朴訥系男子の特徴

まずは、「朴訥」という言葉の意味から、彼らの基本的特徴をいくつか挙げてみます。

  • 優しい
  • 誠実
  • 地味
  • 口数が少ない
  • 敵を作らない
  • 自分をひけらかさない
  • まじめ
  • 強い信念を持っている
  • 我慢強い
  • 趣味に没頭しやすい
今日、長土呂地区でのチラシ配り第一日目600軒を終えて、ヘタって事務所に戻ると一葉のハガキが届いていました。時々はがきや封書でいろいろとアドバイスして下さる方がいらっしゃいます。会社で普通に働いていたときは、どんなに大変な仕事でも、お国の一大事に係る仕事でも、手紙をいただくことは極めて稀でしたから、今の活動がいかに市民の皆さんに近しいものとして受け止めていただいているのか、そうではないのかもしれませんが、本人はそう感じてとてもうれしく思っています。
DSCF2493









今日のハガキも、ベトナムでの仕事を労ってくださり、「グローバルな視点と存在感で今後のご活躍を楽しみにしています。」と始まります。

読み進めると、指摘が2点。1点目は「新聞チラシの文字が小さくて目いっぱいレイアウトされているので読みにくい気がします!」2点目は「顔写真が大きすぎて選挙ポスターのようで違和感あり。右下あたりに適当な大きさで、明るくてにこやかな親しみ安い顔で入っている方が良い気がします。」とのこと。

ありがとうございます!
実は、同様の指摘がいくつか寄せられています。特に1点目の「字が小さくて目いっぱいレイアウトは✖」というのは、言葉は違えど、何人もの人たちから指摘されました。
掲載する写真もふくめて、担当していただいているデザイナーさんと相談してみます。こういうのって、身内でどんなに言っても聞く耳持たずで無視ということが多々あるのですが、市民の皆さんからの直接の指摘と要望ということで、デザイナーさん、果たしてどう出るか? 楽しみです。

個人的に気になったのは、「ぼくとつでおおらか」と指摘された私のイメージです。
宣伝イメージ戦略的には「明るい」「爽やか」「真面目」「優しい」などなどでしょうが、「朴訥」というのは結構新鮮でしたので、とりあえず意味を再確認してみました。それが冒頭の「朴訥系男子の特徴」です。男子という年ではありませんが、まあそこはちょっと目をつむっていただいて、内容を確認すると、何だかすごく良いイメージじゃあないですか。

ちょっとこれからのイメージ戦略=「朴訥&おおらか」で攻めてみようかな、と思うきっかけにもなった今日のハガキです。ありがとうございました。次のチラシ楽しみにしてください!