油 大さじ1/2
バター 大さじ1/2
白ワイン 1/4カップ

マスタードソース (計量せずに適当に作りました
はちみつ 小さじ1
醤油 小さじ1
塩、こしょう 各少々
バター大さじ1
粒マスタード大さじ1

クレソンあれば適量


つくり方

1 牛肉の表面全体に塩、こしょうをすりこみ、下味をつける。玉ねぎは薄切りにする

ローストビーフ0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2 ル・クルーゼを熱してサラダ油とバターを入れ、バターの泡が消えるまで熱して
  
牛肉を入れ、中強火で表面全体に焼き色をつける

ローストビーフ1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3 玉ねぎと白ワインを加えてひと混ぜし、ふたをして弱火で20分ほど、 
  
途中で2〜3回、こげつかないように肉を裏返しながら加熱する

⇒肉の厚さ、量で時間を加減して。100g多ければ3〜4分増、少なければ3〜4分減を目安に。

4 バットなどに肉を取り出してアルミホイルをかぶせ、鍋の近くに置いて15分ほど休ませる

ローストビーフ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⇒こうすることで肉汁が落ち着きおいしくなる。
その間にソースを作ったり、テーブルの準備をしたりしよう。

5 マスタードソースを作る 
  ル・クルーゼに残った焼き汁に、はちみつ、醤油を加えて煮立て、軽く煮詰める。
  塩、こしょうで味を調えて火を止め、バター、粒マスタードを加えて混ぜる。

6 肉を好みの厚さにスライスする
  器に盛って、5のソースをかけ、あればクレソンを添える

Ristorante coco7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

補足事項
・肉は常温に戻してから使う。せめて1時間は出しておきたい。
・ふたをして20分とあるが、今回550g/20分でちょうど良かった。
・盛り付けに凝ると更においしさUP。

作り始めたら 30分で出来てしまう簡単ローストビーフ。
皆様もぜひお試しくださいね



hanayome_net at 01:02|PermalinkComments(3)TrackBack(0)Home cooking 

December 27, 2007

遅れています

締め日&年末業務&引継ぎで、頭がパンクしています。

コメントにお返事が遅れておりますが

もうちょっと!!だけ。 

明日で仕事納めなので、それまで待っててください。

 

書きたいことや写真も溜まっているのに



hanayome_net at 21:24|PermalinkComments(6)TrackBack(0)つぶやき 

December 25, 2007

一夜限りの 『Ristorante coco』

Ristorante coco1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      MerryChristmas 

今年の自宅クリスマスは、いつもいつも食べ歩いている罪滅ぼしとして、
旦那様へコース仕立てで、ディナーを提供。

内容というよりも 出し方やセッティングに凝ってみただけで、
お料理の腕は。。。???ですけど 彼には楽しんで貰えたみたい。

  

テーブルコーディネート 
やはりクリスマスなので、金銀赤緑白を使用。
我が家のテーブルは2人掛けと狭いので、飾りつけはシンプルにしました。
本当は2人とも赤いナプキンにしたかったのに。。見つからず。

自宅なので色違いも大目に見てください (
写真は,イメージの力で緑から赤に変換してね)

Ristorante coco0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンダープレート銀 : 松屋で購入した物。安い・軽い・使いやすいと買って大正解。
   ディナー皿   : noritake28cm SUIMON  縁にプラチナライン
 シャンパングラス : christofle
   カトラリー    : 合羽橋での掘り出し物。何処の物かは不明。
  フィギュア    : フルートグラス(AfternoonTea)&オーナメント 
              キャンドル(円柱・丸)ホルダー(高・低)

前菜:サーモン・クリームチーズ・オニオンのセルクル詰め と カプレーゼ
切って混ぜるだけ、手は掛かっていません。盛り付けだけ カッコつけてみました。

Ristorante coco2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パンプキンスープ 
これはパックの物を使っています。 温めるだけの簡単メニュー。
先日のchzetomoの真似して直線的にクリームを垂らそうとするけど、
オドオドしながらやるので曲がっちゃいました。

Ristorante coco5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2回目は、もうどうにでもなれ!!と遊んだら、
旦那様に 『前衛的だね』と 言われたので、
『ええ!!そうよ!!そうしたの!!』と 答えてみた。 

Ristorante coco4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メイン:ローストビーフ
約500gの牛モモ肉を購入し、オーブンは使わず、ルクで作りました。 レシピは後ほど
今回はかなり良い具合に、火を入れることが出来ました。満足
Ristorante coco3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

切ったら ちゃんとローストビーフになっていて安心した〜
いつも火を通しすぎて、焼肉になってしまうので 今後もこの調子で!!

