DSC_0736














平賀の運動公園で新しい野球場の建設工事が始まりました。総額22億円の工事となるようです。
これって、予算削減のために、いろいろな設備や施設を縮小して17億円になったはずだと思っていました。
照明や客席を減らして、真に市民の皆さんが望む野球場を放棄して、プロ1軍の試合もナイターも、高校野球の上位公式試合もできない「練習専用」の球場にして、5億円の工事費を削減したのではなかったんでしたっけ?

今、改めて22億円。規模もできることも縮小したのに、かかるお金は前と同じ????

この野球場について、野球や運動全般に詳しい識者にお話を伺いました。
「佐久の野球関係者で、この野球場の建設を待ち望んでいる人たちは少ないですね。中途半端すぎます。この野球場を使って何をしたいのか、”ビジョン”が全くありません。
”観るための施設ではなくて練習するための施設”という位置づけらしいですが、スポーツは見て楽しむことも重要です。そして今の社会で、プレーする人(それも練習試合だけ)のためだけに、こんな中途半端な施設を作ることは、野球人にとっても、一般市民にとっても大きな負の投資になります。今の内容では野球場自体が不要だという関係者も多いのが事実です。
造るのなら、市民が皆で活用できるような”総合型スポーツクラブ”的な位置づけとして、高齢者対象の健康教室や、少年野球教室を運営するような使い方も検討する必要がありますよね。行政の運営ではなくて、民間の視点での経営が不可欠です。横の陸上競技場との一体的な活用も必要ですし。
長聖高校やコスモスターズ、少年野球だって佐久は有名ですから、それをもっと積極的に活かしてほしいですね。プロ野球だって、企画運営次第では呼ぶことも十分可能です。興行的なメリットもあるでしょう。
とにかく、誰のために、何のために球場を創るのか、もう一度しっかりとビジョンをつくり、市民のために考えて欲しいですね。」

そうなんですね。

第一期工事は始まりましたが、それ以降の工事入札は未だされていません。このまま進む前に、もう一度しっかりとしたビジョンを作り、真に市民が求める機能と役割を持った野球場建設&運営のための見直しを行いたいですね。