雨がしとしとと降る、梅雨時の土曜日。
「お友達が集まるから、来てください!ご夫婦で。」というお誘いをいただき、お昼時にお邪魔しました。
・まあ、でも、今年の修了式はひどかったねえ。あんなんじゃあ、出席しても嬉しくもないわ。
・そうだねえ、あんなやり方じゃあね。一人一人に修了証書渡せないのは仕方がないけど、全員の名前を纏めて読んで、そのあとグループのリーダーの名前呼んだって、どこの代表者かわかりゃあしない。せめて、グループの人たちだけを纏めて読んで、そこでリーダーを呼んで証書を渡してくれれば、皆判り易いし、納得できるのに。なんだか、とても役所的な感じで嫌だったわ。
・そうねえ、いろいろと問題はあるけれど、ここに集まった仲間もできたし、こういう機会を提供してもらえるってのは嬉しいわよね。
・そうよ、何年続けて入学しても良いし、勉強も良いけど、何より人と会う機会があって良いわ。

そう、皆さんは高齢者大学の同級生。同じグループで学んだ仲間だそうです。
・高齢者っていうのもちょっとねえ。前は老人大学で「老大」って呼んでたらしいけれど、それよりはまし。でも、なんかもう少し素敵な名前付ければ良いのにねえ。
・シニア大学なんてどう?
・それは、県でやってるわ。2年間で、終了後は社会貢献をするのが義務になってるやつ。
・いずれにしろ、昔と違って老人も高齢者も元気だから、そんな名前だと人も集まらなくなっちゃうわよね。老人クラブのお誘いをしても、「まだ、老人じゃないから、もう少したってから」って断られちゃうし。

リクエストに応えて、ちょっとだけ佐久市の問題をお話しました。もちろん事実のみ。
・まあ、そんなことが起こってるの?知らない人のほうが多いわよね。もっと皆が勉強しなきゃいけないわね。
・でも、なんでそんな風になっちゃうの?自分たちでボーナスどんどん上げて、私たちの国保税はどんどん上げて。ボーナスの分、私たちの国保税の減税に回したらどうなのかしら?
・市長の27万円増額って、私たちの年金の何か月分だと思ってるの?
・法律より、市議会の議決が優先されるなんて、非常識すぎて笑っちゃうね。例の道の駅の件。あれって本当にあったことなの?
・情報センターって、管理委託して大金払ってるらしいじゃない?パソコンなんか誰も習いに行きゃしないでしょうし。会議室もいつも空いてるわよね。中込の公民館にすれば良かったのに。あそこなら、太鼓の練習もできるでしょうし。

大学に通って、まだまだ学ぼうという意欲に満ち溢れている皆さんですから、いったん火が付いたら止まりません。あれはこうしたらどうか、これはこうすべきと、色々なご示唆をいただきました。
考えるべき政策、やめるべき施策、組織、業務等々これも明日の佐久に活かします!