Ristorante coco7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デザート:ストロベリーのパンナコッタ / エスプレッソ
これは、ベレコの真似
本当はバニラビーンズを入れたかったのですが、
今日の今日買い出しに行ったので、あえなく撃沈。
スーパー自体完全にキャパオーバーなほどの 人の海。バニラエッセンスで代用しました。
もう少し、柔らかめに仕上げても良かったな〜と思いますが、味とソースは、絶品
余った液で 小さい物も作ったので 明日も食べます。

Ristorante coco6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家コースの凄いところは、お代わりが出来るところ。 
普通のレストランだったら、『肉お代わり』は、あり得ないでしょ。。。。

でも、私は、立ったり座ったり 落ち着いて食事出来ないので、
やっぱり 食べる側か作る側 どちらかに徹した方が楽ですね。

来年は、最初から全部テーブルに乗せて置きたいな〜 なんて思うけど

一夜限りのシェフ気分も、結構楽しい



hanayome_net at 00:02|PermalinkComments(18)TrackBack(0)Home cooking 

December 22, 2007

エンドレスお茶会

鎌倉大仏・長谷駅近くのある一軒家にて、
趣味のレベルを はるかに超えているお茶会がありました。

入った瞬間 目に飛び込むタルト なんと 生地からお手製です。

かのねこ亭1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、もうちょっと待ってて。。。。。。で 出てきたのがこちら

あ〜〜!! 目が

洋ナシのコンポート 2日間シッカリ漬け込んだ、染み染みコンポート。
赤ワインが利いているので、ちょっと大人な風味でした。
こんなに綺麗に 煮崩れていないなんて素晴らしいわ。

かのねこ亭2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にも お口直しのチリコンカンも用意していただいたり。至れり尽くせり。 

かのねこ亭3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その上 何が凄いって こんなに惜しげもなく 淹れてくれるのですよ!!

かのねこ亭0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お代わりだって、お湯だって、ほとんど飲み放題といっても良いのではないでしょうか?

リッツカールトンブレンド・BlueSapphire
Jacksons・EarlGery's
Royal Botanic Gardens, Kew・FlourTea(ROSE)
Taylors of Harrogate・spiced Christmas leaf Tea
Mariage Frères ・WhiteNOELTea
http://www.mariagefreres.co.jp/noel/Noel1st.html

期間限定のものや、東京では手に入り難い物、などなど 心行くまで堪能し
また楽しい仲間と、尽きることの無い話。。。そして美味しいお茶がある

結局 2時から 夜8時までのロングランお茶会となりました。

 

そして このエンドレスお茶会の後

やっぱりお腹すいたね〜!!と言い出し 鎌倉で中華を!との流れに。
おこげやエビチリ、クリーム煮まで完食、そのあと しっかり杏仁豆腐まで納めて帰宅する。
http://228855.net/index.html

私のお腹一体どうなっているんだい??? ダイエットは忘れるしかないわね 

かのねこ亭4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幹事様、ご一緒された方々 次回も ぜひ参加させてくださいね。
よろしくお願いします



hanayome_net at 23:08|PermalinkComments(6)TrackBack(0)Food 

December 21, 2007

広尾 『chze tomo』(シェ・トモ)

chzetomo0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広尾 『chze tomo』  ChristmasPartyと言うことで、14名でお伺いしてきました。
(最近ミシュランで1つ星を獲得されたようで、20人ちょっとの席は満席)
この、クリスマスシーズンの中、お店を押さえていただいた幹事さんに大感謝です

広尾や、恵比寿、目黒からも行けますが、どこからも 微妙に遠いお店。
メインの通りから少し商店街のような横道に入り 道を間違えたのではないか?と、
ドキドキ歩いていると 真っ白な壁が見え、少し安心しました。

