馬坂1










































5世帯7人が住む、一番遠い佐久市の行政区”馬坂”にお邪魔してきました。事務所から片道1時間(今日は十国峠方面経由が通行止めで逆戻りをしたため、1時間40分)で清らかな川の流れる馬坂に到着です。

3年半前に訪れたときは、10世帯14人だったのに、半減です。
馬坂と言えば”こんにゃく”ですが、今日もこんにゃくやクルミ味噌の紫蘇巻、きゅうりのキューちゃん風漬物、カボチャの煮物や、ジャガイモケーキ等々、地物手作りのお茶請けをいただきながら、お話を伺いました。

・もうねえ、人も少なくなって、この村もあと5年ももたないんじゃないかしら。冬になれば家族のところに行って、今年は3人しか残らないと思うわ。
私もそのころは90過ぎるしねえ。
・昔は、こんにゃくを作って、南天を栽培して、干し芋を作ったり、保健婦さんや佐久市役所の皆さんにもお世話になったけれど、今はもう何も作ってないし、人もあんまり来ないねえ。オレオレ詐欺みたいな電話はたくさん来るけれど。
・月に一回だけ、福祉車両が佐久に連れて行ってくれます。役所や農協へ行ったり、健康診断に行ったり。スーパーにもよってくれて、たまに運転手さんと一緒にお昼を楽しんだりします。
・子供たちは全部群馬県に就職しました。普段の生活は、TVは群馬、有線放送も群馬。救急車は佐久市からの委託契約で群馬から15分で来ます。デイサービスも委託で群馬へ、かかりつけの病院は下仁田です。
・シカの被害がひどくなって、せっかく育てた南天が駄目にされて悲しいですね。だんだん畑はシカの被害がひどすぎて、最後の南天を庭の中に避難しました。
・家の向かいの斜面にクマが出ました。南牧町の方に連絡するべきなのに、間違えちゃって佐久市に連絡したら、猟友会の人が来てくれてちょっと大騒ぎになっちゃいました。でも一人暮らしにクマは怖いわよねえ。
・夫と2人で積み上げた石段の段々畑ももう何も作れなくて悲しいですね。せっかくの畑がシカに荒らされっぱなしで。一人じゃあネット張るにも苦労だし、張ってもすぐ壊されるしねえ。
そんなHさんの畑がこれ:
馬坂2










2人で一生懸命積み上げた石垣と耕した畑。上の方は植林してしまったそうですが、見上げるほどに高く耕されています。

子供たちの夏合宿に使えそうな、大きな家、そして清らかな川。
どうにか、うまく活用できないでしょうか?
馬坂3









馬坂4