DSCF2484


















DSCF2482



















DSCF2483



















今朝は結構な雪が舞い、冬物のジャンパーを引っ張り出してのチラシ配り。気温も零下まで下がって、冬に逆戻りした感じでした。
今日歩いた根岸、伴野の3地区は併せて300軒ほどです。村の中のポカポカした陽だまりと、アルプスからの吹きおろしの風が吹き抜ける風の通り道の、体感温度の差はすさまじいものでした。ジャンパーを着たり脱いだり、セーター脱いだり着たり。

「今日は冷え込んで、風も冷たくて大変だね?」なんて、おばあちゃんと話していたら、
「この辺はさ、アルプスから風が吹いてきて、アルプスに雪が残っている間は、えらく寒いだよ。」と教えてくれました。
私の家がある志賀の方は「浅間おろしが雪を運んで来る。」と言いますが、同じ佐久市内で、数キロしか離れていないのに、村を吹く風の種類まで違うなんて、面白いですね。

日が高くあがると、青い空に咲き誇る桜と山吹。ピンクと黄色が鮮やかです。神社では旗や提灯をたて、お祭りでしょうか?いかにも日本の田舎の風景が広がるのどかな地区でした。300軒をお昼までに終了。昨日の労働でちょっと筋肉痛が残ったのですが、今日のチラシ配りでちょうどより戻り下限という感じです。

ここから見る浅間も見事です。
DSCF2479



















そして、新たな問題児になるか?新道の駅も建設中でした。
DSCF2485