全員集まってから、食前酒で乾杯。
お酒OKな方は、イチゴ&シャンパン 下戸さんは、イチゴのソフトドリンクを。
苺はフレッシュな物なので、さっぱりした飲み口です。

chzetomo5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生ウニの貴婦人風
トロッとしたウニの風味がよく出ています。

chzetomo6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フォグラのポアレ、ニョッキ添え 温かいコンソメスープを添えて
前菜のメニューは、選択できます。私は、+αでこちらをチョイスしました。

フレッシュフォアグラは、とても美味しかったのですが、コンソメスープが非常に濃い!!
塩辛くて飲みきるという物ではないようで、中身を味わうソースのような存在。

字面から 飲みきれるコンソメスープを想像して、メインも選んだのに
ちょっとミステイク 前菜・メインと『濃い×濃い』の組み合わせに。
もう少し詳しく内容を聞いてから選べばよかった!!!とも思うし
欲を言えば、オーダーの段階で、お店から一言あっても良かったのではと思いました。

お皿自体の完成度としては、goodな物だったので メニュー構成が惜しかったわ!!

chzetomo4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色とりどり28種の有機野菜の一皿
こちらのお店お勧めの一皿。
本当に全部種類も味付けも違うお野菜が盛られていました。
彩りも華やかですし、女性好みのお皿。どこから手を付けるか悩んでしまいますね

chzetomo8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カボチャのポタージュ
ノーマルに美味しいスープ。
自宅でも、こんな風にちょっとカッコつけて生クリームを垂らせば雰囲気出るのに〜!
でも残った生クリームの使い道ガ〜!!!と 近くの女子’sで、大盛り上がり。

chzetomo7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

和牛元ばら肉の赤ワインソース煮 フランス産の栗を詰めて
美味しかったのですが、濃いのもが続いてしまい、ちょっと凹み気味
前回、キノシタの魚で失敗したのがトラウマで、今回お肉にしたのに〜魚にすれば良かったな
こちらは、割と正統派のフレンチレシピで出されてくるので、ソースはしっかり目です。

chzetomo9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デザートは フランベパフォーマンス付きのスフレ
ほわっほわのほわわぁ〜んとした とても美味しいスフレでした。

chzetomo10

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのお店。
カトラリーにちょっと遊び心を入れているようで ALESSI や Villeroy& Boch の物を
ふんだんに取り入れられているようでした。
ぱっと見可愛らしいので、お客ウケがよいのでしょう。

最近、イタリアンのお店に行くとかなりの高確率で Villeroy& Bochに当たりますが
正統派フレンチなら、クリストフルくらい使ってもらいたいな〜なんて気もするのです。

続きを読む

hanayome_net at 03:23|PermalinkComments(3)TrackBack(0)Food 

December 19, 2007

3年越しの約束

Time0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらを引き取りに行って来ました。

Time1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アレから、3年。 
当時は 『3年先にネガを取りに来るなんて覚えていられないよ〜!』なんて言っていたのに
しっかり楽しみに、覚えておりましたとも!!

また、お互いの姿を見合い 当時と変わらない二人であった事に胸を撫で下ろす。
(激太りを一番心配していたのよね

写真室、いいえ メリディアン自体かなり久しぶり。
スイーツのお店が増えていたり、さらに、来年は名前も変わるらしいですが
雰囲気は3年前のまま、迷わずここまでたどり着くことができました。

Time2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

用事を済ませたとは、普通に久しぶりのお台場を楽しみます。

ハッキリ言って、結婚式の打ち合わせでお台場に行き過ぎたせいか
ここ数年すっかりと 足を運ばないエリアになっていました。

陳麻婆豆腐
とても辛いですが、やみつきになる味。
ご飯をいっぱい食べてしまい、お腹いっぱい。口直しに甘い杏仁豆腐ももちろん食べる。
そして、食べすぎと辛味で 決まってお腹を壊すのです。 でも好き〜!!

