温水利用施設
















■温水利用型健康運動施設
施設建設工事:17億5,210万円 (プラス1億4,575万円:深井戸掘削工事費)=18億9,785万円)
建設地:佐久市下平尾(平尾山公園内)
建築面積:1,380.32㎡
新クリーンセンター建設にともなう地元還元施設の温水利用型の健康運動施設を平尾山公園内に整備。
温泉掘削工事費用と合わせ、総額約19億円が投入されています。
建設後10年間の運営は、平尾山開発㈱を中心とする事業者が落札しています。
地元還元施設に19億円投入することは、新クリーンセンターの候補地選択時にコスト比較の対象とされませんでした。新たに必要となる大規模な取り付け道路の建設費も計上されていませんでした。
通常の候補地選定プロセスでは当然加味される、これらの金額を比較対象としていれば、候補地として次点合格だった内山地区が選定されていた可能性が大です。

■平尾山公園センターハウス改修事業
平成28年度:8,610万円
平尾山公園センターハウスの改修工事に多額の投資が行われています。

このほか、市所有の平根発電所の電気(約2億円分)が無料で平尾山開発(株)に提供されてきた件に関して、住民監査請求が行われたり、年間1億円を超える平尾山公園の指定管理契約の内訳が公開されなかったりと、様々な疑問が市民から提起されています。

※平成24年~28年度の予算案、補正予算より算出しています(金額は1万円以下は切り捨て)。

※尚、計画後に実際の費用が変更になっている場合もございます。
 お気付きの点・変更・間違え等がありましたら、お知らせください。