DSC_0770DSC_0769





























最近事務所で良く飲むのがベトナムのライチャウ省特産の煎茶です。省知事のアンさんからいただいたものですが、これから大々的に世界のマーケットへ売り出すということ。ちょっと茎が多くて、バッチャン焼の急須で入れると、必ずと言ってよいくらい茶柱が立ちます。縁起もよく、味もなかなか、毎朝事務所で楽しんでいます。
秋に入って大きく変化してきている政治活動。9月30日の誕生日から始めた辻立ちは、「花里信彦が立って話している」というのが認識されてきたのか、とても多くの反応や声援をいただくようになりました。
そして11月16日の決起集会以降は、パンフレットの戸別配布による後援会会員の募集活動を強化しています。1年3か月前にお話会でチラシを配り始めたときは、頑張っても1日200軒程度。お茶をいただいたり、お話をたくさんすると1日歩いて100件くらいのこともありました。なかなか良いスタートだったのですが、一人で車の移動も含めて歩き回る限界も感じ、後援会の事務局長さんと2人で回り始めたのが今年3月ごろからです。息もあってとても効率的に、そしてきめ細やかなコンタクトも取れて順調にやってきました。でも、やはり10万市民、4万軒のお宅に直接伺うには山あり谷あり。時間も限られてきました。
ということで、決起集会後は支援者の方たちがボランティアで参加してくれるようになりました。
1人増え2人増えると、いろいろな体制が取れて、パンフレットを配る対象範囲がぐっと広がります。
そして、実際に歩いて見ると、「頑張ってね!」、「応援してますからね!」という温かい言葉が自身に返ってくる楽しさ、嬉しさ。支持がどんどん浸透している実感を感じてもらえるらしく、「嬉しいね。最初はちょっと恥ずかしかったけれど、楽しいですね!」とのこと。良かった良かった!
これからはその土地土地の支援者の皆さんにも参加していただき、楽しみながら、喜びながら、ワクワクの輪をもっともっと広げていきます。

今日は午後から、望月茂田井、観音寺、印内を歩きます!飛び入り参加大歓迎です!

日々の歩き予定は、事務局88-7807でご確認ください。