Time6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ショッピングを楽しんだり ぐだぐだ過ごし 夜景を見てると

Time3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・3・2・1  冬の花火が始まった。

Time5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎週土曜日 1/12まで 打ち上げられているみたい
http://www.seaside-tokyo.gr.jp/event/hanabi.html

冬は空気が澄んでいるので とても綺麗に見えます。

Time4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

けれども、海風吹きすさぶ中 楽しく見るには 5分が限界。
本当に綺麗ですが、最後の方は、シャッターを押す手も震えだすの

全部で 約10分間なのですが 
途中幾度も もう、今ここで スターマインもフィナーレも全部スイッチ入れてくれと願いました。

波打ち際に写っている2人、ずっと、その場を動きません。
熱々の恋人同士には、そんな寒さも気にならないのでしょうね。



hanayome_net at 23:08|PermalinkComments(15)TrackBack(1)その他 

December 18, 2007

目黒 『Trattoria della LanternaMagica』

会社の女性陣を引き連れ、忘年会&送別会を兼ね、行って来ました。 

イタリア料理 Trattoria della LanternaMagica  (トラットリア・デッラ・ランテルナマジカ)
(帰りに写真を撮ろうと思ったら、お店の前に車が!!ショックです

LanternaMagica0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、今日を楽しみにしていたのにもかかわらず、
昨晩から寒気が。。。もののみごとに風邪を(多分扁桃腺)ひきました。
半休使って、朝から病院通い、食欲はあるので、食べには行きましたが
いつもの一眼レフカメラも重たく感じて持てず、本日はコンパクトカメラでの撮影なの。
(かなり残念だわ〜

店内は、黄色い感じ。カウンターも黄色だったので、テーマカラーなのかしら?
壁に掛けられたモチーフや絵などは、陽気で元気なイタリアンちっく。
でも、照明が間接照明で かなり暗いので、写真を撮るには向かないお店。

LanternaMagica1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤリイカのフリット
文字通りのシンプルお料理です。
熱々のヤリイカにレモンを絞っていただきます。それだけなのに美味

LanternaMagica3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バーニャカウダ
ソースもたっふり、お野菜もたっぷり&甘みがあります。
以上の2品で意外と満足感ありで、この後食べきれるのか?とちょっと不安に。
このソースに、パンを付けていただくと、かなり美味しいです!!
先日のサバティーニに引き続き、『パンの過ち』に陥りそうになりました。

LanternaMagica2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カルボナーラソースのリガトーニ&4種チーズのリゾット
どちらもしっかりとしたお味、特にリゾットはゴルゴンゾーラの味が強く出ていました。
全部取り分けて頂けるので、とても食べ易かったです。

LanternaMagica5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エゾ鹿ロース肉の炭火焼&野菜の炭火焼
鹿肉は、ほとんど癖が無く、牛肉に近いもので塩コショウのみでさっと味付け
焼き具合はミディアム〜ウェルダンで 私としては申し分ありません。
お野菜の方は、美味しかったのですが、ここまでかなりお腹がいっぱいで残してしまいました。

LanternaMagica4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後にデザート
zuccotto:アイスクリームがスポンジケーキで包まれているような物
catarana:イタリア風クリームブリュレ
フレンチと違い 写真写りが悪いのがドルチェなんですよ〜美味しいのにね

LanternaMagica6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

味は、どれも外れはありません。野菜が美味しかったのは、とても良かったです。
ただ、全体的にどれも塩がちょっときついので、
もっとゆっくり お酒を飲みながらのアテとしてならいいですけど
ガツガツ食べてしまうと、結構辛い。
せっかく良い材料使っているのだから、もう少し薄味でもいいのでは??と思ってしまいました。

女性4名、お酒なし、超満腹で、1人¥6,000弱、まぁまぁのお値段です。
ある程度の人数で何品も頼んで取り分けるのが、一番かと思います。

 

それにしても、会社の話題でよく盛り上がったものだわ!!!
オヤジ共の居ぬ間に、大いにストレス発散 皆様、またどこかで集まりましょうね〜

 



hanayome_net at 03:12|PermalinkComments(10)TrackBack(0)Food 

December 16, 2007

フィンランドより来る

土曜の朝、これで起こされましたが、待っていた航空便なので嬉しい

最近、食器:特に北欧食器に心奪われています。
現行品で、パっと頭に思い浮かぶのは、ARABIAのムーミンシリーズとか 
iittalaのTEEMAとか 使い易いスタンダードな形なのですが、
シーズンで 色や模様が変化するもので、いくつも揃えたくなってしまいます。

そういえば、映画のかもめ食堂で出ていたお皿(廃盤品)。。。
探しているし、欲しいのだけど まったく手に入りません!!どこにあるんだ〜!!

