image1
投開票まで5か月余りとなった11月13日の日曜日(もちろん大安!)に応援団の決起大会を開催しました。
選挙まではまだ5か月もあり、市内各所で他の催事が多数ある中、「人が集まってくれるかなあ?」と心配してくれた仲間もいましたが、想定通りの満員御礼でした。定員の250席では足りなくなり、予備でお借りしておいた50席を追加。それでも、立ち見が出るほどの盛況でした。
いつも励ましてくれるおじいちゃんあり、いつもいろいろと面倒を見てくれるおばちゃんの顔も。今回は、初めてお目にかかる人も多く、最初からテンション上がり気味です。すごく嬉しかったのは、あまり選挙に興味なさそうにしていた後輩たちが来てくれたり、若い人たちがかなり多かったこと。一番嬉しかったのは、「息子が来たいからって、一緒に来た。」というお父さん。お父さんは私より少し若くお子さんは高校生。お父さんもありがたいですが、その息子さん世代が佐久の政治に、私の政策に興味を持ちだしてくれたという事実に、これまでの活動の中間評価をいただいたようで、とても嬉しく感じました。
image3後援会長のスピーチも、3人のゲストからの応援メッセージも、心にしみる、そして明日の佐久の政治に不可欠な要素をふんだんに含む示唆のあるものでした。ありがとうございました。
私の決意表明は30分。自分で見たこと、聞いたこと、確かめたこと。佐久市の惨憺たる現状。我々がこれから取り組まなければいけない事。その難しさ。それを成し遂げるには、新しいリーダーが、10万市民のことを真剣に考え10万人の命と生活を守ることのできるリーダーが必要なことを訴えました。
政策のポイントは:
  1. 基本的には:
    1. 市民に嘘をつかない

    2. 無駄なハコモノは作らない

    3. 無駄な組織・事業から撤退する

    4. 癒着は絶対にしない

  2. 施策として
    1. 子育てが楽しい公平な社会!

      1. 給食費の無料化

      2. 給付型奨学制度の設置

      3. 障がい者や就職困難な若者の就職支援

    2. 安心できる医療・介護を実現!

      1. 国保税の値上げを中止

      2. 子どもと障がい者の窓口医療費無料化

    3. 地場の産業を元気にし、仕事と雇用を増!

      1. 恵まれた自然エネルギーを産業化

      2. 農林水産業の生産・加工・販売を地元で産業化、地元で消費

      3. 国際健康都市として「健康」産業をクラスター化
         

        財政健全化への第1歩として「身を切る改革」を断行!

  1. 市長給与を半減(50%ダウン)

  2. 高級公用車通勤の廃止

  3. 深夜タクシー使用禁止

 

上記での節減を「給付型奨学金」に充てる。給与半減分だけで、22人の若い佐久市民に月々3万円の奨学金が支給可能。
等々です。

さて、明日10時からメディア対象の「出馬会見」です!