aamall

October 12, 2007

ザ・ペニンシュラ東京 「Hei Fung Terrace」

最近何かと話題の ペニンシュラ東京 先日はこちらへ

今回は、香港のホテルらしく 多分 メインダイニングの
広東料理 『Hei Fung Terrace ヘイフンテラス』 へ行って来ました。

Hei Fung Terrace0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのお店は、香港の考え方で、作った料理はシェフの肖像権だか知的所有権だかで
で撮影禁止。(作品と言うことかな?ここは日本なのに法律は香港仕様)
しかし、物事には色々抜け道はある、料理そのもののアップはダメですが、
料理以外にファインダーをあわせ「あらら〜 一緒に写ってしまったわ!!!」
と言うスタンスでの撮影は、大丈夫なんだそうです。

また、ディナーと言うこともあり、店内の照明が暗く、
いまひとつの写真が多いですが 何とか頑張って撮って来ました。

そういう訳で、いつもはトリミングを ほとんどしないのですが、
今回は、かなり写真に手を入れています。

ただし、この薄暗さは、撮影には向きませんが、このレストランのテーマ
「中国・江蘇省の蘇州の庭園様式の空間を再現」には良い感じの雰囲気でした。
私は、夏休みにちょうど
蘇州に行っていたので、なんだか懐かしく感じるわ。
足元の石畳など なかなか忠実に再現されていますよ。

ヘイフンテラスオリジナル前菜盛り合わせ
肉×4・クラゲ・ピータンでボリューミーな前菜です。
お肉の種類味付けがそれぞれ違っており、この後の料理に期待を持たせます。

Hei Fung Terrace1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

魚の浮き袋入りふかひれスープ
フカひれの姿煮は、予算オーバーだったのでお目にかかれませんでしたが
こちらも、具沢山でとても良いお味です。
サーブされた時の あまりの煮立ち具合に、若干 怯みますが食欲に勝てず
どんなに熱くても ハフハフ・フーフーして、頂きます。
(付け合せのお酢が、赤酢なのが非常に好感度高かったです)
Hei Fung Terrace2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フレッシュ帆立貝とアスパラのXO醤炒め
大き目のしっかりとしたホタテ、シャッキリと火の通し加減の良いアスパラ
そこにペニンシュラ特製のOX醤。。。。。。美味しいに決まっています。

Hei Fung Terrace9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あわびのオイスターソース煮込み
少し小ぶりの干しあわび、とても柔らかく戻され、しっかり味を染みこませてありました。
一口食べるごとに贅沢だけど、至福の時間が過ぎてゆく。
私は、お店で食事をする場合、家で絶対出来ない物!を頂くのが鉄則だと思います。

Hei Fung Terrace3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Hei Fung Terrace4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鮮魚の姿蒸し (アカハタ)
こちらも、上品な蒸し物です。
しっとりと弾力のある皮の部分や ほろっと崩れる身。上に盛られた葱と生姜に加え、
テーブルにセッティングされたOX醤を一匙加えると、奥深き味に変わります。
Hei Fung Terrace5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

銀杏と季節野菜(白菜)のチキンスープ煮  (No Photo 撮り忘れ)
こちらは、お味は最高のチキンスープを吸った白菜と銀杏。
とにかくスープ(ソース)が美味しく、お皿を口に持って行き飲み干しました。
ただし、食べにくさ・噛み切りにくさも超一級。皆さん苦労されたようです。

海老入り五目チャーハン
日本米ではなく、タイ米でジャスミンの香りをつけて作られたチャーハン。
パラパラな、シンプルなもの。でも、シンプルなものほど作るのは難しいのです。

Hei Fung Terrace6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マンゴープリン
かなり口当たりが軽く、アフタヌーンティーなどスイーツメインで訪れていたら
物足りなさを感じるかも、けれども、コース料理の〆としては、こちらが正解。
生クリームやココナツミルクが控えめで、マンゴーが楽しめます。

このデザートの時、ちょうど誕生日の方がいらっしゃり、桃饅頭でお祝い。
小さいけれど、とても可愛らしく、美味しいお饅頭でした。

Hei Fung Terrace7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食べ終わってトータル的に考えると、お値段的には妥当だと思います。
広東料理なので、食べやすい味付けものが多く、日本人の口に合う。

次回はランチで、幹事様お勧めの点心を食べに行こう。

 

さて 今回こちらでは、中国茶:白毫銀針を頂いたのですが
ヘイフンテラスは、茶器が可愛いです。
特に、茶壷には絶対力を入れている!!!みなさん違うもので出されます。

中国茶用の茶壷は なりは小さいけれど、お値段は可愛くない。。。。
以前台湾に行った時、素敵だな〜と思った作家さんの作品は
安くてもウン万円で買えなかったの。きっと こちらのも、どなたかの作品に違いありません。
ヘイフンテラスに行かれる場合は、ぜひ中国茶を頼んでみてください。
中国茶の種類も多いですし、目でも楽しませてもらえますよ。

Hei Fung Terrace8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幹事様・一緒にご参加された皆様
とても楽しい3時間でした。
また、ご一緒する機会がありましたらよろしくお願いします

ランキングに参加してみました  宜しかったらクリックお願いします。



hanayome_net at 02:20│Comments(2)TrackBack(0)Food 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by とも   October 14, 2007 14:18
あぁ、cocoさんの写真見たら、またあの至福の時間が蘇ってきました・・・

本当に、どれも美味しかったですね。
私の中で中華のイメージが、まただいぶ変わりました。

今度は是非、ランチの点心を頂きたいですね!!
2. Posted by coco   October 15, 2007 22:44
>ともさん
本当に美味しかったですね。
もう一度時間が戻せるならあの時へ。。。。!!
お勧めの点心ランチは近々行くつもりなのです。
もう一度あの気持ちを再現できるかしら。
あと、ともさんお奨めの八丁堀のお店も行ってみたいです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