そして 今回 手に入れた物。

ARABIA 1

 

 

 

 

 

 

 

 

 



1957-1969年の間に製造されていた、ARABIA社のSTELLAシリーズのC&S。

約110ml程度の容量を持つデミスタカップ。

Stellaとは フィンランド語で「星」を意味する言葉で、その名が示すとおり
カップ底面より描かれた直線的なデザインは、夜空に輝く星をイメージした物。

アンティークと呼ぶには年代がありませんが、スタイリッシュなシリーズ。
また、有名なANEMONE
シリーズやBlack Paratiiシリーズに比べ、
非常に、厚さが 薄い作りになっています。 ←そこがツボだったりするの

(中に入れるコーヒーの保温を考えると、厚めな物の方がいいのでしょうが
私は、飲み口が薄いものが好きなのです!! )

可愛いデザインも好きだけれど、しっくり来るのは、こういうデザインなんですよね。

早速、ティータイム  一人で、ホクホクお茶するもの楽しい〜〜!!

ARABIA 2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜は、Black Paratiiを使いたくなって シチューにしました。
こちらは、日常使いしても、電子レンジ入れても、ビクともしない丈夫なお品。
誤って、手からつるり!とこぼれ落ちない事だけ祈ります。

ARABIA 0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、ホワイトシチューに コーンは入れませんか?
実家はスタンダードだったのですけれど、ちがうお家もあるのかな??入っているの変



hanayome_net at 00:16|PermalinkComments(10)TrackBack(0)Food 

December 15, 2007

LOHASな Xmas (ミキモトアカデミー)

ミキモトAcademyのテーブルコーディネート 2クール目の最終回。
春季  ・  ・   秋講座  ・ 
いつもの如く、宿題の発表会と パーティー形式の実践。

先生のテーマは、『LOHASなクリスマス』

カラーコーディネートは、赤・緑・白のクリスマスカラー。
そこにナチュラル感を出しているのが、ジュート(麻)のセンターライナーの役目。

LOHAS-c4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1つ1つは、それほど大掛かりなことをしているわけではありませんが
トータルで見ると。。。。納得。 大人っぽいクリスマスパーティーです。

LOHAS-c3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お料理もスタンディング形式と言うことも、考慮にいれ、
それぞれに、スティックが刺してあったり、お皿に高さを出していたりと
真似したい要素が、惜しみなく詰められていました。

LOHAS-c6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、乾杯。

私はあまりお酒に強くないのですが、今日はちょっと頑張って
先生セレクトのChampagneを頂きました。

LOHAS-c5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このGlassMarkerにも、一手間。さり気無く、アルファベットが書かれています。
今回は、丁度上手く自分のイニシャルget!(本当に偶然見つけたので嬉しいわ〜

GlassMarkerは、可愛いとか 華やかになる!というコーディネート的な要素以外に
立食の場合 自分のグラスを判別できるようにするという実践要素が含まれています。

 

−−− 山本侑貴子先生のblogより 引用 −−−
ロゼシャンパーニュは ゴネ シュルコバ RM:レコルタン マニュピュラン
ピノノワールが主体となっており、美しい色合いと泡立ちが
楽しめる。木イチゴのような広がりのある芳香、上品なアタックと
味わいを持つスタイル。ロースト・チキンなどの鳥料理、ブイヤベースなど鍋物、
中華、エスニック、などにも。焼き菓子などのデザートにも向いています。

LOHAS-c7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このシャンパン。
飲みやすくて、ついつい。。ごくごくっと!行ってしまいました。
その後、私のお顔は、真っ赤っか〜(恥ずかしい状態での記念撮影になり ちょっと後悔

LOHAS-c8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回も、とても楽しい講座で、あっという間の3回終了です。
2クール目と言うこともあり、知識も少し増え、多少落ち着いて話を聞いたり
先生の仰っていることも 今までより理解出来た気がします。

ただでさえ、私は、食器好きに キッチン用品好き 工作も大好きだし。
益々本格的に、テーブルコーディネートの世界にハマりそうな気が。。。

ただし、自宅が狭いし〜、ダイニングテーブルなんて無いも等しい環境。
せめて、ナプキンくらいは揃えて、色々な折方に挑戦していきたいと思っています。

おまけ

続きを読む

hanayome_net at 19:24|PermalinkComments(4)TrackBack(0)Lesson 

December 14, 2007

こんなのも 出来るんです!

柏の葉 『Pelican House』 こちらで開催された世にも奇妙な飲み比べ

アッサムティーの茶園別飲み比べ講習会へ 参加してきました。

ペリカンハウス0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奇妙と書きましたが、『珍しい』と言う意味です。
ダージリンならば、茶園ごとの飲み比べは聞いたことがありますが
アッサムは、イメージ的にミルクティーで、しかも 茶園別でなくブレンドがほとんど、
たとえ、分かれていたとしても、茶葉の等級か、季節ごとくらいの印象しかありませんでした。

それが。。。。もう細かく分類されているのなんのって。。。
(こちらのお店ぐらいですけど)

アッサムに、こんなに種類があること 初めて知りました。

ペリカンハウス6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに、講習自体もかなり本格的。
配られたアッサム地方の地図に、どんどん知識を書き込んでいくのです。

茶葉の特徴と言うよりも、その土地の形、気候、茶葉の生産量、1lotの量の違い
オーナーの方針、土地改良の歴史、政治的背景。。。。。
お茶を侮る無かれ、物凄く奥が深いしハマったらどこまでも追求できてしまう。

ペリカンハウス2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飲む数もかなりのもの、今回は10種もの茶園を試させて頂きました。

ペリカンハウス5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1、Gingia
2、Doumur Dullung
3、Seajuli
4、Koiramari
5、Modinapur
6、Mahadeobari
7、Jaipur
8、Nokhroy
9、Harumutty
10、Dejoo

私が、一番飲み易かったのは、Jaipur (購入させていただきました

ペリカンハウス3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Doumur Dullung とDejoo もいい感じだったのですが、
Doumur Dullungは、今年入ってきた茶葉が、売るに値しないものだったので
オーナーがロット購入をしなかったので小売分なしでダメ!!
(昨年と同じところのものなのですが、今年はHoneyフレーバーが失われてしまったようです)
Dejoo は、航空便で手配したら、燃料チャージと税関費用計算したら、値段が〜〜〜
付けられなくなったらしく購入できず。。。両方欲しかったな〜

ペリカンハウス4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、深い深い紅茶講習の間に出されるのが、お手製のスイーツ。
シンプルながらも、紅茶を引き立てる絶妙な物。

HoneyCake:焼き立てが冷めたタイミングを見計らって出せるように、調整。
FigPoundCake:なんと無花果の味を落ち着かせるために3週間保管し寝かせた作品。

ペリカンハウス1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

両方とも、この講習会の話が決まってから、計画してくださった物。
本当にありがたい心配りです

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

計画してくださった幹事様・ご参加の皆様
場所がちょっと遠いので、足繁くとは通えませんが
また、奥深い紅茶の世界にお誘いくださいね。
これからもよろしくお願いします。



hanayome_net at 02:36|PermalinkComments(4)TrackBack(0)Lesson 

December 11, 2007

今年の収穫

今年の一番の収穫と言えば、この店に出会えたことかも。

なんと 9月に訪れてより 3度目の来店 Le Bel Echo   (前回 前々回の様子) 

私のblogをご覧になっている方は 
『あ〜!またこの店なの〜』 なんて思っているかしら?
でもいいの〜! 私が好きなんだから 何回でも書いちゃうわよ 

さて 今回はクリスマスも迫ったある日。 (各テーブルにちょこっと乗ったツリーが可愛い
身内の快気祝いで、使わせていただきました。 

Le Bel Echo 4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予約当初より、人数が二転三転 (私の知らないところで話が広がってゆくので困っちゃうわ) 
どんどん増えてしまったのですが、内田氏には、
快く対応していただきました。

また メニューについても、ちょっと ご相談。
祖母がいたので、『凝らずにフツーにしてください!』なんて。。。言いました。
普通な物って余計に難しいですよね。お願い事自体、アバウト過ぎですし。

(ほっ!ほら!あんまり凝ったことすると 例のKのようになっちゃうじゃない!!
主役の祖母の口にも合わないかもしれないし〜

そんな、注文に答えてくださったのが、このメニュー。

キハダマグロのカルパッチョ
これは サッパリとしていて、美味しい。付け合せのお野菜が、とても良いアクセントなんです。
いつもいつもいつもいつも・・・・変わりばえなく 醤油+山葵で マグロを食べていますが
祖母も気に入ったらしく、帰ったらやってみようと意気込んでいました。

Le Bel Echo 0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真鯛のグリル 魚介スープ掛け
かりっと皮目に火が通っている真鯛。鯛はこの皮が美味しいのですよ
アサリやジャガイモ、家で作ったら濁ったスープになりそうなのですが、そこはプロ
透明の澄んだスープは、最後まで飲み干してしまいます。
おかひじきの歯ごたえは、叔母のお気に入りに。

Le Bel Echo 1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メインは、牛の頬肉のマデラソース掛け
多分、噛み易さなど考えていただいたのだと思います。ホントに柔らか~なお肉。
頬肉は脂っこいことが有るのですが、かなり絞ってあるので、みな完食
最後のソースまで、パンで掬って残しません!! 勿体無いもの!

Le Bel Echo 2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてお待ち兼ねのデザート

ベリーのパンナコッタ
うんうん!!王道デザートですよね〜 イチゴ自体も美味しいけどソースも格別
ここで、甘いもの大好きな祖母のパワー炸裂
誰よりも一番早く 『完食』 (私の旦那様よりも早いんですよ 凄いわ。)

Le Bel Echo 3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけで、ベレコさんのご協力もあり 今回も楽しく家族サービスできました。

美味しい物食べて、楽しくお喋りして、あの食欲があれば 長生き確実な祖母。
もう一回と言わず、何回でも食べに行きましょうね。



hanayome_net at 23:49|PermalinkComments(14)TrackBack(0)Food 

December 10, 2007

リースを作ろう

表題の通り ChristmasWreathを作成してきました。

今まで、枠を購入し、オーナメントだけ付けると言うのはやったことがありますが
丸っきり、土台から作るのは、今回が初めて。
また、『生』で作るのも初めて!!! 一体どんなものが出来上がるのやら?!

保水のため、新聞紙を軸に使います。
リース0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

後は、針金と 指先の痛みとの格闘。
ヒバとか、杉とか、モミの木とか  針葉樹の葉は、とってもチクチクして痛いのですね
それでもせっせと、綺麗な円形を目指して、巻きつけて行きます

リース1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の土台が完成。 
綺麗な円形に出来ているかしら??

リース2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この先は お楽しみの始まり。
お教室にあるオーナメント。。好きなものどれだけ使ってもいいですよ〜!との事。
『先生〜!!選択肢がありすぎて 選べません!!

リース4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キラキラしているもの もちろん可愛いし。

リース3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなナチュラルなものも 付けたら素敵よね。。。悩む

リース5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして 私が選んだ者達。   
う〜ん! 地味ですね〜〜〜!  まったくもって クリスマスカラーでは無い。

リース7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

周りを見渡すと おなじみの 華やかなクリスマスカラー
一人だけ 浮いてきちゃったかな〜なんて思いながら、このまま作業を進めます。

リース8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで一息 ティータイム。
お教室の近くのフレンチレストランで、イチジクのタルトを焼いていただいたとの事。

実は、始まってからすでに2時間経過
集中して作っていたので、時間はあっという間でしたが、頭はブドウ糖を欲しがっている。
つまり、疲れてヘトヘトだったみたいで、物凄く美味しく感じました。
(実際サックサクで、とても美味しいタルトでしたよ

リース9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて もう一頑張り
ここまで来ると 各自拘りだしているので、終わりが見えません。
最後の最後まで、調整に余念が無いのです。

リース10

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、完成

リボンが、少し華やかさを出していますが、やっぱり地味目かな?

リース11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、自分で作ったものが一番素敵なのよと 言い聞かせ、飾り付けです。



hanayome_net at 02:31|PermalinkComments(12)TrackBack(0)Lesson